2017/04/06

堅あげポテト 炭焼き鶏と九条ねぎ味

このパッケージを見ての正直な気持ち。

炭焼き鶏と九条ねぎ味のポテトチップスより、
炭焼き鶏と九条ねぎ自体を食べたい。
うん、ポテチブログでこんな身も蓋も無い事を言っちゃ駄目だ。
だが本音である。こういう「再現しました」系のパッケージはそんな気持ちにさせる。
本物のそれの方が美味いに決まってるじゃん。…これも言っちゃいけない。
仮に、どんなに再現度が高くても、食感は大体いつも一緒だし。
今回の堅あげポテトは、ふんわりとしていて、そのくせ噛むとモチモチ感があって…
なんていう事は絶対に無いからね。毎度毎度バリボリですよ。

「炭火でこんがり焼き上げた鶏に、風味豊かな九条ねぎを合わせた味わいの堅あげポテト。
 九条ねぎにごま油を絡め、香ばしく後引くおいしさです。」
日本語がちょっと変だと思う。どこが変だと思うかは教えない。

うーん。炭焼きかはともかく(知りようが無い)、鶏皮を焦がした様な雰囲気は出てる。
甘くて油っこい様なあの感じ。鶏皮の唐揚げっぽいとも思う。
逆に言えば、鶏の肉の方の味の感じが無い。砂糖と醤油を使ってるから、
鶏の照り焼きの皮の部分みたい。さっきは唐揚げって言ったけど。
要は、油の味を強く感じるのだ。正直ちょっとクドイかなと感じる。

ねぎの風味もあるけれど、この鶏の味が強くてねぎは後ろに回っている印象。
ごま油も、鶏の油のイメージが強くて印象から追い出される。
両方とも味がしない訳じゃ無いんだよ。鶏皮っぽいのが強くて、相対的に隠れてしまう。
ごま油より、ねぎパウダーより、チキンエキスパウダーの方が少ないのに不思議だ。
ちなみにブラックペッパーパウダーも入っているけれど、辛さはまず感じない。

食べてもらった一人は、葱の風味は感じるけれど油っこいと言っていた。
揚げたポテチだから油が多いのは当然だが、それでも他に比べ油の印象が強いって事だ。
うどんつゆに浮かんだ天かすみたいとも言っていた。なかなかの言い草である。

以前、九条ネギとごま油味のポテチがあった。こちらもカルビー。
こっちの方がよほど美味しかった。さっぱりとした味で食べ易かった。
今回のは、なんでこんなにクドく感じるのだろう。甘さを控えた方が良かったのでは。

あくまで個人の感想である。それは毎度の事だが、
今回の様に、褒め言葉が無い様な場合はそれを強調しておく。
これを絶品!って感じる人も世の中にはいるかも知れない。
それは、これを読んでいるあなたかも知れない。
とりあえず、私はやっぱり炭焼き鶏自体と九条ねぎ自体を食べたいと思った。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント