2017/04/04

ピザポテト 明太マヨPizza味

期間限定のピザポテトだよ。

期間限定と言ってもどうせ来年あたりも同じの出す気がするよ。
君もそう思わないかい?見覚えがある気がしないかい?

「こっくり」って書いてあるけど、味の表現にこっくりって、
自分は全く使ったことが無いので違和感を受けてしまう。
居眠りして頭が揺れる時の擬態語としてなら、分かるのだけれども。

ググると、辞書にはこういう意味も載っているらしい。
「色合いや味などが、濃かったり深みがあったりするさまを表す語。」
「食物にうまみがあって味わいが深いさま。」
コクがある、と殆ど同じように使われると思っていいのかな?
自分は今後も使わないけれど。

キャンペーン告知にパッケージのスペースを割いていて
味に関する能書きが無いので、ただただ味の感想を述べよう。

あんまり辛くない。辛子明太子じゃなくてただのタラコかな?
と思ってしまう。…でもちょっとだけピリッとする。
ま、文字の意味で言えば、「明太」だけじゃ辛子明太子を
表す事にはならないのだけれどもね。そうは言っても、
原材料の明太子パウダーとは、辛子明太子のそれだろうけれども。
イメージ的には、真っ赤っかな、いかにも辛い辛子明太子じゃなくて
あれ?これ、辛子明太子だったの?くらいの辛さの奴だ。

マヨネーズの味はしないんじゃないかな。…マヨはマヨネーズの意味だよな?
原材料にもマヨネーズの文字は無いし、マヨネーズの元の一つである
卵も見当たらない。うん、マヨネーズの要素は無いね、多分。
漠とした明太マヨのイメージからは外れた味では無いけれども。

チーズの味は当然するから、その酸味と円やかさで
何となくマヨネーズっぽさを補っているのかも知れない。あとは思い込みだ。
明太マヨ味っていうか、どちらかと言うとタラコチーズ味かな。まあ、
辛さもあるし明太子パウダーも使っているから辛子明太子の味じゃ無いと言うのは意地悪か。

いつものピザポテトからトマトの味を抜いて、タラコ(明太子)の味を足した感じ?
タラコとチーズだけだと、何処にPizzaの要素があるのかって思ったけど、
バジルが辛うじてそれらしい要素として含まれている。
パッケージ写真のピザにもバジルソースが掛かっているしね。

昔、イタリア人が居酒屋の明太子ピザを「こんなのピザじゃない!」と
講釈をたれつつ、美味しくて食べ続けた、ってコピペがありました。
このピザポテトも同様に、こんなの明太マヨPizza味じゃねーじゃん!
と突っ込みつつ、とても美味しかったのです。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント