2017/04/02

じゃがビー アンチョビガーリック味

じゃがビーのアンチョビガーリック味を買ったのだけれど。

あれ?前にも買わなかったっけ?でも何か違う様な?
と思って過去の記事を調べる。
あ、グラン・じゃがビーのアンチョビバタ味だった。
どんな味だったかと思って、読み直してみたら、ふざけてるなあ。
全然、味の感想を書いていないではないか。最後に申し訳程度に書いてある。
これでは参考にならんな。でもとても美味しかった様な覚えはある。

そして、もう一つ。同じくカルビーのポテリッチ。
こちらは全く同じアンチョビガーリック味
これ、自分にはあまり合わなかったんだよなあ。だが、物凄く気に入った人もいた。
今回のじゃがビーもアンチョビガーリック。カルビーは違うタイプのポテトスナックで
同じ味を使い回す特技を持っている。

「アンチョビの旨みにガーリックを効かせコクのある濃厚な味わいに仕上げました。」

コクか。コクときたか。やたらアピールに使われる便利な言葉だけど、
ポテリッチでは使われていなかったな。果たしてコクはあるやら。実食。

ちゃんとアンチョビの感じがある、のはポテリッチの時と違う。
原材料にも割と先の方にアンチョビパウダーって書いてあるしね。
食べる前に原材料を見て言ってるんじゃないぞ。後で確認して
やっぱりそうだったのね、って思った次第だぞ。

ポテリッチのそれより美味しく感じた。
それは、同じ味でもじゃがビーだとより美味しく感じるからだろうか、
それとも味付け自体が異なっているからだろうか。
少なくとも、アンチョビはより多めに使われている点で、
より正確にアンチョビ味となっているとは言えるよね。

原材料を眺めていると色々と面白い物が使われている。
魚醤パウダーは、シーフード系では割と何時もの事として。
煮干しパウダー。これは初めて見るな。
一般に煮干しはカタクチイワシが用いられるらしい。
アンチョビもカタクチイワシなので、あさりエキスパウダーを使うよりは
味が名前と違う方へ行ってしまう事は少なかろう。
後は、香味食用油(さばを含む)とかね。

グラン・じゃがビーのアンチョビバター味には及ばないが
ポテリッチのアンチョビガーリック味よりは美味しかった!
個人の感想です。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント