2017/04/01

堅あげポテト 鶏と焙煎七味あじ

Pontaと共同開発!

って事で、ローソン以外のコンビニには置いてないぞ。多分。
Pontaと共同開発って、つまりはローソンと共同開発って事なのかな。

「炭焼きした香ばしくてジューシーな鶏にたっぷりと香辛料をきかせた味わい。」

七味あじなのに、説明では七味と言わずに香辛料と言うのは何でかしら。
ともかく食べてみましょう。

香りは、焼き鳥のそれっぽいね。鶏の脂と炭火焼きの匂い。っぽい。
味は、あんまり辛くない。一味じゃ無くて七味だからね。
唐辛子以外にも色々入っている奴だからね。
後味として、ほんのりと辛い。弱めなんだけど、シャープな辛さかな。

炭火焼らしい風味がしっかりとあるのだけれど、これはどうやって出しているのだろう。
原材料にはチキンエキスパウダーとはあるけれど、
他に炭火焼の味を思わせる物は見当たらない。ちょっと不思議。
ともかくジュワッと焼き色を付けた焼き鳥が脳裏に浮かぶ様な味だ。
それこそコンビニのカウンターにある様なね。ローソンのそれと同じかは知らないが。

そして、そこそこ甘みがある。この甘みためか、焼き鳥のタレの味を連想する。
焼き鳥のタレは醤油ベースだが、原材料にはタレ風味ナントカも
醤油も使われていない。つまり、焼き鳥の味と甘みが組み合わさって
勝手に脳内で焼き鳥のタレの味を感じてしまっていた様だ。
パッケージ写真の焼き鳥も、どこにもタレなんか掛かっていない。
多分、食べた人は大体同じような連想をする筈だ。きっとそうだ。

唐辛子以外の香辛料の味もそんなに強く主張してこない。
七味と言うのは、必ずこれっていう七種が決まっている訳では無く、
物によってそれぞれ違うものが使われている。このポテチの七味は、
唐辛子以外は何を使っているのだろう、と思って原材料を見る。
あおさ粉、しょうが、ゆず陳皮、山椒パウダー…あれ、4種しか見当たらないぞ?

七味あじと言いながら、香辛料をきかせた、としか述べてないのはこれが理由か。
それとも、赤唐辛子、焙煎唐辛子、青唐辛子、それぞれ別カウントなのか。
でん粉やパプリカ色素や酸化防止剤をカウントしてる訳ではあるまいな。

七味じゃ無いじゃん!と言いつつ、焼き鳥に七味をかけた様な味、だとは感じる。
焙煎唐辛子も香ばしさに一仕事している。と思う。多分ね。
ちなみに、パッケージ写真にネギマがあるけど、ネギは入っていないし、味もしないぞ。
写真も違うじゃん!

ネギマって、葱鮪って書いて、元はネギとマグロの事なんだって。
葱を間に挟む、って事じゃ無かったんだねえ。へー。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント