2017/03/24

極濃 ラー油味

もうちょっとちゃんと撮れよって写真だなあ。

カルビーの中の人に見られたらガッカリされそうな撮り方。まいいや。

「ラー油味」。というと、そのまんまラー油を舐めただけの味なのかなと思ってしまう。
ごま油と唐辛子の風味はちょっとはあるけれど、後はひたすらただ辛い。みたいな。
そんな不安を抱きつつ購入。

「じんわりした辛さと香ばしいガーリックの旨味がクセになる濃厚な味わい」という事で
一応、辛いだけじゃないらしいので一安心だね。食べてみましょ。

赤いぞ。なかなか濃厚な赤で、強めの辛さなのかなと思わせるが、
案外と普通の辛さ。一般的なホットチリ味と同じか、もしくは少し強めかな。
味はあれだ。食べるラー油!ほぼ、あれ。パッケージ写真も
フライドガーリックのチップがいっぱい入っているジャリッジャリの
食べるラー油の様相だもんね。右側にチラッと肉と米が見えるけれど。

一時期、物凄くブームだったんだよなあ。自分も食べるラー油にハマって
色んなメーカーの物を食べたものだ。近隣スーパーで作ってたオリジナルの
食べるラー油が意外と美味かったなあ。胃にもたれるから、ちょっと飽きたら
パタッと食べなくなったけれど。ブームは去ったが美味しい事には変わりない。
今でも定番商品としてスーパーの片隅で売られている。
今は油の少ない奴もあるんだよね。もはやラー油じゃない。
が、美味しいなら買ってみようかな。

ブームの火付け役の桃屋の「辛そうで辛くない少し辛いラー油」と
後追い商品のS&Bの食べるラー油が2大メジャー食べるラー油だった。
そのどちらの方に似ているか、までは流石に分からない。覚えてねーよ。
ただ、このポテチを砕いてご飯に振りかけたら、
それこそ油の少ない食べるラー油みたいになりそうだ。

そしてガーリックがめっちゃ効いている。原材料を見ても多めだしね。
食べるラー油っぽさはこのガーリックによるところが大きいのだろう。
単なる「ラー油味」ってネーミングは損しているのではないだろうか。
食べるラー油って付けた方が正しいイメージが伝わると思うのだけれど
ブームが去った物をネーミングに使うのは避けたのかも知れない。

それと、他のホットチリ系と大きく違うのは、後味が重く舌に残るところ。
これがラー油っぽさとも言えるか?辛さとは違う、じんわりじわじわと
舌に絡み付く様な後味。痺れる様な感覚。痺れと言えば、山椒。
やっぱり、山椒パウダーも入っていた。多分こいつが仕事をしているな。
後、トマトパウダーも入っている。トマト感は無いし、要らないよな?色味かな。

ちなみに、辛さは痛覚で感じるのだが、山椒のビリビリは
味覚でも痛覚でも無いらしい。何だと思います?実は触覚なのだそうです。
うっそーん!?と、知った時は思いました。ためしてガッテンでやってた。

で、好みで言うと、めっちゃ美味い。ハマる。どんどん食べる手が進む。
食べさせた、もう一人もハイペースでガンガン食っていくから、
記事が書けなくなると困るので慌てて止めた程だ。
砕いてご飯にかけてみようなんて思う間もなく完食しました。
「クセになる濃厚な味わい」ってのは本当だ。リピートするかも知れない。

リピートしました。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント