2016/10/22

ポテトチップス 濃く深いのり塩

「コイケヤの普通の奴」というカテゴリにしたが、
コイケヤというと真っ先にカラムーチョが思い浮ぶので
普通の奴と言いながらちょっと影が薄い気がする
ノーマルな名称の「ポテトチップス」。
DSC_0006_convert_20161022065812.jpg
何だかここの所、塩味や、のり塩みたいな味が続き食傷気味だが
めげるな自分。今回は「濃く深いのり塩」だ。

「濃く」と「コク」を掛ける、ありがちなダジャレで、
3種の海苔の風味が「濃く」て、藻塩が「コク」のある味を出しているそうだ。
少し前に、カルビーの「海苔好きのための、濃厚のり塩味」の記事も書いたな。
味の記憶はおぼろげだが、食べ比べだ。

香りは、さほど強くない。ほわ~ん、とするくらい。前回のカルビーの時は
ムンとか、オッフゥ…とか、言ってたけど、今回はほわ~ん、程度。
でも物足りないって意味じゃ無いよ。カルビーのアレはダイレクトに海苔!だったけど
こっちは幾分かマイルド。濃さ自体も味付けもマイルドなのだ。
じゃあ濃くないかと言うと、そんな事はなくて普通ののり塩より充分に濃い。
カルビーの方は焼き海苔感が強めなのに比べて、あおさの丸みがある、かな。

カルビーのが昆布エキスや鰹節を使っているのに対して、
こちらは比較的シンプルな原材料。
私はこちらのコイケヤの方が好きだけど、これはもう好みだな。
普通ののり塩の延長上にある美味しさがこちらの「濃く深いのり塩」で、
普通とは一味違う強い海苔の風味を求めたら「海苔好きのための、濃厚のり塩味」だね。
その時の記事に「海苔好きのためというよりのり塩好きの為に濃くしたみたい」的な事を
書いたけど訂正しようと思う。

そう言えば、「のりしおトリプル」なんてのも出てるんだよな…。どないしょ…。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント