2017/03/23

じゃがチョコ ヨーグルト味

久々に、じゃがチョコいってみよーか。

今まで取り上げたじゃがチョコは塩キャラメル味はちみつバター味の2つだが
どちらも微妙な感想だった。じゃがチョコと僕。相性が悪いのかしら。
しばらくぶりのじゃがチョコとなるヨーグルト味。

ポテチとチョコってだけでも少し変わり種なのに、更にヨーグルトである。
ポテトチップス…チョコレート…ヨーグルト…。
それぞれ同じテーブルの上にあって順に食べる事はあっても
同時に食べるってのはまず無いよなあ。どんな味になっているやら。食す。

決して変な味では無い。というか、何やら懐かしい味…。これは何の味だろう?
ラムネだ!ラムネと言うと、炭酸飲料のラムネと、錠剤の形をした粒のラムネがあるが
後者の、粒のラムネに似ているかな。と思う。少なくとも連想する味だ。

別にラムネに乳製品が含まれていたって訳じゃ無いんだが。
甘みと仄かな酸味が丁度ラムネを連想させる塩梅だったって事だ。
ああ、匂いも何かそんな感じだ。あれ?ラムネってそんな匂いしたっけ?
他の駄菓子と記憶が混じっているかな?あやふやだ。
「ヨーグルト香料使用」って書いてあるけれど、あんまりそういう連想しないや。
ヨーグルト風味のお菓子の匂いだよ。そりゃそうか。
一応、家にあるブルガリアヨーグルトの匂いを嗅いだけど、やっぱ違うよ。

ともかく、今まで記事にしていた じゃがチョコより僕には美味しく感じられた。
食べ易い味。でも、ちょっとクドイかな。まあこれは好みによる。
このヨーグルト味のチョコのかかっている量が少なくても良いかなと思うが
そうすると、じゃがチョコじゃなくなってしまうね。それは駄目ね。多分。

あと「乳酸菌配合」って書いてある。健康志向のアピールか。
だけど今はねえ、生きて腸に届くとか機能性だとか色々あるから
乳酸菌ってだけじゃ、そんなに食いつかないかもよ。
でもちょっとは食いつくかもよ。分かんないよ。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント