2017/02/12

KOIKEYA PRIDE POTATO 松茸香る極みだし塩

魅惑の炙り牛」に続く、KOIKEYA PRIDE POTATOの二つ目。


そう言えば「日本産のじゃがいもを100%使用」っていうのも
別に割と普通の事じゃないかなと思った。

「日高産昆布と焼津産鰹節。重なり合う二つの旨みを包み込む松茸の香りに、
 素材の味わいを引き出す三種の塩(焼塩、藻塩、平釜炊きの塩)を絶妙にブレンド。
 日本人の味覚にこたえる、和を極めた新定番ポテトチップス。」
だってよ。

ポテチに味付けする職人さん風の写真は「魅惑の炙り牛」と一緒で
使い回しだが、そこはこだわらなくても良いらしい。

先に言っておくと、産地の違いとか塩の違いとか俺には分からんよ、多分。
開封すると、おお、香ってきますね、松茸。ほんのりと。
これで良いのだ。そして、この位で良いんだよ。トリュフ使った奴は臭いからね。

「濃い、カラッ、旨い。」と書いてあるが、味はあっさり。
堅あげポテト 贅沢だし味は、けっこう甘じょっぱい味だったけど、
こちらは本当にダシを味わうのが主という趣きなのか、塩気も甘みも控えめな印象。
で、案の定、昆布や鰹節の違いは自分の舌では分からないが、どれかに味が偏ることなく
円やかに調和している事くらいは分かるよ。
三大旨味成分のグルタミン酸、イノシン酸、グアニル酸が揃い踏みだ。

出汁を味わうって意味では際立った味。「新定番」って言うけど
このパッケージでずっと店頭に並び続けるのだろうか。
美味しいけれど、「今だけ」な印象を拭い去れない。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント