2016/10/12

「男爵いものポテトチップス」

男爵いものポテトチップス、という名前のポテチです。
kidottapotachi_convert_20161012015757.jpg
カテゴリに迷ったので「普通じゃない奴」という分類を作ってしまいました。

芋は、北海道産男爵いも100%使用ですって。
味は、アルペンザルツの岩塩味で、63%使用ですって。
「天然の岩塩層から生まれた、まろやかでコクのある岩塩です。」ですって。
カルビーってこういう「素材本来の味わい」みたいなの好きですよね。
パッケージ裏にも「男爵いも本来の甘みを更に引き出しました。」とある。
普段から素材の味を引き出してるぜって事なんですね。

ポテチなんて所詮ジャンクフードじゃん、揚げ物の衣だけ食う様なもんじゃん、
なんて程度に思ってる私、こういう「うすしお」が気取った様なのは
「ジャンクらしくゴテゴテに味付けしてくれて良いよ」って感じで、食べたいとあまり思わないんですよね。
なんて書き込んでたら、キーボードのキーの隙間にポテチの破片が…
爪楊枝で引っ張り出そうと悪戦苦闘するも更に奥に入って見えなくなった…
カルビーの悪口(?)を言ったら罰が当たったのかな…。気を取り直して食べます。

美味しいです。上記の通り私は塩味を好んで食べる事は無いですから
違いを明確に語れません。すみません。
このブログは分からない物は分からないと言う正直さがウリです。
でも、多分、恐らく、きっと、普通の塩味よりランクが上の美味しさだと思いますよ。
だって、塩味を敬遠する私が最後の方まで飽きを感じずに食べ進めてしまいましたから。
しかし、袋の底の方は塩が沈むのか、ちょっと塩味が濃い目に感じました。
それでも、塩がピリピリしてキツイわ~ってならないのは岩塩の円やかさって奴なんでしょうか。

「甘み」って表現を用いる程の甘さは感じませんね。
「いもの味を引き出すとこんな甘みを感じるんだね~」そういうのはありません。
でも多分、じゃがいもの旨味みたいなのは強いんですよ。
「多分」が多くてすみません。じゃがいもの本来の味なんて普段は意識しないもん。
こういう「塩味」は感想を書くのも言葉を出し辛くて大変だ。意外と長くなってるけど。

原材料を見たら、一応、塩以外にも、デキストリン、調味料(アミノ酸等)って使ってるんだね。
ともかく、ポテチは結局「うすしお」が一番って思ってる人には当然お勧め、
私みたいな「うすしお嫌い」でも意外とイケる可能性アリ、食わず嫌いは勿体ないかもね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント