2017/01/24

チップスター しそ香る紀州の梅味

どうしたら許してくれるかな。

ディスったつもりは無かったんだ。
すっぱムーチョの記事で、梅らしさはすっぱムーチョの方があるなんて書いて。
結果的に、チップスターを下げたみたいに思われても仕方ないかもね。
でも、キミには君の良さがある。筈だ。知らんけど。
みんな違ってみんな良い。それぞれが世界に一つだけの梅の花を咲かせれば良いのさ。

「紀州産梅のパウダーを使用し、素材のおいしさにこだわった和チップスター。
 ”梅のさっぱりとした酸味””かつお節と昆布のダシ””しその香り”
 三拍子そろった味わいをお楽しみいただけます。」

ほらもう、説明文だけで違いが出ている。かつお節と昆布、そして、紫蘇。
どらどら、その違いを我が舌で感じ取ってやろう。

酸味はそれなりにある。甘味がさほど強くないので、その分だけ酸味がクッキリするのだろう。
そして紫蘇の風味があるのが他の梅系との違いだね。
かつお節と昆布は…。ダシがあるのは分かるんだけれど。
やっぱり、酸っぱい梅の味が強いと僕の様なバカ舌には分かり難い。
いや、他の人も恐らく似たようなもんだ。何だか分からないが
梅だけの味じゃ無いのは分かる、かつお節と昆布と言われたらそんな気がする…。
きっと食べたら多くの人が同感の筈だ。

そんな事ない!しっかりかつお節と昆布が旨味を効かせているじゃないか!
そう言えるあなたは、おめでとう、グルメ舌だ。

気付かなくても、このかつお節と昆布の風味が無ければ味気ない物になっていたんだよ。
きっとそうだ、ダシってそういうもんだよね。
でも個人的には、ここ最近の梅味ポテチで好みを語るなら
すっぱムーチョの完熟梅味に軍配をあげる。
ごめんね。結局すっぱムーチョ上げだ。

本当にそうなのかな?と思うなら、キミの舌で確かめてみてくれ!
画像はそのうち貼るぞ!多分!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント