2016/10/10

オー・ザック 香ばし揚げ ハムカツ味

今日はオー・ザックです。
zakuttojuwattoumami
オー・ザックのハムカツ味。香ばし揚げって何だ?商品名として
「香ばし揚げ ハムカツ味」と扱って良いのか?と思ってよく見たら、
オー・ザックの中のシリーズとして「香ばし揚げ」ってカテゴリーが作られてるんですね。
「ほんのり焦げ目がつくほど高めの温度でカラッと揚げました。
 より香ばしくて、食べごたえのあるおいしさです。」ですってー。
カルビーで言う堅あげポテトみたいな位置づけなんだろうか。

ハムカツ味に関してはこんな御託。
「薫り高く旨味のある厚切りのハムに衣を付けて、サクサクジュワッと揚げたハムカツをイメージ」
自分の中ではハムカツって薄切りのイメージで、そもそも食べる機会も少ないけれど
パッケージ写真から、大体どんな味のイメージかは何となく伝わってきます。食べます。

最初の一口は…ハムカツかな?これ。言われないと、そんな気はしない人が多いかも知れない。
塩気が強めで、「うすしお」じゃなくて、○○の塩味みたいなネーミングで近い味がありそう。
でも、噛み締めると確かに、ハムの風味がほんのりジュワッと来ます。
ハムカツってソースで食べるイメージを私は持っていたんですが、そういう味付けでは無いんですね。
パッケージ写真にある通り、ハムの持つ塩気でそのまま食べる味でしょう。

で、カツの衣の感じですが、まあポテチ自体、揚げ物の衣だけ食う様な物ですからね。
ハム味じゃなくて、衣とハムが口の中で混ざり合う様な、ハムカツ味とは言えますね。
でも、「薫り高く旨味のある厚切りハム」かはよく分からない。
薫りが高いか旨味が強いかは知らんがハムはハムだろ、そんな味です。
厚みは…恐らく、衣よりハムの分量がずっと多いような味付けという事でしょう。

原材料を見ると、「ハムカツ風味シーズニング」なる物が使われております。
たまに、こういう「○○風味シーズニング」ってあるんですけれど、
「いや、その風味を出す為の材料の内訳を知りたくて見てるんだよ」と突っ込みたくなります。

「香ばし揚げ」に関しては、これも良く分かりませんでした。
オー・ザック自体、食べるのが久しぶりなんで違いが分かりません。
…手を付ける順番を間違えましたね。
匂いを嗅ぐと、確かにちょっと香ばしさを感じるけれど
これが「香ばし揚げ」故なのか「ハムカツ味」故なのか…
そのうちまた、オー・ザックを取り上げる時に判明するかも知れません。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント