2018/03/31

オー・ザック 炙りチャーシュー味



お久しぶりのオー・ザック。
炙りチャーシュー味です。
DSC_0188_convert_20180316154108.jpg
「脂ののったチャーシューにタレを染み込ませ、
 香ばしく炙ったおいしさを表現しました。」

炙りチャーシューって好きじゃないんだよなあ。
ラーメンのトッピングで何度か食べた事があるけれど
美味しいって思ったことが無い。もうクド過ぎて
何が美味しいのかさっぱり分からない。
炙らないままで提供してくれた方が嬉しいのに。
あと、炙りだと厚切りなのも駄目。薄い方が美味しく感じるんだよな。
トッピングメニューのチャーシューが炙りしか無かった時は
おつまみ盛り合わせを頼んで無理やり
炙らないチャーシューを乗せて食べたくらいだ。
そんななので、個人的には炙りチャーシューの炙り感は
むしろ再現されないでいてくれ、と切に願う。

皆の感想

・えー、チャーシューの感じしない。
・チャーシューじゃないな。いつものオー・ザック。
・凄くチャーシューっぽい。脂身の感じが出てる。
・脂身感がある。美味しい方だと思う。
・焼肉屋に入った時の空気の味。

らしさを感じるという感想、感じないという感想、半々だが
最後、何だよ!焼肉屋の空気の味って!面白いです。
確かに、焼肉屋は店中で肉を炙ってるからな、
表現しようとしている味と合致した感想ではあるか。
いやー、こういう面白い感想が出てくると嬉しいんだよな。
僕からはこんな表現は逆立ちしても出てこない。逆立ちも出来ない。

僕の感想としては、第一印象はチャーシュー感じない、だった。
最初に食べてもらった二人もそういう感想だったので、
そうだよねーと思っていたら、後から肯定的な感想も。
えー、そうかなあと思いながら再度食べてみる。

…言われてみれば、そんな気もする。どっちつかずである。
モヤモヤ。今度は、口に含んだまま舌に残してみる。
ああ、分かる、分かるぞ!この感じ、ラーメン屋で
炙りチャーシューを齧った時に覚えた不快感、あれを思い出す。
だが、実際んの炙りチャーシューの様にクドさは感じない。
この程度なら全く不快じゃない。むしろ、ちゃんと「風味」と思える。

控えめな再現具合がかえってポテチとしての美味しさになっている。
という訳で、オー・ザックの中では良い塩梅の再現具合で
かつ美味しい方だとも思う。



グルメ
ブログ更新したぜ!
スポンサーサイト
2018/03/30

堅あげポテト 七味マヨ味



「ピリッとした刺激と風味豊かな味わい」という
堅あげポテトの七味マヨ味。
DSC_0207_convert_20180330155049.jpg
「ピリッと風味豊かな七味唐辛子とふわっと広がる
 マヨネーズのマイルドなコクが、くせになる味わいです。」

皆の感想は、概ね美味しいってさ。
・堅あげポテトはやっぱ美味い。
・おつまみに良さそう。
・美味しいけど、ちょっと薄い。
・お好み焼きみたいな味。

おつまみに良さそう?酒も飲めない子供のくせに何言ってんだよ。
僕も飲まないけれど。そういうイメージが湧くのは解る。
おつまみ系の商品で七味マヨネーズの味だったり
それ自体が添付されてたりは多いわね。

特に濃厚では無いけれど、薄いって事もあまり無いんじゃないかな。
七味の辛さも程々でマヨネーズも押してくる感じじゃないけれど、
良い塩梅の味付けだと思います。まんま調味料の味だから
再現度が低いって事も無いしね。何故かたまにそういうのもあるけれど。

お好み焼きって感想も分からんでもないかな。
いわゆるお好み焼きに使う「ソース」は使われないんだけれど、
マヨネーズの他に醤油のコクがあったり、
焼海苔が同じ海藻である青のりを連想させたりするのかも知れない。

結論、美味い。七つの味で七味、その時点で風味豊かだわね。
具体的に言うと、生姜や胡麻が良い風味づけになっているのを感じた。
そこに、みんな大好きマヨネーズ。おつまみの定番の味付けにもなるよ。
粉末しょうゆやチーズパウダーも使われていて、
単に七味マヨネーズそのまんまの味では無く
ポテチの味付けとして上手い所に落ち着いている。

堅あげポテトは美味いっていうかコレ、堅あげポテトの中でも特に美味いと思うよ。
味付けも堅あげポテトにとても良く合っているんじゃないかな。
「美味しいけど堅あげポテトじゃなくても美味しいだろうな」ってのも今まであったが
これは堅あげポテトでこそ!って気がする。違う形状のを食べたこと無いけど。
七味マヨネーズってのが季節に関係なく定番なのだから、
これも期間限定じゃなくレギュラー商品にしたら良いのに。

グルメ
ブログ更新したぜ!
2018/03/28

ポテトチップス コンソメBパンチ



コンソメも色んな味が出続けているものである。
この度は「コンソメBパンチ」。BはビストロのB。
DSC_0195_convert_20180329115224.jpg
「香味野菜をじっくり煮込み、ビストロ料理風味のコンソメスープを
 イメージしたコンソメパンチです。濃厚だけどすっきりとした後味で
 飽きないおいしさが楽しめます。」

ビストロ料理って何?って誰かが言うんで、
ググれ…と言わずに僕がググってあげたぞ。
ビストロってのはフランス語で小さな料理店、小料理屋といった意味で
居酒屋の様な大衆的なお店の事らしい。ビストロスマップは全く大衆的じゃなかったけど。
勝手に高級なイメージを抱いていたけど実際は真逆だったのだ。
そのビストロ料理風のコンソメスープって、…結局、何?分かんね。
準備の時間の節約の為に、大鍋を何度も温め直し、具材を追加して…
って感じらしいんで、煮詰まった様な味、なんだろうか。

皆様の感想

・普通のとあんまり変わらなくね?
・クセがあるので、普通のコンソメの方が好き。
・美味しいけど、濃いね。
・ショートケーキみたいな味がする。←?

4つ目の感想は無視しよう。
同意する人はまずいない筈だ。おかしいよ、味覚。
普通のコンソメ味と大きくは変わらない味ではある。
だが味は濃い目。コンソメWパンチより余程パンチがある気がする。
この時点で僕はコンソメWパンチより好き。
やっぱり煮詰まった味の再現なのか?

クセがあるって言うのは、説明文にもあった香味野菜、
というかセロリだ。写真には他に玉ねぎや人参も写っていて
他に発酵トマトエキスパウダーなんかも入っているけれど
それらよりずっとセロリの割合が多い。
何せ原材料で食塩、コーンスターチの次に多いのがセロリだ。
オニオンエキスパウダーより多いってのも変わっている。
普段のコンソメ味の奥にホンワリ広がるセロリの風味。
そんなにクドい程は強くないと思うけど、苦手な人は苦手らしい。

この風味が苦手じゃなけりゃ「濃厚だけどすっきりとした後味」って
フレーズは実際の味と合致していると思えるだろう。
野菜の風味を際立たせつつジャンクフードらしいゴテゴテした濃さもあり
なかなか面白い味に仕上がっている。これまでのカルビーの
コンソメパンチの仲間達の中でも好きな方だな、これは。

グルメ
ブログ更新したぜ!
2018/03/28

カラムーチョ 辛口マスタード味



カラムーチョ、スティックタイプの辛口マスタード味。
DSC_0197_convert_20180328092248.jpg
「マスタードのツンとする刺激的な辛さと肉の旨みが
 相性バツグンの本格的な味わいです。」


みんなの感想

・写真の通りの味で美味しい。
・マスタード感タップリで後からツンとくる。なかなか良い。
・イマイチ。

僕の感想。美味し。

辛口と言うとどれだけ辛いのかと思うけど、
さほど辛くは無い。普通のカラムーチョと同程度と思って良い。
また、マスタードソースはビネガーが使われていて
酸味があるものが多いのだが、そういう味はしない。
あくまでマスタードの粒の味だ。

そして、ポークエキスパウダーのお陰か
本当にソーセージにマスタードソースを乗せて食べてる様な味。
写真のイメージと実際の味が噛み合っている。
それならネーミング自体もポークの要素を入れたら良いのに。

どうも自分はポテチの場合、チキンよりビーフより
ポークの味が美味しいと感じる傾向にあるのかも知れない。
一般にチキンの味を使ったポテチが多く、カラムーチョもその一つ。
そこんとこ、この辛口マスタード味はポークを使ってて一味違う。
まあ唐辛子じゃなくてマスタードって部分も違うけど。

粉末しょうゆを使ってるのも日本人に馴染む味に仕上げる為か、
或いはソーセージらしさを連想させる香ばしさに一役買っているのかも知れない。
もちろんソーセージ自体には醤油は入らないが。

原材料名:馬鈴薯(日本:遺伝子組み換えでない)、植物油、ぶどう糖、砂糖、食塩、デキストリン、たん白加水分解物(小麦・大豆を含む)、香辛料、マスタードパウダー、酵母エキスパウダー、粉末しょうゆ(小麦・大豆を含む)、オリゴ糖、ポークエキスパウダー/調味料(アミノ酸等)、酸味料、香辛料抽出物、香料(乳由来)、ターメリック色素、カラメル色素

内容量:90g 

おしまい。
グルメ
ブログ更新したぜ!
2018/03/23

アメポテ サワークリームオニオン味&バーベキュー味



久々のアメポテ。ウェーブカット、2種ミックスの
サワークリームオニオン味&バーベキュー味だ。
DSC_0187_convert_20180316154842.jpg
別々の味が一袋に入っているってのが珍しい&面白い。
100gという容量も相まって、パーティ用に丁度良さそうな感じだ。

「サワークリームのさわやかな酸味とオニオンの風味に味付けした
 サワークリームオニオン味とパンチのきいたスモークのBBQ味の
 2種類の厚切りウェーブカットポテトチップスをミックスしました。」

皆の感想

・普通。
・匂いが混じってキツイ。
・一緒に食べると美味しい。
・バーベキュー味は美味しい。
 サワークリームの方も味が混ざったのか似た様な味。
・普通のポテチの方が良い。

僕も開封した時の匂いに抵抗があった。
「うっ」って顔を逸らしてしまった。
元々アメポテに美味しいイメージが無かったので(失礼)
あんまり気が進まない状態で食べ進める。
サワークリームオニオン味の方は単独で以前にも記事にしたが
相変わらず素っ気無い味だなあと思った。
砂糖が少な目なんだよね。
このアメポテ自体に使われているポテトが
ホワイトラウンドポテトと言う糖分が少な目の
種類の物なのだそうだ。

「使用しているポテト原料は「ホワイトラウンドポテト」と呼ばれている
白くて肉質が締まって糖分が少ないのが特徴です。」

ちょっと日本語がぎこちなくないか?
その辺も含めて海外仕様なのだろうか。

バーベキュー味の方はもうちょっと甘味があって食べ易い。
パンチはそんなにある訳でもなく、スモーク感も別に…
って感じではあるけれど、味の対比でメリハリがあるのは良いね。

一緒に食べると美味しいって意見もあったので試してみる。
うーん、分からんでも無い。より美味しくなるとは言わんが
中和されてバランスの取れた味になるとは言えるかも知れない。

単独の味では特に好まないけれど
一袋の中で組み合わせを楽しめるという点で
面白い仕様のポテトチップスだと思いました。

原材料名
【サワークリームオニオン味】:ばれいしょ(遺伝子組み換えでない)、植物油脂、脱脂粉乳、食塩、ホエイパウダー(乳製品)、オニオンパウダー、サワークリームパウダー、香辛料、バターミルクパウダー、砂糖、香料、酸味料
【バーベキュー味】:ばれいしょ(遺伝子組み換えでない)、植物油脂、砂糖、食塩、ぶどう糖、コーンスターチ、トマトパウダー、香辛料、オニオンパウダー、酵母、ガーリックパウダー、麦芽粉末、酵母エキス、パプリカ色素、酸味料、香料

内容量:100g

おしまい。
グルメ
2018/03/23

アーモンドが香ばしい大人のチョコレートチップス



前回に引き続きカルビーのチョコ味ポテチ。
「アーモンドが香ばしい大人のチョコレートポテトチップス」
DSC_0190_convert_20180323075610.jpg
以前に記事にした様なしなかった様な…
とモヤモヤしていたが、以前のは贅沢ショコラのアーモンド味だった。
何が違うんだろう…。「続きます。」とか書いといて
続きを書かずに放置しっぱなしだし(よくある)。
ラム酒の方は明確に違うって分かるんだけどな。

「厚切りカットのポテトップスに、ほろ苦く甘みのあるチョコレートをトッピング。
 アーモンドの香ばしい香りが漂う大人の味わいが楽しめます。」

皆の感想

・アーモンド感があって良い。
・木を食べてるみたい。
・悪くない。

ラム酒味のと違って極端に嫌う人は居なかった。
そして、どちらが美味しいかと思うかも半々程に分かれた。
僕はラム酒味の方が好きだったな。
こっちは塩気がそこそこあって、そこが少し苦手。
ナッツって塩をまぶしてあるのがあるから
その感覚での味付けなのかもしれないね。
肝心のアーモンドの風味もしっかりあります。
それ故の「木みたい」という感想なのかも知れない。
いやー、その発想は無かった。木なんて食った事ねぇもん。

原材料名:じゃがいも(遺伝子組み換えでない)、植物油、準チョコレート(乳成分を含む)、砂糖、食塩、コーンスターチ、アーモンドパウダー/香料、乳化剤(大豆を含む)、着色料(カラメル、カロチノイド)

内容量:50g

おしまい。

グルメ
ブログ更新したぜ!
2018/03/22

ラム酒薫る大人のチョコレートチップス



チョコレートのポテチにとうとうお酒が入りました。
「ラム酒薫る大人のチョコレートポテトチップス」
DSC_0189_convert_20180322151643.jpg
「厚切りカットのポテトチップスに、ほろ苦く甘みのあるチョコレートをトッピング。
 ラム酒の芳醇な香りが漂う大人の味わいが楽しめます。」

※製品中にアルコールを0.06%含みます。とのこと。

皆の感想は、
・物凄く不味い。
から
・チョコ系で一番美味い。
まで、両極端な感想があった。

まあ、両方分かるよ。僕は結構、好き。
ラム酒を使ったチョコでラミーってあるけど
丁度、アレと同じ様な味だ。
ラミーよりはラム酒は控えめだけども。
なので、ラミーが苦手な僕でもこれはイケる。

塩気をあまり感じない所が良かった。
これも評価が分かれるポイントで
塩気のあるチョコ味が好きな人もいるので
そういう人には今ひとつかも知れない。
僕は逆で、しょっぱいチョコ味が苦手なので
チョコ味ポテチの中ではこれが特に食べ易かった。

原材料:じゃがいも(遺伝子組み換えでない)、植物油、準チョコレート、ぶどう糖、砂糖、ココアパウダー、食塩、コーンスターチ、ラム酒粉末、たん白加水分解物(大豆を含む)、チーズパウダー/乳化剤、香料、調味料(アミノ酸等)、甘味料(ステビア、スクラロース)

内容量:50g

おしまい。
グルメ
ブログ更新したぜ!
2018/03/21

ポテトチップス 香味にんにく味



どんどん行きます。
こちらもカルビーのポテトチップス。香味にんにく味。
DSC_0174_convert_20180309160944.jpg
「にんにくのうまみと香ばしさに香草を効かせた味わい。
 にんにくのうまみ引き立つ風味豊かなポテトチップスです。」

皆さんの感想

・鼻元でグワッと匂って引く。が、美味しい。
・美味しくて止まらなくなりそう。
・最高に美味い。 ←ガーリック好きの奴

と好評。僕はそこまで好きじゃないけど。
割と強めの塩気とにんにく。にんにくは嫌いじゃないが
こうストレートに強調されると得意ではないな。

香草とは、原材料を見るとバジルの事の様だ。
他に見当たらない。なら、バジル&ガーリック味で良くないか?
香草って大きい括りだと、もっと色んなハーブが入ってるかと思うじゃん。

パッケージ写真は恐らくニンニクのアヒージョの模様。
アヒージョとはオリーブオイルで具材を煮込んだ料理の事。
ま、確かにそんな味だ。原材料にも粉末オリーブオイルがあるしね。
じゃあ、アヒージョ味で良くないか?せっかくパッケージ写真と
合致した味付けしてるんだしさ。

にんにく好きならどうぞ、というそのまんまな感想。
それなりに強くにんにくを感じられると思うぞ。
僕は、もっと香草つまりバジルが強い方が好きだけどな。

原材料:じゃが(省略)

内容量:75g

グルメ
ブログ更新したぜ!
2018/03/21

じゃがビー サワークリームオニオン味



ついに、じゃがビーにサワークリームオニオン味が出たぞ。
DSC_0185_convert_20180321034215.jpg
以前、ブログのどこかで(探すの面倒くさい)じゃがビーは
アッサリ目の味付けが多いけど、味の濃いサワークリームの様な
味も食べてみたと、言ったような気がしないでもない。
自分のブログを検索したけど、見つからなかった。あんるれええ?
もちろん、じゃがビーの開発者達がこのブログをチェックして
僕の要望に応えてくれた、なんて微塵も思っちゃいない。偶然だ。

「サワークリームの爽やかな酸味にオニオンの旨味をあわせた
 じゃがいもにぴいたりの味わいです。」

皆の感想

個別の箇条書きをする内容じゃない。
大体、美味しい、の一言。じゃがビーって大体美味いよね、的な。

そう、じゃがビーにハズレ無し。大体、そつなく美味い。
飛び抜けて凄く美味しい!は少ない気もするが、安定している。
このサワークリームオニオン味もそんな感じ。
美味い。アッサリしていて美味い。つまり、僕の期待していた
濃厚な味付けの、サワークリームのじゃがビーでは無かった。

だが、それはそれで美味しい。サワークリームで
このアッサリ目の味付けだと普通のポテチだと物足りないんだけど
不思議と、じゃがビーだとアリになる。悪くなーい。
そして説明文に違わず、凄く爽やかな味だ。
いや、説明文から感じられる以上に爽やかだ。
今まで紹介してきたポテチ&ポテトスナックの中でもずば抜けて爽やかだ。

何回爽やかって書いてんだって感じだが、他に言葉は無いのかって感じだが、
この、じゃがビーや類似品の「じゃが芋そのものを味わってください」系と
サワークリームの「ほのかな酸味」って組み合わせがそう感じさせてる気がする。
意外と今まで無かった組み合わせかも知れない。あったらごめんなさい。
若年性健忘症かも知れません。

美味い。
でも、やっぱ濃いの食いてー。

原材料名:じゃがいも(遺伝子組み換えでない)、植物油、オニオンパウダー、食塩、砂糖、デキストリン、ホエイパウダー、ガーリックパウダー、たん白加水分解物(豚肉を含む)、フライドガーリックパウダー(小麦・大豆を含む)、酵母エキスパウダー、チーズパウダー、サワークリームパウダー、パセリフレーク、オレガノパセリ/調味料(アミノ酸等)、酸味料、香料、甘味料(ステビア、甘草)、酸化防止剤(V.C)

内容量:38g

おしまい。
グルメ
2018/03/21

国産鶏サラダチキン カラムーチョ



ファミリーマートで売ってたサラダチキン。

そうですね。賞味期限がアレですね。
これも数か月前の話ですスミマセン。

小池屋監修との事でカラムーチョの味が再現されてるのかと
思って買って食べてみました。これは皆とシェアしませんでした。

カラムーチョって言うより、キムチ味っぽいなと思いました。以上。

DSC_0120_convert_20180321033127.jpg

グルメ
ブログ更新したぜ!