2017/09/30

じゃがりこ チェダー&サワークリーム味



またしても、じゃがりこ。
ここのところ、じゃがりこが多いけれど、
特に意味も理由も無いのである。たまたまだよ。
強いて言えば、ポテチばかりを続けて食べるよりは
間に、じゃがりこ、じゃがビーを挟んだ方が楽ではある。

チェダー&サワークリーム。
またしても、チーズ。
ここのところ、チーズが多いけれど、
特に意味や理由があるのだろうか。たまたまだろうか。

チェダーチーズの名の由来は、イギリスのチェダーという場所で
作られていた事に因るらしい。ググりました。
特に旬がいつ頃かとは記載されてなかったから、
この時期の期間限定である強い理由はなさそう。たまたまか。

味は、コクのあるチーズをベースに、
円やかなクリームの風味とほのかな酸味が乗って、
…ええっと、とにかく美味い!
「爽やかな酸味」って、この味をもって言うべき言葉だね。
柑橘系の味もよく爽やかな酸味という表現が使われるけれど
それとは別に、これはこれで爽やかだぜ。
サワークリーム味で爽やかな酸味とは珍しい感じがする。

青しそチーズ、トリプルチーズ、そしてこのチェダー&サワークリーム。
3つチーズ味が続いたが、これが1番好きだ。
というか、じゃがりこの中でも好きな方だな。
以前のをあんまりよく覚えてないけれど。
という訳で、過去の記事を遡って確認。

あ、確定だわ。ここまで食べたじゃがりこの中では、これが1番好き。
青しそチーズ味より、こっちがNo.1だ、僕にとっては。

他の人の感想

・普通。普通。普通。あ、後からちょっと酸っぱい。

何で3回言うん。…普通か。普通のチーズ味か。
盛り上がってんの俺だけか。
このパターンは何気に初めてだ。まあいいさ。

もう何人かに聞いてみたかったところだが、
すまない、美味しくて我慢できず、残りを全て1人で食べちゃった。
まあどうせ「普通に美味い」みたいな感想しか来なさそうだし、いいだろ。

じゃがりこって、一口で劇的に美味い!って事はあんまり無くて
さほど意識せず、気付いたら止まらなくなってる、そんな美味しさだよね。
まさに僕にとっては、このチェダー&サワークリーム味がそうだった。
期間限定?レギュラー化しろ!

以下、原材料。

じゃがいも(遺伝子組み換えでない)、植物油、ミルクパウダー、チェダーチーズ、粉末植物油脂、食塩、コーンスターチ、殺菌済み発酵乳、サワークリームパウダー、砂糖、脱脂粉乳調製品、オニオンパウダー、チェダーチーズパウダー、酵母エキスパウダー、たんぱく加水分解物(大豆を含む)/調味料(アミノ酸等)、酸味料、乳化剤、香料、酸化防止剤(V. C、V. E)、カロチノイド色素、水酸化Ca

内容量:52g。

おしまい。
グルメ
ブログ更新したぜよ!
スポンサーサイト
2017/09/29

ビーフジャーキー味 わさビーフ仕立て



以前にも似たようなのがヤマヨシから出ていたと思う。
わさビーフ仕立てって事は、前の奴より、わさび感が強いのかな?
どうなんだろう。

「『アサヒテングビーフジャーキー』と『わさビーフ』のコラボレーションが
 実現しました!テングブランドのビーフジャーキーは長年にわたり、
 国内で圧倒的な人気を誇るトップブランドです、人気の秘密は上質な
 ステーキ肉と醤油の組み合わせにあります。そこで、
 『アサヒテングビーフジャーキー』のこだわりの味わいを再現し、
 そこに、『わさビーフ』の魅力であるピリッとした刺激が加わることで
 今までにない新しいおいしさが誕生しました。ぜひ一度、ご賞味ください。」

裏面に長~い能書きがある。何だか見覚えがあるなあ…?
ん、これは。わさビーフジャーキー味のそれと一緒じゃないか!?

名前とパッケージだけ変えて、同じ味のポテチなのか?
コラボが実現しました!とか、新しい美味しさが誕生とか言って
既に半年前にやっていた事じゃないかーい。
能書きは全く一緒だが、味は何らかの変化があるのか?実食。

相変わらず濃いな。わさビーフもそうだし、わさビーフに限らず
ヤマヨシのポテチは濃いーのが多いが今回も濃いね。
と、前の時と全く同じ感想が出てきたぜ(↑の2行もコピペ)。

でも前回は、わさびっぽさよりも胡椒を連想させる刺激と言っていたが
今回はハッキリわさびの味だなと感じたぞ。
そこは変化をつけてきたのか?…僕の感じ方の違いか?
原材料や栄養成分表示を記録してこなかったツケで、
また精確な比較ができない。駄目よアタシったら。
ずっと前にも同じ反省をしたはずなのに、全く改善しない。

前回は
「ビーフジャーキーの味がじゅわっと染みた後に、ほんのりわさび。」
という感想だったが、今回は
「ビーフジャーキーの味がじゅわっと染みるそばから、グイグイわさび。」
そんな印象だ。
そして、すみません、個人的な好みで言えばこれは
もうちょっと、わさび控えめなほうが好きです。

他の人の感想

・わさび~!わさびしか感じない…。

いや、それはアレだ。わさびの刺激に鋭敏すぎるのだろう。
きっと舌がまだ子供なんだよ(笑)。いや、子供の方が味蕾が多いから、
単純に「大人の味覚>子供の味覚」とは言えないけれどさ。

・わさびがほんのり効いてるんだね。美味しい。好み。

大人の味覚をお持ちである。

もう何人かに食べてもらおうかな。

続く。

そして、原材料名を記載してみよう。

馬鈴薯(遺伝子組み換えでない)、植物油脂、グラニュー糖、粉末醤油、蛋白加水分解物、食塩、デキストリン、酵母エキスパウダー、乳糖、わさびパウダー(長野県産100%使用)、ビーフパウダー、調味料(アミノ酸等)、香料、香辛料抽出物、くん液、甘味料(ステビア、カンゾウ)、酸味料、

(原材料の一部に小麦、鶏肉、ゼラチンを含む)
グルメ
ブログ更新したぜよ!
2017/09/28

じゃがりこ 青しそチーズ味



また、じゃがりこですよ。

青しそチーズ味。
僕はずっと「青じそ」と呼んできたけれど
「青しそ」という呼び方の方が一般的なのかな?
どっちでもいいや。

「じゃがりこファン人気No.1」

って事なんだけれど、
僕の周囲の人の感想はいまいちである。

・ちょっと変わった味。

みたいな反応。
普通のチーズ味の方が好きなんでしょう。
青しそって苦手な人もいるしね。
好反応の場合も

・美味い。

という大変シンプルな反応。
もっと色々言ってくれないと詰まんないなー。
まあ「普通に美味い」ってやつでしょうけれど。

・あまり青しそを感じない。チーズはハッキリ感じるけれど
 そう思って食べないとシソ味だと思わない。

という感想も。

僕の感想としては、青しそもハッキリ感じます。
チーズの方がやっぱり強いけれど。
そして、バジルチーズ味を連想しました。
バジルと青しそって近い種類のハーブだからね。

どうせなら、普段あまりスナックの味にならない食材なのだから
思いっきり青しそを前面に出した味が食べたかったな。
逆に、珍しい味だから青しそ控えめでも充分に
個性を感じさせるという見方もありそうだけれど。
現にその青しその個性を拒み気味な感想もあったし。

でも僕は青しそのバジルとの違いをより一層、感じたい。
だから、もっと、チーズをむしろ控えて、
青しそをガンガン効かせて、
ドン引きする人はドン引きするけれど
ハマる人はドハマりする様な青しそ味を食べたいね。

でも現状で人気No.1なんだから、
既にこの味でハマってる人はいるのか。
そうか…これがNo.1か。
うーん、よく分からん。

おしまい。
グルメ
ブログ更新したぜよ!
2017/09/28

じゃがりこ Lサイズ 明太チーズもんじゃ味



どんどん期間限定のポテチが出ては消えていくのに
レギュラー商品っぽい物に手を出してしまった。

「いつものサイズよりロングでラージ」という
Lサイズのじゃがりこ。
でも、長さは伸びているけれど、太さは一緒なので
別にラージのLにかける必要ないじゃん。
単にロングでいいじゃん。

何人かに食べてもらった感想として、
明太子の味があまりしない、或いは全くしない
というものが複数。

辛子明太子、感じない事も無いけれどね。
味付けは明太子の他にチーズ、もんじゃ。
そのもんじゃはソースやキャベツが使われてて、
そのソースにも様々な野菜が使われてて…
となると、スナックにした時には味の焦点はボヤけても
仕方ないのかもしれない。
ついでに、チーズもそんなに感じない。
ただ、この2つがもっと強かったらそれが味のメインになって
今度はもんじゃ焼き味とは呼べなくなってしまうな。

実際のもんじゃ焼きで食べるときには、
部分部分でそれぞれの具材の味だったり食感だったりを
感じるのが美味しいのだ、きっと。
それをスナックとして均一化したら
美味い不味いは別として、
何だか何味を食べてるのかよく分からない、
なんて事になってしまうのかもしれない。

食感も、もんじゃ焼きとは真逆だしね(笑)。
そう言えば、じゃがりこを熱湯でふやかして
マッシュポテト風にして食べると美味しいってのが
前に流行った事があったなあ。
この明太チーズもんじゃ味でやったら
意外ともんじゃ焼きらしさを少しは発揮して美味しいかも。
もし、やる時は火傷にご注意を。

昔あった、お好み焼き味のポテトチップスは美味しかったな。
もんじゃ焼き味でも似たような味になると思うけれど、
明太子とチーズを加えたのはあまり有効じゃなかったかな?
それとも、じゃがりこには合わなかった?
…なんて書いていると、全く美味しくないみたいだね。
「普通に美味い」とは言える味です。

おしまい。
グルメ
ブログ更新したぜ!
2017/09/27

オニオンの甘み 濃厚リッチポテト



セブンイレブンのPB商品だ。

「まろやかな酸味のコク深くクリーミーな味わいです。」

酸味のコク…?ああ、まろやかな酸味があって、
かつコクも深くて、って事か。日本語はややこしいぜ。

食べる。
おお、これは確かに濃厚…。
何が濃厚って、サワークリームオニオン味って、
オニオンの味が強いとか、酸味が強いとか、
クリーム感が強いとか色々あるけれど
大雑把に言って全体的に濃い。

いや、酸味はそれほどでもないか。
甘みは、オニオンの甘みなのかは疑わしいな。
原材料に書いてある通り、グラニュー糖の甘みでしょ?
オニオンの風味はそれほど前面に出ていない。
日本のポテチの平均的なサワークリームオニオン味を
平均的なバランスのまま濃厚にした感じだ。
味の偏った特徴は無く、シンプルに、濃厚。

他の人たちの感想

・意味不明。

いや、意味不明という感想が意味不明だってば。

他数名には、大好評。
なかなか勢いよく食べるから、僕の分がなくなりそうだった。
やはり王道の味は強いな。
そしてサワークリーム味は濃くてこそ、であろう。
アツギリ 贅沢ポテトのサワークリームオニオン味
酷評したアイツもこれは美味いと言っておったぞ。
そして、最初に「意味不明」といった人も
後から、やっぱり美味しいかもと感想を翻してきた。
その時間差こそ意味不明であろう。

おしまい。
グルメ
ブログ更新したぜ!
2017/09/27

ポテリッチ 山わさび醤油味



「ツンとした刺激的な辛さの山わさびと、
 旨みのある醤油が合わさった味わいのポテトチップスです。
 ピリ辛で深みのあるおいしさが楽しめます。」

山わさび。別名、西洋ワサビ。ホースラディッシュ。
本わさびを売りにしたポテチはあったけれど、
山わさびを名称に加えてるのは珍しいね。
ちなみに、水を加えて練るタイプのS&Bの粉わさびは
この山わさびが原料だぞ。

本わさびと山わさび、今まで違いがよく分からないと思ってたけど
ポテチになったのを食べてみると案外と違うもんだなあ。
味の感想としては、大雑把に言って
そのまんま、わさびを溶いた醤油の味、なんだけれど、
本わさびを使ったポテチのそれに比べると
如何にもわさびらしい風味は強くないのだ。

それで、ピリッとした刺激は強め。ツンじゃなくてピリッだと思う。
なので、わさび醤油よりも生姜醤油を連想した。
パッケージの写真も擦り下ろした生姜っぽいしね(笑)。
わさび味が苦手でも、もしかしたら大丈夫かも知れない。
ピリッと刺激のある醤油味って感じだ。わさび味というよりは。

他の人の感想

・わさびの味ばっかりで、醤油の味がしない。

嘘だろ。山わさびの刺激ばかりが印象に残って
醤油の味に意識が及ばないのだろうか。

・お酒のつまみって感じだ。ポテチ単品ではちょっと進まない。

確かにつまみには合いそうな気がする。

おしまい。
グルメ
ブログ更新したぜ!
2017/09/23

NATURAL Calbee ハードチップス シーソルト味

新規シリーズのハードチップス。
とりあえず食べて頂いた皆様の感想。

・硬いだけ。意味が分からない。
・普通の美味しいポテトチップス。

という事で、特別に違いは感じないという
感想が複数。意味が分からないと言うのも分からないけど。
正直、僕もワンランク上の味だとか
特別な美味しさは感じなかったです。

「からだにおいしい」
「からだへのやさしさにこだわった」
(何で平仮名なの)と言ったフレーズからして
味の斬新さや高級感を売りにしてる
訳ではないのかも知れない。

と思ったら、バクバク食べて止まらないのが1人。

・めっちゃ旨いです。味も硬さも良い。
硬揚げポテトよりは硬くなくて丁度良い。

なるほど。違いが分かる人には分かる旨さか。
僕には分からなかった。残念だ。
2017/09/22

黒いポテリッチ 松崎しげる監修 黒胡椒味



松崎しげる味のポテリッチ。

じゃなかった、松崎しげる監修のポテリッチ黒胡椒味。
ネットの何処かで見つけてきた様なノリをたまにやるのがカルビー。
それ自体が滑ってるとは言わないが、
ボケて」で松崎しげるネタを見るのは食傷気味ではある。

「ポテリッチ といえば 濃厚 といえば 黒」

いや、その論法は飛躍が過ぎる。

「黒いパッケージと黒い味名で、黒さの象徴である
 松崎しげるが監修した黒にこだわったポテリッチ。
 黒胡椒が刺激的な辛さで、濃厚な味わいです。」

黒さの象徴が松崎しげるというのも飛躍が過ぎるのではないか。
ていうか、松崎しげるが監修って、何をするの?
「黒さが足りないな。もっと黒く!」とか言うの?
実際は単に名前と写真を使わせていただきましたってだけだろうけれどね。

味の感想はね。
見た目はインパクトあるけれど、
味自体は胡椒を効かせたオーソドックスな味。
一般的なブラックペッパー味よりも醤油が効いている気がする。
なので、胡椒を多めにかけたラーメンのスープを連想した。

黒さは炭末色素という物を使って出しているらしい。
黒胡椒の黒さではないので、やたらめったら辛い訳じゃない。
松崎しげるの煮汁を使っている訳でも無いのでそこは安心だ。

他の人の感想
・どこかで食べた事のある味。
・美味い。

美味いと言った人は、前回の「チーズチーズチーズ」と、
これと、ポテリッチの「山わさび醤油味」の3つの中ではこれが一番と言った。
どこかで食べた事のある味、といった人は、チーズチーズチーズが一番だって。
君はどうかな?
グルメ
ブログ更新したぜ!
2017/09/20

じゃがりこ トリプルチーズ味



ポテトチップスの方ではチーズチーズチーズとか言って
3種のチーズを使ったポテチがあったが、
「じゃがりこ」もまたトリプルチーズ味を発売。

原材料を見ると、チェダー、ゴルゴンゾーラ、パルメザンの3種の模様。
パッケージはハロウィン仕様で、
「しっとりプル肌でLet's Halloween Party!」とダジャレ。
しっとりプル肌になりたかったらポテトスナックなんて食べるべきじゃないけどな!

チーズの種類の違いか、その他の味付けの問題か、
或いは、じゃがりことチーズとの相性なのか、
ポテトチップスのチーズチーズチーズよりはこっちの方が好きだな。
甘さもこっちの方が控えめだし。事実、砂糖はポテチの時は
チーズより多く使われていたが、こっちはチーズの方が多いぞ。

そうは言っても、普通のチーズ味って印象は大きく変わらないな。
作ってる方も別に奇を衒ってはいないだろうけれども。
普通のチーズ味を普通に作って、普通じゃん!
と文句を言われても困るのかも知れない。

他の人の感想

・普通のチーズ味の方が美味しい。

あららー。

・言うほどチーズの味しない。
 チーズ味そんなに好きじゃないんで逆に食べ易い。

あららー。

まあ、トリプルと言ったって、コンソメパンチのトリプルと違って
濃厚さではなく、あくまでチーズの種類がトリプルだしね。
味の濃さは普通にシングルなのだ。

原材料。
じゃがいも(遺伝子組み換えでない)、植物油、チーズ(チェダー、ゴルゴンゾーラ、パルメザン)、ミルクパウダー、粉末植物油脂、コーンスターチ、砂糖、チーズパウダー(ゴルゴンゾーラチーズパウダー、チェダーチーズパウダー、パルメザンチーズパウダー)、乳糖、酵母エキスパウダー、たんぱく加水分解物(大豆含む)、酒粕パウダー/調味料(アミノ酸等)、乳化剤、香料、カロチノイド色素、水酸化Ca、酸化防止剤(V. C)

内容量:52g

おしまい。

グルメ
ブログ更新したぜ!
2017/09/20

ポテトチップス チーズチーズチーズ



「今だけのおいしさ!」という期間限定のポテトチップス。

「人気の味付けでポテトチップスをお召し上がりください!
 今だけ味わえるおいしさです。」

というシリーズの一つ、チーズチーズチーズ。

「コクのある「チェダー」と、甘みのある「モッツァレラ」と、
 豊かな風味の「カマンベール」を使用して味付けしました。
 3種類のチーズの特徴を活かしたチーズ感満載のポテトチップスです。」

チェダー、モッツァレラ、カマンベール…割と定番である。
他にゴーダなんかも定番。後はパルメザンとか。
そういった中でこの3種を選んだチーズチーズチーズの味や如何に。

香りは、…普通。よくあるチーズ味の奴。そんなに臭くない。
味は、…普通。ええー、他に何を言ったら良いのやら。
「チーズチーズチーズ」という名称と、「チーズ感満載」というフレーズで
濃厚な風味も思わせるが、実際のところはそうでもない。

甘みはそこそこ。僕は、甘過ぎるとまでは言わないが
それでももう少し甘さを控えてくれた方が好み。
人によっては甘過ぎると言うかも知れない。

食べ易いチーズ味だが、逆に言えば個性は弱めである。
あんまり個性が強いと僕も敬遠してしまうが、
これは特に印象に残らないチーズ味だな。
普通に「チーズ味」でいいじゃん、という。
「チーズチーズチーズ」ってネーミングのインパクトで売ろうとしてるだろ?

僕にとっては何の変哲も無いチーズ味。
ちなみに魚醤パウダーは入っていない。

つづく。嘘。おしまい。
(他の人の感想を聞く予定を忘れて放置。)

原材料:じゃがいも(遺伝子組み換えでない)、植物油脂、ぶどう糖、食塩、でん粉、たんぱく加水分解物(大豆を含む)チーズパウダー(モッツァレラチーズパウダー、カマンベールチーズパウダー、チェダーチーズパウダー)、酵母エキスパウダー、酒粕パウダー/調味料(アミノ酸等)、香料、酸味料、甘味料(アスパルテーム・L‐フェニルアラニン化合物、ステビア)

内容量:75g

グルメ
ブログ更新したぜ!