2016/11/28

ポテトチップス モンブラン味

パッケージの真ん中にデーンと大きく書かれた「モンブラン味」。
ポテチでモンブランかぁ…。今でこそ甘いポテチも当たり前の様に
店頭に並ぶ様になったけれど、最初は「うわぁ、ついにやっちまったか。」
と思わざるを得なかった。今でも抵抗がある人はいるだろう。
aaDSC_0004.jpg
更にパッケージには首に鎖をぶら下げたイカツイ顔の男が
何事かを必死の形相で叫んでいる。
もの凄ーく目を惹くデザインではあるが、そこから手に取って
買い物籠に入れようと感じるかは大いに疑問である。

スイーツ真壁さんと仰るこの方。プロレスラーの真壁刀義さんとのこと。
プロレスファンや、バラエティ番組なんかで「真壁=スイーツ」ってイメージが
出来ている人なら手に取ってみようと思えるのかな?
どちらでもない私には「何事だよ」というインパクトばかりがありました。
言っちゃ何だが、ゲテモノっぽい…。
カテゴリは「普通の奴」分類ですが、このセンスは普通じゃない。

「もっさりとした栗の風味とまったりとしたクリーミーな甘さが驚きのウマさだッ☆!!」

もっさりって、良いイメージの擬態語では無いと思うのだけれど
ともかく驚きのウマさかどうかは確かめねばならない。これは食べざるを得ないね。

匂いは…モンブランっぽい。味は、…甘い、のは当然だが、
意外と食べ易い味だ。軽ーい甘み、口にギトギトと残る事の無い爽やかな甘み。
「もっさり」も「まったり」もあまり感じないけれど
むしろ、それらが殆ど無いからこそ美味しいのだという気がする。
薄いパイ生地を使ったスナックを連想する様な美味しさかも知れない。

齧った瞬間にそういう甘みが舌に拡がって、後からほんのりと塩味が残る。
塩気が感じられる点では、モンブランっぽさからは離れてしまっているけれど、
甘いポテチって甘味と塩気が同時に来る甘じょっぱい物が多いところ、
この時間差で来る味の差が程良くて、結果クドさを感じにくくしていると思う。

何人かに食べさせてみたら「変わっているけれど美味しい」という反応が大半で好評。
ただ一人だけ、「こんなんモンブランじゃねー」だって。まぁ、そこはね、ポテチだしね。

驚きのウマさか、と言えば、思った以上に食べ易い味だったという意味で驚きのウマさかも。
もっさり、まったり、では無いと思うけれど。チョコのポテチが駄目と言う人でもイケそうです。
だが決してクリーミーでは無い。

原材料を見ると甘味料にネオテームという見慣れない文字。
検索したら、砂糖の約1万倍の甘さ!だって。これが一番の驚き。
スポンサーサイト
2016/11/27

じゃがいも心地 バター醤油味

口内炎も治ったし久々にブログを更新するとしましょう。
aDSC_000.jpg
じゃがいも心地。サワークリームオニオン味がとても美味しかったし
食感も気に入ったので、このバター醤油味も楽しんで食べられるだろう。
って、じゃあ苦になる事もあるのかと言えば、まあ味の良し悪しに関わらず
体は苦しんでいるかもしれない。

このバター醤油味も優しい味付けだね。
「”じゃがいも”本来の美味しさをバター醤油の香りとコクが引き立てます。」
とある様に、バターも醤油も過剰に前に出る事はしていなくて、
丁度パッケージ写真の、じゃがいもの上にチョコンと乗ったバターと
垂らされた醤油の様に引き立て役をこなしている。と思うよ。
そして、数人に食べさせたところ好評だったよ。

サワークリームオニオン味の方が好きだけどね。
でもこの食感は、じゃがバター味には最適とは言えるかも知れない。
美味いっすよ。というか「じゃがいも心地」がもう美味いってイメージになったので
信頼して立て続けに「こく旨塩味」も買っちゃったよ。
そのうちこっちも記事にする。生きてればね。
2016/11/22

ポテトチップス オイルサーディン山椒焼き味

口内炎が痛い。

オイルサーディン味。
DSC_0002_oiliwashi.jpg
「私のオイルサーディン ポテトチップス」と大きく書いてあるが、
商品名は記事タイトルの通り。「私の」っていうのは左下で
目を見開きつつ笑っている「間口一就」さんでしょうか。
変わり種系のポテトチップスっぽくて敬遠する人もいそうなパッケージです。
「ハイボールに合う」とあるので、ツマミとして購入してねって事かな。
少し前にビールに合うって言ってるポテチもありましたが。
相変わらず私はポテチ・オンリーで食べるとします。
銀座にあるバー「ロックフィッシュ」の人気メニュー
「オイルサーディン山椒焼き味」を再現したそうだが
当然、私には確かめようが無い。ただただ、ポテチとしての感想を述べよう。

けっこう濃いな。そして案外と馴染み易い味。
オイルサーディン味と言うけれど、何か他の味を連想するな…
同じイワシだけどアンチョビっぽいなと思って原材料を見たら
やっぱりアンチョビパウダーを使っておりました。
あと、生姜を連想したんだけれど、こちらは原材料には書かれておらず、
香辛料と香辛料抽出物とは書かれているが…うーん何で勘違いしたんだろう。
そして肝心の山椒も原材料には無い模様。実際に山椒のピリピリ感は無いです。
また、心なしかポテチ自体が若干、厚く硬く感じられました。確信は無いけれど。

パッケージで紹介されてるおつまみがどんな味かは分からないけれど、
一般的に売られている缶詰のオイルサーディンよりは
アンチョビに近い味です。そこに醤油やみりんを用いて馴染み易くした味ですね。
癖の強さはあまりなく、意外と子供でも喜んで食べられそうな味だと思います。

おつまみとしてでは無くても、普通におやつとしてもいけますね。
でも、濃い目の味付けはやっぱり飲みながらを想定してるのかな。

パッケージ裏には上記の「ロックフィッシュ」と、そこで使われる缶詰めの
「竹中罐詰」の紹介がビッシリ書かれております。
ウンチクを読みながらハイボールを楽しんでねって事かしら。
2016/11/19

ポテトチップス ねぎ味噌味

コンビニでは見かけず、スーパーで見つけた期間限定のポテチ。
DSC_0002_negimiso.jpg
左下にいるネギを抱えた馬は群馬県マスコット「ぐんまちゃん」。
カモネギならぬウマネギ。このポテチに何か群馬が関係あるのだろうか。
説明文には特に何も無いし、特産品をググっても特にネギ或いは味噌が売りでも無い模様。
※コメントでご指摘いただきました。群馬県の特産品の下仁田ネギだそうです。

だが、「コクのある味噌と風味豊かな ねぎの味わい。」の右下に「フレッセイ監修」とある。
このフレッセイと言うのが、群馬に展開するスーパーのチェーンの様だ。
じゃあ何でそのフレッセイがねぎ味噌味の監修のするのか、結局よく分からない。

よく分からないが、ともかくこのブログでは、ただ食べて
その味に関してグダグダと述べるのみだ。他は知らない。
開封だ。香りは、味噌だ。ネギの匂いはあまりしない。
実食だ。味は、味噌だ。ネギの味はやっぱりあまりしない。
いや、する事はするんだけれど、味噌がメインだ。
そりゃ、ねぎ味噌を口に含んだから味噌の味がまず感じられるだろうけどさ。

「コクのある味わい深い味噌」ってどんな種類の味噌なんだろう。
よく分からないが(分からないって言ってばかりだな)、とても食べ易い味ではある。
まあ、こういう食べ易さは粉末みそより多く使われているぶどう糖のお陰なんだろう。
ダイレクトに味噌だけ塗って食べている様な味では無い。
このまろやかな味噌の味に色んな風味が隠れていて、
そのうちの一つにネギも混じっているという様な印象。
実際、原材料を見ると、ねぎパウダーよりも
チキンエキスパウダー、オニオンパウダーの方が多く使われている様だ。

「隠し味に唐辛子を加え」とも書いてある。食べ続けても
殆ど辛さが気になる事は無い。本当に隠し味として働いている。
まろやかな味噌の風味を引き締めている…んだと思うよ。

ねぎ味噌なのか?はともかく、なかなか美味しいと思う。
うす塩、のり塩、コンソメ、バター醤油…そういった定番に並んでも良い様な、
奇を衒(てら)わない、きっと誰にも馴染み易いオーソドックスな美味しさ。
ネギの風味を前面に出したポテチを食いたいなら他を当たろう。

ところで、原材料にポテチとしては見慣れない文字列。
甘味料として「アスパルテーム-Lフェニルアラニン化合物」なる物が。
これ、合成甘味料で毒性を指摘する声もある模様。
別に何も「こんな危険な物を使うとは何事だ!」と言いたい訳じゃ無い。
ポテチの記事をほぼ毎日の様に書いておいて、そんな事はしませんよ。
こういうのは低カロリーを売りにする様な食品に使われるイメージなんだが、
ポテチに使っても、そういうのを気にする人は、そもそもポテチを買わないんじゃ?
独特の後味があるらしいので、調味の為?それとも、原価が安いからかな?
2016/11/18

ポテトチップス 海苔たらこ味

「ついに決定!93000案から選ばれたフレーバー」
それがこの海苔たらこ味。
DSC_0002_noritarako.jpg
そんな選考があったんだ。知らなかった。
パッケージ裏にはこんな説明が。

「フレーバーオーディションとは?
100種類の食材の中から3つを組み合わせて、
新しいポテトチップスのおいしさをつくろう!というキャンペーン。
2年目の今年はなんと応募総数約93000件の中から、
2品が選ばれて商品化されました。」

ふーん。予め食材は決まった物の中から選ぶのか。
100種から3つとは、100×99×98で良いんだっけ?
そうすると組み合わせの総数は97万200か。ん、合ってるか?
約93000の応募からどういう基準で選んだんだろうか。
まさか全て実際に作って試す訳では無いよなあ。
叩き台を一般公募にブン投げして、普段の開発とは違う視点を
取り入れようとしたとか?その割には無難な印象を受けてしまうけれど。

香りは、海苔とたらこが半々か、やや海苔の方が強いかな。
そこに、ほんわりとごま油の香り。こちらの主張は弱め。
たらこは焼きたらこを連想する。
そりゃ、たらこパウダーは火の通ったたらこを使って作るよね。
生のたらこを感じさせるフレーバーだったら面白いけれど。

食べてみると、見た目に反して海苔の方を強く感じる。
のり塩みたいに黒々としていないけど、味はのり塩の亜流という感じ。
パッケージの色がピンクだから、ややもすると
たらこの方が味の主体っぽい印象を与えるかも知れないが
実際には塩気の中にほんのり、たらこの味を感じる程度。
ごま油は更にその2者の後ろに隠れていて意識しないと分からないかも。
まあ名前が「海苔たらこ味」だからね、隠し味の立ち位置なんだろう。

でもそうすると3種の組み合わせだった筈なのに、
2つがW主役になって残り1つが身を引いている形になっているぞ。
果たして、この組み合わせを考えた「にぴ」さんのイメージした味になっているのだろうか?

新しい組み合わせ、新しい美味しさというより、
のり塩の変化球だと思った方が合っているかなと思います。

応募から「2品が選ばれて商品化されました」って事だけど
まだこの「海苔たらこ味」しか見かけていないが、もう1品は何味なんだろう?
面倒臭いから公式サイトには見に行かないよ。
2016/11/18

カラムーチョチップス 奇跡のミックス味

ムーチョだヨ!全員集合
DSC_0002_mazemzae-shisugi.jpg
「カラムーチョチップス」って言い方に違和感を覚えるが、
商品名がそうだから仕方ない。
カラムーチョホットチリ味+すっぱムーチョさっぱりビネガー味+
すっぱムーチョさっぱり梅味+わさムーチョ旨わさび味の4種を混ぜてしまった。

「やらかしがちなひとみおばあちゃんですが、
気になるお味は…奇跡的においしいミックス味になりました!」
って言うんだけど…本当に奇跡は起こっているのか?

開封すると、匂いは梅が強いね。匂いだけなら梅味のポテチかなと思うだろうな。
食べてみると、何だろうこれは。酸っぱい様な、しょっぱい様な、辛い様な、甘い様な?
色んな味が混然となっていて、舌が混乱する様な感覚だ。
正直ちょっと味の焦点がぼやけている様な気もする。
「梅の香り、ビネガーの酸味、わさびのシャープな刺激、唐辛子のピリッとした辛さ」と
甘味はピーアールされていないが、原材料を見ると芋と油の次に砂糖が多い模様。
梅の酸味とビネガーの酸味はどう違うのか分からないや。

他の人にも食べてもらった所「わさびが強いですね」と言っていた。
私は特にそう感じなかったが、恐らく刺激の種類としてわさびの辛味が
一番強く感じられるのではないかな。辛い物に強い人も、
大量の唐辛子は平気でもわさびを大量には食べられないよね。
私としては、どっちかの刺激に絞った方が美味しいと思う。

うーん、奇跡とは感じられなかったな。美味しいっちゃ美味しいんだけど、
あれこれ足しても相乗効果は得られなかったというか。
特徴の際立ったそれぞれ別々の味で味わった方が美味しいのでは?と思ってしまった。
味を混ぜちゃうんじゃなくて、一袋の中に色んな味のポテチを入れたら、
1枚毎に変化が味わえて面白いんじゃないかと思ったんだけど、
そういうのは難しいのかな。袋の中で味が混じっちゃうかな。
2016/11/16

ポテトチップス リッチカット 和風バーベキュー

そうか、もう君はいないのか…。
賞味期限がギリギリだったので現在も同商品が流通しているのか
確かめるためコイケヤの公式サイトを見に行ったら、
リッチカットはそこに存在していなかった…。
他の過去のニュース記事を見てみると、リッチカットは
今年の春に2年ぶりの復活だったらしい。
そうか、レギュラー商品じゃなかったのか…。
そして復活しつつ半年もせずにまた消えたのか…。
DSC_0002_rich-cut-osimai.jpg
もはや、この記事を読んで興味を持った人がいても
このリッチカットの和風バーベキュー味は手に入らない。

だが、この商品は、同社のスコーン和風バーベキュー味の再現である様なので
そちらを食べつつ、時代の流れに消えたポテチを惜しむ事は出来よう。
賞味期限が切れないうちに開封だ。

ああああ、濃厚だ。コッテコテだ。ゴッテゴテだ。
そしてカリッとサクッと美味しいスコーンの味だ。
一袋食べたら舌が疲れてビリビリしそうなスコーンの味だ。
他のメーカーの倍くらいパウダー振ってそうな味。
スコーンを食べていたら最後は指にベットリ粉が付いて
指先が一番濃厚なスコーン味になって…

前回の、芋本来の風味に目覚めたポテチ、あれの真逆の方向性。
ジャンクフードですけど何か?そんな開き直った様な味付け。
それが私の中のコイケヤのイメージだったが、そのど真ん中である。

ポテチなんて、こういうのでいいんだよ。という人もきっといる筈だ。
ところで、和風バーベキューって何をイメージした味だ?
バーベキュー味ってだけでも曖昧だが、更に和風って何だろう。
しょうゆベースのバーベキューソースかな?
もうバーベキューとは独立して、スナックのバーベキュー味が存在している気がする。
そこに、日本人になじみ深いしょうゆも加えておけばオッケーみたいな。

悪口っぽくなったけど、美味しかったですよ。
ま、お勧めしようにも既に手に入らないけどな!
同じ様な味を求めるなら、スコーンを食べればいいじゃない。
ベースになってる芋の風味なんて、殆ど関係ないんだから。

でも、そのスコーンに使っているパウダーをそのまま流用したのかなー
と思って、公式サイトのスコーンの原材料を見たら、微妙に違っていた。
DSC_0004_babekyuzai.jpg
出た!得意の肉エキスパウダー!これが、スコーンの方には
使われていないのだ。ポテチの方では「濃厚でジューシーな肉の旨み」と
アピールしていた、その肉の味の根幹をなすであろう肉エキスパウダー、
これが入っていないとなると案外と違う味なのかもしれない。
他にも、ちょこちょこと微細な違いはあった。それだけなら
コーングリッツからポテチに変える際に必要な調整なのかなと思うのだが、
肉エキスパウダーの有無となると、一体そこにどんな理由があるのやら…。

その謎も、解明される事無く時代の流れに消えてゆきます。
2016/11/15

辛ねぎ味

真っ赤なパッケージに、何ともシンプルなネーミング。
DSC_0002_karakaraneginegi.jpg
辛ねぎ味。ポテトチップスとすら書いていない。
ねぎパウダー2倍増量!が金色に輝く吹き出しでアピールされている。
そんな所に食いつく人が果たしてどれだけいるだろうか。
「もっとネギの味を強くしてほしい!」そんな要望でもあったのだろうか。
パッケージ写真も真っ赤で辛そうだし周囲も真っ赤だ。どんだけ辛いんだろう。

開封すると…ねぎくっさー。流石ねぎパウダー2倍増量。
ところで、2倍増量って、2倍に増量って意味でいいんだよな?
そして、なかなか辛い。シンプルな唐辛子の辛さである故か、
普通のカラムーチョとかホットチリ系のポテチより辛さを感じやすいのかも。
口に入れるとまず、ねぎの味がモワッと広がって、後にラー油感のある辛味が残る。
激辛好きには物足りないかもしれないが、真っ赤なパッケージは伊達ではない程度に辛い。

原材料を見ると意外と、ぶどう糖、砂糖が先頭の方に来ているが、甘味は殆ど感じない。
ラー油はそのまま使われている訳では無くて、唐辛子と粉末油脂でラー油感を出しているのだろう。
ラー油ってごま油が主体で作られているのが多いと思うが、ごま油感は無かった。
粉末油脂というのには、ごま油は含まれていないのかも知れない(もしくは少ないのか)。

「一度食べたらやみつきの美味しさ」とあるが、私の好みでは無く、やみつきにはならなかった。
パッケージに惹かれる物があったなら病みつきになるのかも知れない。
好みじゃない方が、完食せずに記事を書き終える事が出来るので有難い。
何から何まで全て食べてたら体に悪そうだからね(現時点で食べ過ぎだが)。残りは人に食べさせよう。

これもビーフパウダーを入れて、辛ネギビーフなんて名前にして出したら
私の様な人間でも食べ易かったかも。完食しちゃったかも。
2016/11/14

じゃがいも心地 サワークリームオニオン

連続カルビーから抜け出して今回はコイケヤの
「じゃがいも心地 サワークリームオニオン」だ。
DSC_0002_convert_20161114070601.jpg
下の指は気にするな。ちゃんと胴体まで繋がっているぞ。
「贅沢な厚みで、さっくり美味しい」とある様に
普通のポテチより厚くて、パッケージにもいつもの「ポテトチップス」が無いが
違うタイプのパッケージが出る度にカテゴリを増やすのは躊躇われたので
コイケヤの普通の奴って事にしちゃうぜ。

食べるぜ。「贅沢に厚くスライスした」とある様に、なかなか厚みを感じる。
以前ヤマヨシから出てた2倍の厚みのポテチを思い出す。
これも同じくらいあるかな…いや、1.5倍くらいかな?いや、やっぱ2倍あるな。
そして食感が特徴的。「厚切りなのにさっくりとした心地よい食感」とある。
確かに、これはザックリじゃなくて、さっくり。さらに言えば
片仮名でサックリじゃなくて、平仮名でさっくり。あまり硬くなくて、
強く噛み締めなくてもホロッと崩れてゆく。そんでもって、
厚切り且つ崩れやすい故か、芋自体の味が口に拡がる様だ。
…と言いつつ、普通にザクッとした物も、時にはゴリッとした物もある。
個体差が大きい。だが、崩れた後の独特の食感は一緒だ。
そして、たまに苦い。

サワークリームオニオンの味も強過ぎず柔らかい仕上がり。
サワークリームオニオン味ってゴテッとした味のイメージだったし、
コイケヤのポテチって食べてるうちに舌が疲れる様な、
「ジャンクフードですが何か?」みたいな開き直った様な味付けが
多いようなイメージだったが、これは少し控えめな印象。
「”じゃがいも”本来のおいしさをサワークリームオニオンの
 コクと旨みが引き立てます。」だって能書きなんだけど、
本当に引き立て役に回っている感じ。凄い、我慢できる様になったんだね!

サワークリームと言いつつ、酸味は弱い。柔らかい甘味があって、
まるで「じゃがいも自体の持つ甘み」かの様に思わせる味だが、恐らく粉糖の甘味だろう。
北海道産じゃがいものポテチの味付けに北海道産サワークリームと使う事によって
じゃがいも自体の持つ風味とサワークリームの酸味とコクが三位一体となって
絶妙なバランスの味に仕上がっている!かどうかは知らない。
そういうのは分からないが美味い。

それにしても、コイケヤが「じゃがいも本来の美味しさ」を演出するとは。
そういう気取った事はカルビーがやるのがお決まりだったんだが、
コイケヤもそういう事をするようになったんだね。

という訳で、コイケヤが「じゃがいも本来の美味しさ」に
目覚めたらどうなるのか知りたい人にお勧めだ。
2016/11/13

のりしおトリプル

ハッハッハ、またもやカルビーだぜ。
こうもカルビーの記事が続くと、カルビーの回し者ではないかと疑われるかもしれないが、
決してカルビーの回し者ではなく、単にカルビーに振り回されているだけなのだ。
DSC_0002_norinorinonori.jpg

コンビニの商品入れ替えの為に売り切りで安く売られていたから買った。
でも、他のコンビニでは普通に売られていたから、まだ普通に売っているだろう。
「期間限定」ってあるけれど去年も同じのが売っていた気がするのだが。
出した商品を一旦、引っ込めてまた後から「新発売」とか「期間限定」とか言って
売るのはどうなのよ。まるでセブンイレブンじゃないか。その言葉が嘘って訳じゃないけれどさ。
ついまた買ってしまう人が出ちゃうでしょ。私みたいに。

『「のりしお」ののりをふんだんに3倍使用しました。
 香り豊かなのりの風味を存分にお楽しみください。』ですって。
塩が3倍じゃなくて良かった。安心したところで食べよう。

香りは…うん、海苔だね。青のりだね。そのまんまなんで説明のしようも無いけれど。
味は、海苔だね。青のりだね。大量の青のりでポテチが覆われているので
それを舌に乗せると、今度はそのまま青のりで舌が覆われる様な感覚になる。
もしも、今までのり塩味が物足りなくてポテチを口に含んだ後で
青のりをダイレクトに口内に振っていたいた人がいたとしたら、
「これさえ買えばもうそんな事はしなくて済むんだよ」と教えてあげたいところ。

そう言えば以前、「のり好きのための、濃厚のり塩味」の記事で、
『もう少し塩気を抑えて、「もう本当に海苔ばっかりじゃん!」って味を食べてみたかった。
 次は頼むぜカルビー。君なら出来る筈だ。』
なんてほざいていたが、既にあったのだ。何を言っているんだ自分、恥ずかしいぜ。
「濃厚のり塩味」は青のり+焼き海苔だったかな、
コイケヤの「濃く深いのり塩」は青のり+焼き海苔+あおさ。
のり塩トリプルは、ひたすら青のり。前者2つをよく覚えていないので正確な比較は出来ないけれど
もしかしたら自分の場合は、この青のりオンリーの「のり塩トリプル」が一番好きかも知れない。
でも、記憶にある中で海苔味系で一番美味しかったのは
「江戸前海苔しょうゆ味」(うろ覚え)かなあ(これもカルビー)。

また、原材料には唐辛子ってあるけれど、辛さは殆ど感じなかった。
ごま油も見るまで意識しなかった。とにかく青のりの味が前面に出ている。
青のりで覆われているから塩気すら感じにくい事がある。
商品名で青のりを強調してくれたら分かり易いのに。

ところで「表のパッケージのどこかに文字が隠れているよ。」ってあるけれど。
何だ、意味が分からない。「文字が隠れている」じゃ漠然としていて何が言いたいのやら。
ホームページで確認してねっていうから確認しました。
背景の黄色と緑と金のモザイク模様で文字が書かれているよって事ね。
ハイハイ、分かりました。全く大した内容じゃ無いので
皆さんはわざわざ見なくても良いと思います。リンクも張りません。

ポテチにいちいち青のりを振るのが面倒くさい人にお勧めです。