2016/09/30

チップスター バターチキンカレー味

チップスターなんだけど、今回のパッケージには「ナビスコ」の表記はなく、
代わりに「YBC」というマークが付いている。何だか、新規参入か、もしくはマイナーメーカーっぽい印象。
DSC_0015_convert_20160930040848.jpg
ヤマザキナビスコ株式会社からヤマザキビスケット株式会社に変わったって事でしたか。
オレオが中国製になる!とか、リッツのCMタレントが沢口靖子から長谷川博己に!とかの関連ですね。
ネットニュースで散々見ても興味が無かったのに、TVで特集を見たら
今のうちに買わなきゃと思って、色んなお店を回ったのですが、みんな考える事は一緒ですね。
数件、回りましたがオレオはどこも売り切れ。やはり「中国製」というだけで敬遠する人が多い模様です。
リッツの方は売っているところもありました。

このYBCチップスターに記載されている製造所と、
今までのナビスコチップスターに記載されている問い合わせ先は同じ所在地ですので、
中国製だインドネシア製だみたいなお話は特に無さそう。基本、今まで通りと思って良いんでしょうね。

ではパッケージの御託拝見。
「トマトのうまみとバターのコク、スパイスが織りなすバターチキンカレー味のチップスター!
 カルダモンやカスリメティなどのスパイスを使用し、マイルドな辛さに仕上げました。」ですって。
カスメリティって何だろう。よく分かんないけど正直どーでもいーや。
と言いたい所だけど、文章量稼ぎの為にググる。
…フェヌグリークの葉で、若干の苦みがあるが、少量をカレーに加えて煮込むだけで風味が出る。
だって。やっぱり、どーでもいーや。要は「バターチキンカレー味」で大雑把なイメージが分かれば良い。
マイルドな辛さに仕上げましたって、チップスターはいつもマイルドな味じゃん。

で、食べてみた感想としては。マイルドな辛さ、と言うか、殆ど辛くない。
何枚食べても口に辛さが残る気配が無いくらい。かと言って、カレーっぽくないかと言うと、
ちゃんとカレー味です。とても甘口のカレーですね。
いなばの缶詰のバターチキンカレーを思い出しました。そんな味です。
辛味の刺激は大人しいけれど、バターのコクと円やかさのお陰なのか何なのか、
物足りなく感じる事はなく、ついつい手が伸びる、いつものチップスターの満足感です。
食べ終わって、底面を見ると…
DSC_0017_convert_20160930050021.jpg
会社名が変わってからの工夫でしょうか、空き容器を潰し易くなっています。
こういうのにも、特許出願するものなんですね。
以下、原材料。
DSC_0019_convert_20160930051408.jpg
ハッハッハッ、逆さまになってしまった。面白いからこのままでいいや。
どーせ需要ねーだろ。こんなん、じっくり見る奴はおらんだろう。
スマホやタブレットなら回すだけで良いしね。
ノート型やデスクトップで見る場合は面倒だけど…
逆立ちは健康に良いらしいですよ。おしまい。
スポンサーサイト

続きを読む

2016/09/28

何が違うのか?「黒いコンソメ味」(数量限定)

コンビニやスーパーでちっちゃいハロウィンコーナーが出来てて
そこに置いてある様なヤツ。日本にもすっかり定着した?と言えるのか?
いずれにせよ私は毎年ハロウィンとは全く無縁で生きております。
強いて言えば、こういう期間限定商品に釣られて買ってしまう点で影響されてますが。
DSC_0012_convert_20160928053149.jpg
ハロウィンは10月31日。このポテチの製造日は8月22日。
なかなか気が早いものですね。でも短い期間だけでやろうとしたら
商売にならないでしょうからね、そこは、まー、しゃーない。

パッケージ裏にはこんな事が書いてあります。
「開けたらびっくり!!イタズラおばけがお菓子の色を変えちゃった!!
 いつもとチョット違う…黒い色!?だけどみんな大好きコンソメ味!」
つまり、食べみればいつもと変わらないコンソメ味って事なのかな?
でも、色の違う材料を使っていれば味にも違いが生じているのでは?
って事で早速、食べみました。

…うん、これは紛う事なきコンソメ味!誰もが知っている馴染みの味です。
って、そう言えば、その時その時の新商品ばっかり買っていて、
しばらく普通のコンソメ味とは長い間ご無沙汰でした。
カルビーのコンソメ味ってこんなに美味しかったっけ?
(コンソメ味に関しては自分の中では湖池屋>カルビーでした。)

これは今一度、カルビーの普通のパッケージのコンソメも買って
食べ比べてみないと…ポテチのブログなんだし、それくらいしないとね。
と、思ったのだが、イカン、手が止まらない。腹が減ってる時に
開けるんじゃなかった…(かと言って満腹時にも食べる気がしないけれど)。
そしてギリギリで踏みとどまって残った量がこれ。
DSC_0013_convert_20160928053234.jpg
小さめの奴が10枚未満である。
袋に口を付けてガーッと流し込めば一口でイケる量。

これを取りあえず密封して、後日、食べ比べます。

買ってきました。普通のコンソメ。いつでもどこでも売ってる奴だから写真は撮りません。
いざ、実食。…やっぱり何か違う。そっくりだけど何処か違う気がする。
そんなに腹が減ってない状態で食べたせいかな?
あまり食指が動かない(文字通りの意味ですね)。
黒いコンソメよりパンチが無いかな。コンソメパンチのくせに。

もう一度、黒いコンソメを開封して食べてみる。…こっちの方が若干、濃い気がする。
1枚毎のパウダーの付き方かなぁ。袋の底の方は小さくて濃いのが残ってる気がするからなあ。
でも普通の方の底に残っている物を食べてみてもそんなに濃くない。
やっぱり、これは味がちょっと違うんだよ。で、確かめるために裏面の比較。
DSC_0014_convert_20160929063347.jpg
けっこう違うもんだ。
原材料の多い順にある、じゃがいも、植物油は一緒。その次から、もう違う。
砂糖、食塩、デキストリン、コーンスターチが、黒いコンソメの場合、コンソメパウダーより多いけど、
コンソメパンチの方はチキンコンソメパウダーが先に来ているので、それらより多い。
というか、コンソメパウダーの内容自体が違うのね。そしてチキンコンソメの癖に「豚肉を含む」。

他に、黒の方はチキンパウダー、パンチの方はビーフコンソメパウダー、と微妙に変化を付けている。
この細かい変更は何の拘りがあるんだろう。
他にも色々見ていると思いもよらない物が入っていて面白い。梅肉パウダーとかね。
黒いコンソメの黒は炭末(たんまつ)とイカ墨で色を付けてるんですね。

栄養表示成分を見ると、大体似たような感じなんだけど(細かく計算しない)
黒が内容量58gでナトリウムの食塩相当量が0.6gなのに対し、
パンチは60gで0.5gなんですね。やっぱり、黒の方がちょっと、しょっぱい。
そして、私は黒の味の方が美味しく感じました。
コンソメパンチのダブルやトリプルなんてのもあるし、
コンソメ味は濃い方が好きって人は多いんでしょうね。

どっちを買おうかな?どっちでも良いかな?って人には黒をお勧めします。
見た目の奇抜さで敬遠する必要は全く無いですよ。
2016/09/27

意外と王道「牛もみじおろし味」

山芳製菓株式会社のポテトチップス「牛もみじおろし味」を食べてみました。
こちらの会社はわさビーフが一番有名な会社でしょうか。
山芳という名は知らなくてもわさビーフなら知っているという人も多いかと思います。
DSC_0009_convert_20160927050659.jpg
パッケージ左側に「ピリ辛もみじおろしと焼きしゃぶの旨さ」とありますね。
…焼きしゃぶって私には聞き慣れない言葉ですが、何でしょう。
まさか、火で炙った覚醒剤の事ではないですよね。
焼いた肉をしゃぶしゃぶにするのかな…?疑問に思ったらすぐグーグル。

どうやら、しゃぶしゃぶ用の薄切り肉を鉄板焼きにする食べ方の様です。
それ、もう「しゃぶしゃぶ」じゃ無いじゃないか。しゃぶしゃぶと言うのは
お湯の中に肉を潜らせ揺する様を表す意味で付けられた名前じゃないか。
焼いたらそれは「しゃぶしゃぶ」じゃなくて「じゅうじゅう」ではないのか。
どうでも良いですね。

「もみじおろし」というのは大根に穴をあけて中に唐辛子を詰めて
一緒にすりおろした物の事です。昔テレビでやってました。
道ゆく若者に「もみじおろしを作ってみてください」と声をかけて
何も情報を与えずに作らせる。そして見当違いの調理をする様子を見て
小馬鹿にしたナレーションとともにスタジオの大人たちが鼻で笑う。感じ悪かったです。
私もその番組を見るまで知りませんでしたし、今も食べた事はありません。
なので、もみじおろしの味を知らずに「もみじおろし味」をレビューする事になります。
再現具合など知った事ではありません。まあ大根+唐辛子なので大体分かりますけどね。
初めてブルーベリーを食べた時
「あ、ブルーベリーガムの味だ。」と感じたのを思い出しました。

御託が長いですね。では感想を開封時から回想。
袋を開けて感じるのは、酸っぱい味のポテチの様な香り。ポン酢のイメージかな?
でもパッケージにはポン酢の文字は書かれていないし、
原材料にも柑橘系の類は含まれていない様子。写真の液体も色が濃いから
醤油のイメージ?でも味わいは円やかな酸味を感じます。
パウダーが濃い所はビーフの味が強いが、全体としてはフレンチドレッシング味とか
ポン酢系の様なサワー系に近く、ビーフのが引き立て役が引き立て役という印象。
「もみじおろしで牛肉の旨味を引き立たせた」とパッケージ裏にありましたが逆の感想です。

で、大根の味は…意識するの忘れてました。つまり、言われなければ分からない程の
隠し味となっているのでしょう。そういう事にしておきましょう。
原材料には「だいこん粉末」とあるので確実に入ってはいるのでしょうけれどね。
唐辛子はほのかに感じます。良い塩梅で(辛味だけど)アクセントになってます。
辛い物がよっっっぽど苦手じゃ無ければ問題ありませんね。
一人で一袋を一気に食べたら少し辛さが口に残るくらいです。

総じて、万人にお勧めできる、そつのない美味しさだと思いました。
見た目は、ちょっと変わり種系かな?と思わなくもないですが、けっこう王道です。

隣の人の感想: なかなかいける。

原材料はこちら
orya.jpg
あ、横になっちゃった。字も小さいし…。でも、疲れたからこのままでいいや。
初めての感想記事だから許してね。
2016/09/27

新旧 織り交ぜて

その時々の新しいポテチも紹介しつつ
同時並行で過去に発売されたポテチの記事も書きます。
ですので、興味を持ったポテチがあっても
その時点では購入できない事もありますでしょうが
そこはご容赦くださいね。
2016/09/24

適当に

練習がてら。適当に。ちょっとずつ記事をあげてゆきましょう。