FC2ブログ
2019/01/11

堅あげポテト匠味 和牛の炙り焼き味


カルビーの堅あげポテト匠味 和牛の炙り焼き味
「匠味」も商品名に入っていたんですね。以後気を付けます。
DSC_0523.jpg

和牛のパウダーを使った炙り焼きの味わい。にんにくの風味と相まって、
噛むほどに濃厚な旨みが口いっぱいに広がります。


みんなの感想
  • 肉々しい。
  • 炭火で焼いた様な味。
  • 濃いな。甘辛すぎる。

「にくにくしい」を変換しても、「肉々しい」とは出てこない。
そんな日本語は元々無かったからだ。
「にくにくしい」と言ったら本来は「憎々しい」。非常に憎らしいという意味。
近頃は肉を食べた感想として、この「肉々しい」が使われる事がある。
噛み応えや味わいがとても肉らしい、お肉っぽさに満ち溢れている。
そんな辺りの意味だろう。言いたい事は分かる。
分かるけれど、使う気がしない。違和感を拭えない。
「違うでしょ、それ”憎々しい”でしょ。」とか、
「肉が肉らしいのは当たり前でしょ」とか、頭を過る。
お米のお米らしさに溢れた味わいを「米々しい」とか
魚の魚らしさに溢れた味わいを「魚々しい」とか言わないでしょ。
水分を多く含んでる様子を瑞々(みずみず)しいとは言うけどさ。
こんな細々しい小言を並べ立てる僕は女々しいでしょうか。

ポテチの話に戻します。
凄く…肉です。とても肉々しい…じゃなくて、肉を食べている感がある。
感想にあった言葉、「肉々しい」って言いたくなるのは、よく分かる。
肉の味のポテチの中でもトップクラスのお肉感ではなかろうか。
味の再現という点において、クリーンヒットを出した時のカルビーは
他のメーカーの追随を許さない、という感じがする。

牛肉。和牛かどうかはよく分からんが、牛肉らしさはしっかり出てる。
原材料名にはビーフパウダーとだけしか書いていないが、
パッケージ表側の下部には以下の様な表記がある。
「※本品に仙台牛をビーフパウダーとして0.02%使用しています。」
これは、ビーフパウダーのうちに仙台牛の物も含まれているって事なのかな。

ビーフパウダーよりもチキンパウダー(豚肉を含む)の方が多く使われているが、
それでもちゃんと牛肉だと感じられる味になっている。(豚肉を含むって何だ?)
過去には「○○味なのに●●の方を多く使ってて〇〇味に思えないじゃん!」
なんてポテチも度々あったのだが、これはそういった失態に陥っていない。
それだけビーフパウダーが主張の強い材料なのだろうかね。

濃い目の味付けなので、甘辛すぎって感想も分からないではない。
でも、個人的にはこれくらい濃くてオッケー。とても美味しかったです。
いやー、この牛肉感、凄い。こういう味、また食べたいです。

原材料名:じゃがいも(遺伝子組み換えでない)、植物油、砂糖、食塩、コーンスターチ、粉末しょうゆ(小麦・大豆を含む)、チキンパウダー(豚肉を含む)、たん白加水分解物、ガーリックパウダー、酵母エキスパウダー、ビーフパウダー、こしょうパウダー、ジンジャーパウダー、粉末植物油脂、粉末ソース、調味動物油脂/調味料(アミノ酸等)、香料、酸味料、着色料(カラメル、カロチノイド、炭末)、甘味料(ステビア:乳成分を含む)、酸化防止剤(ビタミンC)

ステビアが乳成分を含む…へぇ~。

内容量:73g

おしまい。このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト
2018/12/19

堅あげポテト 博多明太子と有明炙りのり味


今更それ紹介すんのかいシリーズ。
堅あげポテト 博多明太子と有明炙りのり味だ。
DSC_0505.jpg

ピリッと辛い博多明太子と、パリッと炙ったのりの風味がアクセント。
ふわっと広がる磯の香りと濃厚な味わいが、ビールとの相性抜群です。


ピリッ、パリッ、ふわっ。促音系オノマトペ3連発だ。
  • 明太子の風味が濃厚で美味しい。
  • 後からピリッと辛さが来るね。
  • 臭くてダメ。
辛子明太子味だと生臭さを感じる事があるんだけれど、
これはそういう生臭さが殆ど感じられなくて食べ易かった。
まあ別の感想の人もいたけどね。
それでいて辛子明太子の風味は濃厚に感じられる。

海苔の風味もそれに負ける事なく濃厚で良い塩梅。
その海苔に触れた感想が僕以外から聞けなかったが
彼らにとっては海苔は脇役だったのかも知れない。

今までの明太子味の中では一番と言って良いくらい好きかも。

原材料名:じゃがいも(遺伝子組み換えでない)、植物油、食塩、でん粉、砂糖、辛子明太子パウダー(小麦・大豆・ゼラチンを含む)、粉末しょうゆ、焼きのり(熊本県有明海産のり100%使用)、たん白加水分解物、唐辛子、酵母エキスパウダー/調味料(アミノ酸等)、香料(乳成分を含む)、香辛料抽出、酸化防止剤(ビタミンC)

内容量:75g

おしまい。このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/11/21

堅あげポテト 三種のだし塩味


カルビーの堅あげポテト 三種のだし塩味
DSC_0503.jpg
説明文が非常に長い。

   味の豆知識 ‐うまみの相乗効果‐
日本の今日の食事や調理法は江戸時代に確立されたそうですが、
なかでも「だし」はそのころから様々な調理に用いられていたそうです。
代表的な「だし」のうまみ成分として、グルタミン酸は「昆布」などの
海藻や野菜に、イノシン酸は「かつおぶし」、「焼きあご」などの
動物性食品に多く含まれています。これらのうまみ成分は、
それぞれでもおいしいのですが、組み合わせることによって、
相乗効果がうまれ、おいしさを引き立たせると言われています。
かつおぶし、焼きあご、昆布、三つの素材のうま味が織り成す、
相乗的なおいしさを、ぜひお楽しみください。


あー長かった。
3大うまみ成分の内、グルタミン酸とイノシン酸の2つが紹介され
もう一つのグアニル酸がまるで無かった事の様にスルーされている。
実際、影が薄くて忘れられがちらしいから、仕方ないね。

うま味にはアミノ酸系と核酸系があって、
この2種を掛け合わせる事で相乗効果が生まれるのだそう。
グルタミン酸がアミノ酸系で、イノシン酸とグアニル酸が核酸系。
って事で、イノシン酸と役割が被っちゃったから
仲間外れにされちゃったのかな。グアニル酸、可哀想…。
グアニル酸を多く含む椎茸も嫌いな人多いし…。可哀想…。

みんなの感想
  • 薄いけど、美味しい。
  • 自然な感じがして、良いね。
  • 堅あげポテトは何でも美味い。

薄いよね。
中々の薄味。
「だし塩味」なんだけど、「だし味」でも良いくらい。
ムラがあるにせよ、うすしお味よりも薄い気さえする。
だしの風味を前面に出すのに、他の味を控えめに
しているのだろう。通常、だしは引き立て役だからね。

先日、家族がヤカンでお茶を沸かそうとして
間違えて、だしパックを煮出してしまった物を
そのまま湯飲みに注いで飲んでしまった時の僕の脳内。

「…!!??  …ダシ!?」

先に飲んで間違いに気づいたのなら一言、
言ってくれれば良いのに。「お茶飲む?」って聞いておいてねぇ。
まあ、そういう味です。想像してみて下さい。
煮詰めただしパックの、濃厚な旨みばかりの味を。
それに塩味を少し効かせた感じです。
もしくは関西風の薄い味付けのツユっぽいかな。
意図されたイメージはむしろそっちが正解か。

3種のだしが使われていますが、特にどれかが
突出している訳ではなく、「何だか良く分からんがダシ味だ」
って思いました。一応、かつおぶし要素が最も多いです。

七味を振って食べたらもっと美味しいかも。
と思いついた時には食べ終わってました。

原材料名:じゃがいも(遺伝子組み換えでない)、植物油、デキストリン、食塩、ぶどう糖、かつお節粉末調味料、酵母エキスパウダー、かつおぶしパウダー、焼きあごパウダー、かつおぶしエキスパウダー、昆布フレーク、赤唐辛子/調味料(アミノ酸等)、香料(大豆を含む)、酸味料、酸化防止剤(ビタミンC)

内容量:60g

おしまい。このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/10/26

堅あげポテト 博多明太子と有明炙りのり味

ブログランキングならblogram
しばらく、今更それ紹介してどーすんだ、が続きます。
今回は堅あげポテト 博多明太子と有明炙りのり味
「思わずお酒が飲みたくなる」「”おつまみ”な」堅つまシリーズの一品。
DSC_0456.jpg

ピリッと辛い博多明太子と、パリッと炙ったのりの風味がアクセント。
ふわっと広がる磯の香りと濃厚な味わいが、ビールとの相性抜群です。


ビールを指定してきたぞ。だが俺は酒を飲まないんだ。
なので、相性に関しては全く分からない。

みんなの感想
  • のりの香りがちゃんとしている。
  • 明太子の味がいい配分。
  • 刺激が強過ぎず程良い。

概ね好評の様だ。
僕も同感で、なあなか美味かった。
最初は、「辛くないぞ?海苔だけ?」と思ったが
後からジワジワ明太子の味と辛味が追って来る。

個人的には明太子の味だけだと食指があまり進まないのだが、
海苔の風味と混じり合わさっている事によって
生臭さを気にする事なく飽きずに食べ進める事が出来た。
というか勢いよくバクバク食って止まらなかった。

「海苔の風味がアクセント」という表記だと、
明太子が主役、海苔が脇役って感じがするけれど
海苔は海苔で強いのだよ。どちらも主役。
5:5、もしくは6:4で明太子がちょっと強いか。
有明海産のり100%だそうですが、その辺の違いは分かりません。
そう、私は違いの分からない男。良く分かんないけど、美味い。

ビールは飲みませんけどね、確かに合いそうだなとは思います。
何となくのイメージね。別におつまみとしてじゃなく、
純粋におやつ、お菓子としても美味しいですよ。
お茶にも合うと思います。

原材料名:じゃがいも(遺伝子組み換えでない)、植物油、食塩、でん粉、砂糖、辛子明太子パウダー(小麦・大豆・ゼラチンを含む)、粉末しょうゆ、焼きのり(熊本県有明海産のり100%使用)、たん白加水分解物、唐辛子、酵母エキスパウダー/調味料(アミノ酸等)、香料(乳成分を含む)、香辛料抽出物、酸化防止剤(ビタミンC)

内容量:75g

おしまい。このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/09/28

堅あげポテト 炭焼き鶏と九条ねぎ味

ブログランキングならblogram
今更それ紹介してどーすんだシリーズ。
ブログ更新の間隔が大きくなりがちだった最近は
そんなんばっかりだったかも知れないが。
堅あげポテト 炭焼き鶏と九条ねぎ味
DSC_0474.jpg
このパッケージの「炭焼き」の様に小さく添えられた文字は
名前に含まれるものとして認識すべきかどうかずっと迷っていたが
「そうだ!カルビーの公式サイトを見れば良いんだ!」と
今更ながら気づき見にいったところ、9月上旬で終売の商品でした。
なので、売れ残っている物が無い限り、もう無いです。
何やってんだ、このブログって感じですよね。

炭火でこんがり焼き上げた鶏に、風味豊かな
九条ねぎを合わせた味わいの堅あげポテト。
九条ねぎにごま油を絡め、香ばしく後引くおいしさです。


ちょっと日本語としてぎこちない文である様な気がするが、
終売してから紹介するブログのぎこちなさに比べたらマシであろうか。

みんなの感想
  • ネギの風味が出てて、なかなか美味い。
  • これは凄い!普通!ちょっと苦い。
  • うまい棒の牛タン味みたいで美味しい。

凄い!普通!て。なんだそりゃあ。
牛タンってのも意外な感想だなあ。
うまい棒のそれは知らないけど、
お肉を焦がした感じが似てるのかな?

まず、ほんわりとネギの香りが漂います。
味は鶏とネギが半々くらいの感じ。
やや塩辛さが強く感じられる。
この塩辛さの印象と実際の塩分相当量は
必ずしも比例するわけでは無く、
これも特に塩分が多いという事は無い。

説明文の通り、鶏とネギと、仄かなごま油の風味が
ありますよ。ちょっと塩辛く感じる。説明文に無い
特徴を挙げると、結構ガーリックが効いている。
あと、醤油ね。

醤油は和風の味には大体の場合、入っている
(和風じゃなくても入っている)からスルーして、
このガーリックはこんなに強くなくても良いんじゃ?と思った。
炭焼きの鶏に九条ねぎを添える食べ方をする時に
ガーリックが必須って訳じゃないんだろう?
鶏の下味に醤油とガーリックってのは定番だけどさ。

ガーリックでパンチが効くのは分かる。
この味が好きって人もいるかも知れない。
ていうか、いたわ。上記の感想であったわ。
僕としては、鶏とネギの味ですと言うのなら
もう少しあっさり目の味付けの方が
ネギと鶏の味が際立って美味しく食べられた気がする。

皆さんはどうお思いになるでしょうか?
是非コンビニでお買い求めになって、
ご感想をお寄せいただきたい。

あっ、9月上旬で終売でしたね。 テヘペロ。

原材料名:じゃがいも(遺伝子組み換えでない)、パーム油、米油、デキストリン、砂糖、食塩、粉末しょうゆ(小麦・大豆を含む)、ガーリックパウダー、たん白加水分解物、ねぎパウダー(九条ねぎ100%使用)、酵母エキスパウダー、ブラックペッパーパウダー、ごま油、チキンエキスパウダー/調味料(アミノ酸等)、香料(卵を含む)、酸味料、カラメル色素、酸化防止剤(ビタミンC)

内容量:73g

おしまい。このエントリーをはてなブックマークに追加