FC2ブログ
2018/10/26

堅あげポテト 博多明太子と有明炙りのり味

ブログランキングならblogram
しばらく、今更それ紹介してどーすんだ、が続きます。
今回は堅あげポテト 博多明太子と有明炙りのり味
「思わずお酒が飲みたくなる」「”おつまみ”な」堅つまシリーズの一品。
DSC_0456.jpg

ピリッと辛い博多明太子と、パリッと炙ったのりの風味がアクセント。
ふわっと広がる磯の香りと濃厚な味わいが、ビールとの相性抜群です。


ビールを指定してきたぞ。だが俺は酒を飲まないんだ。
なので、相性に関しては全く分からない。

みんなの感想
  • のりの香りがちゃんとしている。
  • 明太子の味がいい配分。
  • 刺激が強過ぎず程良い。

概ね好評の様だ。
僕も同感で、なあなか美味かった。
最初は、「辛くないぞ?海苔だけ?」と思ったが
後からジワジワ明太子の味と辛味が追って来る。

個人的には明太子の味だけだと食指があまり進まないのだが、
海苔の風味と混じり合わさっている事によって
生臭さを気にする事なく飽きずに食べ進める事が出来た。
というか勢いよくバクバク食って止まらなかった。

「海苔の風味がアクセント」という表記だと、
明太子が主役、海苔が脇役って感じがするけれど
海苔は海苔で強いのだよ。どちらも主役。
5:5、もしくは6:4で明太子がちょっと強いか。
有明海産のり100%だそうですが、その辺の違いは分かりません。
そう、私は違いの分からない男。良く分かんないけど、美味い。

ビールは飲みませんけどね、確かに合いそうだなとは思います。
何となくのイメージね。別におつまみとしてじゃなく、
純粋におやつ、お菓子としても美味しいですよ。
お茶にも合うと思います。

原材料名:じゃがいも(遺伝子組み換えでない)、植物油、食塩、でん粉、砂糖、辛子明太子パウダー(小麦・大豆・ゼラチンを含む)、粉末しょうゆ、焼きのり(熊本県有明海産のり100%使用)、たん白加水分解物、唐辛子、酵母エキスパウダー/調味料(アミノ酸等)、香料(乳成分を含む)、香辛料抽出物、酸化防止剤(ビタミンC)

内容量:75g

おしまい。このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト
2018/09/28

堅あげポテト 炭焼き鶏と九条ねぎ味

ブログランキングならblogram
今更それ紹介してどーすんだシリーズ。
ブログ更新の間隔が大きくなりがちだった最近は
そんなんばっかりだったかも知れないが。
堅あげポテト 炭焼き鶏と九条ねぎ味
DSC_0474.jpg
このパッケージの「炭焼き」の様に小さく添えられた文字は
名前に含まれるものとして認識すべきかどうかずっと迷っていたが
「そうだ!カルビーの公式サイトを見れば良いんだ!」と
今更ながら気づき見にいったところ、9月上旬で終売の商品でした。
なので、売れ残っている物が無い限り、もう無いです。
何やってんだ、このブログって感じですよね。

炭火でこんがり焼き上げた鶏に、風味豊かな
九条ねぎを合わせた味わいの堅あげポテト。
九条ねぎにごま油を絡め、香ばしく後引くおいしさです。


ちょっと日本語としてぎこちない文である様な気がするが、
終売してから紹介するブログのぎこちなさに比べたらマシであろうか。

みんなの感想
  • ネギの風味が出てて、なかなか美味い。
  • これは凄い!普通!ちょっと苦い。
  • うまい棒の牛タン味みたいで美味しい。

凄い!普通!て。なんだそりゃあ。
牛タンってのも意外な感想だなあ。
うまい棒のそれは知らないけど、
お肉を焦がした感じが似てるのかな?

まず、ほんわりとネギの香りが漂います。
味は鶏とネギが半々くらいの感じ。
やや塩辛さが強く感じられる。
この塩辛さの印象と実際の塩分相当量は
必ずしも比例するわけでは無く、
これも特に塩分が多いという事は無い。

説明文の通り、鶏とネギと、仄かなごま油の風味が
ありますよ。ちょっと塩辛く感じる。説明文に無い
特徴を挙げると、結構ガーリックが効いている。
あと、醤油ね。

醤油は和風の味には大体の場合、入っている
(和風じゃなくても入っている)からスルーして、
このガーリックはこんなに強くなくても良いんじゃ?と思った。
炭焼きの鶏に九条ねぎを添える食べ方をする時に
ガーリックが必須って訳じゃないんだろう?
鶏の下味に醤油とガーリックってのは定番だけどさ。

ガーリックでパンチが効くのは分かる。
この味が好きって人もいるかも知れない。
ていうか、いたわ。上記の感想であったわ。
僕としては、鶏とネギの味ですと言うのなら
もう少しあっさり目の味付けの方が
ネギと鶏の味が際立って美味しく食べられた気がする。

皆さんはどうお思いになるでしょうか?
是非コンビニでお買い求めになって、
ご感想をお寄せいただきたい。

あっ、9月上旬で終売でしたね。 テヘペロ。

原材料名:じゃがいも(遺伝子組み換えでない)、パーム油、米油、デキストリン、砂糖、食塩、粉末しょうゆ(小麦・大豆を含む)、ガーリックパウダー、たん白加水分解物、ねぎパウダー(九条ねぎ100%使用)、酵母エキスパウダー、ブラックペッパーパウダー、ごま油、チキンエキスパウダー/調味料(アミノ酸等)、香料(卵を含む)、酸味料、カラメル色素、酸化防止剤(ビタミンC)

内容量:73g

おしまい。このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/09/26

堅あげポテト コンソメWパンチ

ブログランキングならblogram
堅あげポテトとコンソメWパンチの期間限定コラボ!
堅あげポテト コンソメWパンチです。
同じ事を2回書きました。
得意気に「期間限定コラボ!」とアピールしているが、
同じ味を違う形状で使い回すのって今までも度々やってますから。
美味しけりゃ何でも良いんですけどね、美味しけりゃ。
DSC_0463.jpg

堅あげポテトで楽しむ、あのコンソメWパンチの味わい!
お肉うまみと、野菜の甘みがギュッ!とつまったコンソメWパンチ。
濃厚で食べ応えがあるあきないおいしさをお楽しみください。

定番人気の堅あげポテトで、定番人気のコンソメWパンチの味付けなら
まず間違いなく好評を得るであろう安定した美味しさという気がする。
僕はコンソメWパンチ自体はそんなに好きじゃないんですけどね。

みんなの感想
  • 濃過ぎ。クドい。
  • 堅あげにしたら、しつこい。
  • そんなにたくさん食べたいと思わない。

意外だ。とっても意外だ。
ベタながらももっと、美味しいって感想があるかと思ったが
どちらかと言うと、むしろ不評である。

えー、マジで?
個人的には悪くないと思ったんだけど。
普通のポテチ版のコンソメWパンチは
過去にも記事にはしていないが、
Wパンチって言う割にはパンチ無ぇなって印象だった。
湖池屋のポテチのコンソメの方がパンチあるだろっていう。

そのコンソメWパンチなら、やっぱりパンチが足りないって
感じるのかなと思いきや、悪くないんですよ。個人的には。
堅あげポテトとコンソメWパンチの相性が良かったのだろうと、
個人的には考える。
期間限定コラボと言わないで、コンソメパンチは普通のポテトチップス、
コンソメWパンチは堅あげポテトでレギュラー商品にして
棲み分けたら良いんじゃなかなと思う、個人的には。

…何でこうも不評が集まったのか。不思議である。
濃過ぎる。クドい。しつこい。沢山は食べられない。
不評の内容は概ね同じ部分に不満を感じる物だ。
他の商品のコンソメと比べて著しく濃いという事は無いのだが。
堅あげポテトにすると、より濃く感じられ易いのかも知れない。

カルビーのコンソメ味の類の中でも美味しいと感じたし、
堅あげポテトのシリーズとしてもアタリだと思いました個人的には

そんなにクドいかなあ。普通だよこれくらい。
コンソメWパンチが元々好きじゃなかった僕だけが
ただ一人高評価を与えているって、どういうこっちゃ。

おしまい。このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/09/25

堅あげポテト 枝豆と七味味

ブログランキングならblogram
堅あげポテト枝豆と七味です。
「味」という字が2つ連続するので
今までは大体「七味あじ」という様に、後ろを「あじ」と
平仮名で表記するのが通例だったが、ついに七味味の表記が。
DSC_0444.jpg
文字のサイズでぎこちなさを解消しようとしている。

風味豊かな枝豆の旨みに七味を効かせた堅あげポテト。
噛むごとに、じんわり七味の辛さが、広がります。


パッケージには、皮に焦げ目の付いた枝豆に唐辛子をまぶした写真が。
(七味には見えない。)そういう食べ方があるのか。
みんなの感想
  • どっちか一つでいいじゃん。
  • あんまり好きじゃない。
  • 枝豆らしさがよく出ている。

微妙な反応が。僕もあんまり好きじゃないな。
というか、枝豆の味でポテチが美味しかった印象が無い。

醤油が程々に効いている。
枝豆と七味と言うより、醤油と七味と言う方が
イメージしやすい味では無かろうか。
そこに枝豆の香りを加えた感じ。

辛さは控えめである。
原材料にパプリカが割と大目に使われており、
これを唐辛子らしさに繋げているのであろう。
唐辛子自体を多くしないのは、意図的に
辛さを抑えているという事だろうか。

似たの印象のポテトチップスを挙げるなら、
こだわりの七味あじ」だろうか。(極じゃが版もありました。)
あの味を好む人なら、この枝豆と七味味も好きかもしれない。
こだわりの七味あじは薄味だったが、これはそこまで薄くはない。
甘いという事もない。

どうなんだろ、これ。こういう味の和菓子はありそうではある。
枝豆の風味をポテチに活かすってのは難しいのか。
あくまで僕の好みで言うならば、そう感じてしまう。
日本茶には合いそうですかね。

原材料名:じゃがいも(遺伝子組み換えでない)、植物油、きな粉(大豆)、食塩、コーンスターチ、パプリカ、粉末しょうゆ(小麦を含む)、陳皮、たん白加水分解物、唐辛子、ごま、のり、山椒、しょうがパウダー、発酵酵素エキスパウダー、あおさ、えだ豆パウダー、青じそパウダー/調味料(アミノ酸等)、香料、香辛料抽出物、酸化防止剤(ビタミンC)

内容量:73g

おしまい。このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/07/25

堅あげポテト 梅ちりめん味



カルビー、堅あげポテトの梅ちりめん味。
DSC_0376_convert_20180725080920.jpg
パッケージ写真には梅干しと、その奥に梅を刻んで和えた小魚が。

梅の爽やかな香りと甘酸っぱい味わいに、
ちりめんの旨みを加えた堅あげポテト。
風味豊かなおいしさが楽しめます。



ちりめん【縮緬】
絹織物の一種。縒(よ)りの強い生糸を横糸に使い、ソーダを入れた石けん液で煮沸して縮ませたもの。

…ちりめんじゃこの事だよね?
ちりめんじゃこに梅干しを和えた物を梅ちりめんと呼ぶらしい。食べた事ないや。
ただ、原材料名にも「ちりめんエキスパウダー」って書いてあるけれど、
その表記じゃソーダを入れた石けん液で絹織物を煮沸した時のエキスになっちゃうんじゃ。

みんなの感想

・美味しい。
・バランス良い。
・梅だなと。

うん、梅だな。梅だよ。ほぼ「梅味」だ。
そもそも、梅干しが強烈な味の食材で、ちりめんじゃこは割と淡白な味の食材だ。
写真の梅ちりめんも、言ってみれば梅が味付ける側で
ちりめんじゃこは味付けられている側だろう。
結果、ポテチにしたら、ほぼ梅味である。

と言いつつ、ちりめんじゃこの旨みも時間差で感じる。
やっぱり最初は梅の酸味が最も強く舌に響く。
「ただの梅味じゃね?」と思わせておいて、
その酸味が引いたところに残っているのがちりめんじゃこの風味。
数秒の間をおいて「ああ、確かに。」って実感するのだ。

梅ちりめんを画像検索してみたところ、梅とちりめんじゃこの比率は
結構バラバラで、この割合と決まったものは無い模様。
食べた事が無いから、実際の味と比較のしようが無いけれど
この堅あげポテトは梅の比率が高めの味なんじゃないかな。

じゃがりこの梅ちりめん味でも、「ほぼ梅味」とか言ってたなあ。
じゃがりこであれ、堅あげポテトであれ、
ちりめんじゃこは梅に押されて味わいを主張しにくいらしい。
だが、もしかしたら隠し味的に良い仕事をしているのかも知れない。
ちりめんじゃこの味を抜いてみたら「あれ、何だか物足りない…」みたいな。
でも意識して食べなければやっぱり、ほぼ梅味。

原材料名:じゃがいも(遺伝子組み換えでない)、植物油、ぶどう糖、食塩、砂糖、コーンスターチ、かつおぶしエキスパウダー(小麦を含む)、梅肉パウダー、酵母エキスパウダー、ちりめんエキスパウダー、粉末酢、レッドペッパー/調味料アミノ酸等)、酸味料、香料、酸化防止剤(ビタミンC)

内容量:73g

おしまい。