2017/07/29

ポテトの風味を引き立てる米油で揚げたチップスターうすしお味



何か凄そうなパッケージのチップスターがあったんだよ。

(画像は後で貼りますから、↓想像してみてください)

白地に金文字で「chip star」。蓋も金色。






















貼りました。こんなんです。
DSC_0013_riceoil.jpg

説明文は一言。

「素材の味を引き立たせました。」

米油を使用しているんですって。
シンプルなパッケージで、商品名は何て言うのかな?
っと、クルッと反対側を見たら、
「ポテトの風味を引き立てる米油で揚げたチップスターうすしお味」
長いっ。説明文より長いっ。倍くらいあるっ。
説明をほぼ全て商品名、もしくは作品名に込めちゃう命名法って
いつからこんなにメジャーになったんだろう。
他にも沢山あるよね。例えば、例えば…うん思い付かん。
「愛のままにわがままに僕は君だけを これは違う。

原材料には、米油とは書いておらず、植物油脂とだけ書いてあるが
これは全て米油なのか?「米油で揚げた」ってんだから、そうだよな?
信じるぞ?僕の舌じゃどうせ分からないからって嘘はいかんよ。
どうせ分からんから。先に言っておく。俺は違いは分からん男だよ。

食べる。
…うむ、分からん!米油ならでは、という明確な違いは分からん。
きっと君達にも分からんよ。分かるんなら油ソムリエになったら良いよ。
そんな職業あるの?無いよ。あったら良いのにね。良くないか。

実は、僕のおうちでも揚げ油に米油を使う様になったんだよ。
テレビで、一般的なサラダ油より米油の方が良いってやってたからね。
それは味のためじゃなくて、健康のため。理由は…忘れちゃった。
酸化しにくいんだったかなあ?
ともかく味や食感に劇的な変化があった訳じゃ無かった。
ポテトチップスも同じ。何か凄い美味さって訳じゃ無い。

風味を引き立てる、って言うんだけれど、そこまでかなあ?
偏見かも知れないけれど、こういう乾燥ポテトフレークを使った
チップスターやプリングルズって、生のポテトを使ったポテトチップスに
比べてポテトの風味を引き出すって点では勝てない気がする、正直。

ここでチップスターの普通のうすしお、赤いパッケージの奴ね、
あれと食べ比べたらきっと素晴らしいレビューになるんだろうね。
そこまで頭が回らなかった。今、気付いた。だがもう、これは食べ終わった。
これからまたチップスターを2つ買う気には、ならない。
どうすればいい?そう、キミが!これを読んだ君が!
赤と白のチップスターを食べ比べてみてくれ!

他の人の感想
・普通。
・フツーっすね。
…そうだよね。僕だけじゃないよね。

味はひとまず置いておいて、
他のポテチよりは体の事を考えたらマシ、なんだと思う。
本当に体の事を考えるなら、ポテチは食べないのが一番
ってのは言わないお約束。

おしまい。
スポンサーサイト
2017/07/16

チップスター 信州 本わさび味



皆さんが連休だ~ワーイって喜んでる時は僕は大体、忙しいのだ。
だから更新が滞っても仕方ないんだよ!んあ?

まあ今日は、ネットサーフィンで時間を潰した面もあるけれど。
ネットサーフィンと言うか、ネットドラウンだね。
波乗りしてたというより、溺れていたんだ。溺死しそうだぜ。

なので、とりあえず簡素に書いておいて、後で書き直す。
ハンター×ハンター方式でゆきます。
DSC_0009_sinsyuwasabi.jpg
チップスター、信州 本わさび味。
結論から言います。これ、結構、美味い。
最近、いくつもワサビ系のポテチが出てるけれど、
これが一番美味いなーと感じる。

ワサビ醤油味なんだけれど、しっかりワサビの味がする。
辛過ぎる事も無く、物足りない事も無く、良い塩梅。

わさび7倍わさビーフより、オー・ザック 旨わさび醤油味より、
プリングルズ わさびマヨより、このチップスター 信州 本わさび味が好き。

辛さはそんなに凄くないけれど、味の濃さ自体は、
チップスターにしてはやや濃いめだね。
色んなメーカー全体からすると平均的だけれど。

他の人の感想
・辛さが丁度良くて、めっちゃ美味いです。
他、わさびが平気な人には好評な感じ。

後は、明日の自分がちゃんと手直しする事を祈ろう。

おちまい。
グルメ
ブログ更新したぜ!

2017/05/24

チップスター 瀬戸内レモン味

多忙→疲労、で更新が滞ってしまったよ。

今回はチップスターの新作。
DSC_0013_setouchilemmon.jpg

チップスターの瀬戸内レモン味。
これからどんどん暑くなる気候に合わせて酸味を効かせたポテチが増えるのだろうか。

「瀬戸内レモンの爽やかな香りと酸味
 隠し味に昆布の旨みを利かせた塩レモン味です。」

瀬戸内レモンとは広島県と愛媛県のレモンとのこと。寂聴さんの作ったレモンでは無い。
日本はレモン栽培に合う気候条件の場所が少なく、その自給率は1割前後であるらしい。
国内産のレモンは外国産のレモンに使われている防カビ剤や防腐剤が使われていない。
食の安全という観点での強みがある、んだって。味云々じゃないのか。

そんな瀬戸内レモン味のチップスターを食べる。
あんまり酸っぱくないね。爽やかな、というか、ほのかな酸味。
酸っぱいのを期待して食べる味じゃないね。
塩気も強くなくて、控えめな落ち着いた味。これぞチップスターだね~。

そして、昆布の旨みか。昆布エキスパウダーが入っているんだけれど、
能書きは読まずに食べて、全く気が付かなかった。
読んで意識して食べてみても…昆布あるか?よく分からない。
隠し味だから気付かなくても良いんだが、そうなのか、
レモンと昆布は実は相性が良いのか。どうなんだろう。

で、美味いかと言うと、美味い。
どれくらいうまいかと言うと、今までポテチを食べさせると
辛口の感想をくれていた人も目を丸くして
「おっ美味いね。これは当たりだね!」と言うくらい。
僕もそう思う。酸味は控えめだが、酸味系の中でも当たりだし
チップスターの中でも当たりだと思う。
ここ最近のポテチの中で当たり。まあ最近はポテチ自体が少ないけれど。

でも、塩気が弱くて、物足りない、という感想もあった。
チップスターって大体パンチ無いよなって思う人には、これも勧めない。
チップスターってあっさりしてて美味しいよねって人には、これもお勧め。
…ってこれじゃ、チップスターが好きか嫌いかだけじゃないか。
いやー僕はこれ、けっこう美味しいと思う。

おしまい。
↓クリックしてみ。


2017/05/14

チップスター バターしょうゆ味

九州産のジャガイモが出荷されて、少しはポテトチップス不足も解消されるかな?
北海道産のジャガイモが出回るのは8月と言ったかな。
その頃には新作のポテトチップスの記事のネタには困らなくなっているのか…。

今回は、チップスター。

バターしょうゆ味。期間限定とは書いていないし、
これはレギュラー商品なのかな?こういう時期に手を出しておかないと
いつまで経っても記事にする機会が無さそうだし、ここらで食べてみる。

「しょうゆをかけた”じゃがバターを”イメージしたチップスター。
 チーズパウダーを加え、コクのある味わいに仕上げました。」

そして「北海道産バターのパウダー使用」。
国内に流通しているバターの大半が北海道産だから、要は普通のバターだ。

チップスター×バターしょうゆ。無難に無難を重ねた味ではなかろうか。
食べる前からそんな気がしてしまう。よく言えば、安定。まあ、無難も悪い言葉じゃない。
これがプリングルズだったら時々、え!?っていう味に変えてしまう可能性があるが
チップスターならそんな”やらかし”は無いだろうね。

食べる。うん、安定して美味い。バターより醤油の味の方が印象は強いね。
醤油をかけたじゃがバターのイメージってあったけど、そこまでじゃないかな。
というか、じゃがバターのイメージって、じゃが芋にどれくらいバターを乗せるか
或いは醤油をかけるか、個人のさじ加減でだいぶ違うんじゃないかね。

これは、バターが下地になって円やかさを出しつつも、醤油が味の主体かな。
和風のポテトチップスっぽい。チーズパウダーを加えたらしいけど、
チーズ感はあまりない。コクを出す為の、あくまで隠し味だね、多分。

比較の為、過去の記事のポテトチップス 北海道バターしょうゆ味を見てみたけれど、
似たような事を言っていて参考にならないな、こりゃ。あっちでも無難とか言ってる。
最近だと、極深ポテト プレミアムバターしょうゆ味があったが
こちらでは、ハッキリとクドいと言ってしまった。

濃厚さで比較すると、極深ポテト>カルビーポテトチップス>チップスター。
美味さや、お勧めの度合いじゃないぞ。間違えちゃ駄目だぞ。
好みで言えばカルビーのが一番好きだったかな。

周囲の人間の一人にパッケージを見せずに食べさせてみた。
「何の味?バター醤油?全然バター醤油じゃねえよ。何か、マーガリンみたいな
 偽物の味。チップスターみたいな味がする。チップスターなの?」

ボロクソである。そこまで酷い味じゃ無いと思う。だが、自分は知らず知らずのうちに
メーカーに気を使って甘口になっていた部分はあったのかも知れない。
大してアクセス無いし、影響力なんて無いに等しいのにね。
…バターは感じにくいのかも知れない。バターより他の油が多いし、
ミルクパウダー、ホエイパウダーで補っているせいなのかな。
醤油はハッキリしてるんだけどね。

おしまい。
↓クリックすると、ガリガリガリクソンがガリガリになります。


2017/04/20

チップスター 九州しょうゆ味

スーパーに行ったら、数は少ないながらピザポテトが売ってたよ。
1人2袋までの制限付きだったけどね。買わないけど。
僕が買うのはとにかく新商品だ!
てな訳で今回はチップスターの九州しょうゆ味。

フンドーキンのしょうゆ使用。フンドーキンとは何だ。
九州では醤油や味噌やドレッシングの生産量1位のメーカーなんだと。
「本物の味ひとすじ」という事で、よく分からないけど頑張ってるらしい。
頑張ってね。

九州しょうゆ味と言えば、このポテリッチ 極旨九州しょうゆ味をはじめ、
既にカルビーから3種類が発売されていた。
いずれも「鶏だしのうまみ」を含んだ味であった。こちらのチップスターは

「深いコクを織りなす”長崎県産あごだし”を隠し味に使用し、
 香り高い甘口しょうゆと調和のとれたまろやかな味わいに仕上げました。」

だしの産地も、同じ九州を選ぶところがこだわりなのだ、きっと。
自分にはあごだしは馴染みが無いので多分、違いが分からない。
そこは読み手のあなたも予め諦めてくれ。では食べよう。

うん。わからん。あごだしどころか、魚介のダシが効いているかも
下手したらよく分からない。決して、この商品をディスっているのではないぞ。
ただ自らのバカ舌ぶりをさらしているだけだ。だが
鶏だしとか豚の旨みとかの九州しょうゆ味よりもさっぱりしていて食べ易い。
好みの問題だけど、あれらをクドいと感じる人でもこちらはイケるかも。

確かにコクがあって、調和のとれたまろやかな味わいって表現も合ってるよなあ。
と思って原材料を見たら、あごだしエキスより、さばとかつおの混合節パウダーの
方が多いじゃないか!でも、名前であごだしアピールしている訳じゃ無いし
自ら隠し味と言っているのだから、許す。人生に許しは大切。

以前の3つの九州しょうゆ味と比べて、最も食べ易い味かと。
クドさっていうのは殆ど無い。そういう所がチップスターらしいなって思う。
この味に、更に唐辛子をアクセントとして加えても良さそうな気もした。