2018/06/08

ポテトチップス ゼットカット 香味野菜香るブラックペッパー味



ポテトチップスゼットカットの2つ目。
そういえばこのゼットカットシリーズ
「国産じゃがいもをこだわりカット」だそうだ。
DSC_0284_convert_20180608063210.jpg
「香味野菜のうま味が効いたこだわりの味です。」

色々こだわりがある様です。

みんなの感想

・野菜の味しない。
・別にそんなに美味くない。
・………。

何か言えよ。ていうか誰も美味いって言わんのかよ。
いやー、決して不味くないと思うんだけどな。
不味くない、っつーか普通に美味いですよ。普通にね。
定番のブラックペッパー味ですよ。
オニオンの風味と甘味と醤油を効かせた、
よくあるブラックペッパー味の一つという感じ。

なんだけど、「香味野菜香る」というと
一般的なブラックペッパー味よりずっと野菜の味がするかなと
思うところなのだが、そんな印象は受けない。
原材料を見てみると、あれ?オニオンパウダーとは記載があるが
それ以外の野菜らしき名前は見当たらない。
香味野菜ってオニオンのみ?それをもって香味野菜と言うのか。

いや、間違いではないけれども。
パッケージには玉ねぎの他に、人参、ニンニク、あと何か緑の葉っぱ、
何だこれ?ともかく他に3種類の野菜の姿が見えるのだが、
実際に使われているのは玉ねぎ1種類のみの様である。
それってどうなのよー。

じゃあ、その玉ねぎが特に強調されているかっていうと、
別にそうでもないっていう。というか強調されていたとしても
香味野菜香るブラックペッパー味というよりは
オニオン&ブラックペッパー味という方が合致したネーミングだろう。

でも僕は「美味しい」とは言いますよ。
ただ、パッケージから連想する味とは違う様に思う。
その辺のイメージのギャップで悪い感想が並んだんじゃないかな。
なので食べるなら普通のブラックペッパー味だと思って食べれば良い。
後は、大き目のギザギザ形状に独自性を見出すかってところ。

原材料名:馬鈴薯、植物油脂、ブラックペッパーシーズニング(食塩、ぶどう糖、ブラックペッパー、砂糖、オニオンパウダー、でん粉、しょうゆパウダー、酵母エキスパウダー)、香味油/調味料(アミノ酸等)、酸味料、香辛料抽出物、香料、酸化防止剤(ビタミンE)、(一部に小麦・大豆を含む)

内容量:60g

おしまい。
グルメ
ブログ更新したぜ!
スポンサーサイト
2018/06/08

ポテトチップス ゼットカット イタリア産岩塩のしお味



チップスターのYBCから発売のギザギザタイプ、
ポテトチップスゼットカット。英語表記でZ-CUT。
DSC_0283_convert_20180608063135.jpg
「特殊なカッターでスライスした「Z型」のポテトチップス。
 シャープな外観とクセになる食感をお楽しみください。」

その、「イタリア産岩塩のしお味。」
岩塩のしお味。同語反復じゃないか!と言いたくなるが、
イタリア産岩塩味だと、岩塩だけの味って印象になる。
一言「しお味」と言っても、うましお、のりしお、色々ある。
そういう、塩味ベースの色々混じったしお味なのだろう。

「イタリア産岩塩を使用し、隠し味にポルチーニ茸の風味を効かせました。」
という訳でただの塩味じゃないのだ。

みんなの感想

・こっちの方が美味しい。(同シリーズのブラックペッパー味と比べて)
・エリンギの風味が効いてて良い。

エリンギは使われていません。
大雑把に、キノコの風味という共通点から連想したんでしょうか。
ほんのーりとクドくない甘みがあり、チキンやらホタテやらの
ダシも効いてて食べ易い美味しさに仕上がっております。
分類的にはうましお系に近いんだろうけれども、
それらはどちらかというと和風な味という印象だが
これは、その洋風バージョンと言えば良いだろうか。

その要因はイタリア産岩塩…ではなかろう。
チキンブイヨンの他に、食べても気付かなかったけれども
トマトパウダーなんかも使われていて、それも洋風っぽさに影響しているのかも。

ポルチーニも隠れ過ぎず出過ぎずで良い塩梅。
このポルチーニ、我々の食卓には比較的馴染みの薄い食材。
僕は何度か購入して自分で調理する時に用いた事があったから
「おっ、ほんのりポルチーニ効いてるじゃん。」と自然と気付いたけど、
意識的に口にした事がなければ、記憶の中の他のキノコを連想するのかも。

オーソドックスな美味しさの様で、ちょっとだけ違う
安定感と独自性のそれぞれをそれなりに備えたポテチと言えようか。
 
原材料名:馬鈴薯、植物油脂、うま塩シーズニング(ぶどう糖、食塩(イタリア産岩塩94%使用)、チキンブイヨンパウダー、ホタテエキスパウダー、砂糖、トマトパウダー、香辛料、たん白加水分解物、酵母エキスパウダー、ポルチーニパウダー)/調味料(アミノ酸等)、香料、酸味料、甘味料(スクラロース)、(一部に大豆・鶏肉を含む)

芋と油以外の材料をうま塩シーズニングとして
括弧の中に含めるのにどういう意味があるんだろう?

内容量:60g

おしまい。
グルメ
ブログ更新したぜ!
2018/06/01

チップスター スイートコーン&バター味



ベジタブルテイスティなチップスター、2つ目。
スイートコーン&バター味。
DSC_0239_convert_20180531080201.jpg
「スイートコーンを生地に練りこんだ、黄色のチップスター。」

もっと味のアピールは無いのか。

みんなの感想

・普通。
・美味しい。練り込みでも、こっちは違和感無い。
・甘みがファ~。

ファ~じゃねえよ。
「こっちは違和感がない」ってのは、
前回のアスパラ&ベーコンと比べての事。
アスパラを何の味付けも無しに食うことはあまりないが
コーンは茹でたらそのままでも普通に食える。
同様に、ダイレクトに練り込み食材の味がするポテチも
コーンなら抵抗を感じる人が少ない訳だ。

コーンバター食ってる様な味だわ。
というより、コーンポタージュの素を
そのままポテチにした様な味と言った方が良かろうか。
甘いけれど、チョコ味などの甘さを前面に出したポテチより
食べ易い。甘いポテチが苦手な人もこれならイケる人は多そう。
コーンバターを甘くて美味しいと思う人も
甘いものを食べる感覚では食べないと思う。
これも、甘くて美味しいんだけど「甘いポテチ」じゃないというか。

コーンの優しい甘みとバターのコク…
べたなフレーズになってしまうが、本当にそんな味だ。
この商品、味の説明の記載が無いんで
代わりにここで説明してあげた感じ。

原材料名:ポテトフレーク、植物油脂、コーンバター風味シーズニング(ぶどう糖、砂糖、食塩、スイートコーンパウダー(北海道産)、たん白加水分解物、デキストリン、油脂調整粉末、バターパウダー)、スイートコーンパウダー(北海道産)/調味料(アミノ酸等)、香料、クチナシ黄色素、乳化剤、甘味料(スクラロース)、(一部に乳成分・大豆・豚肉を含む)

内容量:50g

おしまい。
グルメ
ブログ更新したぜ!
2018/05/31

チップスター アスパラ&ベーコン味



緑色のチップスター。
アスパラ&ベーコン味。
DSC_0238_convert_20180531080105.jpg
VEGETABLE tasty って書いてある。
「グリーンアスパラガスを生地に練りこんだ、緑のチップスター」

みんなの感想

・野菜の旨味を感じる。
・再現度が凄い。衝撃。美味い。
・ベーコンがファ~。

ファ~じゃねえよ。

再現度っていうか、まあそのものの味だよね、練り込みだからね。
もっとも、僕は最初に頭を過ったのはアスパラじゃなくて枝豆だけど。
アスパラ練り込みだって分かってても枝豆?って思ってしまった。

ポテト、油に次いでアスパラガスペーストが原材料として多い。
ベーコンの味に関しては、ベーコン風味シーズニングが用いられ、
そのシーズニングの中身としてポークエキスパウダーは最後に記載。
やっぱりそれ故か、ベーコンの味よりアスパラの味がグッと前に出てる。

ベーコンがファ~、ねえ。ファァ…くらいでないかねえ。
主観的なオノマトペでどっちが精確かなんて決めようも無いけどね。
ベジタブルテイスティっていうくらいだから、
ベーコンの味がそんなに強くないのも当然なのかも知れない。

アスパラのベーコンで巻いた料理があるけど、
多めのアスパラを薄ーいベーコンで巻いた感じの味だろうか。
これだけアスパラ多めだと、少しは野菜を摂取した気になっても良いのかな?
健康の事を考えてポテチを買うならコレ!って事にはならないだろうけどね。
…健康の事を考えたらまずポテチを選択肢から外そう。

ブルボンのプチシリーズに、サヤエンドウを使ったチップスがあるんだが
それに似た感じもあるな。野菜が嫌いな人はこのチップスターも苦手そう。
そういう、野菜の青い味がある独特な風味のチップスター。
ベーコンが濃厚でアスパラが脇役、なんてのも食べてみたくなった。

原材料名:ポテトフレーク、植物油脂、アスパラガスペースト(北海道産グリーンアスパラガス使用)、ベーコン風味シーズニング(マルトデキストリン、食塩、ぶどう糖、しょうゆパウダー、たん白加水分解物、マルトース、クリーミングパウダー、ブラックペッパー、ポークエキスパウダー)/調味料(アミノ酸等)、着色料(クロレラ末)、香料、乳化剤、酸味料、(一部に小麦・乳成分・大豆・豚肉を含む)

着色料がクロレラとは珍しい。クロレラは藻。こんなところもベジタブル。

内容量:50g

おしまい。
グルメ
ブログ更新したぜ!
2018/04/11

チップスターチョコレート



コンビニで見た見切り品のスナック、チップスターチョコレート。
チップスターだがポテトチップスではなく、
チップスターだが販売は不二家。コラボ商品か。
DSC_0216_convert_20180407204647.jpg
「くちどけのよい焼きチョコレートをなめらかなミルクチョコレートで包み、
 クラッシュしたチップスターをまぶしました。
 歯触りの良い食感と甘じょっぱさがクセになる新しいおいしさです!」

ポテチにチョコをトッピング、或いはコーティングではなく
逆にチョコを砕いたポテチでコーティングってのは珍しいね。

パッケージを開けると、チップスターの豆知識が。
日本初の成型ポテトだとか、名前の由来だとか、
米国産の大きなポテトを使用してるだとか。
それを他社製品で知らされるとは。

皆の感想

・美味しいけどチップスターの味はしない。
・甘さと柔らかさが絶妙。
・最高。

概ね好評。そして僕の感想。
これは、美味い。チョコとポテチのコラボの中でも
今までで最も美味しいかもしれない。
チョコレートはアルフォートとかチョコフレークとか
チョコ以外のサクサクも一緒の奴が好きなのだが、
これはそういったサクサク系チョコの中で
いきなりドーンと上位に押し入った感じだわ。

確かにチップスターの味はあまりしない。
だが、それがいい。甘じょっぱい、とも思えない。
だが、それがいい。チョコポテチの塩気が
余計だと感じる僕の様な人間には丁度良い。
主張が控えめなチップスターだから上手くいったのかな。
チップスターの味はしないけど、チップスターだからこそ、っていう。

また、チョコの柔らかさも良い塩梅。
これがもっと硬かったらチップスターのサクサクを
存分に楽しめなかっただろう。
すぐに口の中でほどけるからこそ、
チップスターの食感とチョコレートのくちどけを同時に感じられる。

これは、かなりの大当たり商品だと思うのだが、
もう季節は春、くちどけの良いチョコはもう売らないだろうし
コラボ商品は大抵その時期限りだし、うーん勿体ない。
チョコ系スナックの新たな定番になりうる出来だと思う。
来冬も是非、癒着じゃなかった、コラボして頂きたい。


グルメ
ブログ更新したぜ!