FC2ブログ
2018/12/25

ポテトチップス ローストチキン メリークリスマスタードソース味


クリスマスなので、クリスマス商品を先回しで紹介。
と言っても25日の夜の時点で機を逸しているけれども。
まあ、どうせ数日は売れ残っているコンビニもあるだろう。
むしろ売り切る為に安売りになっているかも知れない。
ポテトチップス ローストチキン メリークリスマスタードソース味
長い。クリスマス マスタード、ではなく、クリスマスタード。
DSC_0539.jpg

クリスマスのパーティーシーンにぴったりの
ローストチキンにマスタードソースをかけた味わい!
パリッと楽しい食感のポテトチップスでお楽しみください☆


「三択ローストチキン企画」って事で
他にも、じゃがりこ、じゃがビーでローストチキン味が。
三択だと一つだけしか買わない事になるけど、良いのかな?
僕は三つとも買いましたけれども。

「是非パーティ開けで食べてみて!」と記載がありますが、
お断りさせていただきますね。パーティする訳じゃないんで。

みんなの感想
  • めっちゃ美味い。マスタードソース味、良い。
  • ローストチキンという感じがしない。


みんなの感想と言いつつ、二人のみ。
ちなみに、彼は三つの内、このポテチを最も気に入っていた。

チキン感はそれほど強くなくて、
マスタードソースの味の方がメイン。
でも、辛さは殆ど無い。

チキンの風味は多くのポテチで使われているからね、
それらと大きな差別化は難しかったのか、
それともマスタードの風味がチキンの味を覆っちゃったか。

ソースの味が強くて、肉の味なんか関係ない!
みたいになってるソースってありますよね。
ひたすらソースの味で食べる、みたいな。

これも、マスタードソースをたっぷりかけて
その味が口の中にいっぱい広がる感じか。
かと言ってマスタードソースの味も濃厚って訳じゃないですけどね。
チキンもソースもサッパリ目の味。
多人数で摘まむには食べ易い味だろうね。

原材料名:じゃがいも(遺伝子組み換えでない)、植物油脂、デキストリン、食塩、ぶどう糖、たん白加水分解物(大豆を含む)、粉末酢、粉末しょうゆ(小麦を含む)、酵母エキスパウダー、ガーリックパウダー、はちみつパウダー、マスタードパウダー、チキンパウダー/調味料(アミノ酸等)、香料(卵・乳成分・ごまを含む)、酸味料、甘味料(ステビア)、着色料(ウコン)

内容量:105g (大容量!)

おしまい。このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト
2018/11/28

ポテトチップス のりと九州醤油味


数量限定でファミリーマートで売ってた
ポテトチップス のりと九州醤油味
DSC_0521.jpg

南九州ファミリーマート25周年記念商品!

南九州ならではの甘みのある醤油味と、
のりの豊かな風味が楽しめる やみつきになる味わいです。

南九州ファミリーマート25周年って
また随分とピンポイントだな。

みんなの感想
  • 甘いっすね。
  • 好きな味じゃない。
  • 甘みは円やか。醤油味が弱くて物足りない。

甘いわ。思っていた以上に甘い。
九州の醤油を使ったことが無いので、
それがどれだけ甘いのかは知らない。
その甘口と言われる九州でも南に行けば行くほど
醤油も甘いものが使われている傾向にあるそうだが、
こんなに甘いの?嘘でしょ?というくらい甘い。

お菓子の普通の醤油味が単に醤油の味だけじゃなくて
甘みが加えられている様に、九州醤油の味+甘みなのか?
私、正月にお餅を食べる時は、よく砂糖醤油で
食べていたのだけれど、その味を思い出す。
でも、お餅には厚みがあるけれど、ポテチは薄い。
まるでお餅に塗った砂糖醤油をペロペロ舐めている様な味だ。

表記の通りの「甘みのある醤油味」とコクは感じる。
が、それが非常に強くて、海苔は相対的に弱く感じる。
…いや、相対的にじゃないな。海苔の使用量自体が
他ののり塩味や、のり醤油味に比べて少ない様に見える。

パッケージ左上の写真のポテチに付いてる海苔も
少なく見えるでしょう?実際の中身もあんな感じだ。
中央のイメージ写真だと5枚の海苔が皿に盛られているが
それだと海苔を主体に食べるイメージになりませんか?
実際は違うんだな。砂糖醤油ペロペロなんだな。
海苔と醤油の位置は逆の方が実際の味に合っているだろう。

原材料を見ると、焼きのりは九州産100%使用らしいが、
産地にこだわるより、分量をもっと多くしては如何かと思う。
一方の醤油は特に九州産云々の記載は無し。
砂糖を多めに使って九州醤油っぽくしたのかな?
この部分こそ九州産にこだわる所なんじゃないだろうか。

甘みのある海苔醤油味は好きだったのだが、
これは僕には甘過ぎた。のりと九州醤油味というより
砂糖醤油味!そう考えた方がしっくり来るな。
ただ、円やかな甘みで良いって感想もあったから
このくらいの甘さでも良いって人はいるのだろう。
それこそ、南九州の人々には合うのかな?
何にせよもう一つのメイン食材である海苔は控えめ。
こんだけ濃いなら海苔ももっと濃くしろー。

原材料名:じゃがいも(遺伝子組み換えでない)、植物油、砂糖、粉末しょうゆ(小麦・大豆を含む)、食塩、たん白加水分解物、でん粉、焼きのり(九州産のり100%使用)、酵母エキスパウダー、唐辛子/調味料(アミノ酸等)、香料、甘味料(ステビア、甘草)、香辛料抽出

内容量:70g

おしまい。このエントリーをはてなブックマークに追加

2018/11/21

ポテトチップス コンソメトリプルパンチ (2018)


カルビーのポテトチップス。
ポテトチップス コンソメトリプルパンチ
「つぶつぶチキン」は商品名には含まれない模様。
2017年には、コンソメのつぶつぶを足した物が販売されたが
今回は、チキンフレークを使用した「つぶつぶチキン」を使用とのこと。
DSC_0512.jpg
ココが」

「ポテトチップスコンソメパンチ」のコンソメ風味を
3倍にした「コンソメトリプルパンチ」。今年は
”チキンのつぶつぶ”入り!濃厚なおいしさをお楽しみください。


パッケージ写真でも、そのつぶつぶを「ココがうまい!」と
指し示しているのだが(隠れちゃった)、「ココがうまい!」と
言われても、そこだけ味わえる訳じゃない。
そこだけを食べられるほど僕は器用じゃない。
全体で味わうしか無いのだ。ごめんね。

みんなの感想

…は箇条書きする内容じゃなかった。
普通のコンソメ。一様にそう言う。のみ。
違いを感じないと言うのか?
その場で普通のコンソメパンチと比べないと
分かり難いものなのかも知れない。

僕は一応、濃いなと思いましたよ。
インパクトとしてトリプル!かどうかはともかく、
濃厚で美味しい。普通のコンソメパンチのポテチの袋の中で
濃いめに味が付いている奴がデフォルトになっている様な感じ。

チキンの風味が特に強いとは思わなかったな。
元々コンソメパンチにチキンが使われているから
差異を感じにくかっただけかも知れないけれど。
ただ、開封して袋の中の匂いを嗅いだら、めっちゃチキン。
増加したチキンフレークは伊達じゃない。
だから多分、香りを意識して食べたら違うのかも。
僕の中ではコンソメ味っていうのはね、最も
「何も考えずに馬鹿みたいに食う」味だもんで。

去年もコンソメトリプルパンチを記事にしていたので、
当時の感想と比較してみよう。写真無いけど。
みんなの感想は、今回とほぼ一緒。
普通のコンソメパンチよりパンチが無いとまで言われている。
今回はそこまでは言われていない。良かったね。

僕の感想も、当時は「パンチが足りねえ」的な内容。
そこを比べると、今回はしっかり濃厚だと言いきれたので、
それは改良を加えた結果だと言えるのかな?
チキンフレーク増量が、チキン感として印象を残さなくとも
コンソメ風味の濃厚さに大きく寄与したって事か。
ひるがえって、チキンの風味がコンソメパンチの味には
とっても重要だって事かも知れんね。

それにしても、空っぽになった袋の匂い再び嗅いでみると
いやー改めて、めっちゃチキン。フライドチキンの容器かな?
ってくらいにチキン。味はフライドチキンじゃないけど。
あくまでコンソメパンチ(濃いめ)だ。

おしまい。このエントリーをはてなブックマークに追加

2018/11/21

おいしく減塩ポテトチップス 七味にんにく味


カルビーポテトチップスの新シリーズ?なのか?
おいしく減塩ポテトチップス 七味にんにく味
DSC_0496.jpg
この「おいししく減塩」の書かれ方が、
ただのキャッチフレーズなのか、名称に繋がるのか
分からなかったので公式サイトを見たら名称でした。
堅あげポテトの中の堅つまシリーズの様な
普通のポテトチップスの中の小カテゴリーかも知れない。
ただの単発で終わる可能性もあるが。

パッケージ裏には、「おいしく減塩」に関する説明。

うまみ、酸味、スパイスなどをきかせて
おいしく減塩したポテトチップスです。
塩分30%カットだけど、満足できるおいしさ!
いろいろ気にせず、ポテトチップスを楽しめます。


塩分30%カットは、日本食品標準成分表2015年版(七訂)
「ポテトチップス」との比較だそうです。
一袋70g当たりの塩分相当量は0.4g。
これは確かに少ない。

いろいろ気にせず、とは言うが塩分以外にも
気にしようとしたら、それこそ色々気に出来てしまう。
(気に出来てしまうという表現も変だが。)
脂質の量、カロリー数、GI値、AGE…
原材料の産地や製造過程、等々
それら諸条件をクリアするポテトチップスを作ったら
販売価格はいか程になろうか。ちょっと想像が付かない。

ニンニクの旨味にピリッとした七味の辛みを
アクセントにきかせたちょっと大人な味わいです。


にんにくを食べた後の匂いも、気になる色々の一つではあるまいか。
そこは良いのか。ちなみに、にんにくを食べた後は
口の匂いのケアだけでなく、首周りの汗を拭くと良いってよ。

みんなの感想
  • 〇〇(商業施設)の通りの匂いがする。味はニンニク。
  • ニンニクが効いてて美味いっす。
  • すごくニンニクを感じる。

地元のファッションビル前の匂いはともかく、
味はニンニク。何はともあれニンニク、という事の様だ。
開口一番ニンニク。口々にニンニク。他に言う事は無いのか。

そこまでニンニクが強いのかって言うと、
実はそこまででは無い。はずだ。と思う。
少なくとも、ニンニク味を強調したポテチよりは弱いよ。
じゃあ何でそこまで感想としてニンニクばかりが
ピックアップされるかと言えば、塩分が控えめだからかな。

塩味が抑えられていて、それでいて食べ応えはそこそこある。
それでも物足りないって人は居そうではあるが。
辛さも程々。甘味と塩味が強いニンニク味より好きだ。

原材料名:じゃがいも(遺伝子組み換えでない)、植物油、デキストリン、ぶどう糖、赤唐辛子、ガーリックパウダー、食塩、砂糖、たん白加水分解物(大豆を含む)、酵母エキスパウダー、黒すりごま、しょうが、焼きのり、青唐辛子、陳皮、山椒、青のり/調味料(アミノ酸等)、香料、酸味料、甘味料(ステビア)

内容量:70g

おしまい。このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/11/08

ポテトチップス 北海道産ぽろしり使用 昆布しょうゆ味


カルビーの期間限定のポテトチップス、
ポテトチップス 北海道産ぽろしり使用 昆布しょうゆ味
長い。販売期間は短い様だが、名前は長い。
何でも「ぽろしり」というのは、カルビーのグループ会社、
カルビーポテトが開発したじゃがいもなのだそう。
DSC_0492.jpg

病気に強く、たくさん収穫できて味もおいしい、
生産農家や消費者のみなさんに喜んでもらえる品種を作りたい!
そんな想いから10年以上かけて、カルビーポテトが生み出した新品種、
ぽろしり。味もおいしく、見た目もきれいでポテトチップスなどの
じゃがいも加工品に最適です。


それにしても、どうして「ぽろしり」という名前にしたのだろう。
何かエロい連想をしてしまうのは、決して僕の心が
汚れているからではないと思う(清らかであるとは言っていない)。
字面だけ見れば、「ポロリとお尻が」的なイメージが
おぼろげながらも頭に過る人は少なくない筈だ。
平仮名で「ぽろしり」であるが、ついクセでスペースキーで
変換してしまったところ、「ポロ尻」と表示された。
こうなると、もうそのイメージを頭から払拭するのは難しい。
ああ、ぽろしりよ、どうしてお前はぽろしりなのか。

2018年秋、北海道で収穫されたぽろしりのみを使った
ポテトチップスを期間限定でお届けします。
日高産昆布の旨味と香ばしいしょうゆが
ぽろしりとマッチする「昆布しょうゆ味」でお楽しみください。


みんなの感想
  • めっちゃ美味しくて止まらない。
  • 味が薄くて不味い。
  • 良い味。昆布が効いてて体に良さそう。

残念ながら、昆布が効いてても決して体には良くないだろう。
ポテトチップスは体に良くない食べ物の代表みたいなもの。
昆布自体は体に良くても、マイナスの方が大きいんじゃないかな。
私、自覚的に日々、毒を摂取しております、ええ。

味の濃度も決して薄くないと思います。
むしろ、ちょっと濃いめの方なのでは?
これで薄いって、煽りじゃなく、味覚を心配すべき。

ぽろしり故の美味しさとか、昆布しょうゆ味とのマッチ具合とか
正直、分かりません、いつもの事ですが。
食べる前からそうだろうなと思っておりました。
いや、誰だって分かんないってー。普通のじゃがいもだってー。
病気に強くて、たくさん収穫できて、見た目もきれい、
そういう点で農家やポテチのメーカーにとって素晴らしい、
その上で普通に美味しい。それで良いのでしょう。
食べる側にとっては、まあよく分からんよ。

味は、昆布がよく効いております。
以前あったポテトチップス 昆布しお味程では無いけれど。
ちょっとのり塩に似ている感じ。見た目も
昆布のツブツブがのり塩っぽいし。
「あおさ」も原材料として使われているから、
それものり塩っぽさの要因の一つかも知れない。

昆布の他にも、かつおぶしエキスパウダーや
あさりエキスパウダー等の海産の旨味を加えており、
イメージ的にはのり塩に旨味と醤油の風味を加えた感じかな。

ぽろしりが他とどう違うかはともかく、
普通に昆布しょうゆ味として美味しいです。

原材料名:じゃがいも(遺伝子組み換えでない)(北海道産100%使用)、植物油、粉末こんぶ(日高産昆布100%使用)、粉末しょうゆ(小麦・大豆を含む)、食塩、デキストリンん、砂糖、かつおぶしエキスパウダー(魚醤(魚介類)を含む)、あさりエキスパウダー、あおさ、しょうがパウダー、たん白加水分解物、粉末酢/調味料(アミノ酸等)、香料、カラメル色素、甘味料(ステビア)、酸味料

内容量:60g

おしまい。このエントリーをはてなブックマークに追加