2018/01/26

帰ってきた暴君ハバネロ



帰ってきた暴君ハバネロだって。
おかえり。

「2003年誕生当時のウマ辛さ!」だって。
そうかー、15年前に誕生したのか。これを買ったのは2017年だけど。

パッケージ裏の説明文。
「世界を泣かせた激辛・激うまトウガラシ!
 味も香りもハヒハヒなポテトスナック!
 うまさと辛さの絶妙なバランスにやみつきじゃ!」
「誕生当時のウマ辛さが、帰ってきた!
 暴君が復活にごまんえつな今のうちに、おたのしみください!」

今のうち…これを読んでる君たちの周囲ではまだ売っているかい?
僕は心配だ。何にせよ、今の「暴君ハバネロ」と違うなら、
食べ比べねばなるまいね。

皆の感想としては、概ね、「程よく辛くて美味しい」。
大体、一緒なので箇条書きはしないでいいや。

続く。
グルメ
ブログ更新したぜ!
スポンサーサイト
2017/12/16

厚切り 暴君ハバネロ ウマ辛ベーコン味



暴君ハバネロの厚切りバージョンである。
ウマ辛ベーコン味である。
厚切りベーコンとかけてるよなコレ。
うるさくて嫌いだったなあ、あの人。
詰まらないだけなら良いんだけど、一人だけ声のボリュームでかくて
突然あの人がわめき出すときは本当に耳障りだった。

と、ここまで書いてて間違いに気付いた。厚切りジェイソンだった。
厚切りベーコンは普通にただの食べ物じゃん。何もかけてないよ。

「食べごたえ抜群のザクッと食感!
 テキサスをイメージしたベーコン味じゃ!
 肉の旨みを引き立たせたウマ辛濃厚な味わいを食らうがよい!」

皆様の感想

・辛い。不味い。
・ベーコンの味、美味しい。でも辛過ぎ。舌がピリピリする。
・微妙。

やや、不評か。そうかなー、悪くないと思うけれどなあ。
少なくとも、これまでの暴君ハバネロと比べて不味いって事は無いんじゃ。
テキサスらしいかどうかは知らんが、ベーコンみたいな味がじわーっと来て、
かつ、そこにピリッピリの唐辛子の刺激が襲う。
この唐辛子のピリッピリがなかなか強め。
遅効性のじんわりとした旨みと即効性の辛みが時間差でやってくるぞ。
肉の旨味を引き立たせているかどうかは知らんが、
別々の美味しさがワンセットになっていて美味いって感じだ。
…何が微妙なんだろ?…何処を不味いと感じたんだろう?
よくあるベーコン味、プラス唐辛子っていう、奇を衒わない味だと思うけどな。


グルメ
ブログ更新したぜ!
2017/12/08

ポテチョ バターしょうゆ味



こんがり焼いたポテトチップス、ポテチョ。
ポテチ3。ではない。斜めから見ると「ポテチ」に見えて
最初に見た時、なんて大雑把な商品名なんだと思った。

「「ポテチョ」は、こんがりと焼かれたポテトの香ばしさと
 パリッとした食感が楽しめる、ノンフライポテトチップスです。」

ヘルシー志向でノンフライなのかな、と思ったけど原材料は普通に
ポテトの次に植物油脂が多いし、カロリーも他と大きく変わらない様だ。
単に食感への拘り故のノンフライなのかもしれない。
でも、もしかしたら油の酸化具合や、AGEは少なかったりして。知らんけど。

「香ばしい醤油の風味に、バターのコクとまろやかさを加え、
 香ばしい香りがたまらない「バターしょうゆ味」に仕上げました。」

そんなに香ばしいって言いたいのか。3回も香ばしいって言っている。
どんだけ香ばしいんだ。ていうか、ポテト自体の香ばしさを売りにするのも珍しい。

とりあえず皆様の感想

・焦がし醤油みたいで、後からバターが来る。10点中5点。普通。
・食感は好き。愛している。バターの香りはするけれど、味は塩バターみたい。
・食べ易くて美味しい。
・「おっとっと」みたい。

食感は僕も好きだわ。すごく良い。ポテチの中でも特に良いわ。
ナンバーワン、と言って良いかは迷うが、そう言いたくなるくらい食感は素敵。
食感が良いだけで味が何割か増しで美味しく感じる気がする。
その味も美味しいと思う。多分、食感込みでの割り増しでの印象。
確かにバターよりも醤油が先に来るね。バターは控えめで、焼いているから
ちょっと煎餅を連想するような、しないような。

と思ってたところで。「おっとっと」みたいという感想が。
それだ!これ、おっとっとだ!おっとっとの、平べったくて少し硬いポテトバージョン!
形も硬さも素材も別だからやっぱ、おっとっとじゃ無いじゃん。
と書いてて思ったが、でも食べた感じはおっとっとに近いんだな。
薄くて中に空洞が少しできているから、そう感じるのかな。

ともかく、この食感は試してみる価値はあると思うのだ。
香ばしさ?食感に意識が行ってて忘れてたぜ。
ちゃんとあると思いますよ、香ばしさ。3回も言う程かは分からないけれど。

原材料名:感想ポテト(遺伝子組み換えでない)、植物油脂、澱粉、ショートニング、ブドウ糖、粉末醤油、デキストリン、食塩、バターパウダー、脱脂粉乳、たんぱく加水分解物、香辛料、トレハロース、調味料(アミノ酸等)、加工澱粉、乳化剤、香料、甘味料(スクラロース)、炭酸Ca、(原材料の一部に小麦を含む)

内容量:62g

おしまい。
グルメ
ブログ更新したぜ!
2017/11/15

暴君ハバネロ 暴チップス・激辛トムヤムクン味



パクチー練り込みの暴君ハバネロ、激辛トムヤムクン味。
何かを練り込むの好きだね、ハバネロ君は。

皆様の感想は、よく覚えてないけれど(よくない)、
大体、辛い、美味い、そんなとこであった。
カップヌードルのトムヤムクンヌードルの味だ!って感想もあった。
ジャンクフードでトムヤムクン味にしたら、大体一緒の味になるのかね。
ググったら検索候補に「トムヤムクンヌードル まずい」って出てきちゃったけど。

僕の感想。食べたのがしばらく前だからよく覚えてないけれど(よくない)、
暴君ハバネロの暴チップスの中では一番好き。美味しかった。
辛いポテチの中でも好きな方だな。
酸味があるから、オーソドックスなホットチリ系とは別の美味しさとして。
パクチーはそんなに感じない。感じなかった…気がする。
練り込みだとね、あまり舌に触れないからね。
よく噛んだら感じるのかも。

おしまい。
グルメ
ブログ更新したぜ!
2017/10/21

暴君ハバネロ 暴チップス・激辛餃子味



「ニンニク粒練りこみのポテトチップスじゃ!」という
暴君ハバネロの辛い餃子味のポテトチップス。

とりあえず皆様の感想メモ

・めっちゃ辛い
・後から美味くなってくる
・ニンニク別に感じない

そして詳細は後日。

では、自分の感想を述べます。
ニンニクは確かに、練り込んでる割には感じない。
というか、練り込んでいるせいで、表面には少なく
舌で味を感じにくいのではないか。
餃子味と言うか、ラー油味って感じがする。
乾燥ポテトを使ってるお陰なのか、
餃子の皮を連想する味もしくは食感ではある。
カリカリになってる部分の事ね。

餃子味と言うなら、もっと肉の味や野菜の味も
前面に出ていたら良かったのではと思う。
辛さはいつも通り、なかなかの辛さ。

原材料:乾燥ポテト(遺伝子組み換えでない)、植物油脂、澱粉、砂糖、マーガリン、ガーリックパウダー、食塩、赤唐辛子、ごま、粉末醤油、オニオンパウダー、ポークエキスパウダー、粉末油脂、香味油、ホワイトペッパー、ブドウ糖、ジンジャーパウダー、たんぱく加水分解物、赤唐辛子ペースト、デキストリン、チキンパウダー、乳糖、パプリカパウダー、クミンパウダー、加工澱粉、乳化剤、調味料(アミノ酸等)、香料、炭酸Ca、酸味料、香辛料抽出物、甘味料(スクラロース)、カロチノイド色素、カラメル色素、(原材料の一部に卵、小麦を含む)

内容量:58g

おしまい。
グルメ
ブログ更新したぜ!