FC2ブログ
2018/08/08

MKビーフ 四川風麻婆味

  • ブログランキングならblogram
  • マツモトキヨシ限定のヤマヨシのMKビーフ四川風麻婆味。
    「マジ辛い」でMK。M=マツモト、K=キヨシともかかっているとようやく気付いた。
    マツモトキヨシでヤマヨシ。ちょっとややこしい。
    この、マツモトキヨシ限定のMKビーフは復刻MKビーフなるものがあったが、
    男気HOTチリビーフと全く同じという疑惑があった。
    今回の四川風麻婆味はちゃんと新しい味なのだろうか。
    少なくとも、僕は過去にヤマヨシから発売された麻婆味のポテチを知らない。
    DSC_0410_convert_20180808075254.jpg

    唐辛子&花椒が効いてマジで辛い!!!
    一度食べたらハマっちゃう!?


    近頃は花椒がポテチの業界で流行ってるのかな?
    シビれスティックカラムーチョ 椒辣辛味噌も、辛くてシビれる担々麺味も、
    花椒を使った痺れる味だった。あ、後者は同じヤマヨシだったか。
    オー・ザックでも麻辣辣油味が出ている(後日、記事にします)。
    一言、花椒を効かせた味と言っても、それぞれに味の個性は異なるのだ。

    みんなの感想
    • 最初はビーフの味で後からジワジワ来る。
    • 美味しいけど、辛い!
    • これは美味しい辛さ。麻婆の味かは分からないけど。
     
    辛いわ。これもなかなか辛いポテチだ。
    だけど以前の復刻MKビーフ程じゃなかった。
    あれは言わば、メーターが一気に辛さに振り切っている様な味。
    こちらは、花椒を効かせた分だけ唐辛子は抑えたのだろう。
    花椒の痺れる様な刺激は唐辛子の辛さとは違う種類の刺激なので
    辛味の強さ自体は復刻MKビーフや男気HOTチリビーフやメラメラ。より弱い。
    というか、この3つはほぼ一緒なんですけどね。

    花椒を使ったポテチ上記の2つと比べると、刺激の強さは
    シビれカラムーチョ>MKビーフ麻婆>担々麺味の順。

    シビれカラムーチョは、本当にビリッビリで、その刺激の強さが印象的だった。
    担々麺味は、刺激は控えめで担々麺のスープの味の再現に主眼があった感じ。
    このMKビーフはその中間に位置する刺激の強さ。
    そして僕にはこれが丁度良い。
    刺激が強すぎて他の味に意識が行かないのでもなく、
    刺激が弱くて物足りない事もなく、刺激を感じつつ、旨い。

    麻婆の味かっていうと僕にもよく分からんが、
    そもそも本格的な四川風の味を分かっていない。
    分かっていないが、本格的な麻婆豆腐ではカリカリに炒めた牛肉を
    使って作る物だそうなので、ビーフを効かせたMKビーフで
    再現するには合っているのだろう。

    ちなみに麻婆は元々中国ではマーーと読むのだそうだ。
    …ビビンがビビンで広まっちゃったりアボドをアボドと読んじゃったり
    バッとバッをゴッチャにしたりと、
    日本人は外来語の濁音・半濁音を間違えやすい修正があるのだろうか。

    とても辛くて、辛いだけじゃなくて風味豊か。美味しいです。
    マツキヨ限定です。ウェルシアやクスリのアオキには無いので注意だぞ。

    原材料名:馬鈴薯(遺伝子組み換えでない)、植物油脂、ぶどう糖、砂糖、食塩、唐辛子、粉末味噌(大豆を含む)、デキストリン、花椒、ブラックペッパー、酵母エキスパウダー、フェンネル、クローブ、ビーフパウダー(小麦・鶏肉・豚肉を含む)/調味料(アミノ酸等)、香料(ごま由来)、香辛料抽出物、酸味料、パプリカ色素

    フェンネル、クローブというポテチの原材料ではあまり見かけないハーブの名前が。
    きっと、こいつらが風味の豊かさに一役買っているのだ。多分ね。

    内容量:50g

    おしまい。このエントリーをはてなブックマークに追加
    スポンサーサイト
    2018/08/04

    辛くてシビれる担々麺味

    ブログランキングならblogram
    シビれスティックカラムーチョ 椒辣辛味噌 は非常にシビれる味だった。
    ここで言う「シビれる」は魅了される、胸を打たれるという意味ではなく
    本当に舌が痺れるという意味。
    今回、紹介するポテチも「辛くてシビれる担々麺味」でシビれアピール。
    漢字で「痺れる」と書かないのは太字のフォントじゃ無理なのかな?
    それとも購入する層の漢字力を舐めているのかな?
    DSC_0398_convert_20180804090454.jpg

    ”唐辛子と花椒”のシビれる辛さが特徴の担々麺の味わいです。
    辛いだけでなく、旨味が後引くやみつきになる美味しさです。
    是非ご賞味ください。


    みんなの感想
    • 丸美屋のふりかけのすき焼き味みたい。
    • 給食で食べたビビンパみたい。
    • ケーキみたいな味。

    様々な「〇〇みたい」という感想があったが、おい、最後!
    流石にケーキは無いだろケーキは…。確かに甘みもあるんだけどさ。
    何をしてケーキを連想したのかさっぱり分からない。
    正直、こういうヘンテコな感想は大歓迎である。
    美味しい。おわり。っていうのより、よっぽど面白いよ。
    ただ、担々麺味のポテチを食べて、ケーキみたいと言う人は
    100人に1人も、いや1000人に1人も居ないと思う。
    それとも世の中には担々麺味のケーキがあるのか?

    ビビンパは、辛味と味噌が共通しているから、まあ分かる。
    すき焼き味のふりかけは知らないけど、ケーキよりはずっと近かろう。
    僕はですね、「担々麺みたいだな」と思いました(そのまんま)。
    花椒と唐辛子の効いたスープが絡んだ挽肉を食べた時のあの味だ。

    シビれカラムーチョに比べると、痺れも辛味もずっとマイルド。
    あっちは、最初から最後までビリッビリだったが
    こちらは後味にビリっとくるくらいだ。食べ易いが、
    あの痺れる感覚がたまらないんだよーって人には物足りなかろう。

    担々麺の味の再現としては上々。僕の中では
    元々、担々麺の味自体がちょっとお菓子っぽいイメージなのだけど
    (この感覚、分かるだろうか?)それ故か、ポテトチップスという
    ジャンクフードとして凄く馴染んだ味に感じられる。

    カラムーチョが強烈な刺激を求める人向けなら、
    こちらはチョイ辛のオーソドックスな美味しさだ。
    「やり過ぎ」「やらかし」はどちらかというとヤマヨシのお家芸ではないのか。
    違うのか。「辛くてシビれる」をあんなに大文字で強調する割には…って感じ。
    普通に「担々麺味」を真ん中に大きく、で良かったじゃん。
    その方がパッケージの印象と実際の味が合致しますよ。

    原材料名:馬鈴薯(遺伝子組み換えでない)、植物油脂(ごまを含む)、砂糖、粉末油脂(小麦を含む)、たん白加水分解物、食塩、花椒、ガーリック、デキストリン、香味油、唐辛子/調味料(アミノ酸等)、香料(乳由来)、酸味料、香辛料抽出物、パプリカ色素、甘味料(ステビア)

    内容量:62g

    おしまい。このエントリーをはてなブックマークに追加
    2018/07/31

    すぅ~っ。

    ブログランキングならblogram
    メラメラ。と一緒に並んでいたポテトチップス。すぅ~っ。
    DSC_0361_convert_20180731072457.jpg
    あともう一つ、緑色のパッケージで「ツーン。」だか何だかあるらしいのだが、
    何故かそれは何処の店でも見かけなかった。
    まるで「メラメラ。」と「すぅ~っ。」で一対の組み合わせであるかの様。
    ま、大した話ではない。全ては小さな事。鮮やかに輝く緑。夢は叶う。

    「メラメラ。」が激辛なら、きっと、「ツーン。」も、わさビーフのビーフ抜きだろう。
    つまり「わさ」だ。名前も「ツーン。」より「わさ」にした方が面白いと思う。
    で、今回の「す~っ。」は、ひたすら酸っぱいのかな?
    ミント味だったら嫌だなあ…。

    みんなの感想

    ・ガーリックが効いてて美味い。
    ・物凄く酸っぱい!
    ・すぅ~っじゃなくて、すっぱ~いでしょ。リピートしたい味じゃない。

    予想通り、酸っぱい「す~っ」だった。
    「すぅ~っじゃなくて、すっぱ~いでしょ。」って身も蓋も無い事を。
    ともかく、ミントのスースーじゃなくて良かった…。
    と言いつつ、スースーするポテチもちょっと食べてみたい気も。

    メラメラ。は常軌を逸した辛さだったが、
    こちらは常軌を逸した酸味という訳では無かった。
    一応、強めの酸味ではあるが常軌を逸してはいない。
    酸味の強さではすっぱムーチョSTRONG スプラッシュビネガー味の方が勝っていた。

    この「すぅ~っ。」はビネガーではなく柑橘系。
    レモンの味がベースにあるのだが、陳皮(みかんの皮)パウダーも入って
    良い感じ(?)に何の味かボヤけている。
    「レモン味」じゃなくて、あくまで「すぅ~っ」ですからね。

    また、メラメラ。が他の風味よりも辛さだけに突出していたのと異なり
    ガーリックの風味が味に広がりを持たせている。
    ポテチにガーリックってのは定番中の定番だけど
    酸っぱい味にガーリックを効かせるのは珍しい。
    それが良い仕事をしているし、独自性にもなっていると思う。

    食べ続けていると、黒胡椒の辛味も少し口に残る。
    それが美味しさにはなっているけれど、
    「すぅ~っ」というイメージからは離れていないか?

    という訳で、メラメラと対の様な顔をしていながら
    同じだけのやり過ぎ感は無かった。同じである必要は無いんだけどね。
    「※層状以上に刺激的な場合がございます。」の注意書きは肩透かしに終わった。
    物足りない人は、薬局で粉末のクエン酸を購入して、ティースプーンに1杯
    ポテチの袋に入れてシャカシャカしてみよう。とんでもない酸っぱさになるぞ。

    以前、同じヤマヨシからクリームソーダ味というフザけたポテチが出ていた。
    食べるとシュワシュワ感がある類まれなポテチだったが、
    強い酸味にこのシュワシュワを組み合わせたら面白いと思う。
    是非、ヤマヨシさんにはやらかして頂きたい。

    原材料名:馬鈴薯(遺伝子組み換えでない)、植物油脂、砂糖、食塩、コーンスターチ、ガーリックパウダー(大豆を含む)、陳皮パウダー、黒胡椒、酵母エキスパウダー、デキストリン、香味油(小麦を含む)、レモンパウダー/調味料(アミノ酸等)、酸味料、香料(乳由来)、香辛料抽出物

    内容量:60g

    おしまい。このエントリーをはてなブックマークに追加

    2018/07/27

    塩あずき味



    ヤマヨシから発売のポテトチップス、塩あずき味。
    またお得意の奇を衒(てら)った風変わりの味を…。
    パッケージの真ん中に大きく
    やして食べる!?」の文字が。
    DSC_0392_convert_20180727083122.jpg
    脇には「井村屋監修」の文字と、あずきバーのイラスト。
    それならもう、あずきバー味で良くね?

    あずきバー誕生秘話
    1973年に発売された「あずきバー」は
    「井村屋が得意とするぜんざいを固めて、アイスにできないか」
    との発想から、あずきバーの商品開発がスタートしましたが、
    実はそれほど簡単ではなく、液体より重いあずきの粒がどうしても
    沈んでしまうなどの難題がありました。工夫に工夫を重ね、
    1本に約100粒のあずきが均等に入った「あずきバー」を作ることに成功!
    今では井村屋を代表するロングセラー商品に成長しました。。


    …長い引用になっちゃった。確かに、井村屋と言ったら
    まず「あずきバー」が思い浮かびますね。
    というか、ポテトチップスの説明は無いんかーい。
    あずきバー自体の誕生秘話より、何故それを
    ポテトチップスの味にする事にしたのかの経緯を知りたいところ。
    だがきっと、ヤマヨシの事だ。深い考えなんて無いのだろう。無いはずだ。
    これが平常運転である。他社とのコラボもポンポンやる
    フットワークの軽さも魅力(?)の一つかもしれない。

    これだけ大きく「冷やして食べる」と書かれたら、
    それが公式お勧めの食べ方なのだろう。何で冷やすのに赤い文字なんだ、
    という疑問と、文末の「?」マークに煮え切らない物を感じるが。
    冷蔵庫にしばらく入れておいて、冷えた状態で数人に食べてもらった。

    みんなの感想

    ・微妙。あずき好きなので美味しい。
    さつまりこの大学いも味みたいな味。
    ・あずきバーより美味い。

    もっとゲテモノ扱いかなと思ったんだけど(←失礼)、
    意外と好評だったのだ。多分、人によっては不味いって言う気がする。
    そして、微妙と言いながら美味しいって、どっちだよっていうね。
    さつまりこは、あー言われてみればって感じ。

    思ったより甘くなかったです。これは、冷やしたせいかも知れない。
    冷たいと甘みを感じにくくなるので、実際に含まれている甘みの成分の割に
    舌では甘いと感じないのであろう。その分、塩気を感じる。
    普通のしょっぱいポテチ寄りの味ですらある。
    名称は「塩あずき味」なのだから合ってはいるのだが、
    あずきバーのイメージで食べたら、甘みが足りないって感じると思う。
    半端に甘いというか、もっと甘さに振り切ってくれた方が個人的には良かった。

    と、これは冷蔵庫で冷やした状態での感想。
    いったん軽く封を閉じて、時間をおいて常温でも食べてみよう。
    あほがお
    袋から漂う、あんこの甘い香り…。
    常温に戻ったポテチを口に運ぶ。

    甘い!

    当然の帰結ではあるが、冷たい時より甘い。ちゃんと甘い。
    …こっちの方が断然、美味しいような?
    少なくとも、この食べ方の方があずきバーの味には近い。
    「冷やして食べる!?」の文末の「?」は、そういう事?
    実はお勧めじゃありませんでした!?
    社内でも意見が分かれました?

    冷蔵庫で冷やしたところでポテチじゃ清涼感はたかが知れているし、
    なんで冷やして食べさせようとするのか。トラップなのか。
    だが食べ終わってから一つの可能性が頭を過る。まさか、冷やして食べるって、冷凍?

    これは盲点だったわ。というか、もしそうなら書いておかなきゃね。
    あずきバー誕生秘話でスペース埋めている場合じゃない。
    そうでなくても、いずれにせよ食べ方の説明は欲しかったぜよ…。

    僕としては、冷蔵はやるだけ無駄、
    わざわざ手間をかけて味を落とす必要は無い。と言ってしまおう。
    あえてやるなら、いっそ冷凍しえしまえ!
    どんなんになるかは知らないけど。

    一応、比較対象として食べた、あずきバー。
    DSC_0395_convert_20180727083153.jpg
    あずきバーより美味しいとは思わなかった。
    常温で食べるなら、甘いポテチとしては美味しい。
    そしてそれはもう、アイスである あずきバーとは別々の美味しさだ。

    原材料名:馬鈴薯(遺伝子組み換えでない)、植物油脂、グラニュー糖、食塩、加工黒糖、こしあんパウダー、酵母エキスパウダー、酒粕パウダー、デキストリン/香料、甘味料(ステビア、カンゾウ)

    原材料は結構シンプル。

    内容量:48g

    一応、あずきバーも。
    原材料名:砂糖、小豆、水あめ、コーンスターチ(遺伝子組み換えでない)、食塩

    シンプル。

    おしまい。

    2018/07/19

    メラメラ。



    メラメラ。
    と真っ赤な背景に白抜き文字で書かれたパッケージ。
    ヤマヨシから発売された謎のポテトチップス。
    DSC_0362_convert_20180719080849.jpg
    セブンイレブン限定だったかな。

    メラメラ。ってどんな味!?
    この言葉から、あなたならどんな味をイメージしますか!?
    食べればわかる、食べるまでわからない
    新しいポテトチップス体験をお楽しみください!


    前にレンタルビデオショップでそんな企画あったよね。
    タイトルとパッケージ画像を伏せた状態で並んでて、
    短いイメージの説明文だけで見るまで何の作品か分からないってヤツ。
    面白い発想だとは思うけど、借りてみたら以前に見た事ある物だったって
    事になったらガッカリだし、そういう時はどうしたんだろ。

    その点、このポテチは完全な新商品だから安心だ。
    メラメラ。この言葉から、どんな味をイメージするか。
    そりゃ「辛い」以外に無かろう。メラメラは火が燃える擬態語。
    パッケージも赤いし。英語じゃ辛い事をHOTと言うし。
    問題はどれだけ辛いかだ。真っ赤なパッケージに大きく「メラメラ。」
    チョイ辛程度という事もありうるが、とんでもない激辛でも不思議じゃない。
    あの悪ふざけの得意なヤマヨシのする事だから
    常軌を逸した辛さを仕掛けてくる恐れは十二分にある。

    みんなの感想

    ・ヤバい。今までで一番辛い。
    ・美味しいね。後からピリピリ来る。…辛っ!!
    ・これは「美味しい」と言える範疇を超えている。

    やっぱり激辛で来やがったか。
    ただ、今までで一番辛いと言いうるかと言うとそこまで…

    辛っ!!やっぱ辛い!辛い!
    辛いです。断トツと言って良いかは分からない、断言はしないが
    トップクラスの辛さとは言えよう。
    過去にあった激辛で印象で近いのは男気HOTチリビーフ復刻MKビーフ
    どっちもヤマヨシ。…常習犯ですね。もはや激辛ポテチはヤマヨシの独擅場。
    過去のどちらの記事でも、皆が皆、辛い辛い言ってる。僕も言ってる。
    というか、この2つは中身が一緒と言う疑惑が…。

    その過去の2つとの大きな違いは、〇〇ビーフじゃないって事。
    実際、ひたすら辛さばっかりが舌を襲う様な味だ。
    ストレートに辛さだけを剛速球でぶつけて来る様な。
    もしかしたら辛さ以外の風味も他のホットチリ系と同程度にあるのかも知れない。
    口に入れた最初の瞬間だけはそれを感じる。
    だが、その直後に辛さだけが一気に飛び抜けて、突き刺さる。

    辛い料理で、香辛料を多めに使って激辛ではあるけれども
    その複雑な旨みも豊かで美味しいっていう物があるが、これはそういうんじゃない。
    辛さ以外の事は気にしちゃいない。むしろ、わざと抑えているんじゃないかと。
    だって、辛いを超えてもう、痛いし。

    メラメラ?メラメラどころじゃねーわ。
    そんな生温いもんじゃない。メラミ。いや、ギラギラ。

    ふと思った。ドラゴンクエストとコラボして、呪文の名前のポテチ出したら面白そうだ。
    「ポテトチップス ベギラマ」。全面オレンジのパッケージに大きく「ベギラマ」。
    うん、これは売れそうではあるまいか。
    ※ベギラマというのは、ゲーム・ドラゴンクエストの世界に登場する、炎で敵を焼いちゃう魔法の事。

    結論:メラメラ。はメラメラなんてもんじゃない。

    原材料名:馬鈴薯(遺伝子組み換えでない)、植物油脂、食塩、たん白加水分解物(大豆・鶏肉・豚肉を含む)、砂糖、ガーリック、オニオン、唐辛子、粉末醤油(小麦を含む)、乾燥野菜、ホワイトペッパー、オリゴ糖、酵母エキスパウダー、デキストリン、香味油、肉エキスパウダー(牛肉を含む)/調味料(アミノ酸等)、香辛料抽出物、パプリカ色素、酸味料、甘味料(ステビア)

    物凄く辛いのに、唐辛子は記載順序はそんなに上じゃないんだな。
    そして、肉エキスパウダー(牛肉を含む)って部分にヤマヨシ感。
    …ってコレ、男気HOTチリビーフや復刻MKビーフと原材料ほぼ一緒じゃねーか!
    違うのは、ビーフパウダーじゃなくて、肉エキスパウダー(牛肉を含む)になってる点のみ。

    もしこれが、同じパウダーならパッケージを変えただけ、
    別のパウダーなら、本当にビーフ感を抜いたんだな…って事になる。
    栄養成分表示で各成分を1g辺りで換算すると、少し数字が違ってくるので
    恐らく、そこは少し変化を加えているのだろう。

    今一度、結論: メラメラ。≒男気HOTチリビーフ=復刻MKビーフ。

    内容量:60g

    おしまい。