FC2ブログ
2018/11/02

スモーキーポテトミックス


ポテチの紹介が全く追いついていないと言うのに、
今回ご紹介するのはスモーキーポテトミックス
ファミリーマートでよく見かけたな。
DSC_0445.jpg
4種のおいもミックスとありますが、その4種とは
タロイモ、さつまいも、紫芋、オレンジさつまいも。
じゃが芋は入っておりませんので、そういう意味での
ポテトチップスではありませんね。
紫芋もさつまいもなので、3/4がさつまいもである。
ちなみにオレンジさつまいものオレンジ色はカロテンの色、
紫芋の紫色はポリフェノールのアントシアニンの色だそうだ。

究極に薄くスライスした4種のおいもを
さくさくのチップスにして、スモークバーベキュー味に仕上げました。
スパイスをきかせて燻製風に仕上げたチップスは、
食べ始めるととまらない、やみつきな味わいです。


ちなみに、タロイモはサトイモを含むサトイモ科の植物。
分類としてタロイモの品種の一つにサトイモがあるって事ですね。
そのタロイモはサトイモ科。こんがらがるわい。

みんなの感想
  • スモーク感あって味は好きだが、湿気た様な食感。
  • 美味しいね。野菜チップスみたい。
  • スモーク感あんまりない。

スモーク感は、あります。むしろ強い方だと思うんだけど。
湿気た様な食感と言われても、決して湿気た状態で
食べさせた訳ではございません。湿気てるっぽいかぁ…。
パリパリ食感には違いないんだけどね。

また、他のさつまいもチップスに比べて確かに薄切り。
究極に薄くしたとは書いてあるけれど、食べている時の
感覚だと普通のポテトチップスと大きく違いはない。

さつまいもが、じゃが芋より繊維質が多いからなのか、
噛んでもすぐに解れず唾液で濡れたまま残る感じが
湿気た様な食感に思わせたのかも知れない。
ここで言う「すぐに解れず唾液で濡れたまま残る感じ」は
普通のポテトチップスと意識して比較した時の
ごく僅かな差を表現したもので、意識しなければ
特に気になる様なものではありません。
もしかしたら、タロイモのサトイモと同様のヌメリ成分も
この湿気た感じの一因になっているのかも知れない。

タロイモ、さつまいもは極薄にしてやっと
ポテチと似たパリパリに出来るという事かな?
4種の違いはよく分かりませんでした。
というか、全て食べ終わってから
「しまった!4種を分けて食べ比べれば良かった!」
と後悔。ま、大きな違いは無いとは言えるでしょう。
4種ある分だけ違いを楽しみながら食べるのではなく、
単一のスナックを淡々と食べてる感覚で完食。

味は、ややアッサリ目の味付けだろうか。
60g当たりの塩分相当量が0.4gで、
これは塩分が結構控えめと言えます。
いわゆるバーベキュー味が濃くないからか、
その分だけスモーク感をハッキリ感じる。
おいもの素材を味わえる味付けだが、
他のさつまいもチップスみたいに甘くはない。
あくまでスモーク感のあるバーベキュー味の下地に
ほんのりと淡い甘みがあるかな?くらい。

甘くなくて薄切りパリパリのさつまいも、悪くない。
塩味、コンソメ味、ホットチリ味なんてあっても良さそう。

原材料名:タロイモ、さつまいも、紫芋、オレンジさつまいも、植物油、スモークバーベキューシーズニング/調味料(アミノ酸等)、香料、微粒二酸化ケイ素、酸味料、(一部に小麦・大豆を含む)

内容量:60g

おしまい。このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト
2018/03/21

国産鶏サラダチキン カラムーチョ



ファミリーマートで売ってたサラダチキン。

そうですね。賞味期限がアレですね。
これも数か月前の話ですスミマセン。

小池屋監修との事でカラムーチョの味が再現されてるのかと
思って買って食べてみました。これは皆とシェアしませんでした。

カラムーチョって言うより、キムチ味っぽいなと思いました。以上。

DSC_0120_convert_20180321033127.jpg

グルメ
ブログ更新したぜ!
2018/01/25

さつかるま



コンビニの「商品入れ替えのため値引き」のコーナーで見つけた奴だぜ。
かるさつま。

何だか失敗したゆるキャラの様な、
或いはゲームの序盤に出てくる雑魚キャラみたいな、
可愛げの無いキャラクターが描かれている。
いや、一応「キモ可愛い」の範疇に入るのかも知れない。

「中が空洞だから、サクサク食感!」
「生地に紫いもパウダーをミックスして焼き上げました。
 ほんのり香る、紫いものおいしさをお楽しみください。」

販売はポッキーとプリッツでお馴染みのグリコ。
ポテトが主体のスナックだと思って買ったんだけれども、
今一度、原材料を見たら小麦粉が主体だったわー。
パッと見で、左上の「乾燥ポテト」の文字が目に飛び込んできて
よく確認しないで買っちまったぜ。小麦粉かー、ほぼプリッツじゃねーか。
まあ、今年の大河ドラマは西郷どん、薩摩藩出身の人物が主人公だし
同じさつまって事で取り上げても良いだろ。(適当。買ったのは去年。)

皆の感想

・何だこれ。変な味。
・芋が強すぎ。
・飽きが来そうだけど美味しい。
・私は好き。

とまあ、分かれました。
僕は、美味しいと思いましたよ。
見た目がプリッツに近いと、しょっぱいお菓子のイメージになって、
それで食べた時のギャップで抵抗が大きくなるのかなとは思った。
「さつまいも」を使ったスナックってどれも、自然な仄かな甘みが
味のメインになってるし、そういうつもりで食べれば良いんだ。
それで、さつまいものスナックがそもそも好きじゃないなら、
低い評価になってもそれは仕方ない。食べさせた僕が悪い。ごめんね。

さつまいもスナックがアリなら、これは結構、美味しい方なんじゃなかろうか。
中が空洞である事による食感の軽さ、さつまいもチップスと違って
小麦粉やじゃが芋も使われている事による(であろう)味の軽さ、
これが食べ易さに繋がってるのか、プリッツを食べ進める感覚で
どんどん食べちゃうのだ。プリッツじゃねーか。
いや、甘いからポッキーか。ん?甘いプリッツもあったっけか。
でも、それよりはポッキー食ってる感ある。チョコくらいの甘さあるからね。
飽きが来そう、って感想もあったけど、来る前に食べ終わりそうだ。少ないし。

原材料:小麦粉、植物油脂、乾燥ポテトいで(遺伝子組み換えでない)、でん粉、紫いもパウダー、砂糖、食塩/トレハロース、調味料(アミノ酸等)、香料、乳化剤、甘味料(スクラロース)、酸味料、(一部に乳成分・小麦・大豆を含む)

内容量:36g

おしまい。
グルメ
ブログ更新したぜ!
2017/06/26

種子島産 安納芋チップス



ここまできたら、サツマイモのチップスは目に付いたら購入して記事にしてやる。
わざわざ探しはしないけれど。ポテチの新作がチョコチョコと出るようになってきたので
サツマイモ系をこうも続けて取り上げるのは、ここら辺でお終いかな。
DSC_0013_unknown.jpg
「種子島産安納芋のみを使用。素材の甘みにこだわりました。」
ローソンで売ってたローソンのPB商品。製造はカルビー。
共同開発とは書いていないが、ローソンファームの安納芋を使用しているんだって。

安納芋。甘味としっとりとした食感が特徴のサツマイモ。
unknown芋ではなく、あんのういも。
「あんおういも」で変換してもしっかり「安納芋」と表示される。
他のサツマイモに比べて甘いのはショ糖が多いから。
しっとりとした食感の理由は多糖類が多いから。
揚げちゃったら「しっとり」は関係なくなっちゃうけどね。

開封。…少な!そもそもの商品の袋自体が小さいけれど、
その中もスペースがいっぱい。10枚くらいしか入っていないんじゃないか。
と思って数えてみる。大小、合わせて実際に10枚だけだった。
それプラス割れた欠片が幾つか。一枚が分厚いってのもあるけれどね。
でも、これはすぐ食べ終わっちゃうな。内容量は27gだから、こんなもんか。

味は、おお、しっかり甘い。今まで食べて来たサツマイモのチップスは
味が薄い味気ないって感想が殆ど。甘さを強く感じたのは表面の砂糖が多めのヤツ
この安納芋チップスは、芋と油オンリーで、安納芋を揚げただけなのだが
それでしっかりと満足できる味になっていると思う。
素材の味で満足する、って意味ではサツマイモ系では一番かも知れないね、今のところ。

同じカルビーの同じサツマイモのみの「おさつビー」より満足度は高かったぞ。
まあ、割高ではあるよね。値段?忘れた。ごめんね。ローソンに行けば分かるよ。
もしくは公式サイトにあるかな?

他の人の感想
・甘くて美味しい。
この人も、他のサツマイモ系で薄いって言ってた人。

ローソンのPBではオリーブオイルで揚げたポテトチップスも美味かった。
「ナチュラルローソン」のマークが付いた奴はアタリが多いのかな?
まだ2しか試してないけれど。というか芋を使った奴はそれくらいだけど。

おしまい。
2017/06/23

さつまんま レンコンミックス



カルビーばっかりじゃアレなんで、UHA味覚糖のスナックを取り上げる。
「食物繊維、まるかじり さつまんま レンコンミックス」
どこからどこまでが名前か分かんない。

もしかしたら、「さつまんま」だけかもしんない。
こいつも素材「そのままのおいしさ。」をアピールしてやがるぜ。
レンコンミックスの他に、ムラサキイモミックス、リンゴミックスがある模様。
一応ポテトチップスのブログだから、どうせならムラサキイモミックスにしたかったが
まあいいや。サツマイモの方の味さえ分かればそれで良い。
ミックスとして一緒に入っている物が違うだけで、サツマイモは一緒だろ。

「素材本来のやさしい甘みとかる~いやさしい食感と体にやさしい食物せんい」

と、やけに、やさしい・やさしいと、やさしさアピールしてやがるぜ。
自分から優しいとアピールしてくる奴は如何わしいと言わざるを得ないぜ。
どうなんだろう。こいつの味は本当にやさしいんだろうか。食べるぜ。

甘いぜ。ダイレクトに甘いぜ。口に含んだ瞬間に甘い。
サツマイモの甘みじゃない。砂糖だぜ。カルビーのさつまいもん。は、
黒糖だバターだクリーミーだ、でジンワリ来る味付けだったけれど
こっちはストレートだ。砂糖と塩。そう、塩気もハッキリある。
「そのままのおいしさ。」…サツマイモそのままの美味しさじゃないぞ。
ある意味、砂糖と塩のそのままのおいしさ、だろうか。
もちろん、噛んでいくうちに、サツマイモの甘みと風味が出て来るのは
さつまいもん。同様だけれどね。

僕が捻くれているせいなのか、さつまいもん。の時は、
「もっと塩気があってもいい、もっと甘くてもいい」みたいな感想だったが。
実際に、砂糖と塩をハッキリ感じる味の物を食べると今度は
「もっと控えめでも良いかな」とか思っちゃう。嫌な奴だね。

で、柿の種と一緒に入っているピーナッツのごとくミックスされている
レンコンチップだが、これは美味い。…正直こっちの方が美味いな。
食感も軽くてサクサクだ。全部、これで良いんじゃないか。れんこんまんま。
書き忘れていたが、サツマイモの方の食感は、さつまいもん。程は硬くない。
個人的には、さつまんまの方の硬さが丁度良いと感じる。
あっちはゴリッゴリ、こっちはカリッカリ。擬音語で差を表すなら、そんな感じ。

分かり易い甘じょっぱい味だが、意外と飽きずに食べられるのはさつまいもん。の方かも。
向こうは、何か物足りないなあと思いながらも食べ続ける様な。
こちらは、一口目で美味しいと思いつつも、そんなに手が伸び続けない様な。

他の人の感想
・レンコンが良いね。サツマイモは、甘~い。
・苦い?
苦い?

サツマイモ関連を立て続けに取り上げた。
こうなると「おさつどきっ」も取り上げるべきか、どうなのか。
まあ義務では無いし、見かけたら、そして気が向いたら、でいいか。

おしまい。