FC2ブログ
2018/08/17

旨辛カラムーチョ やみつきホットチリ味

ブログランキングならblogram
ローソンと湖池屋の共同開発商品というカラムーチョ。
パッケージの表にはしっかり「激旨辛」って書いてあるから
てっきり「激旨辛カラムーチョ やみつきホットチリ味」だと思ったんですがね。
裏面には「商品名 旨辛カラムーチョ やみつきホットチリ味」ってあるんですよ。
じゃあ表面の「激」は何なのか。ま、まさか、騙したのか!?

写真を撮ったスマホを何処かに置き忘れたぞ!
という訳で写真はお預けなのだ。見つかりますように。
DSC_0380_convert_20180818204956.jpg
何事も無く見つかりました。

辛い!のについ食べてしまうやみつきホットチリ味です


それってつまり普通のカラムーチョじゃないんですかね。
まあ、普通のカラムーチョにはそんなにやみつきには私なりませんけども。
普通のカラムーチョよりはやみつきになっちゃうよ~って事かしら。

それより激辛ではない、「激旨辛」の文字が気になります。
激しく旨辛。とっても旨辛。これは実際には、激しく旨くて、かつ辛いのか。
或いは、旨さも辛さも激しいのか。その部分で、
普通のカラムーチョとどう違うのかって所を味わいたい。

みんなの感想…は今回は無し。
どうせ、普通の「美味しい」ばっかりだ。
細かい違いなんて分からないさ。
バカ舌だって言いたいんじゃなくて、
普通そこまで意識して食べませんよって話。

で、僕の感想。…美味い!
普通のカラムーチョよりちょっと辛めだと思います。
激辛とは言えないけれど、普通のカラムーチョだと少し物足りない自分には
この旨辛カラムーチョは程良い辛さである。
説明文の様に「辛い!」とエクスクラメーションマークを付ける辛さじゃ無いが。
せめてこれくらいの辛さは欲しいよね、という辛さ。

辛さも丁度良いけれど、味も何か馴染むなあ。
食べ易くて旨いなあ、と思いながら原材料を見ると、粉末しょうゆの文字が。
これは普通のカラムーチョには使われていない。
結局はこいつに持っていかれるんだなあ、醤油は偉大だなあ。
旨辛の「旨」は醤油が担っていたのだ。
決して「醤油味」になっている訳では無いが、
ポテチでは定番の隠し味として、今回も安定の仕事をしている。

タイのカラムーチョ台湾のカラムーチョでも醤油が使われていることに触れ、
日本版もそうすれば良いのに~みたいな事を言ったが
ローソンのPBポテチとして、それは実現されておりました。
共同開発という事なので、ローソン側の開発部の誰かが
「もうちょっと辛くしましょうよ~醤油も使っちゃいましょうよ~」と進言したのかも知れない。
違うかも知れない。もしそんな人が居たのなら、貴方は私と同じ感覚を持っていらっしゃる。
ぴったしカンカンだ。おめでとう。別に嬉しくなかろうが。

原材料名:馬鈴薯(日本:遺伝子組み換えでない)、植物油、香辛料、砂糖、食塩、ぶどう糖、粉末しょうゆ(小麦・大豆を含む)、オリゴ糖、オニオンエキス/調味料(アミノ酸等)、酸味料、香料、パプリカ色素、カラメル色素、甘味料(アセスルファムK、ステビア。カンゾウ)

内容量:55g

おしまい。このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト
2018/08/11

オー・ザック カレー味

ブログランキングならblogram
ローソンのプライベートブランド商品?
思いっきり、オー・ザックと書かれていてもPB商品なのか。
その辺はよく分からないが、とにかく「ローソンセレクト」の一品。
DSC_0403_convert_20180810075329.jpg

香ばしいポテトのおいしさ引き立つスパイシーなカレー味


以前、カレー味のポテチってあんまり無いよな~って事を言っておりましたが
ひっそりとローソンで売っておりました。それもカレールーの大手メーカー、
ハウスのオー・ザック。カレールーの老舗製とくれば、安定した味を期待してしまう。

みんなの感想
  • あまりカレー感が無い。
  • スパイシーじゃない。
  • 安っぽい。クソ。

…不評である。しかし、クソって言い方は無いだろう、君。
安っぽいって言うのもね、そもそもポテチが安っぽい食い物だから!

にしても、確かにあまりスパイシーじゃない。
味自体もアッサリ目で強くカレーを感じない。
2、3枚食べただけじゃカレー味としてピンと来ないだろう。
続けて食べているうちに、口の中に蓄積して
ジワジワとカレー感は出てくるのだけれどもね。

「カレー味」「カレー風味」と銘打っておきながら、
言うほどカレーじゃねえじゃんという食べ物が時折ある。
カレーコロッケ?本当にカレー味?色だけじゃん!みたいな。
これも、食べてすぐはそういう感覚に。
食べ続けたら「まあ、カレーかあ…」くらいにはなる。
上記の、ナチュラルカットポテト カレー味 の方がしっかりカレー味だった。
それでいいのか、ハウス。

味がアッサリなので、「ジャワカレー?バーモントカレー?或いは、こくまろ?」とか、
そういうのは無いのです。だけどカレー味を食べる人は
そんなアッサリ感は求めていないのです。いないはずだ。
原材料には、カレー風味シーズニングがカレーパウダーとは別に記載されている。
となると、このカレー風味シーズニングはカレー粉とはまた別の何かの粉末という事だ。
一体何なんだ、カレー風味シーズニング。
カレールーのメーカーとはいえ、カレー粉を多く使っては原価が高くなってしまって
多くは使えないのかも知れないが、もうちょっとカレーの味わいを濃厚にして欲しかった。

以前、オー・ザックの香ばし揚げシリーズでカレーパン味が出ていた。
当時の感想はかなりザックリしているが、今回のよりもちゃんとカレー味っぽい。
しっかり、ジャワカレー使用だったし。

原材料名:乾燥マッシュポテト、植物油脂、でんぷん、乾燥ポテト粉末、カレー風味シーズニング、デキストリン、脱脂粉乳、さつまいも粉末、食塩、カレーパウダー/調味料(アミノ酸等)、乳化剤、カラメル色素、香料、香辛料抽出物、酸化防止剤(ビタミンE)、(一部に乳成分・小麦・大豆を含む)

内容量:54g

おしまい。このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/07/06

2種のチーズのポテトチップス



今更それ紹介してどうすんるんだシリーズ。
去年の年末に発売されたセブンイレブンのプライベートブランド商品。
カルビー製の、2種のチーズのポテトチップス。
DSC_0109_convert_20180706061613.jpg

カマンベールチーズとクリームチーズのコク。


確かにまったりとしてコクのある味だった。
チーズ味ってあんまり個性の違いが出にくい。
プライベートブランド商品は無難な味付けが多いので特にそんな印象。

原材料名:じゃがいも(遺伝子組み換えでない)、植物油、食塩、ぶどう糖、砂糖、ホエイたんぱく質、酵母エキスパウダー、カマンベールチーズパウダー、クリーム風味パウダー、クリームチーズパウダー/調味料(アミノ酸等)、香料(大豆を含む)、甘味料(ステビア、甘草)

内容量:63g


2018/04/19

オニオンの甘味 濃厚リッチポテト(2回目)



同じポテチを買ったのを忘れてもう一度買う。
何度も何度もやっている。酷い時は3つ買っていた事もある。
DSC_0231_convert_20180419160514.jpg
今回もそれ。「これ、前にも食べましたよね。」と言われて気付いた。
既に記事にしていた。せっかくなので、乾燥の追加と、写真と原材料を追記。

人々の感想

・濃くて美味いわ。
・濃くて無理。

ともかく、濃いんだわ。
間違えてパウダー2倍かけちゃいました、みたいな濃さ。
或いはクリームをディップして食べてるみたいな。
口の中でジュワーッとなる。ジャンクフードの開き直り。
そういう味だ。たまに食べたら美味しいかも。
慣れちゃ駄目だ。常食しちゃなんねぇ。
…というかポテチを常食するのがまず良くないな。

原材料名:馬鈴薯(遺伝子組み換えでない)、植物油脂、グラニュー糖、野菜エキスパウダー、オニオンパウダー、たん白加水分解物、食塩、酵母エキスパウダー、パセリ、オリゴ糖、乳糖、サワークリームパウダー、調味料(アミノ酸等)、香料、酸味料(スクラロース、ステビア、カンゾウ)、(原材料の一部に大豆、豚肉を含む)

内容量:60g


グルメ
ブログ更新したぜ!
2018/02/17

濃いコンソメ味のポテトチップス



セブンイレブンのプライベートブランド商品のポテチ。
「濃いコンソメ味のポテトチップス」
DSC_0145_convert_20180220080833.jpg

ホントに濃いんですか~?
コンソメWパンチが、言う程パンチなくね?って印象だったり、
コンソメ3パンチも、こんなもんかなぁ…ツブツブも別に…って感じだったんで、
同じカルビー製のコレも、例に違わず程々なのかなとも思いつつ購入。

皆様の感想としては、まあ悪くない反応の他、
・定番って感じっすね。
・別に言うほど濃くない。
という感想。

コンソメだもの、安定して美味しいですよ。
その上で、ネーミング通り濃さを感じられるかが大事ですよね。

僕の感想。
充分に濃いじゃないですか。
コンソメパンチが物足りない僕でも満足感があるぞ。
正確な比較は出来ないが、コンソメWパンチを食べた時よりも
濃さを感じられているような気がする。
コンソメ3パンチよりも、濃さに納得感がある。
…2つともちゃんと比べられる訳じゃないんだけれども。
開発者に「いや、Wと一緒なんだけれど…。」とか
「流石に3の方が濃いんですけど。」とか突っ込まれたらどうしよう。

でも、満足度という意味ではこれが最もある。
それが濃さなのか、味付け自体が微妙に違うのか、それは謎。
セブン&アイグループとの共同開発なのだそうで、
その「口出し」がこの好ましい変化に影響を与えていたりして。

グルメ
ブログ更新したぜ!