2017/09/27

オニオンの甘み 濃厚リッチポテト



セブンイレブンのPB商品だ。

「まろやかな酸味のコク深くクリーミーな味わいです。」

酸味のコク…?ああ、まろやかな酸味があって、
かつコクも深くて、って事か。日本語はややこしいぜ。

食べる。
おお、これは確かに濃厚…。
何が濃厚って、サワークリームオニオン味って、
オニオンの味が強いとか、酸味が強いとか、
クリーム感が強いとか色々あるけれど
大雑把に言って全体的に濃い。

いや、酸味はそれほどでもないか。
甘みは、オニオンの甘みなのかは疑わしいな。
原材料に書いてある通り、グラニュー糖の甘みでしょ?
オニオンの風味はそれほど前面に出ていない。
日本のポテチの平均的なサワークリームオニオン味を
平均的なバランスのまま濃厚にした感じだ。
味の偏った特徴は無く、シンプルに、濃厚。

他の人たちの感想

・意味不明。

いや、意味不明という感想が意味不明だってば。

他数名には、大好評。
なかなか勢いよく食べるから、僕の分がなくなりそうだった。
やはり王道の味は強いな。
そしてサワークリーム味は濃くてこそ、であろう。
アツギリ 贅沢ポテトのサワークリームオニオン味
酷評したアイツもこれは美味いと言っておったぞ。
そして、最初に「意味不明」といった人も
後から、やっぱり美味しいかもと感想を翻してきた。
その時間差こそ意味不明であろう。

おしまい。
グルメ
ブログ更新したぜ!
スポンサーサイト
2017/09/12

わさびの辛みがきいた堅揚げポテトチップス

前回に続いて、セブンイレブンのプライベートブランド商品。
同じ、わさび味でも今度はカルビーとの共同開発。

「わさびの辛さと醤油の旨み。」

サクッといってみます。
(手早く済ますサクッとと、ポテチの触感のサクッとをかけてる。)

あ、僕はこっちのほうが好きだわ。
わさびはそんなに強くない。
前回のよりも弱いし、数多のわさび味のポテチと比べても弱め。
そして醤油の味ははっきりしてる。円やかで、
バターしょうゆ味のポテチで感じるくらいの醤油の濃さ。

食べやすさは確実に前回のよりも、こっち。
わさびの刺激は弱めなので、前回のほうが好きって人もいるかも。
でも多分、多数決を取ったらこちらに軍配が上がりそうだ。

堅揚げポテトとこの味付けの相性も良いんだと思う。
ピリッとした刺激とともに醤油の旨みをジワリと噛み締める。
主張し過ぎない味わいが俺の食指を休めない。

と思ったら。

・わさびの刺激が強いね。
 堅揚げより前のギザギザの形のほうが食べ易かった。

という声も。マジすか。
また別の人にも聞いてみよう。

何気に、…何気にって表現って変じゃない?と思いつつも
使ってしまう、カルビーがわさび味を出すのって珍しいな。
初めて?前にもあったっけ?
わさビーフや、わさムーチョより好きだわ。
そして、前にあったオー・ザックのよりも良いね。
チップスターのは、あれは優秀だった。

また、ほかの人の感想を聞いてみます。
聞いてみた。

・ギザギザの奴のほうが美味しかった。

おう、私の方が少数派なのか?
おしまい。
2017/09/11

わさびの辛みがきいた深切りポテトチップス



これは、セブンイレブンのPB商品なんだけども。
あなたの街のセブンイレブンではまだ売っているかな?
僕んところの近所ではまだ売っているところがあったよ。

ヤマヨシとセブン&アイグループの共同開発。
でも、ヤマヨシと言えばわさビーフ、わさびを使った味付けは
慣れっこである。共同開発といっても開始した時点で
8割は終了してる様なものではなかろうか。

「すっきりとした香りと辛み。」

食べました。ベースに醤油の味。
わさびの辛さ、やや強い。
そしてやっぱり、わさビーフの味に似ている。
わさビーフのビーフ抜き。という味。
あれ?以前にそういう商品、なかったっけ?
そうであるならば、共同開発でありながら、
味付けは9割は終了していた様なものではあるまいか。違うか。

昆布エキスパウダーのうま味もほんのり感じられます。
お肉の成分が入っていない分、うま味をそっちで補っているのかも。

辛さ強めなので、すっきりとした辛みじゃあ無いな。
パッケージの説明の意味するところは
すっきりとした[香りと辛み]。じゃなくて、
[すっきりとした香り]と辛み。だったのか。
日本語って難しいね。

他の人の感想

・まんま、わさビーフじゃないですか!

違うよ。ビーフは入っていないよ。

・わさびが効いてて美味いね。

ビーフは必ずしも必要じゃないみたいね。

・食べ易くて丁度よい。

この表現だと、あんまりわさびが効いてないみたいで
試しに、もう一度食べてみたら、なんと
最初に食べた時よりずっと辛くなくなっていた。
実は、開封した袋を洗濯バサミで留めて半日以上が経過していた。
わさびの辛さは揮発性だから、知らんうちに辛みが抜けていたのかもしれん。

なので、辛さが強い、もう少し控えめなほうが良いって感じたら
開封後にしばらく放置したら良いかもしれない。
湿気るのが気になるなら、乾燥材も売ってるぞ。
少し涼しくなったとは言え、まだまだ気温は高いほうだから
それも要因かも知れない。辛さを逃したくないという人は
食べかけは冷蔵庫に入れるといいかも(推測に過ぎません)。

わさびは過熱すると辛さが無くなります。
なので、わさびの栄養は摂取したいけれど辛さが苦手!
って人は過熱して食べたら良いんです。
長野にはそうやって常食してる人も居るそうです。

セブンイレブンで同時期にもう一つ、わさび味のポテチがあった。
そちらはカルビー製であった。食べ比べるしかあるまい。

おしまい。
グルメ
ブログ更新したぜ!

2017/07/17

厚切りザクッとポテト フレンチサラダ味



ここ最近はセブンイレブンで買ったポテチの紹介が多かったので
今回は、ローソンのポテチにいってみるぜ~。
DSC_0006_france.jpg

フレンチサラダ味。
「ザクッと食感 ほど良い酸味がクセになる」

懐かしい。昔カルビーのポテトチップスでフレンチサラダ味があって、
さっぱりとした酸味がとても美味しかったのだよ。
これは、ある意味で復刻版かもしれない。
記憶の中のそれと食べ(?)比べだ。

フレンチサラダ味って、フレンチドレッシングの味って事で
フランスのドレッシングって意味だろうけれど
フランスでフランス人は常にフレンチドレッシング使うか?
いやきっと常用では無い筈だ。フランスパンだって
フレンチトーストだって、その筈だ。じゃあ何で、
フレンチドレッシングをフレンチドレッシングと呼ぶの?
大体それを言ったら和風って言葉もそうだ。
「和風なんたら」はいつも決まって醤油の味がするけれど
日本人が味付けに醤油を常用してるかっつーの。
…してるね。使いまくりだね。何を言っているんだ俺は。
って事で、その辺の事は適当に流して。

フレンチサラダ味のポテトチップスを食べた遠い記憶…。
もう、おぼろげだし、子供の頃の印象だから、
今それを食べたとしたら、の感想とは大きく異なるかも知れない。
という前提で言うと、思った程には酸っぱくなかった。
子供の時に食べたそれは、もっと酸っぱかった印象がある。

だが、子供ってのは大人より酸味と苦みを強く感じるらしい。
本能的に、苦い物は毒、酸っぱい物は腐ってるって脳が反応して
甘味や塩味に比べて強く拒否反応をするのだそうだ。
それが、大人になるにつれ、苦い物や酸っぱい物を食べる経験を
積み重ねることによる慣れ、後天的にそれを美味しさとして学習する。
また、味蕾も少なくなっていて、味そのものに鈍くなる。
僕の舌も絶賛・味覚鈍化中という訳だ。寂しい話だね。
或いは、体に不要な物や毒を大人になるにつれため込んでゆくので
排出したくなる苦味や酸味を摂取して、デトックスを促そうと
無意識にそういった味の物を好む様になる、なんて話もある。ホントかしら。

と、クドクドと蘊蓄(うんちく)を並べたが、単に昔とは違う味付けってだけかもね。
ともかく、酸味はやや控えめ。或いは、尖っていない円やかな酸味と言える。
そして、これは昨今のポテチで連想する物は、サワークリームオニオンだ。
あれに似ている。もちろん日本のメーカーの、ちょっと甘めのタイプの奴だ。
原材料にもしっかりオニオンって書いてあるしね。
クリーム感は無い。サワークリームオニオンじゃなくてサワー…オニオン。て感じ。

あと、原材料で気になる文字は、粉末オリーブオイル。
自分ちで使ってみたい。売ってないかな。粉末醤油なら買った事あるけど。
ちょっと使って、ずっと棚の奥で眠っている。普通の醤油でいいやっていう(笑)。
でも弁当とか、外出先で使うマイ調味料として便利かもしれない。

他には、レッドベルペッパー。…赤ピーマンって書けばいいじゃん!

他の人の感想
・まあフレンチドレッシングの味だけど、そんなに好みじゃない。
 この前のわさび味の方が美味しい。
あれ?割と万人受けする味かと思ったけれど、意外と不評。
そして前回のチップスターは、よほど印象が良かったらしい。

お・し・ま・い。
グルメ
ブログ更新したぜ!
2017/07/08

瀬戸内レモンを使ったポテトチップス



近頃はどんどん新作のポテトチップスが出てきて、
お休みしていると、また追い付かなくなりそうだな。
DSC_0013_csetouchiseven.jpg

これまたセブンイレブンのプライベートブランド商品。
山芳製菓との共同開発商品。最近、山芳と仲が良いね。

「さわやかな酸味に黒胡椒が効いた味わい。」

さっそく食べてみましょう。
あら、意外と。レモンで、爽やかな酸味と言ったら、
もっとさっぱりしている味かと思いきや。
意外とガッツリ系の雰囲気があるっていうか。
少しだけパンチを効かせた味でしょうか。

もちろんレモンの味もしっかり効いているよ。
ジュワ~ッとレモンを感じるよ。そこに程々の塩気とニンニクの風味。
砂糖、食塩の次にガーリックパウダーを多く使っておる。
レモン味でニンニクをこんなに効かせたポテチって
今まであんまり無かったんじゃないかな?知らんけど。
レモンが主体っていうより、ニンニクを使った料理に
上からレモンをギュ~っと絞った感じの味かな。

黒胡椒も程々。辛くは無い。あくまで引き立て役として後ろに回っているぜ。
あと陳皮パウダーも、ガーリックパウダーの次に多く使われている。
陳皮って言うのはミカンの皮。ミカンっぽさは別に感じないけれどね。
ちゃんとレモンの味がしっかりしています。安心してください。

以下、他の人の感想。
・酸味と塩味のバランスが良い。
・レモンの味がめっちゃジュワ~ってする。
・レモンの味がして美味しい。
レモンの味がして美味しいって、そりゃそうだ。
もっと捻くれた事を言ってくれる人が有難いんだが、
贅沢は言うまい。今回は素朴な感想を言う人ばかりでした。
なので、もう少し他の人にも食べてもらおう。

レモンの「さっぱり」を期待すると、ちょっと違う面もあるかも。
でもこれはこれで美味しいんじゃないかな。
逆に、爽やかな酸味なんて求めてね~し、って人も
意外とイケる、って思う気がするぞ。

おしまい。
グルメ
ブログ更新したぜ!