FC2ブログ
2018/07/22

グラン・じゃがビー フロマージュ味



グラン・ジャガビーのフロマージュ味だ。
DSC_0370_convert_20180722063505.jpg
このグラン・じゃがビーのシリーズは焦がしバター味の時もそうだった様に、
全て袋型の容器にしたっぽい。普通の筒型のじゃがビーと
イメージの違いを明確にする狙いかな?
容器を変えてこっそり割高にしてるとかじゃなきゃ良いんだけど。
内容量は一緒。値段は…どうだったっけか。

まろやかなチーズのコクと旨味に、ふんわりとした甘さが後引く味わいです。


筒型の時とほぼ一緒の説明文。
写真も同じくカマンベール。実際の味も同じなのかもしれない。
というか、前回の時は冬真っただ中。今回は夏真っ盛り。
季節物なのかなと思ってたが、全く関係無いらしい。

皆の感想

・臭い。美味い。
・もっとチーズが強いかと思ったけど、甘くて美味しい。
・塩気が足りない。

「ふんわりとした甘さ」が味の主体であろうから、
塩気はこんなもんで良いんじゃないかな。
好みも問題もあるだろうけど、塩をもっと強くしたら別の味になるというか
このフロマージュ味で表現したいのは、この円やかな甘みなのだろう。

コクはそんなに強くないんじゃないかな。
カマンベールが苦手な人が、苦手とするであろうカマンベールのクセの部分、
そういうものは殆ど感じないで済む。なので写真で敬遠する必要は無いぞ。
匂いは臭いけどね(笑)。でも、匂いの割に凄く食べ易い。

概ね、筒型の時と同じ感想なので、パッケージデザインを変えただけなのだろう。
以前も美味かった、今回も美味かった。
この袋型のメリットは、上部がチャック…この閉じる部分の名称は何だ?
チャックとかファスナーとかジッパーって言うと、衣類に付いているヤツだし。
ポリエステル製の保存袋なんかに付いているアレは何て言うんだ?
DSC_0381_convert_20180722064217.jpg
これこれ、こういうヤツ。…ん?チャックって書いてある。チャックで良いのか!
そう、チャックが付いてて食べきれなかった時に便利なんだけど
内容量が38gなんで、軽く一気に食べれてしまう場合の方が多いと思う。
60gとか70g入ってる様なポテチにこそ欲しい機能!
小さくても、あるに越した事は無いんだけどさ。

原材料名:じゃがいも(遺伝子組み換えでない)、植物油、ぶどう糖、食塩、チーズパウダー、でん粉、たん白加水分解物(小麦・大豆を含む)、酵母エキスパウダー/調味料(アミノ酸等)、香料、甘味料(アスパルテーム・L‐フェニルアラニン化合物)、酸味料、酸化防止剤(V.C)

内容量:38g

おしまい。

スポンサーサイト
2018/06/20

じゃがりこ 塩レモン味



じゃがりこの塩レモン味。
DSC_0288_convert_20180620075750.jpg
酸味のあるじゃがりこって珍しい。

唐揚げにレモンかけたみたいな味。
って感想の人がいて、唐揚げの要素どこだよ!
と思ったら、原材料にチキンエキス入ってました。
粉末しょうゆもあるし、唐揚げ連想しても仕方ないね。

ポテチに比べたら控えめな酸味だが
じゃがりこの味付けとしてはやや強めだろうか。
こういうスッキリ爽やかなじゃがりこも良いね。

原材料名:じゃがいも(遺伝子組み換えでない)、植物油、ミルクパウダー、粉末植物油脂、レモン味フレーク(大豆を含む)、食塩、砂糖、ぶどう糖、デキストリン、チキンエキスパウダー、酵母エキスパウダー、粉末しょうゆ(小麦を含む)、レモン果皮パウダー/調味料(アミノ酸)、酸味料、香料、乳化剤、ウコン色素、酸化防止剤(V.C、V.E)、甘味料(ステビア、甘草)

内容量:52g

おしまい。
グルメ
ブログ更新したぜ!
2018/06/20

じゃがりこ スモークチーズ風味



これは冬に発売されていたじゃがりこ。
スモークチーズ風味。
DSC_0309_convert_20180620075635.jpg
ちゃんと燻製の風味があって、
パッケージの写真通りのスモークチーズの雰囲気が出ていた。
同様の感想、多数。

「スモークチーズ風味」じゃなくて
堂々と「スモークチーズ味」を名乗ればよいのに。

原材料に使われているのは、
スモーク風味チーズソースと、スモーク風味チーズ、
そしてスモークチーズ。最も少ないとはいえ、
ちゃんとスモークしたチーズも使ってるんじゃんね。

原材料名:じゃがいも(遺伝子組み換えでない)、植物油、ミルクパウダー、スモーク風味チーズソース(大豆を含む)、スモーク風味チーズ、粉末植物油脂、食塩、砂糖、麦芽糖、デキストリン、ぶどう糖、たん白加水分解物、スモークチーズ/香料、乳化剤、調味料(アミノ酸等)、酸味料、水酸化Ca、着色料(カラメル、ウコン、アナトー)、酸化防止剤(V.C)

内容量:52g

おしまい。
グルメ
ブログ更新したぜ!
2018/06/16

さつまりこ 大学いも味



じゃがりこの姉妹品、さつまりこ。
その大学いも味。
「ごまの風味が香ばしイモん」だってよ。
DSC_0307_convert_20180616075057.jpg
しょうもない駄洒落は、じゃがりこからの伝統。

みんなの感想

・味が薄いけど、食べてるうちに大学芋っぽい感じに。
・大学芋って言うより単にさつまいも。
・こういう半端な甘みのお菓子は好きじゃない。

じゃがりこの姉妹品、さつまりこもアッサリ目の味付けで
あんまり甘くしてもクドいだろうから、好かない人には
半端と言われても仕方あるまいて。

単にさつまいもの味、というのも分かる。
そもそも大学芋がシンプルな味付けだからね。
味付けは基本的にさつまいもと、砂糖。あと、ごま。
塩や醤油を使うレシピもある様だが、それにしたってシンプル。

さつまいも自体が甘いんで、さつまいもに砂糖で味付けした料理の味を
さつまいもで再現したら、そりゃあ「さつまいもの味」ですよねっていう。
ごまの風味で辛うじて、単なるさつまいも味じゃないよ、ってなってるけれど。

大学芋ってダイレクトにガッツリ甘いけれども
このさつまりこは、ほんのりジンワリ甘い。
それを食べ続ける事で、段々とさつまいも→大学芋へと印象が変化する。

食感がカリカリなのが大学芋らしいっちゃ、らしい。
これにカテカのシュガーコーティングでもしたらより一層
大学芋っぽくなったんじゃないかと思うけど、
それをしたら、「〇〇りこ」シリーズのお約束から外れてしまうのかも。

実際の大学芋の表面がこれくらいカリッカリだったら良いな、と思った。
さつまりこは、大学いも味って言うよりは、さつまいも味だった。
ほんのり大学いも風味。

原材料名:さつまいも、植物油、砂糖、ホエイパウダー(乳成分を含む)、粉末植物油脂、黒ごま、でん粉/乳化剤(大豆を含む)、香料、甘味料(ステビア、甘草)、酸化防止剤(V.C)

内容量:56g

グルメ
ブログ更新したぜ!
2018/06/13

ドラゴンポテト はじまりの黒胡椒味



半年ほど前に紹介したドラゴンポテトの多分、第2弾。
その記事を読み返したら「詳細は、また今度(ゴメンね。)」とか言って
それ以来、全く詳細を書かずに放置じゃねーか自分。
もう、どんな味だったか細かい事は忘れちまったよ。
ただ、凄く美味しく感じてリピート購入もしたし、
他に絶賛している人にも買い置きしてあげもした。
湖池屋スコーンのBBQ味に似ていたのは覚えている。

非常に気に入ったので、この一発で終わったら寂しいなと思っていたら
第二弾(多分)の登場で、シリーズとして継続していくのだなと
嬉しく思った。今回はそのドラゴンポテト冒険ver.「はじまりの黒胡椒味」。
DSC_0300_convert_20180613081150.jpg
パッケージ裏には

袋の中に広がる世界 異国の風の先に
ドラゴンは待っている さぁ、冒険のはじまりだ

と少年ジャンプの表紙の煽り文みたいな文言が4コマ漫画風に書いてある。
味の説明は
「インド産黒胡椒使用」「ピリッとスパイシー」とだけ。
まあ、いちいち味の説明なんて見る人は少ないよね。
今は長ったらしい説明より絵や写真の雰囲気が大事。
ブログなんかより専ら、インスタやyoutubeを見る時代ですしね。

みんなの感想…は
大体、美味しいっていう詰まらないごくごく普通の感想。
その中で「期待外れ」という感想も。

まあ、ブラックペッパー味はありふれ過ぎているくらい、ありふれているし。
このドラゴンポテトもまた、その例に漏れない普通の味ではあろう。
期待外れって言うのも正直、分かる。

美味しいか美味しくないかで言えば、それは美味しいんですよ。
ただ、前回のパワフルBBQ味が皆、非常に高評価だったので
今回は事前の期待が高過ぎた、そのハードルを越えられなかった。

パワフルBBQ味は本当にパワフルだった。コテコテの味だった。
その濃さが良かった。今回はそういうのが無い。
はじまりの黒胡椒?原産地がインドで、そのインド産だから
そういうネーミングにしたのかも知れない。
だけどインド原産の胡椒を使っているからといって
それで特別に美味しくなるという事じゃあ無いしなあ。
「日本産の醤油」並みに普通の事ではないか。

「違うよ!インド産にはインド産の美味しさがあるよ!
 お前にはその違いが分からんのか!」
という人がもしいたら、ごめんなさい。分かりません。
ミルで挽きたてが美味しいのは分かっているつもり。
産地や品種の違いまではちょっと…。
これが湖池屋のSTRONG 岩塩ブラックペッパーくらい
ガッツリ黒胡椒の味だったら、ちょっとは分かるかも。

と、悪く書いてしまったけれど…美味しいんですよ。
オーソドックスなブラックペッパー味に加えて
ドラゴンポテトのカリカリした独特の食感。
この形と食感があるだけで、無条件で評価アップでしょう。

パワフルBBQ味の時は、味も形も食感もインパクトがあったもんだから
第二弾(多分)は相対的にインパクトが薄れてしまった。
また食べたいと思うのはパワフルBBQ味の方。
忘れた頃にしれっと復活してくれたら嬉しいな。
黒胡椒味は、もうひと頑張りだ。

原材料名:ポテトペレット(じゃがいもでん粉(遺伝子組み換えでない)、乾燥じゃがいも(遺伝子組み換えでない)、その他)、植物油、ぶどう糖、砂糖、黒胡椒(インド産52%使用)、食塩、たん白加水分解物、野菜パウダー、酵母エキスパウダー、粉末醤油、食用油脂(中鎖脂肪酸油)/調味料(アミノ酸等)、香辛料抽出物、酸味料、(一部に小麦・大豆・豚肉を含む)

黒胡椒の48%はインド産じゃないなら
違いが判らなくても仕方ないね!(言い訳)

あと、体脂肪になりにくいという中鎖脂肪酸油が
少ない割合ながら使われていたのが地味ながら面白いポイント。

内容量:55g

おしまい。
グルメ
ブログ更新したぜ!