2017/08/08

じゃがビー



「今後の予定だよ~」と「画像を入れたよ~」で引き延ばして
実際に食べた感想を書くのは4日ぶりである。
いかんぜ。
映画版リングをレンタルして見直してる場合じゃなかったぜ。

それにしても、よく出来てるよなあ、リング。
既に一度は見たから怖くはなかったけれど、
上手いよなあと感心しながら見たよ。
一番有名なラストのあのシーンよりも、序盤の、
自分の写真を撮って呪われている事を確認するシーンが、
最初に見た時にゾッとしたし、今見ても不気味で印象的だったな。
それと、呪いのビデオを自分以外も見るのと
謎解きの為にビデオを見返すので、
自然と観客あるいは視聴者の目に繰り返し
意味不明で不気味で印象的な映像を見せる構成が上手いなと。
文章の構成なんか全く考えていない何処かのポテチブログとは違うな。

じゃがビー!
富山白えび味!

えー、PCに繋いだUSBが正しく機能していないそうなんで
画像を送れません。よって画像はございません。

「富山産白えびにあっさりとした白しょうゆの
 旨みを合わせた風味豊かな味わいです。」

白えび。しろえび、と読む。これが富山での一般的な呼称だが、
標準和名ではシラエビ。標準和名でのシロエビは別種の海老。
更に方言でのシラエビは、地域によって何を指すか異なる。
や、ややこしい…。
ちなみに白魚はシラウオで、シロウオと読むのは素魚。
青魚は、あおざかなと読んで背の青い魚の総称だが
あおうおと読むと中国原産の淡水魚。
赤魚は、あかうおと読む魚の種類。やや、ややこしい…。

じゃがビーの話だよ。
食べますよ。
白えびの風味、いっぱいって訳では無いね。
元々淡泊で上品な甘みの食材らしいので、そこはまあ。
白えびよりも、白しょうゆの方が印象的だった。
白しょうゆも甘みのある食材らしいのだが、
このじゃがビーから感じる甘味、果たしてどちらの甘みかしら。
原材料を見る。白えびパウダーよりも、白しょうゆパウダーが多いが、
更に多いのは砂糖だ。砂糖の甘みだろうか…。身も蓋もねーな。

そうは言っても雰囲気は出てるよ。
富山白えびを僕は食べた事が無いが、
そして白しょうゆの味も知らないが
甘エビにチョンと醤油を付けたような味はしっかりするよ。

他の人の感想
・白えびの感じが出てて美味しい。
その言い方だと白えびを食べた事があるんだな。

おしまい。
スポンサーサイト
2017/08/04

白トリュフ香る ポテトリュフ



前回に引き続き、ポテトリュフ。2つめ。
書き直しましたよ。黒トリュフ香るポテトリュフの方。

正直、黒の方を食べる前に白も買ったので、
うへえ…連続トリュフ味か…拷問だなこりゃ。
と思っていたんですが、意外と黒の方が美味しかったんで
こちらの白も悪くないのかも、と期待しつつ、
でも黒に比べてシンプルな味付けっぽい分
トリュフ感がより前面に出てたらどうしましょ。
なんて不安もありつつ。
DSC_0012.jpg
だがもう食べるしかない。恐る恐る開封…!

くっさ…

…くない。あれ、そんなに臭くないぞ?
黒より匂い、じゃない、香りが控えめだぞ…。

まだ、食べ終わっていない黒の方と匂いを嗅ぎ比べる。
黒を嗅いで…白を嗅いで…また黒を嗅いで…
いかん頭が混乱してくる。どんどん訳が分からなくなる。
舌だけじゃなく嗅覚までバカになりそう。
匂いを再び充満させるために何度も袋を閉じてシャカシャカ…
嗅いで、閉じて、またシャカシャカ…何やってんだ俺。

でも、やっぱり黒の方がモワ~っと来るな。
黒トリュフの方がモワ~ン、です。
寄せられたコメントや、ググって調べたところによると
白トリュフの方が香りが強いらしいのだけれど
このポテトリュフには当てはまらない様だ。
黒の方はバターと混じってるから?
それとも白トリュフはより高級だから使用量が少ないの?
とにかく、白トリュフ香るポテトリュフの方が
面食らう様な匂いは控えめだ。って、
あくまで否定的なニュアンスで表現してしまう。
僕にはわからんが好きな人は好きなんだよね。

というか、単に香りの強弱だけじゃなくて
香り自体も違いがあるらしい。
それも、ググって知ったんだけれど
なかなかエグい表現をする人もいますね…。
男性のフレッシュな×××とか、
何日もお風呂に…とか、何とか。

で、白の方は味も、黒に比べるとさっぱり。
あくまで比較すればよ。塩味が前面に出てる。塩気、強し。
黒がビーフパウダー使ってるのに対し
こっちはチキンパウダー。チキン味とビーフ味で良いじゃん。
と言いたい所だが、黒はバター味?って感じだったが
こっちはちゃんと塩味だ。
チキンベースの塩味、こいつもよくありそうな味。
そこに何か独特の香りもついてくるよって事だ。

どっちがお勧めって言われると、どっちでもいいんだけどさ。
白の方が食べ易いかな。結構しょっぱいけどね。
そして何故か硬さに差がある。
黒の方が硬い。白がカリッなら黒はガリッ。

他の人の感想
・白の方がプ~ンと匂うね。味は黒の方が好き。
OH…。香りの印象も味の好みも僕と逆。
所詮は主観よ。客観的な寸評なんて無理なのさ(開き直り)。
これは、もう何人かに食べ比べてもらおうか。

・白の方が匂いが強い。黒はバターが入ってる分マイルド。味は白の方が好き。
・味も香りも黒の方が好き。
やっぱり意見は分かれるね。
ちなみに、3人とも、匂いを嗅いでもらった時には
白の方が袋の中に残っている量が多かったから、
匂いを強く感じたという面もあるかも知れない。
なので、同一の条件下での比較では無いのだ。意味ねー!
でも、味は必ずしも甲乙を付けられるものでは無いとは言える。

何にせよ、どっちも今までのトリュフを使ったポテチより
ずーっと食べ易い。その辺り、ちゃんと調整したんだな。
この味付けなら、トリュフって良い香りなんだよって
騙されてもいいかなって思う。やるな東ハト。
でもきっと、ポテトリュフが例外なんだ。
そのうち別のメーカーがトリュフ味のポテチを出す。
その時は「くっさ。何が良いの分からん…。」とか言っている気がする。

おしまい。
グルメ
ブログ更新したぜ!
2017/08/02

黒トリュフ香るポテトリュフ



東ハトからの新商品。
黒トリュフ香るポテトリュフ。

画像?無いよ。店頭で確かめてね!

嘘です。何でも後回しにしちゃうんです。
→ついに、画像を挿入!(4日も空けた。)
DSC_0011_kurotoryu.jpg

トリュフ…。今までの経験から、あまり良い印象が無い…。
でも、ポテトとなったら買う以外の選択肢は無い!
ポテトチップスじゃ無いけどね。
あくまでポテトスナック。でも、いいんだ。
そういうのも扱う。

「黒トリュフが香るトリュフ塩とまろやかなバターで味付けした
 カリッと軽快な食感の贅沢なポテトスナックです。
 芳醇なトリュフの香りをお楽しみください。」

芳醇な香り…。そんなの要らない…。
だって、いままでトリュフ味で良い香りだと思った事ないから…。

開封…。

くっさ…。

毎度のことながら、このトリュフの匂いの何が良いのか分からない。
でも不定期ながらトリュフ味のスナックが
発売されるって事はニーズはあるんだな…。

凄い匂いだなと思いつつ、食べてみる。
おや、匂いの強烈さの割に、味そのものは意外とフツーな感じ?
多分、匂いは袋に充満したのを一気に吸ったから
とんでもない印象になったのだろう。
一本だけ摘まんで匂いを嗅いでみる。
うん、これくらいなら平気。というか、良い匂いに思えなくもない。
もう一度、開封した袋の匂いを嗅いでみる…。
ああ、充満した匂いを解放した後だと、そんなにキツくないや。

で、味なんだけど、バターがメインの味って訳でも無い。
ビーフ系の味付けなんだな。味付けの材料としては
ビーフパウダーが最も多い。それなら、そういうネーミングで
トリュフ&ビーフ味と名乗った方が売れそうじゃないかな?
バターの味もするがトリュフバター味って感じじゃないぞ。
決して弱い訳じゃ無いが、バター味を名乗る程にはバターじゃない。
よくあるビーフ味に香りと後味がトリュフ。こいつらが強いからね、
相対的に、「あ、バターさん、居たんだ…。」くらいになっているのだ。
高級感のある素材の筈なのにジャンクな美味しさなのが面白い。

そのジャンクっぽさを醸し出すのに大きく影響しているのが食感。
乾燥ポテトの他に小麦粉を使っておる。
なので、これは明らかにポテチじゃない。
いや、初めからポテトチップスは名乗っていない。
あくまで「ポテトスナック」だ。
それを言うと、じゃがビーも、じゃがりこも、自称ポテトチップスでは無いが
そうは言っても主体はポテトだ。成形ポテチもポテチと呼ぶなら、
どんな形状であれ主体がポテトならポテチの仲間と言えなくもない。

だが、こいつは結構な割合で小麦粉が含まれている。
非難している訳じゃ無いぞ。ポテトスナックだ。
食感が、味が、ポテト主体のそれとは違う。
半分くらい小麦粉のスナックに寄っている。
どれくらいの割合だろう?6対4?印象としてはそれくらい。

漫画「火の鳥 復活編」で、
「自分は人間?ロボット?」って悩む青年がいた。
科学技術により死の淵から蘇るんだけれど、
体の大部分を機械で作り直したから、
それを人間と呼べるのか?さりとて完全にロボットでも無い…
と苦悩するお話であった。
ポテトリュフ君はポテトスナックで良いのかい?

ともかく、最初の印象より、ずっと美味しいと感じた。
トリュフの匂いが苦手でも、最初の充満したトリュフ臭を吸わなければ
意外とイケるかもよ。僕はそうでした。

他の人の感想
・これはイマイチ!
・バター強い。
・けっこう美味しい。

意見は分かれますね。

おしまい。
グルメ
ブログ更新したぜ!

2017/07/31

じゃがりこ てりやきチキン味



じゃがりこ てりやきチキン味を食べました。

画像はまだない。妄想が膨らみますね。

…しまった!写真を撮る前に捨てちゃったよ!
という訳で画像はありません。残念です。

先に食べてもらった人達の感想
・照り焼きチキンって感じじゃない。イマイチ!
・美味しいです。何処かで食べたような味。
・照り焼き感あるね。美味しい。

2名好評。1名不評。
僕は後者に同感で、正直、
照り焼きっぽいともチキンっぽいとも、あまり感じなかった。
醤油ベースの甘めの味付け、としか。
まあ、それが照り焼きソースではあるんだけれど。
チキンの風味はそんなにしないかな。
原材料に、「てりやきチキン風味フレーク」ってあるんだ。
こういうのカルビーじゃ珍しい。
オー・ザックはいつも、「〇〇風味パウダー」で
詳細を隠しちゃうんだけど、今回のカルビーはどうした。

えー、簡単にさらっと感想を述べてみました。
追記は、するかも~しないかも~
(最近こんなんばっかですまぬ)。

そして結局、追記しません。
という追記。

おしまい。

グルメ
ブログ更新したぜ!
2017/07/27

じゃがりこ 枝豆しおバター味



じゃがりこの記事も書くようにしてから、
次から次へと攻略(?)対象が出現して気が休まらないのである。
これで、北海道産ポテトが完全復活したらどうなるのか。
単にまた、じゃがりこを対象外にするだけだったりして。
DSC_0006_edamameriko.jpg
枝豆しおバター味。
枝豆と言ったら、塩茹でである。違うか。
茹でてから塩を振るのか。どっちでもいいや。
ともかく、枝豆はシンプルに塩。
他の食べ方をしたことが無い。
コンビニの焼きうどんで具として入ってた事はあったが。
あと、おでんの具材の練り物にも入ってた事もあったな。
何だ結構、色んな使われ方してるじゃん。
何にせよ、枝豆が主体で味付ける時は大抵、塩。

そこに、しおバター味である。
パッケージには、剥いた枝豆の山に乗せられたバター。
そんな食べ方もあるのか。美味しそうじゃないか。
その味を再現したっぽい(?)今回のじゃがりこ。
パッケージのイラストでは、リュックを背負ったキリンが正座をして言う。

「こだバッターから えだまめっちゃ おいしーお!」

最初、何を言いたいか分からなかった。
こだわったから、めっちゃ、おいしいよ。そう言いたいのだろう。
定番だからって無理して駄洒落にしなくても良い。
毎度毎度、そこまで駄洒落を載せたいのか。

食べます。

枝豆の味、めっちゃします。そらそうだ。
塩よりも枝豆フレークの方が沢山、使ってるし。
「枝豆フレーク(大豆含む)」って、そもそも枝豆って大豆じゃん。
バターは控えめ。あくまで枝豆主体の味。
ちょうど、塩を効かせた茹でた枝豆と同じ味の具合。
お店で出て来るようなね。

ただし、ちゃんと枝豆の味の筈なんだが、
何か空豆を連想するんだよな。
しっかり、枝豆フレークを使ってて、他の豆は使って無いのに。
多分、じゃがりこの食感、乾いたじゃりじゃり具合が
枝豆よりも水分が少なくパサパサ感がある空豆を連想させるのだろう。
味そのものだけじゃなく、食感で連想する食材さえ変わるって
つくづく味覚って奴は繊細だね。バカ舌だけど。

食感という、変え難い部分を多めに見れば枝豆の美味さは出てる。
個人的には、バターがもうちょっと強かったら良かった。
枝豆を塩バターで食う機会は今までなかったから、特にそう思う。

他の人の感想
・美味しいです。
・まあ美味しいんじゃない。

それだけかーい。

おしまい。

グルメ
ブログ更新したぜ!