2018/02/14

じゃがりこ チョコ味



ポテチにチョコレート味が登場して、もはや定番の顔だが、
ついに、じゃがりこもチョコ味が登場したか。
DSC_0142_convert_20180214041347.jpg
パッケージにメッセージ用の空欄がある辺り、
バレンタインを意識した商品であるらしい。
この、義理チョコ代わりするにも忍びない
ネタ感満載のこの商品のパッケージに
大切なメッセージを乗せて大切な人に渡す人なんて居るのだろうか。
僕には全く想像がつかない。

2月14日、この日に皆に食べてもらうが
その前に僕の感想。

これはチョコ味、と言って良いのかな。
まあ、チョコの味には違いないのだろう。だが、
一般的なお菓子のチョコの味、よりもチョコの味じゃないな。
チョコデニッシュ、或いはショコラデニッシュってパンあるよね。
生地にチョコが練り込んである奴。アレに似ている。
チョコソースがかかってたり、チョコクリームが入ってたりして、
甘い味付けの物が色々あるけれど、これはそういうのが無い、
チョコ練り込みの生地だけの部分の味。
コンビニにある四角いチョコデニッシュ。あれを更に甘さ控えめにして、
カリカリにした感じだ。

甘さがあまり感じられなくて、かつ塩気がそこそこある。
なので、チョコの風味なんだけどプレーンかな?って感覚になる。
塩気のあるチョコスナックは今までもあったけど、
こんなに甘くも無く、チョコ自体が乗ってるでも無いお菓子は初めてだ。
甘じょっぱい、ですらない、しょっぱいチョコスナックと言う新境地か?
スティックタイプで甘いチョコ味をお求めならば
素直にポッキーやトッポやフランやその他類似品を買ったらいいさ。

美味しいとは言わないが、甘くも苦くもないチョコ味という
新たな味覚の世界を今後も開発して、いつか斬新かつ美味な
チョコ味スナックと言うのをお披露目してもらいたいという期待はちょっとある。
(言うだけならタダだし、無責任だ。)

グルメ
ブログ更新したぜ!
スポンサーサイト
2018/02/14

じゃがりこ 梅ちりめん味



堅あげポテトの梅、じゃがビーの梅、と来て、この度は
じゃがりこの梅。梅ちりめん味でございます。
DSC_0143_convert_20180214041416.jpg

「うめにまで見た、相性ばっちりめん」って書いてあるけれども、
梅とちりめんが相性バッチリって事なのかしら。
縮緬雑魚(ちりめんじゃこって漢字で書くと凄い字面)と梅干を
一緒に食べた経験が無いのだが、ほぼ梅干の味が勝つんじゃないのか?

皆の感想としては、
前回のじゃがビーの紀州の梅味の方が好きって声が多かった。
梅嫌いのアイツも、じゃがビーはイケるけど、こっちは無理だって。

僕の感想。やっぱり、ほぼ梅味じゃーん。
ちりめんって書かれてなきゃ、ちりめんの味って思わないよ絶対。
それよりも、じゃがビーとの大きな違いは、
じゃがビーは味付けが表面だけだから、口に含んだ最初に
「きゅんとすっぱい」んだけど、後はポテトの味で和らぐ。
逆に、じゃがりこは中に梅の味が練り込んであるから、
最初はソフトなんだけど、噛みしめるとジンワリと酸味が滲み出る。
梅が苦手なアイツもコレが嫌だったんだろうな(食べさせてゴメンね)。
逆に、梅の味が好きな人にはこれが美味しさの元になるだろう。

じゃがビーVSじゃがりこの(勝手に)梅味対決、多数決ではじゃがりこの勝ち。
だが、個人的には、じゃがりこの方も充分に美味い。強いて言えば
じゃがビーは、「いつもの感じ」なんだが、じゃがりこは練り込みの梅の味が
印象的で独自性を感じられる点で、じゃがりこに軍配を上げちゃう。
そして、その印象が強いもんだから、ちりめんが頭から抜ける。
食べられた量も少なかったしね(言い訳)。

ちなみに、じゃがビーを今ひとつと言いながら殆ど食べつくした奴は
じゃがりこの方が好きと言っていたから、こっちの方が好きと言うのだろう。
だが、罰として今回はお預けにした。

原材料名:じゃがいも(遺伝子組み換えでない)、植物油、ホエイパウダー(乳成分を含む)、梅ペースト、粉末植物油脂、デキストリン、食塩、梅味フレーク(大豆を含む)、砂糖、いりごま、でん粉、むろあじ付しパウダー、赤しそパウダー、乾燥ちりめん、梅肉パウダー、酵母エキスパウダー、こんぶエキスパウダー、エリスリトール/酸味料、調味料(アミノ酸等)、乳化剤、香料、着色料(紅麹、カラメル)、酸化防止剤(V.C、V.E)、甘味料(ステビア)

内容量:52g

おしまい。

グルメ
ブログ更新したぜ!
2018/02/14

じゃがビー 紀州の梅味



「きゅんとすっぱい」じゃがビーの梅味。
DSC_0140_convert_20180214041235.jpg
元々じゃがビーは内容量が少ないのもあるんだけどさ、
僕が食べる前に一人でバカみたいにバカバカ食う奴がいて、
自分の食べる分も他の人が食べる分も足りなくなっちゃった。
仕方ないから、同じ物をもう一度買ったら、また誰か殆ど食べちゃった。
そんなに美味しいか。確かに、元々少ないんだけどさ。

皆の感想としては、大体、好評。
梅が苦手なアイツもこれはイケるってさ。
塩気が足りなくて今ひとつ、という奴もいた。
これを言ったのが上記のバカみたいにバカバカ食った奴。
今ひとつだと?じゃあ、大量に食うな!

僕の感想。えー。きゅんとすっぱかったです。
普通に美味い。以上!

ポテチにはビッグサイズがある。
じゃがりこもL(ロング兼ラージ)サイズがある。
じゃがビーも大きいサイズを出したら良い。
グラン・じゃがビーとは別にね。アレも内容量は一緒だから。
その名も「じゃがビッグ」なんてどうだろう。ダジャレ好きだろ。

原材料名:じゃがいも(遺伝子組み換えでない)、植物油、食塩、梅肉パウダー(紀州産梅100%使用)、コーンスターチ、還元水あめ/調味料(アミノ酸等)、酸味料、香料(ゼラチンを含む)、甘味料(ステビア)、着色料(紅麹)、酸化防止剤(V.C)

内容量:38g

おしまい。

グルメ
ブログ更新したぜ!
2018/01/31

じゃがりこ コーンバター味



2017年の12月でしたかね。
金正恩がポテトチップスが特産品として評判になる様に
量産を指示したってニュースがあったのは。
私、ブログサークルという所でプロフィール画像を
ふざけて金正恩にしていたんですが、これはシンクロニシティでしょうか。
嫌なシンクロニシティですね。

今回は、じゃがりこのコーンバター味です。
DSC_0132_convert_20180131014811.jpg

人の感想

・ファミレスで頼むコーンの味。メチャクチャ美味い。
・コーンポタージュみたいな味。

そんなに気に入ったか。
僕の食べる分が余り残っていない。
短いのを含めて4~5本…。
そんなに少ないんじゃ、ちゃんと文章に出来ないよぅ…。

でも、ちょっと食べただけでも分かるのは、
じゃがりこの中でも味が濃いというか、クッキリした味だって事。
食べてるうちにジワジワ美味しさが広がるんじゃなくて、
一口目からすぐに分かる美味しさ。
他のスナックと同じ感じだね。
アッサリ目のじゃがりこが好きな人は逆に功徳を感じるかもね。
間違えました。クドく感じるかもね。
とんがりコーンも顔負けのコーン感だね。
コーンポタージュっぽいって感想も
きっとその濃厚さを表しているのだろう。知らんけど。

原材料:じゃがいも(遺伝子組み換えでない)、植物油、ミルクパウダー、乾燥とうもろこし、粉末植物油脂、砂糖、食塩、還元水あめ、デキストリン、コーンパウダー、たんぱく加水分解物(大豆を含む)、パセリ、酵母エキスパウダー、バターパウダー、ホワイトペッパー/調味料(アミノ酸等)、乳化剤、香料、甘味料(ステビア、スクラロース)、酸化防止剤(V.C)

内容量:52g

おしまい。
グルメ
ブログ更新したぜ!
2018/01/27

ドラゴンポテト



そうか、もうすぐドラゴンボール超のアニメが終了するのか。
良かった。見ないまま4カ月録り溜めっぱなしだったのが
際限なく増え続けていたところだったのが、ようやく目処がつくぜ。

ドラゴンつながりで、今回は「神ワザ食感」を謳う「ドラゴンポテト パワフルBBQ味」。
DSC_0126_convert_20180127145348.jpg
龍の手に握らせた丸いポテトがいかにも、ドラゴンボールを連想させる。
神ってワードも今のドラゴンボールと通ずるものがあるし。

袋のつなぎ目、開ける時につまむ、ちょっと見えづらいところに説明文。
「ゲーム、アニメ、映画、プロレス…様々なコンテンツを通して、
 ドラゴンはいつでもワクワクをくれる。ドラゴンと共に育った”ドラゴン世代”へ届け!
 ドラゴンポテト、ここに降臨!神ワザ食感にワクワクすっぞ!」

ワクワクすっぞ!って完全に悟空じゃないですか。
露骨なパロディにオラ、ウキウキすっぞ!(してない。)

つっかまえろ♪ドラゴンポテト♪
DSC_0135_convert_20180127152938.jpg
豪快に!繊細に!華麗に!

…華麗?
(とんがりコーンかな。)

「くずれ落ちる食感」「あふれ出すポテトの旨み」「パンチのあるBBQ味」

何かよく分かんねーけど、美味しそうじゃねーの。
後の二つはよくある奴だけど、くずれ落ちる食感ってのは珍しいね。
どんなもんでしょ。

皆の感想としては、
「けっこう美味しい」~「メチャクチャ美味しい」と、好評である。
また見つけたら買っておいてあげる、と約束をした人もいました。

・スコーンみたい
・おっとっとみたいな食感
・サッポロポテトのバーベキュー味に似ている

と色んなスナックの名前が出たのも特徴。もう一つ出た気もしたが、忘れた。

僕も、これ凄く美味しいと思いました。
実際、この記事を書いている時点で、2つめを購入済みである。
スナックとして王道でベタな味なんだけど、その中で頭一つ抜けてる。

詳細は、また今度。(ゴメンね。)

原材料名:ポテトペレット(じゃがいもでん粉(遺伝子組み換えでない)、乾燥じゃがいも(遺伝子組み換えでない)、その他)、植物油、砂糖、ぶどう糖、粉末醤油、食塩、デキストリン、香辛料、赤ワインパウダー、たん白加水分解物、ビーフエキスパウダー、酵母エキスパウダー、調味料(アミノ酸等)、香料、酸味料、着色料(カラメル、カロチノイド)、甘味料(ステビア、スクラロース、アセスルファムK)、(原材料の一部に小麦、乳成分、ごまを含む)

内容量:50g

グルメ
ブログ更新したぜ!