2017/10/08

KOIKEYA PRIDE POTATO 手揚げ食感 柚子香るぶどう山椒



手揚げ食感の2つめ。
柚子香るぶどう山椒。

「爽やかな香りが食欲をそそる高知県産の柚子皮と、
 和歌山県産ぶどう山椒のピリッと辛くキレのある風味。
 輪の味わいによって、じゃがいもの旨みが
 噛みしめるほどに引き立つポテトチップス。」

ぶどうの様に、房なりになる山椒、ぶどう山椒。
決して、ぶどうが使われている訳では無い。

開封すると、ほんのりと香る柚子。
味は如何なるものか。食らう。

柑橘系の味はそんなにしない。ちょっと甘め。
そして、「ピリッと辛くキレのある風味」という割に
あまりピリッとしないなあと感じた。
むしろ全然、山椒の辛さが無いよ。
スーッとするような独特の風味はあるけれど。
山椒のピリリを除いて風味だけ残した様な味に思える。

甘みはもう少し抑え目の方が良かったな。
甘過ぎ!って味では無いけれど、
甘さのお陰で柚子や山椒を味わう感覚が弱まる印象。
塩気は丁度良いと思う。これでもっと甘さ控えめだったら、
風味を味わうのに良い塩梅なのに、と思った。そして、
長崎平釜の塩をこの位の塩加減にしてくれたら良かったのに、とも思った。

他の人の感想

・食感が絶妙で美味い。

味付けも肝心なのだが、そこには触れずか。
これの塩味とか、カルビーのハードチップスとか
素材に拘ってます系が好きらしい。

・違和感のある味。パッケージの高級感に釣り合ってない。

不評である。

・服に貼る虫除けみたいな匂い。だから虫除け食べてるみたい。

散々である。

小池屋は、「素材を味わう」系を作るのにまだ不慣れなのではないか。
そんな事を思った次第である。

原材料:馬鈴薯(日本:遺伝子組み換えでない)、植物油、ぶどう糖、粉末しょうゆ(小麦・大豆を含む)、デキストリン、食塩、たんぱく加水分解物(大豆を含む)、砂糖、山椒、唐辛子、ゆず皮、オリゴ糖/調味料(アミノ酸等)、香料、酸味料、カラメル色素

内容量:60g

おしまい。
グルメ
ブログ更新したぜ!
スポンサーサイト
2017/10/06

KOIKEYA PRIDE POTATO 手揚げ食感 長崎平釜の塩



半年くらい前に小池屋から発売されたプライドポテト
売れ行きが良くて、ポテト不足の騒動が起こる前なのに
店頭で品切れが起こっていた。

ポテト不足の騒動が過ぎて、シリーズ再開である。
この新商品には「手揚げ食感」の文字も加わっておる。
パッケージ裏の能書きも少々変化がある。

「噛みしめたときの歯触りの心地よさ。
 噛めば噛むほどに広がる芋そのものの旨み。
 手作業でじっくりと丁寧に揚げていた、
 創業当時のポテトチップスのような
 絶妙な食感を追求しました。
 日本産のじゃがいもを100%使用し、
 老舗・小池屋のプライドをかけて職人の技で作りあげた、
 食感を楽しむポテトチップスです。」

職人の技で作りあげた、と言うと
まるで全て職人の手で揚げているかの様に思えてしまうが
どこのスーパー・コンビニにも置いてある程の生産量で
それはない。きっと、自動化した機械の設定が職人技なのだろう。

そして「長崎 平釜の塩」味の能書きは

「平釜で丁寧に炊きあげたまろやかな長崎県産の塩と、
 塩の味わいを引き立てる上品な国産まぐろの旨み。
 シンプルな風味によって、じゃがいもの旨みが
 噛むたびに際立つポテトチップス。」

長崎の塩が、そして平釜で炊いた塩がどんな物かは
よく分からぬけれども、ともかく円やかなんですね。
食べてみます。

普通の塩味…かな。他に何とも思えん。すまん。
というか、濃いな。塩気が濃い目。しょっぱい。
「濃い、カラッ、旨い。」って書いてあるけれど
ダイレクトな塩味は濃くしなくていいよお…。
幼い頃、小池屋のポテトチップスのうすしおを食べたら
物凄く濃くて「全然うすしおじゃないじゃん。濃いしおじゃん。」
と思ったのを思い出した。そういう所で昔に戻らなくて良いって。

まぐろ節の旨みも、ごめん、分からん。
食塩の次に多く使われているから、決して少なくないのだろうけれど
隠し味なのかな?意識して食べても、ずっと隠れておりました。
先に言われないと誰も分からないと思うぞ。
特に旨みが強いタイプの塩味じゃなくて
シンプルな塩味のタイプに近い。

硬さは、硬めだけれど、カルビーの堅あげポテト程じゃない。近いけど。
そして同じくカルビーのハードチップスよりは硬い。
カットが少し厚めなのかな。平たい厚切りと堅あげタイプの中間の触感。
形は、最初のプライドポテトは均一感があったのに対し
こちらは個体差があってバラバラ。風船の様に膨らんでいるのもある。

形にバラつきがあるのは良いのだけれども、
味の濃淡に差があるのはどうか。食べていると、
「あれ?最初に食べた時より濃く感じなくて、丁度良いな」と
思ったら、また濃いのがあったりして。このバラつきは何ゆえなのやら。

他の人の感想

・何の変哲も無いただの塩味。

僕もそう思った。

・めちゃくちゃ美味い。

そうか、君には違いが分かるのか。
君はハードチップス シーソルト味の時もそんな感想だった。
素材にこだわってます系の塩味の違いが分かる男なんだね。

・これ、ごま入ってる?
(いや、入ってないよ。まぐろ節なら入ってるけれど。)

あ!分かった!かつお節だ!

いや、かつおじゃなくて、まぐろだって。
まあ魚の節という点では同じだけれども。
その味に全く気が付かなかった僕には
鰹(かつお)と鮪(まぐろ)の違いも分からんのか!とは言えない。
とりあえず、魚介の旨みを感じ取る人間もいた。
最初、ごまとか言ってたけど。

原材料:馬鈴薯(日本:遺伝子組み換えでない)、植物油、食塩、まぐろ節、たんぱく加水分解物、昆布、酵母エキスパウダー、香味油/調味料(アミノ酸等)、香料(一部に乳成分・小麦・大豆・鶏肉を含む)

内容量 60g

おしまい。
グルメ
ブログ更新したぜよ!
2017/02/12

KOIKEYA PRIDE POTATO 秘伝濃厚のり塩

魅惑の炙り牛松茸香る極みだし塩に続いて三つ目。
DSC_0006_norisiohiden.jpg
秘伝濃厚のり塩。

「香り広がる日本産100%の青のりを贅沢に使い、
 芋の旨味を引き出す三種の塩(焼塩、藻塩、平釜炊きの塩)と、
 味わいを引き締める三種の唐辛子(細挽き、粗挽き、焙煎)を絶妙にブレンド。
 元祖のり塩の伝統を継ぎながら進化した、正統派ポテトチップス。」

日本で最初にのり塩のポテチを出したのが湖池屋なんだって。ほーん。
海苔の種類を3種にしたのは香り高いのり塩で既にやってたからか、
塩の種類と唐辛子の種類が3種類になっているぞ。
のりが青のりオンリーなのは元祖からの伝統を引き継いでいるからだぞ、多分。

例によって、違いが分からん。多分これは、三つ出たプライドポテト中で
最も普通のポテチとの違いが気付かれないのではないだろうか。
袋から皿に出して人に食べさせたら、普通ののり塩だと思ったまま食べ終えそう。
のり塩にこだわりがある人なら気付くのだろうか?

だが、オーソドックスなのり塩より唐辛子が効いてて少々辛いのは分かる。
ま、粗挽きとか焙煎とかは分かりませんがね。僕ぁバカだから分かんねー。

何だかんだ言って飽きずに食べ続けられちゃうのは
他のポテチよりクオリティが高いからかな?
それとも僕が単にジャンキーだからかな?
2017/02/12

KOIKEYA PRIDE POTATO 松茸香る極みだし塩

魅惑の炙り牛」に続く、KOIKEYA PRIDE POTATOの二つ目。


そう言えば「日本産のじゃがいもを100%使用」っていうのも
別に割と普通の事じゃないかなと思った。

「日高産昆布と焼津産鰹節。重なり合う二つの旨みを包み込む松茸の香りに、
 素材の味わいを引き出す三種の塩(焼塩、藻塩、平釜炊きの塩)を絶妙にブレンド。
 日本人の味覚にこたえる、和を極めた新定番ポテトチップス。」
だってよ。

ポテチに味付けする職人さん風の写真は「魅惑の炙り牛」と一緒で
使い回しだが、そこはこだわらなくても良いらしい。

先に言っておくと、産地の違いとか塩の違いとか俺には分からんよ、多分。
開封すると、おお、香ってきますね、松茸。ほんのりと。
これで良いのだ。そして、この位で良いんだよ。トリュフ使った奴は臭いからね。

「濃い、カラッ、旨い。」と書いてあるが、味はあっさり。
堅あげポテト 贅沢だし味は、けっこう甘じょっぱい味だったけど、
こちらは本当にダシを味わうのが主という趣きなのか、塩気も甘みも控えめな印象。
で、案の定、昆布や鰹節の違いは自分の舌では分からないが、どれかに味が偏ることなく
円やかに調和している事くらいは分かるよ。
三大旨味成分のグルタミン酸、イノシン酸、グアニル酸が揃い踏みだ。

出汁を味わうって意味では際立った味。「新定番」って言うけど
このパッケージでずっと店頭に並び続けるのだろうか。
美味しいけれど、「今だけ」な印象を拭い去れない。
2017/02/12

KOIKEYA PRIDE POTATO 魅惑の炙り牛

コイケヤから風変わりなパッケージのポテチが新登場。

一枚一枚にこだわってるぜ!的な意味で、
一枚ずつ並んだ写真なのかしら。

裏面の能書きはこうだ。
「素材、川の剥き方、洗い方、揚げ方、厚さ、油の種類、仕上げ…
 まるで料理を作るように、ポテトチップスづくりにこだわっていた
 創業時代の情熱をもう一度。
 日本産のじゃがいもを100%使用し、素材も製法も一切の妥協なく、
 老舗・湖池屋のプライドをかけて理想のおいしさを追求しました。
 軽やかなのに味わい深い、これぞ日本のポテトチップスです。」

創業時代の情熱やこだわりを失っていたかの様にも読めなくもないが
ともかく、妥協せずにプライドをかけて作ったのだそうだ。
こちらも心して食わねばならないね。でもまあ普通に食べるけどね。

で、食べた印象は普通。かな、割と。でも、ひと味違うかなとも思う。
オーソドックスなタイプのポテチでオーソドックスな味付けだから
大きなインパクトは無いんだよ。でも、言われてみれば何か違うぞ、となる。
確かに、揚がり方とか形とかサイズとか比較的整っていて、
やたら大きいとか焦げてるとかボコボコしてるとかが無いのだ。
同じ食べ物でもちょっと高い奴は、やっぱちょっと美味いよねっていう、あの感じだ。

厚みはほんの少し通常より厚めか。味付けもやや濃いめ。
だが、濃いのだけれど味が柔らかいのだ。優しい味付けとも言っても良いか。
湖池屋の濃い目のポテチって、食べ続けると舌が疲れる事があるんだけれど
そういうのが殆ど無い。一口目の印象を保ったまま最後まで食べられた。

魅惑の炙り和牛の味の説明は
「食欲をそそる和牛ならではの濃厚な旨みと、独特の炙り風味。
 味を引き締める黒胡椒のキレ。一度食べたら虜になる、個性はポテトチップス。」
と仰っているんだけれど、例によって「和牛ならでは」の味など僕は知らない。
原材料には「ビーフエキスパウダー」としか書いて無いから
和牛を使ってるの?と疑ってしまう。でも、濃厚な旨みは分かる。
それと炙りの風味もあった。でも黒胡椒のキレはそんなに感じなかったぞ。
どちらかというと、醤油の効いた円やかな印象のビーフ味だ。

個性派ポテトチップスと言うより、優等生ポテトチップスだと思う。
こだわってる感は凄く出てるぞ。