2017/02/12

KOIKEYA PRIDE POTATO 秘伝濃厚のり塩

魅惑の炙り牛松茸香る極みだし塩に続いて三つ目。
DSC_0006_norisiohiden.jpg
秘伝濃厚のり塩。

「香り広がる日本産100%の青のりを贅沢に使い、
 芋の旨味を引き出す三種の塩(焼塩、藻塩、平釜炊きの塩)と、
 味わいを引き締める三種の唐辛子(細挽き、粗挽き、焙煎)を絶妙にブレンド。
 元祖のり塩の伝統を継ぎながら進化した、正統派ポテトチップス。」

日本で最初にのり塩のポテチを出したのが湖池屋なんだって。ほーん。
海苔の種類を3種にしたのは香り高いのり塩で既にやってたからか、
塩の種類と唐辛子の種類が3種類になっているぞ。
のりが青のりオンリーなのは元祖からの伝統を引き継いでいるからだぞ、多分。

例によって、違いが分からん。多分これは、三つ出たプライドポテト中で
最も普通のポテチとの違いが気付かれないのではないだろうか。
袋から皿に出して人に食べさせたら、普通ののり塩だと思ったまま食べ終えそう。
のり塩にこだわりがある人なら気付くのだろうか?

だが、オーソドックスなのり塩より唐辛子が効いてて少々辛いのは分かる。
ま、粗挽きとか焙煎とかは分かりませんがね。僕ぁバカだから分かんねー。

何だかんだ言って飽きずに食べ続けられちゃうのは
他のポテチよりクオリティが高いからかな?
それとも僕が単にジャンキーだからかな?
スポンサーサイト
2017/02/12

KOIKEYA PRIDE POTATO 松茸香る極みだし塩

魅惑の炙り牛」に続く、KOIKEYA PRIDE POTATOの二つ目。


そう言えば「日本産のじゃがいもを100%使用」っていうのも
別に割と普通の事じゃないかなと思った。

「日高産昆布と焼津産鰹節。重なり合う二つの旨みを包み込む松茸の香りに、
 素材の味わいを引き出す三種の塩(焼塩、藻塩、平釜炊きの塩)を絶妙にブレンド。
 日本人の味覚にこたえる、和を極めた新定番ポテトチップス。」
だってよ。

ポテチに味付けする職人さん風の写真は「魅惑の炙り牛」と一緒で
使い回しだが、そこはこだわらなくても良いらしい。

先に言っておくと、産地の違いとか塩の違いとか俺には分からんよ、多分。
開封すると、おお、香ってきますね、松茸。ほんのりと。
これで良いのだ。そして、この位で良いんだよ。トリュフ使った奴は臭いからね。

「濃い、カラッ、旨い。」と書いてあるが、味はあっさり。
堅あげポテト 贅沢だし味は、けっこう甘じょっぱい味だったけど、
こちらは本当にダシを味わうのが主という趣きなのか、塩気も甘みも控えめな印象。
で、案の定、昆布や鰹節の違いは自分の舌では分からないが、どれかに味が偏ることなく
円やかに調和している事くらいは分かるよ。
三大旨味成分のグルタミン酸、イノシン酸、グアニル酸が揃い踏みだ。

出汁を味わうって意味では際立った味。「新定番」って言うけど
このパッケージでずっと店頭に並び続けるのだろうか。
美味しいけれど、「今だけ」な印象を拭い去れない。
2017/02/12

KOIKEYA PRIDE POTATO 魅惑の炙り牛

コイケヤから風変わりなパッケージのポテチが新登場。

一枚一枚にこだわってるぜ!的な意味で、
一枚ずつ並んだ写真なのかしら。

裏面の能書きはこうだ。
「素材、川の剥き方、洗い方、揚げ方、厚さ、油の種類、仕上げ…
 まるで料理を作るように、ポテトチップスづくりにこだわっていた
 創業時代の情熱をもう一度。
 日本産のじゃがいもを100%使用し、素材も製法も一切の妥協なく、
 老舗・湖池屋のプライドをかけて理想のおいしさを追求しました。
 軽やかなのに味わい深い、これぞ日本のポテトチップスです。」

創業時代の情熱やこだわりを失っていたかの様にも読めなくもないが
ともかく、妥協せずにプライドをかけて作ったのだそうだ。
こちらも心して食わねばならないね。でもまあ普通に食べるけどね。

で、食べた印象は普通。かな、割と。でも、ひと味違うかなとも思う。
オーソドックスなタイプのポテチでオーソドックスな味付けだから
大きなインパクトは無いんだよ。でも、言われてみれば何か違うぞ、となる。
確かに、揚がり方とか形とかサイズとか比較的整っていて、
やたら大きいとか焦げてるとかボコボコしてるとかが無いのだ。
同じ食べ物でもちょっと高い奴は、やっぱちょっと美味いよねっていう、あの感じだ。

厚みはほんの少し通常より厚めか。味付けもやや濃いめ。
だが、濃いのだけれど味が柔らかいのだ。優しい味付けとも言っても良いか。
湖池屋の濃い目のポテチって、食べ続けると舌が疲れる事があるんだけれど
そういうのが殆ど無い。一口目の印象を保ったまま最後まで食べられた。

魅惑の炙り和牛の味の説明は
「食欲をそそる和牛ならではの濃厚な旨みと、独特の炙り風味。
 味を引き締める黒胡椒のキレ。一度食べたら虜になる、個性はポテトチップス。」
と仰っているんだけれど、例によって「和牛ならでは」の味など僕は知らない。
原材料には「ビーフエキスパウダー」としか書いて無いから
和牛を使ってるの?と疑ってしまう。でも、濃厚な旨みは分かる。
それと炙りの風味もあった。でも黒胡椒のキレはそんなに感じなかったぞ。
どちらかというと、醤油の効いた円やかな印象のビーフ味だ。

個性派ポテトチップスと言うより、優等生ポテトチップスだと思う。
こだわってる感は凄く出てるぞ。
2017/02/02

ポトットプラス オリーブオイル×ハーブ&ソルト味

じゃが味+がパウダー後がけなら、こちらはオイル後がけ。
DSC_0008_convert_potottosolt.jpg
「オイルをかけて仕上げるポテトチップスの新しい楽しみ方です。
 油で揚げずに仕上げたのでオイルをかけても従来のポテトチップスに
 比べて油分を47%カット 1カップあたり129kcal です。」

健康志向の波はポテチにも波及しており、
揚げないポテチもチラホラ見かける事があるが
従来のポテチと比較して、どうしても食べ応えの面で
今一つ物足りない物が多いというのが現状。

それを、このポトットプラスはオイルを後がけすることで補おうという発想で来た。
そういう発想、悪くないと思う。これからもドンドン攻めてって。

「ハーブ&ソルトのさっぱりとした味わいにオイルをかけることで
 オリーブの香り広がるポテトスナックです。」

開封すると蓋の裏にこんな文が。
「エクストラバージンオイルってなんかすごそうな感じしません?
 (※オイルの中で最高級クラスのオイルです。)」

いや、凄そうっていうか長ったらしくて面倒臭い感じだ。
最高級クラスって大きく出たな。実際はそこまででもないだろう。
もっと高いオイルはあれこれ色々あるし、同じエクストラバージンオイルの中でも
ピンからキリまであるぜよ。ちなみに、エクストラバージンオリーブオイルは
世界で生産量を出荷量が大きく上回っているそうだ。
つまり、偽物もしくは不純なオイルが100%のオリーブオイルとして売られているって事。
それは日本も例外じゃないらしい。そして、それを判別するのは
実際に本物の純粋なオイルを味を知っている者じゃないと出来ないらしい。
自分らも知らずにそういう物を口にしているかもと思うと少しショックよね。

じゃが味+と違って最初からオイルをかける食べ方なのだが
試しに一口オイルをかけずに食べてみる。
ノンオイルもしくはオイルカットのポテチにありそうな、さっぱりとした味だ。
一応これだけでポテチ商品として成立しそう。でもやはり少し物足りない。

これに付属のオリーブオイルをかけて食べる。
容器の中にオイルを回しいれて蓋を抑えてシェイク。
これ、パウダーと違って、ちゃんと全体に広がるのか不安になる。

…ま、ある程度は万遍なく広まった様だ。多少のムラは許容範囲。
サラダのドレッシングだってそんなもんだ。
やたらテカテカしてるなあ。手に取るのがちょっと躊躇われる。
でも、美味しくなっている。オリーブオイルの香りもちゃんとする。
「ちゃんとしたオリーブオイルの香り」かは知らないが。

平坦だった味がスッと浮き上がって豊かになる様な。
3DSの3Dボリュームを上げる様な。
うん、書いてて大げさだなと思った。

味も悪くないし、独自性もあって良いと思う。
でも手が汚れちゃうね。フライドチキンを手掴みで食べたみたいになる。
すぐ手を洗える場所かティッシュが必要だね。
これを小さい子におやつにあげちゃマズイな。そんな事しないか。
ちゃんと手を綺麗にしようね。絨毯でぬぐっちゃいけないよ。
人の服も駄目だよ。
2017/02/01

じゃが味+ ポテトサラダ味~カレー味

コイケヤ 味チェンスナック!という、じゃが味plus

今回はポテトサラダ味がカレー味に!だってよ。
ポテトサラダもカレーも芋を使う食べ物だ。
というかポテトサラダはメイン食材だ。
ちゃんと変身は成立するのか、確かめてみよう。

まずは、そのまま食べてのポテトサラダ味。
うーん、薄味だね。こういう味のポテトサラダだったら
少し味気無いと感じるね、自分だったら。
ほんのり酸味がある。マヨネーズの酸味って事かしら。
サワーうすしお。そんな感じだ。キャロットパウダーも使われているが
ニンジンの印象はほとんど無いぞ。

さっさと、味チェンしよう。味チェンパウダーを投入し、シェイク。
色があんまり濃くならないので、不安。
でも、食べてみると、しっかりカレー味になっていたので安心。
こっちは、しっかりとした濃さのカレー味だ。
カレー粉をそのまま、まぶしている様な味に感じてしまう。
だが美味いな。ストレートなカレー味。ニンジンの印象はほとんど無いぞ。

以前のカルボナーラ味もそうだったけれど、
やっぱり味チェン後の味がメインなんじゃなかろうか。
シェイクの時にパウダーがこぼれて少しテーブルが汚れたし
いっそ最初からカレー味で食べたいところだが、
それだと商品コンセプトそのものの否定になってしまう。

味チェンの前も後も甲乙つけ難い美味しさってのが理想かもしれないが
それはそれで、別々に売ってくれ!ってなりそうではある。
味チェン後の味が不味くてガッカリってのが最も良くないパターンだから
そうなってさえなければ良しとしようか(それはそれで面白いかもしれないが)。