2018/07/04

ポテリッチ 和牛ガーリック味



今それを紹介しても仕方ないんじゃねシリーズ。
ポテリッチの和牛ガーリック味。半年程前に販売されていた。
DSC_0196_convert_20180704081415.jpg

鉄板で焼いた和牛にローストガーリックを絡めた
味わいのポテトチップスです。ガーリック独特の
香ばしい風味とジューシーな肉の旨みが楽しめます。


誰かの感想

ポテトチップス 香味にんにくの方が美味かった。

ビーフの味がとても強かった覚えがあります。
あとはよく覚えておりません。
いつか、同じ味が発売される日が来れば、またその時。

原材料名:じゃがいも(遺伝子組み換えでない)、植物油、食塩、砂糖、コーンスターチ、ビーフパウダー(仙台牛100%使用)(小麦・大豆・鶏肉・豚肉を含む)、ガーリックパウダー、酵母エキスパウダー、粉末しょうゆ、オニオンパウダー、唐辛子、粉末植物油脂、黒こしょう、赤ワインパウダー/調味料(アミノ酸等)、香料、カラメル色素、酸味料

内容量:73g

おしまい。

スポンサーサイト
2018/05/04

ポテリッチ 炙り和牛と塩味



カルビーのポテリッチ、炙り和牛と塩味。
DSC_0258_convert_20180504154038.jpg
「和牛を炙って香ばしく焼き上げた味わいのポテトチップス。
 塩味が和牛の旨味を引き立てた、
 コク深く食べ応えのあるおいしさです。」

和牛なんて長いこと食べてないや。

皆の感想

・厚みも塩加減も良くて美味しい。
・肉と言うかタレの味。
・そんなに和牛って感じしない。
・うまい棒牛タン味を薄くした様な味。

僕の感想。牛さん感じるぜ。ちゃんと。
和牛かどうかは知らん。とにかくビーフだ。
そこはハッキリ感じる。ビーフパウダーは
仙台牛100%使用ですから和牛なんでしょう。
和牛って何だっけ。

塩味なのに、タレの味とか言われちゃってる。
砂糖もガーリックも粉末しょうゆも使ってるから
仕方ないね。でも、それらは引き立て役だと
僕には感じられた。あくまで表立って出てくるのは
牛の味と、塩の味。そして、肉の臭み?えぐみ?
何て言ったら良いのだろう、表現が間違ってたらすみません、
牛肉が嫌いな人の、抵抗を感じる原因であろう、
良く言えば風味でもある、牛肉の独特の味も感じられる。

故に、その辺りで好みが分かれるんじゃないかなと。
僕は好きでも嫌いでも無い。まあ、牛肉感あるよねー、とだけ。
うまい棒牛タン味は知らないが、言われると牛タン連想しちゃう。

原材料名:じゃがいも(遺伝子組み換えでない)、植物油、砂糖、食塩、コーンスターチ、ビーフパウダー(仙台牛100%使用)(小麦・大豆・豚肉を含む)、デキストリン、酵母エキスパウダー、たん白加水分解物、ガーリックパウダー、粉末しょうゆ、こしょう、粉末植物油脂、チキンパウダー、乳等を主要原料とする食品/調味料(アミノ酸等)、香料、酸味料、カラメル色素

内容量:73g

おしまい。

グルメ
ブログ更新したぜ!
2018/04/04

ポテリッチ ガーリックチェダー味



カルビーのポテリッチさんから、ガーリックチェダー味が。
DSC_0201_convert_20180404160255.jpg
「香ばしいガーリックと濃厚なチェダーチーズが
 絶妙にマッチした味わいのポテトチップスです。
 コク深くやみつきになるおいしさが楽しめます。」

美味しそうだね。間違いないでしょ。ハズレの筈が無い。

皆の感想

・美味しい。
・美味しくない。
・美味しいけどガーリックいらね。

感想がバラけた。
個人的にはアリだと思うけどな。
チェダーだけ味わいたい人は他にそういうポテチあるし、
そっちを食べればいいさ。僕はこの組み合わせの妙って奴を
楽しみたい。と言ってもチーズとニンニクは
珍しい組み合わせでも何でもない、むしろ定番であろう。

ガーリックの味も濃厚だが、それだけではキツイと感じる
僕の様な人間でも、これまた濃厚なチェダーの味わいが
それを包み込んで食べ易くしている。濃厚+濃厚で
互いに打ち消し合う事なく、かつ過剰にもならず調和している。

チーズが濃厚で、ガーリックも効いてて、ギザギザカット…
という共通項からピザポテトを連想する味でもある。
ピザポテトが好きなら好きかも知れない。トマトの味は無いけど。

チーズ味だけ求める人には不評だったが、
果たしてガーリック大好きさんには如何か?
今回はタイミングが合わず食べてもらう事は無かったが
きっと好きな味なんじゃないかなぁ。
ニンニクってそれだけで齧って食べる事は少なくて
どんなに強烈でも他の食材と合わせて食べる事が殆どだもんね。
だから、ガーリックが余計って人は居ても
チーズが余計って人は少なかろう。

グルメ
ブログ更新したぜ!
2017/09/27

ポテリッチ 山わさび醤油味



「ツンとした刺激的な辛さの山わさびと、
 旨みのある醤油が合わさった味わいのポテトチップスです。
 ピリ辛で深みのあるおいしさが楽しめます。」

山わさび。別名、西洋ワサビ。ホースラディッシュ。
本わさびを売りにしたポテチはあったけれど、
山わさびを名称に加えてるのは珍しいね。
ちなみに、水を加えて練るタイプのS&Bの粉わさびは
この山わさびが原料だぞ。

本わさびと山わさび、今まで違いがよく分からないと思ってたけど
ポテチになったのを食べてみると案外と違うもんだなあ。
味の感想としては、大雑把に言って
そのまんま、わさびを溶いた醤油の味、なんだけれど、
本わさびを使ったポテチのそれに比べると
如何にもわさびらしい風味は強くないのだ。

それで、ピリッとした刺激は強め。ツンじゃなくてピリッだと思う。
なので、わさび醤油よりも生姜醤油を連想した。
パッケージの写真も擦り下ろした生姜っぽいしね(笑)。
わさび味が苦手でも、もしかしたら大丈夫かも知れない。
ピリッと刺激のある醤油味って感じだ。わさび味というよりは。

他の人の感想

・わさびの味ばっかりで、醤油の味がしない。

嘘だろ。山わさびの刺激ばかりが印象に残って
醤油の味に意識が及ばないのだろうか。

・お酒のつまみって感じだ。ポテチ単品ではちょっと進まない。

確かにつまみには合いそうな気がする。

おしまい。
グルメ
ブログ更新したぜ!
2017/04/27

ポテリッチ 柚子胡椒チキン味

本日はポテリッチ。いつもの期間限定。
DSC_0008_yuzukoshouchiken.jpg
期間限定ばっかりだな。レギュラーのポテリッチは存在しないのかな。

「香ばしく焼いたチキンに柚子胡椒をのせた味わい。
 爽やかな柚子の風味にピリッとした唐辛子の辛味、
 香ばしくジューシーなチキンの旨みが合わさり、後引くおいしさです。」

柚子胡椒って、胡椒と言いながら使うのは唐辛子なのよね。
どういう経緯でこの名前になったのやら。言い出しっぺが適当に言ったか
勘違いしたのが広まったんじゃないかと思ってしまっ…
たのだけれど、どうも、胡椒とは古語で唐辛子を指すらしい。
勘違いしていたのは自分だったのだ。あー、ググっておいて良かった。
柚子唐辛子だと歯切れが悪いしね。柚子胡椒。こっちの方が言いやすいよね。

柚子胡椒がめっちゃ効いてるね。柚子と青唐辛子の風味がモワッと口に広がり…
原材料に唐辛子って書いてあるけれど、これ青唐辛子だよな?と思ってまたもやググる。
赤唐辛子も青唐辛子も同じ唐辛子で、青が熟成したのが赤なんだって。
へえ、知らんかった。ブラックペッパーもホワイトペッパーも、ついでに
グリーンペッパーも同じ胡椒なのは知ってたけど、唐辛子の赤と青もそんな関係性だったとは。
ちなみにピンクペッパーは全く別の植物だ。あいつ、ミックスペッパーなんかに
他の3種と一緒にしれっと混ざってるけど、辛くも無ければ風味も全然違うからね。
仲間だと勘違いして買ったピンクペッパーがずっと余ってるよ。
ピンクペッパーなんか嫌いだ。

そう、んで柚子胡椒が効いててね。チキンの味もするんですよ。
だけど、ポテチでチキンってチキン味じゃ無くてもあっちこっちでやたら使われてて
コンソメではほぼ確実に使われてるし、下手したらビーフ味でもポーク味でも
使われている事があるのですよ。なもんで、何時もの馴染みの風味になってるんで
相対的に柚子胡椒の味が印象を大きく占めて、チキンが引っ込む。

チキンの味もするんですよ。口に入れた直後は、おっ柚子胡椒!って感じて
その後にジワーッとチキンが感じられて、最後にまた柚子胡椒。
柚子胡椒に挟まったチキン。パッケージ写真だと、手前にチキンがデーンと写ってて
柚子胡椒は後ろにチョン。逆、逆。正しくは柚子胡椒を手前にドーンだ。
もしくは、チキンに柚子胡椒てんこ盛り。

面白いもんだね。原材料を見ると、チキンパウダーはかなり手前で多めに使ってて
ゆずこしょうパウダーはかなりの後方で少なめ。ま、ゆずって香り付けで
ほんのちょっと使ってもかなり強いから、そんなもんなのかも。
そしてチキンパウダーが(豚肉を含む)ってのは何事なのかと思う。

濃厚な味付けにこだわるポテリッチ故にチキン味を加えたんだね多分。
他だったらシンプルに柚子胡椒味にしてそうだ。
おしまい。

↓クリックすると、神田沙也加おめでとう。