2017/06/20

ピザポテト バジル&ガーリック



とうとう、ピザポテトが復活し、販売が再開されましたねえ。

あれっ!?普通のピザポテトとパッケージが違う?
バジル&ガーリック?新しい味が出たの?そんなの見かけなかったよ?

なんつってね。これは2015年の頭の頃に発売された昔のピザポテトなのだ。
ごめんね。ここは、ポテチを新旧、織り交ぜて紹介するブログなのだ。だった筈なのだ。
毎日の様に出る新商品を追うように、いや追われるように更新してたら
昔のポテチの記事なんかずっと書けずにいたのだよ。
そのくせ、書き損ねた、というか買い損ねたポテチもあるけれど。
ヤマヨシのクレイジーソルト&ビーフと、瀬戸内レモンタルタルマヨビーフ。
その翌日以降に発売された諸々よりも美味しそうな雰囲気で惜しまれるぜ。

昔のポテチ何か紹介されても、これからポテチを買うのに何の参考にもならない、
と思うでしょうが、「そんなポテチもあったんだなあ」と知っておくのも良いでしょ。
温故知新。ポテチの古い情報を覚えて何の役に立つんだって言われたら、困っちゃう。

「ジェノベーゼをイメージした新しいピザポテトが期間限定で登場!
 爽やかなバジルの風味にガツンとしたガーリックの旨み
 そしてピザポテトならではのとろ~りチーズがマッチしたおいしさです」

開封した途端に、めちゃくちゃバジルの香りが広がる。強烈なまでに。
そして味もジェノベーゼ!一色な感じだった。パッケージイラストにも
ジェノベーゼソースとバジルがたっぷり使われている様子が描かれているが
そんなもんじゃなくて、もうジェノベーゼソースを直に舐めているかの様な味であった。

爽やかなバジルの風味と書いてはあったが、もう爽やかなんてもんじゃなかった。
ニンニクの風味も相まって、濃厚モワモワ~、である。
一方、「とろ~りチーズをトッピング」してあるはずなのだが、こっちはムラがあるのか
ピザポテトお馴染みのボテッと表面についてるチーズが無いチップが多い。
原材料にはチーズパウダーが上の方に書かれていたから、とろ~りチーズ、
じゃないチーズパウダーが多く使われていたのかもね。チーズの味自体はしたし。
美味しかったぞ。

というわけで、バジルの風味が苦手じゃ無ければお勧めだぞ!
って、もう今は買えないのか、いっけね!また同じようなのが発売されると良いね!
カルビーの完全な新作が出るのはいつの事になるやら。

おしまい。
スポンサーサイト
2017/04/04

ピザポテト 明太マヨPizza味

期間限定のピザポテトだよ。

期間限定と言ってもどうせ来年あたりも同じの出す気がするよ。
君もそう思わないかい?見覚えがある気がしないかい?

「こっくり」って書いてあるけど、味の表現にこっくりって、
自分は全く使ったことが無いので違和感を受けてしまう。
居眠りして頭が揺れる時の擬態語としてなら、分かるのだけれども。

ググると、辞書にはこういう意味も載っているらしい。
「色合いや味などが、濃かったり深みがあったりするさまを表す語。」
「食物にうまみがあって味わいが深いさま。」
コクがある、と殆ど同じように使われると思っていいのかな?
自分は今後も使わないけれど。

キャンペーン告知にパッケージのスペースを割いていて
味に関する能書きが無いので、ただただ味の感想を述べよう。

あんまり辛くない。辛子明太子じゃなくてただのタラコかな?
と思ってしまう。…でもちょっとだけピリッとする。
ま、文字の意味で言えば、「明太」だけじゃ辛子明太子を
表す事にはならないのだけれどもね。そうは言っても、
原材料の明太子パウダーとは、辛子明太子のそれだろうけれども。
イメージ的には、真っ赤っかな、いかにも辛い辛子明太子じゃなくて
あれ?これ、辛子明太子だったの?くらいの辛さの奴だ。

マヨネーズの味はしないんじゃないかな。…マヨはマヨネーズの意味だよな?
原材料にもマヨネーズの文字は無いし、マヨネーズの元の一つである
卵も見当たらない。うん、マヨネーズの要素は無いね、多分。
漠とした明太マヨのイメージからは外れた味では無いけれども。

チーズの味は当然するから、その酸味と円やかさで
何となくマヨネーズっぽさを補っているのかも知れない。あとは思い込みだ。
明太マヨ味っていうか、どちらかと言うとタラコチーズ味かな。まあ、
辛さもあるし明太子パウダーも使っているから辛子明太子の味じゃ無いと言うのは意地悪か。

いつものピザポテトからトマトの味を抜いて、タラコ(明太子)の味を足した感じ?
タラコとチーズだけだと、何処にPizzaの要素があるのかって思ったけど、
バジルが辛うじてそれらしい要素として含まれている。
パッケージ写真のピザにもバジルソースが掛かっているしね。

昔、イタリア人が居酒屋の明太子ピザを「こんなのピザじゃない!」と
講釈をたれつつ、美味しくて食べ続けた、ってコピペがありました。
このピザポテトも同様に、こんなの明太マヨPizza味じゃねーじゃん!
と突っ込みつつ、とても美味しかったのです。



2017/03/01

何がNEWなのピザポテト

「NEW」ってあるから、買ってみたんだが。

チーズのイラスト?写真?と共にNEWってあるから、
恐らくチーズに関して何かが新しいのだろう。何が新しいんだろう?
デザインもちょっと変わったかな。
裏面を見ても「とろ~りチーズレボリューション!」と、
プレゼントクイズの事ばかりデカデカとスペースを占めていて、
何がNEWなのか分からない。何なんだよ。教えてくれよ。

スーパーで近くに売っていたBIGサイズにはエメンタールチーズと
チェダーチーズがどうのこうのと書いてあった。
その2つを使ったのが新しいの?それとも割合?
以前のピザポテトはどうだったんだろう。
ともかく食べてみよう。

記憶の中のピザポテトとそう印象は変わらない。
チーズが違う筈なんだよな?ここで、通ぶって「エメンタールの風味が…」
とか言ってみたいものだが、ごめん、そういうの無理だ。
ピザポテトを常食してる様な不健康な人には分かるのかも知れない。
まあ、同じ名前で味が大きく違ってしまったら、それはそれで問題だわね。

それよりも気になるのが、ほんのり辛味があるって事。
ピザポテトって昔からピリ辛だったっけ?そうだったらすみません。
弱めの辛さではあるが、食べ続けてたらハッキリ舌に残る程度の辛さはある。
原材料にも唐辛子ってあるしね。もし、これも変化の一つだったとしたら、
チーズの種類や分量なんかよりも、よっぽど大きな違いである。
勘違いだったらすみません。

それにしても他のポテチと比べて、多種多様な原材料を使っている物だね。
下の方の一つくらい抜いても分からないんじゃないかって思ってしまう。
2016/12/22

ピザポテト 4種のフロマージュpizza味

クリスマスまでっぽいやつ。
DSC_0004_4syucheese.jpg
ピザポテトの4種のフロマージュpizza味
元々ピザボテトなので要はチーズ味。
ていうか、ピザポテト自体にチーズが乗っているので
4種類云々がなければオーソドックスなピザポテトなのでは。

食べてみる。いつものピザポテトっぽい。
違うのは、トマト感が無いこと。
これだと、ただのチーズ味ポテチじゃねーかと思うが、
ギザギザのチップスにトロッとしたチーズが乗っていると
それだけでピザポテトだなと感じてしまう。
つまり、ほぼオーソドックスなピザポテト。
トマトよりチーズを強調しましたバージョン。

ジャガビーのフロマージュ味は凄く美味しく感じたけれど、
こっちは普通だったな。

ピザポテトとジャガビーとじゃがりこの3種で
パッケージイラストのストーリーが繋がるらしいけど
知ったことではない。
2016/12/15

ピザポテト サーモン&チーズ

久々のピザポテトだ。
DSC_0002_samonja.jpg
サーモン&チーズ。
ピザポテトは基本的にチーズが乗っているので事実上のサーモン味。
ここで一つ問題がある。これは期間限定の商品なのだが。
パッケージ裏には「ピザポテト 秋の饗宴」の文字が。
この記事を書いている時点で季節はもはや冬。完全に遅い。
食べたくなっても、もはや店頭にはまず並んでいない。
済まないね。私は非常に機を見るに鈍なのだ。

食べてみると、普通のピザポテトにかなり近い印象。
サーモン感は弱め。パッケージイラストには一切れに薄いサーモンが
3枚乗っているが大袈裟だ。ペソッと1枚だけにしておいた方が良かった。
噛み締めると味の奥の方でじんわりと感じるくらいだ。

実際、原材料を見ても、ガーリックパウダーや魚醤パウダーが先に来て
次いで幾つかのハーブ、そして鮭パウダーは随分と後方に書かれている。
「香り豊かなスモークサーモン」の風味は、最後に書かれている「くん液」を
加える事で演出しているのだろう。燻製っぽさもほんのり、あるっちゃ、ある。

でも、やっぱり普通のピザポテトっぽい印象が強い。
食べ易い味を追求するうちにサーモンの割合が減っていったのかな?
何となく、普通のピザポテトよりもクドさが無くて食べ易い味になっていた気がした。

お勧めしようがしまいが、店頭で買える事はもうまず無いな。
でもAmazonでは売っていたぞ。リンクはしないぞ。もう一人で買いに行けるよね?