2017/12/27

ポテトチップス パクチー味



「噛みしめてクセになる」という、
数量限定だったカルビーのポテトチップス、パクチー味。
小さい袋で、堅あげタイプなのに、名称は普通のポテトチップスなんですね。
使い分けのパターンが分からない。とりあえずカテゴリは「普通じゃない奴」だ。

「噛みしめるほどにクセになるおいしさ!
 かため食感のポテトチップスで、風味4倍※の濃厚なパクチー味が楽しめます。」

4倍って言うのは2017年3月に発売された、
同じくカルビーのポテトチップスパクチー味との比較。
どんだけ濃いのやら。好き嫌いの分かれるパクチー。
ちなみにパクチーの香りはカメムシの匂いと同じ成分だそうだ。
これは感想もバラバラになりそうだ。

みんなの感想

・パクチーは苦手だけど、試しに食べてみたら、意外とイケる。
・香りがホワーッと来て、美味い。
・一口で、これはダメな奴だと思った。無理。もう少し薄いと食べられるんだけど。
・パクチーじゃなくても…。

ま、分かれましたね。僕は平気でした。
平気だけれど、クセになるかっていうと、それも別に。
2017年3月版のパクチー味がどんだけの味だったか知らないけれど、
4倍のパクチー風味というのこれ、あんまりキツいとかエグいとか無いわ。
もっと凄いの想像してたんだけどね。そこは上品なカルビー。
パクチー大好きな人だと、まだ物足りないかも知れない。
これがヤマヨシだったら常軌を逸した事をやらかしてくれそうだったところ。

こういうハーブの香り、嫌いじゃないけれど、ポテチで味わわなくても良いかな、
というのが正直な感想である(個人の感想です)。料理のアクセントってので良いんだよ。
また、パクチーの他に、レモンの香りと味がほんのりとして、爽やかさを添えております。
どうせなら、それも説明文やイラストでアピールしたら良かったんじゃ。
このレモン風味のお陰で、パクチー苦手だったけどこれはイケる、
という感想も出たのかも知れない。
逆に、僕はこのレモン風味の無い、ひたすらパクチー味、だったら
どんな風な味に仕上がっていたのか気になるけれども。

好きな人は好き、駄目な人は駄目、という予め分かっていた様な結論ですが。
どうせ、パクチー好きな人しか買わないだろうから、まあいいか。
パクチー好き以外にもおススメ!とは言わないぞ。

原材料名:じゃがいも(遺伝子組み換えでない)、植物油、コリアンダーシード、食塩、デキストリン、コーンスターチ、パセリ、チキンパウダー、レモングラス、レモン果汁パウダー、パクチーパウダー、たん白加水分解物(小麦を含む)/調味料(アミノ酸等)、香料、酸味料、酸化防止剤(ビタミンC)

内容量:45g

おしまい。
グルメ
ブログ更新したぜ!
スポンサーサイト
2017/11/23

ぽいっと! 発酵バター味



「噛んで味わうひとくちポテト」の、ナッツソルト味に続いて発酵バター味。

「発酵バターの軽やかな風味と程よいコクがとまらないおいしさです。」

皆様の感想

・円やかで美味しい。
・パッとしない。
・匂いが強くて、ちゃんと発酵バターらしい。
・味が濃い。

私の感想

一瞬、チーズとかヨーグルトとか他の発酵乳製品を連想したのは
発酵バター故かな。味は強いて言えばチーズ味に近い。
独特の後味がじんわりと口に残って、ああこれが発酵バターの風味か、
と思う。軽やかな風味だとは思わないな。むしろ重いと言ってもよいのでは。
特に濃いとも思わないが、この独特の風味、クセと言ってもよいか、
これが印象的で濃いと思わせるのかも知れない。
何にせよ、他のバター味とは一味違う風味ではある。
バター味ってやたら甘いのばっかりじゃん、って思ってる人は
これは向いているのかも知れない。甘味が無いわけじゃないけど。

グルメ
ブログ更新したぜ!
2017/11/05

NATURAL Calbee ポテトチップス チェダーチーズ味



NATURAL Calbeeのシリーズって、全部ハードチップスかと思ったら
2つがハードチップスで、2つが普通のポテトチップスだったんですね。
どうりで堅さが違うと思った。以前の記事タイトル、直さなきゃ。

「堅つま」シリーズの燻製チーズ味と
どちらが好みか、意見が分かれた、このチェダーチーズ味。
どちらも美味しいが、僕は燻製チーズ味の方に軍配を上げた。
ただし、味の濃いのと薄いのを同じタイミングで食べたら
濃い方が印象に残ってしまうだろう、という点を考慮して
別の人にこちらを単品で食べてもらおう。

・軽い感じだ。チーズ好きにはいいかも。

燻製チーズ味が一枚一枚、噛み締めて味わうものだとしたら、
こちらは何の気なしにパクパクと食べ続けて楽しむ味だろうか。
前者がズッシリとした美味しさなら、後者はその軽さが程よい、と言える。
チーズの味が薄めの奴にたまにある、妙に甘いという事も無い
さっぱりとした食べ易い味だ。同じチーズ味でも違ったコンセプトで
ちゃんと異なった特色が現れていて、購入する側も趣向によって
選び分けられるのが良い。大袈裟だな。そこまで考えて買う奴ぁいない。

おしまい。
グルメ
ブログ更新したぜ!
2017/10/29

骨っとポテト 濃厚鶏ガラ味



カルビーから発売のハロウィン仕様のポテトチップスである。
ハロウィン終了までに記事にすれば良いかと思っていたが
よく見たら数量限定であった。この記事を読んでもらっても
もう既に店頭には並んでいないかも知れない。しくじったな。
製造日を見てみたら、8月28日とあるし。
そんなに前から作ってたんかい。

「まるで骨食感!?の堅いポテトチップス!」
「鶏肉を骨ごと!?食べたかのようなカリッと硬め食感で、
 噛むほどにじゃがいもと鶏の旨みが広がります。
 噛みしめるおいしさのポテトチップスを是非お楽しみください。」

という、骨っとポテト。
食感がよほど斬新らしい。そうか、そんなに堅いのか。
それは、顎を鍛えるのに丁度良いかも知れないね(適当)。

皆様の感想

・美味い。めっちゃ美味い。とにかく美味い。
・硬さというか、食感が絶妙で、美味。
・噛み応えが良くて、美味しい。

なかなか好評である。
僕の感想としても、美味しいと思う。
そこまで絶賛する程か?とは思うけれども。
ただ食感は確かに斬新である。
ギザギザカットで、かつ、堅あげ。
これ今まで無かったような。あったとしても、滅多に無い。
ギザギザの形と分厚さ、堅あげによる捻じれで、
独特の食感が出ている。

味は、鶏ガラ味というか、フライドチキンみたい。
それもケンタッキーフライドチキンを連想する様な。
或いは、カップラーメンのスープにこんな味がありそう。

(また後で続きを書きます)

グルメ
ブログ更新したぜ!
2017/10/27

ぽいっと! ナッツソルト味



カルビーは新商品を出すの張り切りすぎ!
じゃが芋不足の間に溜まってた企画を今になって噴出させてるのかな?

今回は、「噛んで味わうひとくちポテト」の「ぽいっと!」

以下は「ぽいっと!」の説明。

「くちにぽいっと!食べやすい
 ひとくちサイズで、味わい深いかため食感がたのしめる。」
「バッグにぽいっと!いれちゃおう
 持ち運べて、1袋204kcal。」
「さらに わたしに嬉しい
 プラズマ乳酸菌1000億個入り。」

プラズマ乳酸菌は、ぽいっと入ってる訳ではないらしい。
ところでプラズマ乳酸菌って何でございましょう。
よく分からないがプラズマって言うだけで何か凄そうな感じはする。
超常現象を何でも「プラズマです」って片付けてた人を思い出しもする。
実際のところは、簡単に言うと免疫力アップに効果的、らしい。
その辺の詳細はここでは取り扱わないよ。
うちは、ただただポテチの味をどーこー言うのみ。

ナッツソルト味に関する説明は、
「香ばしいナッツの風味とコクが特徴のある
 まろやかな塩味です。」
とのこと。

他の皆様の感想

・薄い。ナッツなの?
・まあ、ナッツっぽい味なのかな。
・風味が強くて、柿の種みたい。

僕の感想。
確かに薄味だね。うま味を効かせた、よくある〇〇ソルト味っぽい。
ぽいっと!だけに。違うのはやはりナッツの風味だね。
アーモンドの風味が、他との差別化になっていて
その点で新鮮味を感じられて面白い。

塩加減はあっさり目だけれど、それがちょうど
ナッツに塩をまぶした感じになっていて、
硬めの触感も相まって、ナッツをボリボリ食ってる感覚を思わせる。
食感はアーモンドじゃないのでアーモンドを食ってる感覚じゃないけれど、
何だか分からんけれどナッツを食ってる様な気分に。
他の人からは微妙な反応もあったけれど
僕はこれはアリだと思う。

健康に悪い食べ物の代表であるポテチで乳酸菌がどうのと言われても
それが購入意欲をそそる物なのか、やや疑問はあるが
それでも、お菓子を買う時の不健康な食生活に対するバツの悪さを
このプラズマ乳酸菌の表記が軽減してくれるかも知れない。
もっとも、本当に健康意識の高い人は
ナッツ味のポテチじゃなくてナッツを間食にしている。

原材料:じゃがいも(遺伝子組み換えでない)(国産)、植物油、デキストリン、食塩、ぶどう糖、コーンスターチ、こんぶエキスパウダー、ココナッツミルクパウダー、殺菌乳酸菌ふんまつ(プラズマ乳酸菌)、アーモンドパウダー/調味料(アミノ酸等)、香料、カゼインNa(乳由来)、酸化防止剤(ビタミンC)

内容量:40g

おしまい。
グルメ
ブログ更新したぜ!