2018/06/08

ポテトチップス トムヤムクン味



名称は普通のポテトチップスのシリーズだが
形状も袋のサイズも普通のそれじゃないポテトチップス、
トムヤムクン味。
DSC_0293_convert_20180608063240.jpg
小さいサイズの袋で堅あげタイプ、
むしろ同じカルビーなら「ぽいっと!」に似ている。

「噛み締めるほどにクセになるおいしさ!
 辛味と酸味、複雑なうまみが絶妙なバランスの後引くおいしさ。
 赤唐辛子、青唐辛子、生姜、コリアンダーの
 4種のこだわりスパイス配合で、本場さながらの風味が楽しめます。」

本場じゃないけれど、以前に食べたトムヤムクンは
そんなに好きな味じゃなかったなー。たまたまその店の味付けが
自分に合わなかっただけかな。

みんなの感想

・臭いけど美味い。
・自分の好きなカップヌードルのトムヤムクンの味みたい。
・好きだけど、好みが分かれそう。

好みが分かれそう、という感想もあったが
とりあえず3人が美味いと言うので、賛否の賛の方が多くなりそうだ。
僕はと言うと、僕も美味しいと思いました。

好みが分かれそうな要因の大きな一つ。
コリアンダー!こいつは別名、パクチー。
好き嫌いの分かれる食材の代表である。
個性が強いので「あ、パクチー入ってる」って速攻で分かるけれど
「パクチー味」と違って、あくまで味全体を調える調味料の
一つという感じなので、よっぽど毛嫌いしてない限り大丈夫。

後は辛味と酸味と甘味が同居しているのも独特で
それも好みが分かれそうなポイントだろうか。
そこがトムヤムクンの個性でもあるのだけれど。
だが、大抵の辛いポテチには甘みが使われているし
酸味のある辛い食べ物としてはキムチが慣れ親しまれているし
ここで抵抗を感じる人はそこまで多くないんじゃないかなと思う。

甘くて辛くて酸っぱくて旨味があって…
その複雑な旨味を演出する一つが魚醤パウダー。
あとえびパウダーも入っているのか。
ああ、辛味と酸味とコリアンダーに気を取られて
魚介の風味を意識するのを忘れていたぜ。
他が色々と濃いからさぁ…えびはまあ隠し味だ。そんなに強くない。

「絶妙なバランスの後引くおいしさ」という表現は間違いない。
個性的な味、濃いめの味付けで、一般的なサイズのポテチだったら
最後の方は少し飽きてしまうかも知れない。
その意味で小さめサイズのこのパッケージも丁度良い感じ。
堅あげなのも味付けに合っていると思う。

トムヤムクンそのものは一度しか食べた事が無いが
そのトムヤムクンより、このトムヤムクン味の方が好きだ。
カップヌードルのそれも食べた事が無いが
僕はポテチの味としてのトムヤムクンを気に入った。

原材料名:じゃがいも(遺伝子組み換えでない)、植物油、砂糖、食塩、魚醤パウダー(魚介類)、麦芽糖、フライドオニオンパウダー、赤唐辛子、コリアンダーパウダー、しょうが、えびパウダー、レモン果汁パウダー、青唐辛子/調味料(アミノ酸等)、酸味料、香料、パプリカ色素、甘味料(ステビア、甘草)、酸化防止剤(ビタミンC)

内容量:45g

おしまい。
グルメ
ブログ更新したぜ!
スポンサーサイト
2018/04/27

ぽいっと! クリームチーズペッパー味



カルビーのポテトチップス、ぽいっと!の
クリームチーズペッパー味。
DSC_0130_convert_20180427011253.jpg
「クリームチーズのまろやかなコクと
 ペッパーのピリッとした刺激が癖になる味わいです。」

これは自分で購入したものではなくて、
ポテチレビューブログをやっていると知った人から
譲っていただいたもの。有難いね。
これを、周囲の皆様も見習ってどんどん僕に
ポテチを寄付してくれたら嬉しいんだけどね。
食べてばっかりじゃ悪いなあって気にならないか?

皆の感想

・美味しいけど、ペッパーが邪魔している様な。
・円やかなクリームチーズが効いてて良いね。
・美味しくない。

マチマチである。
僕はクリームチーズとペッパーの組み合わせは
悪くないと思うけどな。というかペッパー入りのチーズってあるよね。
決して相性の悪い組み合わせじゃない筈だ。

クリームチーズの風味は結構スッキリしている。
「まろやかなコク」の「クリーム」と言うと
もっとマッタリした味なのかなと思ったがそうでもない。
甘味よりも酸味をハッキリ感じる爽やかな味。
ちょっとヨーグルトっぽいかな?

ペッパーはそんなに刺激的でもない。
あくまでアクセント程度で引き立て役といったところ。
引き立っているか良く分からんが、主役はクリームチーズだ。
このスッキリ感、ベタな美味しさとは異なるところに
アクセントがあるので好みは分かれても仕方なかろう。

クリームチーズの味だけの方が良いと言う人もいるかも知れない。
ペッパーの味は相乗効果をもたらしているというより併存してる、
という感じかな、そういう人に言わせるなら。
じゃあペッパーを控えめにすれば良いかと言うと、
今度は味が単調とか平坦と言う向きもあるかもしれない。
この辺の匙加減は味の好みもあるし、難しいね。

グルメ
ブログ更新したぜ!
2018/04/07

極じゃが 薫る黒胡椒味



極じゃがの黒胡椒味、じゃなかった、薫る黒胡椒味。
DSC_0213_convert_20180407081901.jpg
ポテトデラックスのブラックペッパー味とイメージ的に被る。
どちらも「量は少ないですが芋の風味を味わってください」的な。
どちらも厚めのサイズで、味は黒胡椒。
ポテトデラックスにインパクトがあった分、
こちらは印象が薄くなるかと懸念したが果たして。

皆様の感想。両方食べた人からは、味はこっちの方が美味しい、
超美味い、なんて声も。極じゃがも負けてはいない様だ。

僕の感想。同じカルビーで、同じ様な黒胡椒の味でも、
結構違うもんだなあと。極じゃがの方が甘さは控えめで
黒胡椒の風味が際立っている。そしてオニオンの風味も
しっかり感じる。オニオン未使用のポテトデラックスの後だから
特に強く感じているのかも知れないけれど。
薫る黒胡椒って名前だけど、香りを確かめるのは忘れた。

ポテトデラックスの方が「まったり」とした味なら
こちら極じゃがは「きりっ」とした味だね。
意識的に差別化しているのか、開発部署が異なる故に違いが出たのか。
ともかく、極じゃがにはこのキリッとした味付けが合っているとは言える。

極じゃがにポテトデラックスの方の味付けだったら今より微妙だったろう。
ポテトデラックスの方にこの極じゃがの味付けだったら…そっちはアリかも。
何にせよ、形状やコンセプトによって同じ様な味でも微妙に違うってのは感心しました。

グルメ
ブログ更新したぜ!
2018/04/06

ポテトデラックス ブラックペッパー味



前回、自分も周囲も高い評価をしたポテトデラックス、2つめ。
マイルドソルト味に続き今度はブラックペッパー味。
DSC_0214_convert_20180407081933.jpg
元々、シンプルな塩味は好きな方じゃなくて
色んな風味づけされた味やピリ辛が好きなので、
マイルドソルト味であんだけ美味しかったのだから
ブラックペッパー味は、どれだけ美味しいのか、なんて期待をしていた。

皆の感想、としてはやっぱり、美味しいって言うんだよ誰も。
特に初めて食べた人はね。味も食感も好感触。
両方とも食べてもらった人に言わせたら
マイルドソルト味の方が美味しかった、と。
その人はブラックペッパー味が好きであるにも関わらず、だ。
甘いし、胡椒の味が逆に邪魔してる、と言うんだ。

僕も、マイルドソルト味の方が美味しく感じた。これは意外だった。
最初に食べたインパクトってのもあるかも知れないが。
あっちはまさにシンプルに美味い!って感じだったのだ。
ブラックペッパー味は、胡椒が邪魔しているとは思わなかったけど
確かにちょっと甘めの味になっている。実際、砂糖は多めの模様。
後はビーフパウダーとか粉末しょうゆとか定番の好まれやすい味付けね。
オニオンが入ってなくて、粉末みそが入ってるのは独特かな。

いや、こっちも充分に美味いんだよ。その辺の類似品より
一つ二つ上のランクですって。ただ、味付けを色々した分だけ
印象が「普通の美味しさ」に寄ってインパクトは薄れたとは言える。
だから、たまに買って何度か食べる、って食べ方なら優劣は無いかな。

あまりに美味しくて再購入したマイルドソルト味を、食べ比べの意味で
続けて開封して食べてみる。あっりゃ、ブラックペッパー味の直後だと
今度は物足りなく感じてしまう。…自分の主観のブレッブレ具合に笑ってしまいそうだ。
完食してから思う。ブラックペッパー味、美味いじゃん。

やっぱり優劣は付けられん。どっちも美味いんだからそれでOK。
シンプルに塩と芋の旨味を感じたければマイルドソルト味、
斬新な食感を楽しみつつもベタな美味しさを求めるならブラックペッパー味、
いっそどっちも美味いんだから両方とも買ったらよいよ、かさ張らないし。

グルメ
ブログ更新したぜ!
2018/04/04

ポテトデラックス マイルドソルト味



カルビーからまたしても形状の異なるポテトチップスが出ておった。
DSC_0212_convert_20180404124952.jpg
金貨のようなポテトチップス、ポテトデラックス。マイルドソルト味。
裏面には「イモの厚さがデラックス」とだけ。

カルビーがたまに出す、パッケージは小さいけど
芋の味わいには拘ってますよ系。
新規商品のくせに説明が簡素だな。

内容量は50gなので、パッケージの小ささの割にそこそこ入っている。
普通のポテトチップスの小さめの奴と同じくらい。
そもそも普通のポテチが少なくて割高だと言われたら、
それもそうかもしれないけれど。

皆の感想…は、予想通り、美味いってさ。
まあ、そうだろう。文字にするといつも通り「美味い」「美味しい」だが
実際は結構リアクションが大きくて、目を丸くして「美味い!」って言うんだ。
ちょっと硬めのじゃがビーみたい、とも。確かに食感はちょっと似てるね。

僕もこれ、とっても美味しいと思います。
「シンプルな味付けで芋の味わいを」系の中でも特に美味い。
シンプルだと中々その美味しさを文章で表現しにくくて悩ましいけども…。

芋の美味しさもフランス産ロレーヌ岩塩98%の塩の美味しさもハッキリと分かるよ。
例によって、こんぶエキスパウダーも仕事してるんだろうけど。
これ系のポテトスナック、極まってきてますねって感じだ。
伊達に似た様な新商品を乱発してる訳じゃないんだね、カルビー。
僕は感心したよ。

1枚1枚は厚みと重みがあるんだけれど、それでも枚数は少ないから
すぐ無くなっちゃう。3つくらい纏めて買って丁度良いくらいだ。
そして、初見で一気買いしても後悔しない美味さだ。

原材料名:じゃがいも加工品(小麦を含む)(ばれいしょ:遺伝子組み換えでない)、植物油、デキストリン、食塩(フランス産ロレーヌ岩塩98%使用)、コーンスターチ、こんぶエキスパウダー/調味料(アミノ酸等)、酸化防止剤(V.C)

材料がじゃがいもじゃなくて、小麦を含んだじゃがいも加工品だったのか。
カテゴリに悩んだが一応ポテトチップスを自称してるから、そういう事にしたが
原材料的にはむしろ、じゃがビーやじゃがりこよりもポテチから遠いのかも知れない。
ま、美味けりゃ良いのだ。

内容量:50g

おしまい。
グルメ
ブログ更新したぜ!