2017/07/24

極じゃが 焼きしお味



休日になると10時間近くも眠ってしまう。
やっぱり睡眠負債が溜まっているのかな。
DSC_0006_kiwajaga.jpg

今回は、カルビーの普通のとは違うタイプのポテチ、「極じゃが」。

「たどり着いた美味しさのヒミツは厚さ3.5ミリ※の極みカット。
 ザックリ、サクッ!とした食感とじゃがいもの風味がしっかり楽しめる
 ちょうど良い厚さの極じゃがをぜひご賞味ください
 ※フライ前のスライスの厚み」

との事だが、似たようなの前に無かったかな…と思ったら
過去の記事にきわじゃがってあったじゃん。
平仮名を漢字にしてリニューアル?
「たどり着いた美味しさ」って、いかにも最近になってたどり着いた、
みたいな表現だけど去年にもう同じ様なの出してるじゃーん。
それとも、去年の奴とはひと味違うって奴かな?食べてみましょう。

おっ、これは美味い。普通に美味い。文字通り、ザックリとした食感。
これは、去年の奴の記事でも同じ事を言ってる。
でも今回は、じゃがビーっぽいとは感じなかった。
ギザギザ型のポテチをそのまま硬くしたような感じ。
だからやっぱり、去年の「きわじゃが」とは違うのかな?
厚さ3.5ミリは、その後に辿り着いたものなのかも知れない。

硬い食感と言えば堅あげポテト。それとも違って、油っこさを感じにくい。
堅あげポテトどころか、普通のポテトチップスより感じない気がする。
さっぱり感があって、食べ易いからどんどん食べてしまう。
40gだからすぐ無くなる!食べ飽きない味、と言いたい所だが
そもそも食べ飽きる前に食べ終わってしまう量である。

だけど「じゃがいもの風味がしっかり楽しめる」かって言うと
風味はもちろんあるけれど割と普通というか。その意味では
去年の「きわじゃが」の方が風味は感じやすかったのかも知れないな。
じゃがビーから離れるとは、そういう事である。
でも普通のポテトチップスよりは、芋を感じる。
芋を感じる。妙な言い回し。気配を感じる。邪悪な気を感じる。芋を感じる。

味付けはシンプルな塩。コーンスターチと調味料(アミノ酸等)も入っているけれど
基本、塩。焼き塩って、ただの塩とどう違うのだろう?調べる。
塩化マグネシウムが酸化マグネシウムになって、苦みがなくなるんだって。
確かにスッキリした味になっていると感じたよ。

普通のポテトチップスのうすしおは、あんまり好きじゃないけれど
これは好き。これなら認めちゃう。前回の「きわじゃが」は
じゃがビー好きにお勧めしていたけれど、
今回は普通のポテトチップスうすしお味が好きな人に勧めたい。
少ないけど。

少ないので、人に食べさせる前に食べ終わっちゃった。
だから他の人の感想は無し。これを読んだあなたが食べて
感想をコメントとして書き込むべし。

おしまい。
グルメ
ブログ更新したぜ!
スポンサーサイト
2017/01/07

ディーポ サワークリーム

昔々、ディーポという名前のポテトチップスがあったのじゃ。
DSC_0002_deeposawa.jpg
昔々と言っても、これは2年くらい前のポテチじゃ。
発売はカルビー。
最初にパッケージを見てCalbeeの文字を見た時に
「え、これカルビーなの」と思ったものじゃ。
何となく、カルビーっぽくないと感じたのじゃよ。

何をどうカルビーっぽくないと感じたのか、上手く説明できないが、
とにかく、パッケージデザイン、ネーミング、
やたら大きめの山切りカット、サワークリーム味、
これらの諸々の要素が何とも自分の中の
カルビーのイメージから外れていたんじゃ。

味付けも中々ゴテッとして濃く、酸味も強めで、
これもまたカルビーっぽくないなと改めて思わせる仕上がりじゃった。
しばらくして、このディーポというシリーズは姿を見せなくなったが、
やはりカルビー自身が「何か、らしくねぇな。」と思ったという事じゃろうか…?

いや、ポテチに「らしさ」なんて有っても無くても、どうでも良い事なのじゃが。

大きな山切りが特徴のポテチじゃったが、それが美味しさに繋がっていたかと言うと
それも別にどうという事はなかった気がするのう。
何だか、海外からの輸入品にありそうなポテチじゃったわい。
2016/12/26

ザ・ゴールド ほろあまバター味

単発で終わりなのかと思っていたザ・ゴールドの第2段、ほろあまバター味。
DSC_0002_zakuhoroama.jpg
今度は名前の通り金色のパッケージだ。
イラストなのか写真なのか、バターにディッシュカバーをかぶせて
高級感を演出している。のか?

厚いポテチで容量は34gなので、相変わらず少ない。
枚数で言えば10枚とちょっと程度、みんなで食べようって量じゃない。
一人でじっくり味わってね、って事かしら。
「1袋196kcal」ってカロリーの低さをアピールしているのかな?
そりゃ、こんだけ少なけりゃカロリーも低いでしょうよ。

「コクのあるバター味で、ほんのり甘い上質な味わいに仕上げました。」
バターを使ったら大体どのポテチもコクをアピールする。
バターを使って無くてもたまにコクをアピールする。
そういった諸々のポテチと比べてコクがあるかって言うと、まあ普通。
そういうバター感って意味では他のバター系の方が強いと思う。
これは、じゃがバターを食ってる感じが強い。
それこそ、パッケージはじゃがバターの写真でも良いかなって思うくらい。

或いは、北海道のお土産で食べたじゃがポックルを思い出した。
勿論あれよりザクザク感があるんだけれど。
じゃがポックルみたいな味だが、じゃがポックルより好きだな。

ほんのり甘いってのは文字通りで、甘いポテチ系では決して無い。
あくまで芋とバターの味の引き立て役。というか、バターよりも芋が主役で、
本当に「じゃがいものおいしさ」を味わうスナックって感じですね。
2016/10/24

ポテトチップス クリスプ コンソメパンチ

カルビーが筒状容器のポテチ界に殴り込みだ!
もうしばらく経ってますけど。
kuri-kuri-supi-supi-.jpg
プリングルズやチップスターに代表されるすべて同じ形のポテチ。
何故、今になってカルビーがその世界に割り込んできたのか。
そんなのは知らない。きっとググれば出て来る。ここでは触れるつもりは無い。
面倒臭い。気になったら、キミがその目で確かめてくれ!

パッケージには「パリッと食感」ってあるけれど、これはもうパリッを通り越して
ゴリッて口の中で響く。流石クリスプ。クリスピーである。
というかパリッだったら、それは普通のポテチだと思うぞ。
これは、堅い。何だかポテチじゃないみたいだ。いや、貶してはいない。
悪い意味で言っているのではないのだ。堅あげポテトとはまた違う噛み応え。
形が整っているのもそうだけど、堅あげポテトみたいに油がジュワっと滲む様な感覚が無く
あくまでさっぱりとしていて噛み応えがあるのだ。実際、油分も少し控えめみたい。

プリングルズやチップスターよりもブルボンのプチシリーズにあるポテトチップスを
何だか思い出す。あれは、別に硬くないけれど。味付け具合かな?
プリングルズ→コッテリ、チップスター→アッサリなら、これは中間くらい。
冒頭で、筒状容器のポテチ界に殴り込みなんて書いたけれど、
あくまで別物として棲み分け?食い分け?(食われ分け?)しようとしてる感がある。

味付けはいつものコンソメパンチに感じるけれど、黒いコンソメの時みたいに
もしかしたら少し違うのかも知れない。遡って、過去の記事にあるコンソメパンチの
原材料と手元の筒を見比べてみた。…あ、やっぱりちょっとずつ違うんだ。
でも、面倒臭いから詳細は省くぜ。
気になったら、キミがその目で確かめてくれ!

2016/10/20

ザ・ゴールド マイルドソルト

今回はこれだ。
DSC_gold.jpg
ザ・ゴールド。何だか、貴金属やブランド品を買い取ってくれそうな名前だが
れっきとしたポテトチップスだ。何故ゴールドなのか説明は一切無い。
そして、字面こそ金色だがパッケージ全体はむしろ真っ赤だ。どういうつもりなのか。

だが、どうせ何時ものアレだ。「じゃがいものおいしさそのままに」だ。
ついこの間も2つくらい同じ様なの記事にしたよね。
それぞれ、別の部署で作ってんの?何か競い合ってんの?

普段ポテチなんてさほど意識しない人は、ふと目について手に取ってしまうかも知れないが
ポテチをネタにブログを書いてると何度目だよ!と頭を過ってしまう。
ま。これは普通の感覚じゃない。私がおかしいのだ。
記憶を頼りにせめて違いを述べてみようじゃないか。

開封する…少ない!少ないなぁ。前の「じゃがまま」と同じサイズのパッケージで
「じゃがまま」の容量は記憶していないが、同じだとしても恐らく、
あちらはスティック状で細長い形状であった。
こちらは円形タイプで、しかも更に厚切りなので、同じ容量だとしても
枚数は少なくなる。開けた途端に袋の底を見る様な感覚だ。

食感は、「じゃがまま」がジャガビー寄りのポテチと表現できたのに対し、
こちらはもっと普通のポテチ寄りだ。パッケージ表記通り「ザクリ」とも感じる。
言う程「新食感」でも無い気もするけれど。厚くて堅あげな感じ。

「シンプルなしお味でお楽しみください。」とか言いつつ、
こんぶエキスパウダー入ってるし。でも言われなきゃ気付かない隠し味レベルです。
多分「マイルドソルト」の「マイルド」はこいつが担っている。

「じゃがいものおいしさそのまま」確かにあると思う。
…毎度毎度、同じ様な感想になって困るな、コレ系は。でも仕方ないじゃない。
3つ並べて食べ比べたらもっと詳細に違いを言えるのかな。
でも、そういうのはまた次の機会に。同じの3つ買い揃える気はしない。

味はともかく食感は明確に違う。
「男爵いものポテトチップス」は普通のギザギザポテトに近い。
「ザ・ゴールド」は厚切り堅あげににしてザクッとさせてる。
「じゃがまま」は半分もう薄切りにしたジャガビーみたい。

多分、3つ並んでる事は無いと思うけど。
この少ない量で店頭に並べるなんてカルビーさん強気ですね。