2017/04/08

カラムーチョ からくないノットチリ味

ポテトが辛くてなぜおいしい!のカラムーチョの新商品。

「からくないノットチリ味。」それはもうカラムーチョでは無いのではなかろうか。

「辛くないのになぜおいしい!」
辛くて美味しいのは何故か?その問いの答えを出さないまま
今度は辛くなくて美味しいのは何故かと問い掛けてくる。
人間とはつくづく、問題の答えに辿り着く前に
次々とまた新たな問題に遭遇してしまうものである。

パッケージの中央には
「名探偵コナン から紅の恋歌 4.15 ROADSHOW」とある。
映画の宣伝ですね。名探偵コナンの事はよく分からないが、恐らく
パッケージの下の方に描かれた、メガネを掛けた白髪の老人が名探偵コナンなのであろう。
そして、左側に描かれた個性的な寝ぐせの青年が、何らかの事件の犯人であろう。

「から紅(くれない)」と「からくない」を掛けて、今回のノットチリ味となった。
私は名探偵では無いがそれくらいは読み取れた。人並みの推察力はあるのだ。
知性を見せつけたところで実食といこうではないか。

見た目はまるっきりカラムーチョだね。真っ赤っか。これはパプリカ色素の仕事かな。
食べてみると、凄い、カラムーチョじゃん!なのに、辛くない!なのに、カラムーチョ!
面白いなこりゃ。冷静に考えると別に凄くないのかも知れないけれど。
カラムーチョから辛くなる材料を引いただけだったりして。
辛くない分だけ甘みが分かり易くなっているかな。決して甘~い味では無いよ。

辛くないのに、しっかりカラムーチョの味だから、その辛さを思い出してしまう不思議な味。
冒頭では、もはやカラムーチョでは無いのでは、と書いたが
これは紛う事なきカラムーチョであると言えよう。
辛くないのになぜカラムーチョ!そんな気持ちになる一品。
原材料の種類は比較的シンプルだから、何がカラムーチョらしさを演出しているのか
食べながら推測してみるのも一興だ。私には分からない。

このノットチリ味に1枚だけ激辛を混ぜて友達同士で食べたら面白そう。
そうは思わないかい?…思わないか。そっか。



スポンサーサイト
2017/03/14

わさムーチョチップス 肉わさび味

わさムーチョのマイナーチェンジ版かな。

肉の旨みアップ!※当社比 だって。

「ギュッ!と詰まった肉の旨みに、ほど良くわさびがきいた濃厚な味わいを、
 パリッとした食感とともにお楽しみください。」

分かりました。楽しんでみましょう。
こういうオーソドックスな形のポテチを食うの久々だから、
ああ、ポテチ食ってるなあって実感。
ポテチを揚げた色が濃くて茶色い。個体差かな?
そのせいで苦いという事はないので問題無いけど。

能書きの通り、肉の味が強くなっている。イメージ写真の通り牛肉っぽい味だ。
これはビーフ調味パウダーと言う謎の粉を使って調整しているらしい。
その分だけ、と言っていいのか分からないが、わさびの味は弱め。
わさムーチョ 旨わさび味の時も、わさビーフをマイルド化した味と表現したが
こちらは、更にマイルド化している。
旨わさび味の時は食べた人の中には、わさびがキツいと言った人もいた。
そういう人にも配慮して、わさびが更に弱めの味を出したのかな?
それとも単に肉の味を主体にする為かしらん。
わさびは脇役、肉の引き立て役という位置になっていると思う。

わさムーチョ、というよりは肉ムーチョといったところ。
肉ムーチョほんのりわさび味。だ。
食べ易さという意味では、わさび系の中では一番かも知れない。
その分わさび好きには物足りないかも知れないね。
2017/02/13

スティックカラムーチョ ヒー辛チョリソー味

2016春のカラムーチョ。
DSC_0006_chorisomucho.jpg
「社内で競ったカラ夢~チョじゃ~」とヒー婆ちゃんは仰る。

「社内でオススメを競って選びました!」ってえのは、
複数の試作品から絞り込んだって事かな?割と普通の事だね!

「肉の旨みと、後からくるヒー辛な辛さが、お酒にもピッタリな味わいじゃ~!」

チョリソーって単に辛いソーセージってイメージしかなかったけど
挽き肉は使わず細かく刻んだ豚肉を用いるらしい。
まあ結局ポテチの味付けには関係ないけれど。

で、こいつは辛いソーセージの味って言うより、
いつものカラムーチョに加え肉の旨みを強調してみましたって味だった。
香辛料の種類はもしかしたら違うのかも知れないけれど。
いつものニンニクは入っていなかった模様。
チョリソーの材料にはニンニクが用いられる事もあるようだが、
肉の旨みを足した分だけ他のハーブやスパイスはシンプルにしたのかも知れんね。

粉末しょうゆが入っていたのは、多くの日本人に馴染む味付けにしようとした結果かな。
そのせいなのか、食べてる途中で柿の種を連想してしまった。
でも、一応ソーセージっぽい感じの方が強くはありましたよ。

ホットチリ系で肉の要素を入れる場合チキンエキスを用いる事が多い気がするので
案外この唐辛子+ポークってのはポテチとしては珍しかったのかも知れん。
この組み合わせの味付けのポテチがまた出たら良いなと思う。
2017/01/31

通の!!カラムーチョチップス スパイシーHOTチリ味

2016夏。
DSC_0007_3baikaramucho.jpg
辛さが通常の3倍だというカラムーチョが発売された。
カラムーチョ復活選手権というWeb投票で人気ナンバー1になったものらしい。

元々通常のカラムーチョは、よほど苦手じゃない限り誰でも食べられる程度の辛さだったので、
辛いもの好きには物足りないからさかも知れない。
そういう人たちに支持され復活に至ったのだろうね。
でも3倍くらいじゃ、そこまで激辛と言う訳でも無い。

「辛さを上げただけではなく、カラムーチョ本来のおいしさも味わえる
 通なカラムーチョが復活じゃ~!」

実際、一口食べた時点では、そこまでの辛さじゃないなと思った。
でも食べ続けてると結構ジワジワと来る辛さだった。
そして、その辛さの割にとても食べ易い味に感じた。
甘さがそうさせていたのかな。「甘い!」って味ではもちろん無いけれど。

原材料は割にシンプルで、○○パウダーみたいなのは一切なく、
ガーリックの文字さえもそこには見当たらなかった。
パッケージで言うカラムーチョ本来のおいしさって、
糖や塩やその他調味料で調整したシンプルな唐辛子テイストの事なのかも知れんね。
確認してないけれど案外、通常のカラムーチョよりシンプルだったりして。

この後に辛さ7倍の絶品カラムーチョが発売されていたが、こっちは本当に辛かった。
2017/01/19

厚切りすっぱムーチョ 完熟梅味

パッケージの表と裏で名前が違う。
DSC_0004_kanjukubaba.jpg
表を見ると
「すっぱムーチョ おばあちゃんの梅畑でとれた完熟梅味」
かなと思うんだけど、裏を見ると
「厚切りすっぱムーチョ 完熟梅味」となっている。
裏面の方をタイトルにさせてもらった。

岡畑農園って所で作られた完熟梅を使って作られたそうです。

「完熟梅ならではの風味・甘みをお楽しみください。」
との事なんだが、いつも「よく分からん」ばっかり言っている自分に
果たして他の梅味との違いが分かるのか、不安である。

うん、分からん。いや、多分しっかり風味はある。美味しい。
きっと、他の梅味のポテチより梅の風味があると思う。
ある様な気がする。あるんじゃないかな。自信は無い。

同時に食べ比べてる訳じゃ無いからなー。
標準的な梅味よりは風味があるんだろうよ。
あ、今、手元にチップスターの紀州の梅味があったから少し食べてみた。
確かに梅らしい味はこっちが強いかな。
チップスターの方は「しそ香る」で売りが違うみたいだしね。

甘みはあるが、砂糖の甘みがあるので、完熟梅ならではかどうかは知らない。
パッケージの写真はどうも梅干しっぽいけれど、酸味は程々で食べ易い。
でも梅干しを食べた時の「じゅわー」感が頭をよぎる。
これが完熟梅ならではの風味があってこそなのかも知れない。知らんけど。

「梅味ってだいたい梅ドレッシング味だよね」って言ってた人が
美味しそうにバクバク食って自分が食べる前に全部食べる勢いだったから
慌てて止めたが、つまりそれくらい美味いって事なんだろう。

原材料で調味料としては梅パウダーが最も多い。
梅を贅沢に使っているから風味も強く感じられるのかもね。