FC2ブログ
2019/05/17

勝ちムーチョ


巨大な「勝」という文字が非常に目立つパッケージ。
湖池屋の勝ちムーチョ。だよーん。
上部には「全力 応援」の文字が。何の応援かと言えば、受験。
受験期にはこういった受験応援のメッセージ付きの商品や
ゲン担ぎの駄洒落を用いた商品が見受けられる様になる。
毎年、様々な商品が並ぶのはもはや風物詩とも言える。
DSC_0561.jpg

勝ちの秘訣
カフェイン配合のホットチリ味!冴える辛さで勉強はかどる!!


カフェインの作用と辛さでしっかり目を覚まして勉強頑張ってね!
という事だ。もうとっくに受験は終わり、むしろ五月病で
気持ちが弛み易い時期ですけどね。
しかし、受験する受験しないに関わらず勉学に勤しむのは大切な事。
そこに時期は関係無いのである。「勝負」は常に問われているのだ。
それは自分との闘い。君は弱い自分に打ち勝っているか?
僕は負けています。それはよく負けます。
何か月も前の商品を紹介してる時点で負けてます。
もう、負け癖が付いていると言って良い。今後も負け続けます。
弱い自分に負ける度に、よりいっそう弱くなっている気がします。

みんなの感想

概ね、普通のカラムーチョと一緒、という感想でした。

僕も、似た様な感想です。まあ、味で変化を出す商品じゃないのでしょう。
「カフェイン配合」で眼が冴える、ってのが売りでしょうから。
原材料の表記を見ても、内容はほぼ一緒。
カラムーチョの方の「粉糖」、「ぶどう糖」の部分を
それぞれ「砂糖」、「デキストリン」に書き換えれて、
「カフェイン」を書き加えれば勝ちムーチョの原材料になる。
なんとなく、ちょっとだけ違う味の様な気がしたのは、
この僅かな違いのせいかな?思い込みかな?

ちなみにカフェインにも味があり、苦いのだそうです。
勝ちムーチョは苦くないです。
で、そのカフェインがこの勝ちムーチョに含まれる量は1袋で9.4mg。
缶コーヒーの場合、少なくて50mg程度、多いものだと150mg。
エナジードリンクの類はピンからキリまである様ですが、
多いものだと300mg以上も含まれている様です。
こうして見ると、勝ちムーチョは眠気覚ましとしては
それほど強力な物ではない、という事に。

また、「冴える辛さ」という表記もあったけど、辛さも普通。
激辛だったら、それで眼が冴えても勉強どころじゃなくなっちゃう。
「ちょっと普通より辛いかな?」くらいでも良かった気もするが、普通。

勝ちムーチョで眠気を吹き飛ばせ!ってのは期待できないけど、
逆に寝る前に食べるのは要注意、だろうか。
まあ、寝る前にポテチを食べる事自体よろしく無いが。

という訳で来年は、カフェイン入れ過ぎのお陰で眠れなくて
生活リズム崩れちゃう!辛すぎて勉強どころじゃない!
そんな負けムーチョの登場を期待したい。炎上商法ですね。
激辛・負けムーチョで、SNSもお口も胃袋も肛門も大炎上!
在庫が余りまくって経営も火の車!ダメじゃん!

ここまで読んでくださった皆様のご健勝をお祈りいたします。

原材料名:馬鈴薯(日本:遺伝子組み換えでない)、植物油、砂糖、たん白加水分解物(大豆)、オニオン、ガーリックパウダー、食塩、デキストリン、唐辛子、香味油(小麦・大豆を含む)/調味料(アミノ酸等)、パプリカ色素、酸味料、カフェイン、香料、香辛料抽出物、甘味料(ステビア、カンゾウ)

内容量:55g

おしまい。このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト



2018/11/14

スパイスを食べるカラムーチョ THEスパイスカレー


コイケヤのカラムーチョのひとつ、
スパイスを食べるカラムーチョ THEスパイスカレー
DSC_0497.jpg

答えの無いスパイスの世界が、人々を魅了する。
長年スパイスと向き合ってきたカラムーチョが、辿り着いた
スパイスカレー。スパイスの多彩な香りに驚かされ、虜になる。



みんなの感想
  • カレーとは思わないけど、ピリッときて美味しい。
  • カレー味で美味しい。
  • 辛いの苦手でもいける。美味しい。

好評ですね。
カレーっぽいか否かは意見が分かれましたが。
辛さは控えめです。「スパイスを食べる」ってネーミングだと
凄く辛いのかなって思う人もいそうですが、
そうじゃなくて風味を味わうって意味ですね。

カレーっぽくないって感想も、カレーらしさを感じるのも、
両方とも分かるんですよ。野菜やお肉を煮込んだ
コクのあるカレーソースのイメージではない。
そういうカレーっぽさは確かに無い。
でも使われているスパイスはカレーのそれ。
カレーライスを連想する味では無く、
スパイスでカレーの風味を加えた料理っぽい感じ。

何種類のスパイスで、どれが多く使われているか、
そういうのは記載されていないし、僕にも分かりません。
ただ、香りが豊かなのは分かる。
味でカレーを連想しにくくても、香りはカレー粉だ。
ポテチにカレー粉と塩をまぶした感じ?
肉エキスパウダーとかトマト風味シーズニングとかも
入ってはいるんですけどね。

辛さばかり追求するんじゃなく、こういう
着眼点をスパイスの風味に置く方向性もあって良いよね。

おしまい。このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/09/28

カラムーチョチップス やみつきペッパー味

ブログランキングならblogram
湖池屋のカラムーチョを食べましょう。
カラムーチョチップス やみつきペッパー味
カラムーチョの正式な商品名はチップス状の場合、
カラムーチョチップスって言うんですね。今知った。
DSC_0457.jpg

鮮烈な香りのペッパーでキリっとスパイシーな
やみつきペッパー味じゃ~!


この「やみつきペッパー味」って前にも無かったかな~
と過去の記事を検索したらスティックカラムーチョでありました
そうそう、そしてそれを気に入った人の為に
買っておいてあげようとして深夜にコンビニを梯子して
職務質問にあったんでしたっけ…。素敵な思い出です。

みんなの感想
  • ブラックペッパーも良いね。美味い。
  • 確かにやみつきになるわ。
  • 辛過ぎ。

あれ?辛過ぎって言った君は、スティックカラムーチョの時は
絶賛してなかったかい?君の為に僕は再購入を試み、
そして職務質問されたんだぜ?味が変わったのか?
それとも君の心変わりかい?女心と秋の空って言うしねぇ…。
あっ君は男だったな。秋の空は関係無いな。
どうしたんだ。いつから君はそんなヤワな男になったんだ。

まあ辛いんだけどね。「キリっとスパイシー」って文言通り。
キレのある辛さって奴だ。ピリッ!キリッ!って感じですか。
辛さは普通より少し強いのかな?激辛ではないけれど
やや辛めな印象。ペッパーの風味がストレートだからかな。

去年のスティックカラムーチョの時は、そう言っていないから
やっぱり以前より辛くなっているのかなあ。
同じネーミングの場合あまりそういう事はしないんだけど、
どうなんだろう。「キリっとスパイシー」というフレーズは
以前も同様に使っているし、気になるところ。
当時は原材料を記録してなかったんだなあ。比較できないぜ。

ちなみにペッパーを前面に押し出したコイケヤのポテチは以前に
ポテトチップスSTRONG 岩塩ブラックペッパーなるものもあった。
あれは、よりダイレクトに胡椒の味を利かせていて
無骨とも言える様な混じりっ気の少ないペッパー味だった。
それに比べると、こちらはストレートなペッパー感はありつつも
幾分マイルドな印象を受ける。多分、甘みの強さの差なんだろうけど。
これが甘いって言うんじゃないよ。味を和らげる役目のぶどう糖。
原材料が比較的シンプルな点は共通。

なかなかピリッピリですよ。

原材料名:馬鈴薯(日本:遺伝子組み換えでない)、植物油、ぶどう糖、食塩、デキストリン、香辛料、たん白加水分解物(大豆を含む)/調味料(アミノ酸等)、香料、香辛料抽出物、酸味料

内容量:50g

おしまい。このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/09/27

すっぱムーチョ 濃厚完熟梅味

ブログランキングならblogram
すっぱムーチョ 濃厚完熟梅味です。
パッケージの表には大きく「すっぱ梅ムーチョ」と書いてあるけれど、
裏面に記載されている名前はタイトルの通り。
「濃いめのり塩」と2つ並んで店頭に陳列されていて
金ピカのパッケージが隣り合っている様は
まるで直射日光で色褪せてしまったかの様だ。
DSC_0470.jpg

完熟梅を使った特別なすっぱムーチョです。
実が熟し、自然落下した”完熟梅”を一つ一つ丁寧に
収穫し加工することで、梅のすっぱさの中にも、
甘みと芳醇な香りが広がります。


みんなの感想
  • 梅味だ。
  • 梅感ある。
  • 普通の梅味で良いよ。

梅味だ。梅感ある。そりゃそうだ。梅味だもの。
でも、そういう他に無いのも分かる。普通に梅味だもの。
えっ、普通の梅味で良いって、これは普通じゃないの?

多分、甘みが余計で、もっと梅干しらしい酸っぱさが
欲しいという事なのだろう。確かに、やや甘い味だね。
でも甘すぎるという事は無い。まあ完熟梅がどうこうよりも
単純に砂糖を使っている、その甘みが大きい気がする。

そんな事ない?完熟梅ならではの甘さもちゃんと活きてる?
サーセン、バカ舌なんでその辺よく分かんないですぅ。
酸味にカドが無くて柔らかい甘みなのは分かります。

「濃いめのり塩」は本当に塩気が濃かったけれど、
(↑を先に記事にする予定が予約投稿をミスって梅ムーチョが先に)
「濃厚」と言いつつ、こちらは特に酸味が濃い訳では無いのね。
食塩相当量はこっちの方が多くて65g当たり1.0gだが、
塩気を強く感じるという事はない。
こういうのはきっと砂糖で中和してるんでしょうね。

酸味では無く、あくまで梅が濃いのだと。原材料を見ても、味付けで
最も多い砂糖に次いで梅干パウダーが多いし、
ポテチ自体も梅干パウダーの色でピンクにほんのり染まり…
と思ったら、アカダイコン色素も使ってたわ。

パッケージもピンクにした方が良かったんじゃないの?
と思わざるを得ない。「美味しさGOLDEN」で
「濃いめのり塩」と揃えているけれど、味もシリーズも全く別じゃん…。

ともかく、普通に美味かった。普通にって言うと
特別っぽさを否定しているみたいで申し訳ないが、
こういう繊細な味の違いの類は直に食べ比べないと
判別できないんですよ。ホラ、バカ舌ですから(言い訳)。
味わい方が雑なんですかね。

原材料名:馬鈴薯(日本:遺伝子組み換えでない)、植物油、砂糖、梅干パウダー、食塩、デキストリン、粉末酢/調味料(アミノ酸等)、酸味料、甘味料(キシリトール、ステビア、カンゾウ、スクラロース)、香料、アカダイコン色素

内容量:65g

おしまい。このエントリーをはてなブックマークに追加
2018/09/19

アジアンムーチョ

ブログランキングならblogram
今回は前回のアラビアンムーチョ ハリッサ・ビーフに続いて
アジアンムーチョ トムヤムクン
DSC_0437.jpg

トムヤムクンはタイ料理を代表する辛くて酸っぱいスープです。
エビの旨みに6種類のスパイス&ハーブがきいた
魅惑的な辛酸っぱい味わい。


ハリッサは知らなかったが、トムヤムクンは知っているぞ。
そういう人は僕以外にも多かろう。
きっと「ハリッサ・ビーフ」というネーミングも、ハリッサだけでは
味のイメージが出来ず購入意欲を刺激しにくい事を予測して
後ろにビーフと付けたのではあるまいか。

その点、トムヤムクンは、その単語だけで大体通じる。
トムヤムクン自体を食べた事が無くても、トムヤムクン味の
食べ物は今までにも色々と発売されているからね。
ちなみにトム=煮る、ヤム=混ぜる、クン=エビ。
直訳でエビを混ぜて煮る。要するに海老汁。

6種のスパイス&ハーブは、赤唐辛子、レモングラス、こぶみかんの葉、
コリアンダー、ジンジャー、セロリシード。スパイス&ハーブって言うと
S&B(エスビー食品)の事を指しているみたいだ。でも多分、関係無い。

みんなの感想
  • 酸っぱくて旨い。
  • トムヤムクン味が好きだ。だからこれも好き。
  • なかなか良い。後から辛さが来る。

ハリッサ・ビーフのアラビアンムーチョと比べると、酸味が強いな。
まず、酸っぱい!ってのが最初に来る。アラビアンムーチョの方が辛いって
感想も、この酸味の印象が強いのが理由だったんじゃないだろうか。
酸味が引いた後に残る辛味は決してアラビアンムーチョより弱くないと思う。
アラビアンムーチョは、すっぱムーチョよりカラムーチョ寄りと表現したが
こちらは、もっとすっぱムーチョ寄りである。辛さもしっかりあるのだが
酸味もすっぱムーチョと比べて遜色が無いくらいに強い。

味は、トムヤムクン味です(そのまんま)。
辛くて、酸っぱくて、ハーブが効いてる、あの味。
ココナツミルクを入れる事もあるそうですが、これはそういう味はしません。
一般的なトムヤムクン味の平均がどのくらい酸っぱいかは知らないが
これは結構酸っぱい方なのではなかろうか。
エビの旨味はそんなに強くない様な気がする。
原材料を見たら、チキンブイヨンパウダーも使われていて、
それより後方に魚介エキスパウダー(えびを含む)とあるから、
実際にえび要素は多く含まれていないのだろう。

僕はアラビアンムーチョの方が好きでした。

原材料名:馬鈴薯(日本:遺伝子組み換えでない)、植物油、砂糖、たん白加水分解物(小麦・大豆・鶏肉・豚肉を含む)、香辛料、食塩、チキンブイヨンパウダー、粉末酢、魚介エキスパウダー(えびを含む)、レモン果汁パウダー/調味料(アミノ酸等)、酸味料、香辛料抽出物、パプリカ色素、香料

内容量:55g

おしまい。このエントリーをはてなブックマークに追加