2017/03/14

ブログタイトルをちょっと変えたぞ

「ポテトチップス!ポテチの道」から
「ポテトチップス!ポテチ王への道」へ変更だ。

ブログ開設当初に考えていたのは、ポテチ王のブログなんだが、
いきなり王を名乗るのはおこがましいと言うか、恐れ多いと言うか、
自意識過剰というか、名前負けしてる感が多々あるので、ちょっと無理だった。
そこで考えたのが王への道。あくまで道なら、
立ち止まろうが、逸れようが、引き返そうが、道は道だ、と言い訳できなくはない。

でも、それすら躊躇して、ポテチの道にしていた。
だが結構なペースで記事をアップしてきて、その記事も100個以上溜まってきたし、
せめて道くらいは名乗っても良いかと思って変更してみた次第である。

自分でポテチ王とか恥ずかしい限りだが、恥ずかしい奴が人気になったりする事だってあるのだ。
りゅうちぇるとかね。全国放送のテレビで鼻くそをほじる姿を見せつけるのは理解できないけど。

ちなみにアドレスに使っている文字列はもっと恥ずかしいぞ。
スポンサーサイト
2016/12/08

ポテトチップスとは何ぞやの続き

昨日の続きだ。

カルビー的には、ジャガビーもじゃがりこも、ポテトチップスとは別の分類なんだよね。
ポテチ扱いの場合は「名称:ポテトチップス」で、違う場合は「名称:スナック菓子」だ。

だが、ポテトをカットして揚げるなり焼くなりしたら、
ポテトチップスと呼ぶのに厚さが関わってくるだろうか?
厚かろうが薄かろうがそれはポテトチップスだし
スティックだろうが輪切りだろうがポテトチップスだろう。
なら、厚いスティックのジャガビーもポテトチップスと言ってもおかしくない。

ブルボンのじゃがチョコはどうだろう。名称は準チョコレート。
だがチョコの中身は紛う事なきポテトチップス。
名称は絶対的な基準としては扱えない。
コイケヤのポテチの名称は全部スナック菓子だし。

成形ポテチはどうするんだ。チップスターやプリングルズもポテチだが
あみじゃがみたいな変な形のスナックもポテチを名乗っている。
ならば丸いスティック状に成形したじゃがりこもポテチと言えてしまうのではないか。
そうすると、更にポテロングみたいなのもポテチと言えてしまう事になるかも知れない。

参ったね。色々と羅列ばかりしてしまって、まとまらない。なので、まとめない。
もしかしたら「それポテチか?」というのも取り上げるかも知れない。
2016/12/07

ポテトチップスとは何ぞや

ポテトチップスのブログを始めて思う。
一体どこからどこまでがポテトチップスなのだろう。
ポテトチップスとしてブログで取り扱う範囲に迷うのだ。

基本は、ジャガイモをスライスして素揚げした物だ。
確か、元祖がそうだったからね。
「芋が分厚すぎるんじゃ!」というクレーマーに
当て付けで物凄く薄切りにして揚げて出したら
逆に好評だったのが始まりって話ですね。

薄い輪切りの素揚げ。素揚げというか、
ポテチ自体が揚げ物の衣みたいなもんだけどね。
薄くしてカリカリにしたのが始まりなら
ホクホクの状態のポテトはポテチじゃ無いと言えそうだ。
つまりフライドポテトはポテトチップスじゃ無いと。
まあそんな状態のポテトのスナック菓子は今のところ
存在しない様なのでここはあまり考える必要は無い。

加熱の方法は恐らく揚げるか焼くしか無いと思う。
茹でポテチや蒸かしポテチは見掛けた事が無い。
また、日本語で一言「焼く」と言っても
英語だと色んな表現に分かれるが、細かい事は良い。

形状は輪切りの物が大半だが、
カラムーチョスティックの様なスティックタイプもある。
それらを基本として、ギザギザにしたり厚切りにしたり
ボコボコにしたり歪みや捻れを作ったり、
様々な形のポテチに派生している。

また、ジャガイモをそのままカットした物だけでなく
一度細かいフレークにしてから形成する(と思われる)物もある。
このタイプも形はそのままカットのタイプを模している。

ここで一つの疑問。カルビーのジャガビーは
果たしてポテトチップスに分類すべきなのか。

眠い…。続きはまた後で書くよ。
スマホの電池も切れるし。
2016/09/27

新旧 織り交ぜて

その時々の新しいポテチも紹介しつつ
同時並行で過去に発売されたポテチの記事も書きます。
ですので、興味を持ったポテチがあっても
その時点では購入できない事もありますでしょうが
そこはご容赦くださいね。
2016/09/24

適当に

練習がてら。適当に。ちょっとずつ記事をあげてゆきましょう。