2017/12/28

こいつは本当に美味い!



という訳で、無事に再購入を果たした「厚切りモッツァレラアボカドバーガー味」!
コンビニを梯子したぜ!職務質問は受けなかったぜ!やったぜ!
DSC_0116_convert_20171228164146.jpg
前回の時の空袋と、今回2つ残ってたのを買い占めたもの。
商品棚じゃないぜ!

2017年の間違いなくトップクラスの美味しさ!
いや、とりあえず下半期ではかなりの上位だろう!
少なくとも、ここ数か月の中では、とても美味しい方!(段々自信がなくなる。)

見かけたら買っておいた方が良いよ?
ハンバーガーを買うのを止めてこっちを買った方が良いくらいだ。
ちょっとハードル上げすぎちゃったかな?
こういうのって期待しないで食べる時が一番、美味しかったりするからね。
でも、万人受けする美味しさだと思うので、不味いって事はまず、無いだろう。

実は、再購入してから、まだ開封していない。
これからじっくり味わってやるぜ。ステマじゃないです。
グルメ
ブログ更新したぜ!


やっぱ画像がある方が良いなあ。
スポンサーサイト
2017/12/10

オー・ザック アンチョビガーリック味



オー・ザックのアンチョビガーリック味。

「アンチョビの旨さと、ガーリックの香ばしい香り。
 病みつきになる味わいをお楽しみください。」

とりあえず皆様の感想

・美味いけど、ガーリックがもっと効いてたら良い。10点中7点。
・ガーリックは匂いだけ。味は塩。期待した程の美味しさじゃない。
・ガーリックの味するかな?美味しくない。

アンチョビって何?って人もいて、みんなガーリックの方にばかり着目。
じゃあ、アンチョビを一時は冷蔵庫に常備してた僕がその辺を味見したろうい。
…うーん、いやーどーだろ、アンチョビ…。よ、よく分からない…。
すまん。味は塩。っていう感想が解る。アンチョビだけじゃなく
ガーリックも、ガーリックの様な、そうじゃ無い様な、ハッキリ分からない感じ。

パッケージには「アンチョビガーリックの風味は香料使用。」とある。
これは、アンチョビもガーリックも本物は使ってませんって事なのか。
それが、今ひとつガーリックもアンチョビも明確には感じられない要因なのか。
単なる塩味って訳じゃないし、不味い訳でも無いんだけれどね。

パッケージには、アンチョビとガーリックで炒めたポテト、みたいな料理の写真。
少なくともそういうイメージが湧く味とは思えないなあ。
頭にアンチョビの味、ガーリックの味を思い浮かべながら何枚か口に運ぶ。
アンチョビ…ガーリック…何かそれっぽい様で、やっぱりそうとは言えない味…。
本物を使わずに香料で再現する事に何か拘りがあるのだろうか。
出来てないと思うけれども。そのうちポテトも何かで再現した別物になっちゃったりして。

原材料:乾燥マッシュポテト、植物油脂、でんぷん、乾燥ポテト粉末、アンチョビガーリック風味シーズニング、デキストリン、さつまいも粉末、食塩/調味料(アミノ酸等)、乳化剤、酸味料、香料、香辛料抽出物、酸化防止剤(ビタミンE)、甘味料(スクラロース)、(一部に乳製品・小麦・大豆を含む)

内容量:68g

おしまい。
グルメ
ブログ更新したぜ!
2017/11/30

復刻MKビーフ



マツモトキヨシの限定商品、復刻MKビーフ。
復刻って事は、前にもあったのね。知らんかった。
再発売されるって言うのは、一定のニーズがあるのか、
もしくは要望の声があったのかな。MKとはマジカラの略。

「唐辛子が効いてマジで辛い!!!
 一度食べたらハマっちゃう!?」

どんだけ辛いか、皆様に試してもらいました。

・辛い。辛過ぎる。辛いばっかり!
・マジで辛い。味がしない。
・物凄く辛い。2、3枚で充分。もういい。

なんて声もあったが。

・味ちゃんとするよ。辛いけれど美味しい。

とも。僕も、味がしないとは思わないぞ。
でも、確かに辛い。かなり辛い。暴君ハバネロなんて目じゃないぞ。
あの程度で暴君なら、こっちは荒ぶる神だろうか。
最初に食べた瞬間は、普通のホットチリ系の味と同じかなと感じるが
次の瞬間にはガーーッと辛さが一気に駆け上ってくる。
いきなりMAX。じわじわ来る辛さじゃない。辛さが、速い。
2、3枚を食べただけで、それなりに辛い物を食べ終えた時と同じくらいの
舌のビリッビリ感と、汗。味がしないってのは、この強烈さに
味覚をもっていかれちゃったんだろうな。

でも、美味しい。ちゃんと美味しさもあると思うよ。
ただ辛いだけじゃない。その美味しさはオーソドックスなホットチリ系のそれ。
それこそ、カラムーチョに似ている。普通のカラムーチョを、
そのまんま激辛にした感じかな。辛さが強めのカラムーチョって
普通のカラムーチョとはちょっと味も違ったりするけれど、
このMKビーフこそが、カラムーチョの強化版って感じ。

そう言えばビーフはどこいった。ビーフ…ビーフ感…
うーん、僕も辛さにやられて、そこまで分かんねーや。
ビーフの要素があるなら、カラムーチョとは違う印象になっても良いのだが、
実際の印象はカラムーチョ。カラムーチョじゃないのに、小池屋ですらないのに
何回カラムーチョって書いているんだろう。ともかく、それくらいカラムーチョ。

カラムー超を食べて、「俺の求めているカラムー超って、そういう事じゃねーんだよ!」
と思った人は、マツモトキヨシに行って、これを買ってみたら良いと思う。
僕は、クセになりそうで、でもあまりに辛くて、
また食べたいような、もう結構なような、もどかしい感覚。
あ、激辛のペヤング程には常軌を逸した辛さでは無いですよ。
あれは辛いを超えて痛いレベル。あそこまでふざけては無いです。

グルメ
ブログ更新したぜ!
2017/11/25

オー・ザック 香ばし揚げ 手羽先味



「ピリ辛うまい!」というオー・ザックの手羽先味。

「コショーの辛さと鶏肉の旨さ、あとを引くおいしさをお楽しみください。」

皆様の感想

・甘いばかりで手羽先の味はしない。
・いまいち。
・手羽先の感じする。美味しい。

僕は、そんな悪い味じゃないと思うぞ。
手羽先の味かというと、そんなに再現度が高い訳じゃないとは思う。

続く。


グルメ
ブログ更新したぜ!
2017/11/19

辛ねぎ味(濃厚さUP !)



去年の「辛ねぎ味」より
濃厚さがアップしているらしい、辛ねぎ味。
「ねぎの極味 やみつきの旨みと辛さ」だって。
パッケージの写真は去年と一緒の模様。使い回しだ!

「食欲をそそるねぎを唐辛子とラー油にたっぷり絡めた
 「辛ねぎ」の味わいがおいしくなって帰ってきた!
 一度食べたらやみつきの旨さと辛さをどうぞお楽しみください。」

去年のも確か、ねぎパウダー2倍増量だった。
2倍に増量したのか、2倍分を増量したのか、恐らく前者だろうが
今年は更に、ねぎの香り、味わいの濃厚さが増しているらしい。
どんだけ、ねぎが強いのやら。

去年の記事を読み返したら、意外とまともなレビューっぽい事を書いている。
最近の記事よりよっぽどちゃんと書いているなあ。
文章は書き続けていると上手くなるなんて言うが、劣化しているじゃないか。
ダメじゃないか。みんなの感想に頼りすぎなんだよね、きっと。

みんなの感想

・微妙。
・最初にねぎの味が来て、後から辛さが来る。好かない。
・ねぎ好きには良いのかも知れないけれど…。
・ザ・辛ねぎって感じ。好きじゃない。

不評が多い。だが、少なくとも3年連続で販売されているから
きっとニーズはあるのだろう。いや、もしかしたら意地で出しているのか…。
去年の奴はどんな味だったかなあ。過去の記事を読み返すと
それなりに辛かったようだけれど、今年はそんなに辛く感じなかった。
辛さは少し控えめになったのかも知れない(僕の舌が鈍くなったのかもしれない)。
ねぎの味のポテチも好きだし、辛いポテチも好きだけれど
それぞれ別に味わいたいかな、僕は。
と、自分を含めて微妙な反応を示す人間が多い中で一人、違う反応を示す者がいた。

・ねぎ嫌いだけど、これはねぎ感が程々で超旨い。買う。

まさかの、ねぎ嫌いからの絶賛。
しかも、ねぎパウダー2倍増量から更にUPの筈なのに、
「程々」って。アピールポイントとは真逆の方向で褒められてんじゃんよ。
どういうことだよ。それで良いのか。美味しいなら良いか。
原材料を見ても、実はねぎパウダーの記載はずっと後ろ。
つまり少ない方。最初はどんだけ少なかったんだ。

ねぎの味が極まっているとまでは思わないが、
とりあえずパッケージ写真のイメージ通りの味である。
パッケージを見て、美味しそう!って思う人なら美味しいよ。
ねぎ好きにおススメ、と言いたいところだが、
ねぎ嫌いが一番気に入ってたからなあ。
…ねぎ嫌いにおススメ?
うーん。ねぎ嫌いの克服にどうぞ。

グルメ
ブログ更新したぜ!