2018/06/07

カラビー 唐辛子4倍ましましバージョン



カルビーの辛いポテトチップスと言えば、
現在はカラビ~という事になっている。
昔、食べたときにそんなに美味しいと感じなくて、
自分の中でカラムーチョ>カラビ~となっていたのだが。
DSC_0267_convert_20180607065306.jpg
そのカラビ~が唐辛子を4倍にしていた。
いかにも辛そうである。

「カルビーのカラビ~とはカルビーの辛味系ポテトチップス。
 旨みと辛さのバランスがポイントで
 比較的幅広い方に食べやすい商品です。」

幅広い方というのは恰幅が良い人という事かな。
違いますね。老若男女、幅広い層に食べ易いという事ですね。

「カラビーの唐辛子を遊びゴコロで4倍にしてみました。
 ウマ辛なカラビーをお楽しみくださいませ。」

せっかく幅広い層に向けていたカラビーにとんでもない事をしたようだ。
というか、商品名は「カラビ~」じゃなくて「カラビー」で良いんですね。
これは、みんなの感想を聞かないといけないね(いつものこと)。

でも、わざわざ箇条書きにする様な内容はあまり無かった。
大体「辛い」か「美味い」。まあ、ウマ辛なカラビーですからね。
あ、「程良い辛さで甘さもあってバランスが良い」という具体的感想もありました。

程良いとな?激辛じゃないのか…。
と僕も食べてみる。確かに辛さは強めだが。
唐辛子4倍!というインパクトから物凄い辛さをイメージしていたが
思ったほどの辛さじゃないな、という印象。
まあ初めから激辛なんて言葉は用いられていないのだが。

ただ、「遊びゴコロ」って表現されたら「やらかした」感あるじゃない。
ペヤングの辛さMAXみたいな。そういうんじゃないのね。
カルビーはやっぱり、そこまでやらかさないのね。
優等生がちょっとだけハメを外してみました、みたいな。
通常の辛いポテチの1ランクだけ上の辛さって感じ。

辛さ以外の味の面での特徴は、何と言っても唐辛子の風味。
スパイスを色々と増加して辛くしたポテチと違って、
原材料には砂糖、食塩に次いで唐辛子が記載。
一般的なホットチリ味よりも前面に出た唐辛子味。

唐辛子って、辛いだけじゃなくて甘味、旨味、酸味がそれなりにあるらしい。
その中でも他のポテチよりハッキリ強く感じるのが酸味。
うどんやそばに七味をかける時にしか唐辛子を使わない人には
ピンとこないかも知れないが、唐辛子って酸味があって
それが唐辛子の独特の風味を醸し出す一端を担っているのだ。
そういう風味を、このカラビーから強く感じる。

普通のカラビーと比べてどうとは語れないが、
唐辛子4倍のこのカラビーは美味いや。
一口目は単調な味かなと思ったけど、なかなかどうして
手が止まらない。額に汗ダラッダラで食べ終わった。
口で感じる程々の辛さの割に発汗作用が凄いな。

あと「アレンジ紹介」として
「マヨネーズをのせる」「唐辛子をもっと投下」と載ってる。
何だ、遊びゴコロと言いながら思い切った事ができなくて
後は消費者に丸投げか?度を超した事をやるならどうぞご勝手にってか?

というわけで、両方やってみたれど
マヨネーズは、せっかくの辛さも味も覆い隠しちゃうし
唐辛子投下は、元々整っていた味に単に唐辛子を足しただけって感じだし
別にアレンジで美味しさが増すとも、別の美味しさがあるとも思わなかった。
普通に食べるのが一番でしょう。これは。

ちなみに、これを書いている時に食べているのは2袋目。
1袋目は開封してから食べ切らない状態で数日放置して(テープで閉じてはいた)
湿気させてしまった。が、その少し湿気た状態で食べてみたら
最初に食べたより妙に美味しく感じたのだ。
油が馴染んだのか?辛さが抜けて旨味を感じやすくなったのか?
当然、油は酸化して体に悪い食べ物がより一層悪い状態になるので
積極的にお勧めする食べ方じゃないが、辛すぎ!とか
イマイチ…と感じたら、そんな食べ方もあるよって事で。
健康に悪影響があっても責任は負いません。

原材料名:じゃがいも(遺伝子組み換えでない)、植物油、砂糖、食塩、唐辛子、オニオン、でん粉、ポークエキスパウダー(小麦・大豆・鶏肉を含む)、ガーリックパウダー、たん白加水分解物、粉末加工油脂、チリパウダー、粉末しょうゆ、酵母エキスパウダー、香味油/調味料(アミノ酸等)、酸味料、パプリカ色素、香辛料抽出物、甘味料(ステビア、甘草)、香料、カゼインNa(乳由来)

内容量:68g

おしまい。
グルメ
ブログ更新したぜ!
スポンサーサイト
2018/06/05

ポテコ ブラックペッパー味



東ハトのポテコ、ブラックペッパー味をご紹介。
ポテコって昔からあったスナックらしいけど、
僕がその存在を知ったのは最近になってから。
DSC_0282_convert_20180605080038.jpg
「10%増量」ですって。

パッケージに「ガリッとうまい!」とある様に、
東ハトのスナックって食感が特徴的で美味いってイメージ。
昔あった「ザックル」っていう、これも東ハトのスナックで
食パンを使った物だったんだけど、あれも食感が良くて
美味しかったな。姿を見なくなって残念だ。

パッケージ裏にはこんな説明文というか、セリフ?
「おれ、ポテコ。いつもとはひと味ちがう、ガリっとした噛みごたえの
 ブラックペッパー味が新登場!たっぷりの黒胡椒に肉の旨味を
 ジュワッと効かせた、あとひくうまさだぜ!指にはめて食べてみてくれよな。」

スナックにイメージキャラを付けるのは珍しくないが
スナックそのものが喋ってるのは珍しいな。
焼肉屋の看板で牛が「美味しいよ!」とか言ってるヤツみたいだ。

みんなの感想…は箇条書きにする内容も無かった。
普通に、美味いとだけ言って食ってた。
それも結構パクパク、バクバク…。
文字通り「あとをひくうまさ」だったというわけかい。

全て平らげられる前に僕も手を伸ばす。
うん、美味い。というか大体ブラックペッパー味って奴は安定しているよな。
少し前の湖池屋のブラックペッパー味は特徴的で、
シンプルにブラックペッパーの味を前面に出していたが
こちらはガーリックやポークで味を調えた
割とよくあるタイプのブラックペッパー味だ。

そういう、よくあるタイプのブラックペッパー味の中でも
このポテコの味は好きな方だわ。
「たっぷりの黒胡椒」という割に胡椒の風味は強くないし
辛くもない。その分、ガーリックとポークの味が前に出ている。
どれかが主役で他2つが引き立て役という形じゃなく、
それぞれが平等に並んで味を調えている様な具合。
控えめながら醤油も効かせてあります。

そりゃ、あとをひくというか、止まらないのも分かるよ。
僕も残った分を最後までバクバクと一気に食ったもん。
一応、ポテコ君の言う通り、指にはめて食べてもみたが
いい大人が一人でそんな事をしても別に楽しくはない。
子供の頃、とんがりコーンでそんな様な事をした覚えはあるけど。
多分、小さい子供だって指にはめたりせずに
ひたすら摘まんでは口に運ぶのを黙々と繰り返す、
絶妙なバランスの味だと思うぜ。

目新しさは全くない新商品だが(もう新商品でもないか)、美味い。
期間限定じゃないよな?リピートしたくなる味だった。

原材料名:乾燥ポテト(遺伝子組み換えでない)、植物油脂、食塩、砂糖、デキストリン、ガーリックパウダー、ブラックペッパー、ポークエキスパウダー、酵母エキスパウダー、粉末醤油、加工澱粉、調味料(アミノ酸等)、香料、香辛料抽出物、酸化防止剤(ビタミンE)、甘味料(スクラロース)、カラメル色素、(原材料の一部に乳成分、小麦、ごまを含む)

内容量:79g

パッケージのサイズからすると、結構多め。
10%増量でこれって事は、通常は72gくらいか。

おしまい。
グルメ
ブログ更新したぜ!
2018/03/30

堅あげポテト 七味マヨ味



「ピリッとした刺激と風味豊かな味わい」という
堅あげポテトの七味マヨ味。
DSC_0207_convert_20180330155049.jpg
「ピリッと風味豊かな七味唐辛子とふわっと広がる
 マヨネーズのマイルドなコクが、くせになる味わいです。」

皆の感想は、概ね美味しいってさ。
・堅あげポテトはやっぱ美味い。
・おつまみに良さそう。
・美味しいけど、ちょっと薄い。
・お好み焼きみたいな味。

おつまみに良さそう?酒も飲めない子供のくせに何言ってんだよ。
僕も飲まないけれど。そういうイメージが湧くのは解る。
おつまみ系の商品で七味マヨネーズの味だったり
それ自体が添付されてたりは多いわね。

特に濃厚では無いけれど、薄いって事もあまり無いんじゃないかな。
七味の辛さも程々でマヨネーズも押してくる感じじゃないけれど、
良い塩梅の味付けだと思います。まんま調味料の味だから
再現度が低いって事も無いしね。何故かたまにそういうのもあるけれど。

お好み焼きって感想も分からんでもないかな。
いわゆるお好み焼きに使う「ソース」は使われないんだけれど、
マヨネーズの他に醤油のコクがあったり、
焼海苔が同じ海藻である青のりを連想させたりするのかも知れない。

結論、美味い。七つの味で七味、その時点で風味豊かだわね。
具体的に言うと、生姜や胡麻が良い風味づけになっているのを感じた。
そこに、みんな大好きマヨネーズ。おつまみの定番の味付けにもなるよ。
粉末しょうゆやチーズパウダーも使われていて、
単に七味マヨネーズそのまんまの味では無く
ポテチの味付けとして上手い所に落ち着いている。

堅あげポテトは美味いっていうかコレ、堅あげポテトの中でも特に美味いと思うよ。
味付けも堅あげポテトにとても良く合っているんじゃないかな。
「美味しいけど堅あげポテトじゃなくても美味しいだろうな」ってのも今まであったが
これは堅あげポテトでこそ!って気がする。違う形状のを食べたこと無いけど。
七味マヨネーズってのが季節に関係なく定番なのだから、
これも期間限定じゃなくレギュラー商品にしたら良いのに。

グルメ
ブログ更新したぜ!
2017/12/28

こいつは本当に美味い!



という訳で、無事に再購入を果たした「厚切りモッツァレラアボカドバーガー味」!
コンビニを梯子したぜ!職務質問は受けなかったぜ!やったぜ!
DSC_0116_convert_20171228164146.jpg
前回の時の空袋と、今回2つ残ってたのを買い占めたもの。
商品棚じゃないぜ!

2017年の間違いなくトップクラスの美味しさ!
いや、とりあえず下半期ではかなりの上位だろう!
少なくとも、ここ数か月の中では、とても美味しい方!(段々自信がなくなる。)

見かけたら買っておいた方が良いよ?
ハンバーガーを買うのを止めてこっちを買った方が良いくらいだ。
ちょっとハードル上げすぎちゃったかな?
こういうのって期待しないで食べる時が一番、美味しかったりするからね。
でも、万人受けする美味しさだと思うので、不味いって事はまず、無いだろう。

実は、再購入してから、まだ開封していない。
これからじっくり味わってやるぜ。ステマじゃないです。
グルメ
ブログ更新したぜ!


やっぱ画像がある方が良いなあ。
2017/12/10

オー・ザック アンチョビガーリック味



オー・ザックのアンチョビガーリック味。

「アンチョビの旨さと、ガーリックの香ばしい香り。
 病みつきになる味わいをお楽しみください。」

とりあえず皆様の感想

・美味いけど、ガーリックがもっと効いてたら良い。10点中7点。
・ガーリックは匂いだけ。味は塩。期待した程の美味しさじゃない。
・ガーリックの味するかな?美味しくない。

アンチョビって何?って人もいて、みんなガーリックの方にばかり着目。
じゃあ、アンチョビを一時は冷蔵庫に常備してた僕がその辺を味見したろうい。
…うーん、いやーどーだろ、アンチョビ…。よ、よく分からない…。
すまん。味は塩。っていう感想が解る。アンチョビだけじゃなく
ガーリックも、ガーリックの様な、そうじゃ無い様な、ハッキリ分からない感じ。

パッケージには「アンチョビガーリックの風味は香料使用。」とある。
これは、アンチョビもガーリックも本物は使ってませんって事なのか。
それが、今ひとつガーリックもアンチョビも明確には感じられない要因なのか。
単なる塩味って訳じゃないし、不味い訳でも無いんだけれどね。

パッケージには、アンチョビとガーリックで炒めたポテト、みたいな料理の写真。
少なくともそういうイメージが湧く味とは思えないなあ。
頭にアンチョビの味、ガーリックの味を思い浮かべながら何枚か口に運ぶ。
アンチョビ…ガーリック…何かそれっぽい様で、やっぱりそうとは言えない味…。
本物を使わずに香料で再現する事に何か拘りがあるのだろうか。
出来てないと思うけれども。そのうちポテトも何かで再現した別物になっちゃったりして。

原材料:乾燥マッシュポテト、植物油脂、でんぷん、乾燥ポテト粉末、アンチョビガーリック風味シーズニング、デキストリン、さつまいも粉末、食塩/調味料(アミノ酸等)、乳化剤、酸味料、香料、香辛料抽出物、酸化防止剤(ビタミンE)、甘味料(スクラロース)、(一部に乳製品・小麦・大豆を含む)

内容量:68g

おしまい。
グルメ
ブログ更新したぜ!