2017/09/22

黒いポテリッチ 松崎しげる監修 黒胡椒味



松崎しげる味のポテリッチ。

じゃなかった、松崎しげる監修のポテリッチ黒胡椒味。
ネットの何処かで見つけてきた様なノリをたまにやるのがカルビー。
それ自体が滑ってるとは言わないが、
ボケて」で松崎しげるネタを見るのは食傷気味ではある。

「ポテリッチ といえば 濃厚 といえば 黒」

いや、その論法は飛躍が過ぎる。

「黒いパッケージと黒い味名で、黒さの象徴である
 松崎しげるが監修した黒にこだわったポテリッチ。
 黒胡椒が刺激的な辛さで、濃厚な味わいです。」

黒さの象徴が松崎しげるというのも飛躍が過ぎるのではないか。
ていうか、松崎しげるが監修って、何をするの?
「黒さが足りないな。もっと黒く!」とか言うの?
実際は単に名前と写真を使わせていただきましたってだけだろうけれどね。

味の感想はね。
見た目はインパクトあるけれど、
味自体は胡椒を効かせたオーソドックスな味。
一般的なブラックペッパー味よりも醤油が効いている気がする。
なので、胡椒を多めにかけたラーメンのスープを連想した。

黒さは炭末色素という物を使って出しているらしい。
黒胡椒の黒さではないので、やたらめったら辛い訳じゃない。
松崎しげるの煮汁を使っている訳でも無いのでそこは安心だ。

他の人の感想
・どこかで食べた事のある味。
・美味い。

美味いと言った人は、前回の「チーズチーズチーズ」と、
これと、ポテリッチの「山わさび醤油味」の3つの中ではこれが一番と言った。
どこかで食べた事のある味、といった人は、チーズチーズチーズが一番だって。
君はどうかな?
グルメ
ブログ更新したぜ!
スポンサーサイト
2017/09/15

アツギリ 贅沢ポテト 濃厚サワークリームオニオン味




まあ美味しそう。

「サワークリームオニオン風味のクリームとパウダー、
ダブルの味付けで仕上げた濃厚な味わい。
彩りにパセリを添えました。」

添えました?まぶしました、じゃなくて?
まあいいや、食べます。

おっ、これは王道のサワークリームオニオン味。
日本のポテチでサワークリームオニオン味と言ったら
こういう味だよね。という味。
そして、濃厚という言葉にも偽り無し。
濃いわ~。濃いのが好きな人には、いい感じに濃いわ~。
そして、アッサリ好きには、もしかしたら濃すぎるわ。
それくらい、クリーム感強し。
でも好きな人は多いのではないかと予想。

と思ったら。

最初に食べてもらった人は微妙な表情。

・何かスーっと来て、じわじわ口に残る…。

と、お気に召さない模様。
濃厚なクリーム感がかえって良くなかったみたい。

・言うほど濃厚じゃない。形も味も好きじゃない。
 プリングルズのサワークリームの方が美味い。

マジか。濃厚じゃないってか。好みの差はあろうと思ってたが
濃厚とも思えないか。こいつはニンニクマシマシのアレも
匂いばっかりと言っていた。味覚が弱っているのではという懸念がある。
まあ塩気というかパンチという意味ではそんなに強くないのかも、
と理解を示してみる。これもまたクリーム感の弊害か…(引っ張る)。
オニオンパウダーも原材料を見ると多めである割に
オニオン感はそこまでじゃないしね。

おしまい。
グルメ
ブログ更新したぜ!
2017/09/01

ぎょえええええ

ついにパソコンがイカれた…。

画像を送るUSBがダメになったどころの話じゃないよ。
ここ数ヵ月の間に
自動車が故障し、
冷蔵庫が故障し、
そしてパソコンが故障…。
いやー、同時じゃなくて良かったです(強がり)。

だもんで、スマートフォンからの更新。
更新ペースが遅くなり、
芋不足解消で新作ポテチが続々と出る気配。
こんな時にパソコンから更新出来ないのは辛いぜ。

ともかく、前回の堅あげポテトの記事に追記しといたぜ。
2017/08/11

うげげげげげげげげ

USBの不具合どころか
DNSサーバーエラーっつーんだけど
なにごと~(「どんだけ~」のイントネーションで。)

とりあえずスマホからフリック入力してたんだが
誤操作なのか誤動作なのか
いきなり画面がGoogleの検索画面に戻って
書き込んだ文章が全てパーになっちゃった

もぅぃゃ。。。

2017/08/06

あばばあばばば

やっと、後回しにしてた、ここ最近のポテチの画像を貼ったぜ~。
白トリュフのポテトリュフも更に追記したぜ~。
昨日は多忙だったでござるよ。

蕎麦の蜂蜜は栄養価が高いんだって。

水仕事で手が荒れるのは常在菌が流れ落ちるからなので
顔や脇の下に手を付けて常在菌を移すと良いんだって。

声で喉を酷使したら炎症を抑えるのに氷水を飲むと良いんだって。

ポカリスエットは無果汁って大きく書いてあるのに
原材料には果汁って書かいてある。

ドラゴンボール超、見忘れた。

さようなら。