2017/11/23

ぽいっと! 発酵バター味



「噛んで味わうひとくちポテト」の、ナッツソルト味に続いて発酵バター味。

「発酵バターの軽やかな風味と程よいコクがとまらないおいしさです。」

皆様の感想

・円やかで美味しい。
・パッとしない。
・匂いが強くて、ちゃんと発酵バターらしい。
・味が濃い。

私の感想

一瞬、チーズとかヨーグルトとか他の発酵乳製品を連想したのは
発酵バター故かな。味は強いて言えばチーズ味に近い。
独特の後味がじんわりと口に残って、ああこれが発酵バターの風味か、
と思う。軽やかな風味だとは思わないな。むしろ重いと言ってもよいのでは。
特に濃いとも思わないが、この独特の風味、クセと言ってもよいか、
これが印象的で濃いと思わせるのかも知れない。
何にせよ、他のバター味とは一味違う風味ではある。
バター味ってやたら甘いのばっかりじゃん、って思ってる人は
これは向いているのかも知れない。甘味が無いわけじゃないけど。

グルメ
ブログ更新したぜ!
スポンサーサイト
2017/11/22

ポテトチップス肉好きのための濃厚ビーフ味



「ビーフの濃厚な旨みを塩と胡椒で引き立てた味わい!」
という肉好きのための濃厚ビーフ味。
パッケージ写真には何とも美味しそうなビーフステーキ。
ポテチよりそっちを食べたい。
ステーキを刺してるフォークが妙に小さく見える。
ケーキを食べる用のフォークみたい。そんなフォークで大丈夫か?

皆様の感想

・焦がした肉っぽい感じ。焼肉みたいな匂い。
・肉。めっちゃ肉。
・ビーフ感ある。肉好きには良い。
・美味しい。

概ね好評で、狙っていたであろうビーフ感もちゃんと出ている模様。
ただし、パッケージ写真はステーキのイメージだが
感想で出てきたのは焼肉というワード。
決してタレの味がするわけじゃないのだが。

僕自身としては、そんなに好きな味ではなかった。
しょっぱい。塩気が強い様に感じられた。
これをおかずにご飯を食べられそう。
同じ感想の人がいないので、特に塩が多過ぎるという事でもなさそうだけど。
上にもある、焦がした感じがあって、これも好きじゃないな。
逆にこれが「らしさ」になってて、好きな人には好ましいポイントなのかもね。

グルメ
ブログ更新したぜ!
2017/11/21

ポテトチップス タルタルソース味




「あら切りした卵、玉ねぎ、パセリをマヨネーズに混ぜ合わせた、
 揚げ物と相性抜群の「タルタルソース味」のポテトチップスです。」
ですって。

みんなの感想

・美味しい。
・味が重たい。ポテチはもっと軽い味が良い。
・何かマックみたいな味。
・マックのチーズバーガーの味。
・コンソメ味としか思えない。

僕も最初に食べた時はマックのフィレオフィッシュが頭を過った。
マックのフィレオフィッシュ食べたのがかなりの昔だけれど。
人に影響されやすいのか、一人がコンソメ味としか思えないと言うのを
聞いてから再び食べると、ホントだ!コンソメだ!
もうそれ以降はコンソメに感じられてしまう。
チキンパウダーが多めに入っているからかも知れない。
そして、同じカルビーのコンソメ味より美味しく感じたな。
コンソメ味に卵の円やかさを加えた感じだろうか。
マヨネーズのコクもあって個人的には好きだが、
これは重いと感じる人がいる要因であるかも知れない。

グルメ
ブログ更新したぜ!
2017/11/19

辛ねぎ味(濃厚さUP !)



去年の「辛ねぎ味」より
濃厚さがアップしているらしい、辛ねぎ味。
「ねぎの極味 やみつきの旨みと辛さ」だって。
パッケージの写真は去年と一緒の模様。使い回しだ!

「食欲をそそるねぎを唐辛子とラー油にたっぷり絡めた
 「辛ねぎ」の味わいがおいしくなって帰ってきた!
 一度食べたらやみつきの旨さと辛さをどうぞお楽しみください。」

去年のも確か、ねぎパウダー2倍増量だった。
2倍に増量したのか、2倍分を増量したのか、恐らく前者だろうが
今年は更に、ねぎの香り、味わいの濃厚さが増しているらしい。
どんだけ、ねぎが強いのやら。

去年の記事を読み返したら、意外とまともなレビューっぽい事を書いている。
最近の記事よりよっぽどちゃんと書いているなあ。
文章は書き続けていると上手くなるなんて言うが、劣化しているじゃないか。
ダメじゃないか。みんなの感想に頼りすぎなんだよね、きっと。

みんなの感想

・微妙。
・最初にねぎの味が来て、後から辛さが来る。好かない。
・ねぎ好きには良いのかも知れないけれど…。
・ザ・辛ねぎって感じ。好きじゃない。

不評が多い。だが、少なくとも3年連続で販売されているから
きっとニーズはあるのだろう。いや、もしかしたら意地で出しているのか…。
去年の奴はどんな味だったかなあ。過去の記事を読み返すと
それなりに辛かったようだけれど、今年はそんなに辛く感じなかった。
辛さは少し控えめになったのかも知れない(僕の舌が鈍くなったのかもしれない)。
ねぎの味のポテチも好きだし、辛いポテチも好きだけれど
それぞれ別に味わいたいかな、僕は。
と、自分を含めて微妙な反応を示す人間が多い中で一人、違う反応を示す者がいた。

・ねぎ嫌いだけど、これはねぎ感が程々で超旨い。買う。

まさかの、ねぎ嫌いからの絶賛。
しかも、ねぎパウダー2倍増量から更にUPの筈なのに、
「程々」って。アピールポイントとは真逆の方向で褒められてんじゃんよ。
どういうことだよ。それで良いのか。美味しいなら良いか。
原材料を見ても、実はねぎパウダーの記載はずっと後ろ。
つまり少ない方。最初はどんだけ少なかったんだ。

ねぎの味が極まっているとまでは思わないが、
とりあえずパッケージ写真のイメージ通りの味である。
パッケージを見て、美味しそう!って思う人なら美味しいよ。
ねぎ好きにおススメ、と言いたいところだが、
ねぎ嫌いが一番気に入ってたからなあ。
…ねぎ嫌いにおススメ?
うーん。ねぎ嫌いの克服にどうぞ。

グルメ
ブログ更新したぜ!
2017/11/18

じゃがビー ジャーマンポテト味



じゃがビーのジャーマンポテト味である。
ポテトチップスやその類で、じゃがバター味を見ると
「それってつまりバター味じゃん」と思ってしまうが
その理屈を当てはめると、これはドイツ人味となる。

もちろん、そんな味付けではなく、ジャーマンポテトという料理を
イメージした味付けなのである。ちなみに、ドイツにジャーマンポテトなる
料理は存在しない。何だか、イタリアにナポリタンが無いのに似ている。
類似した料理ではシュペックカルトッフェルンなるものがあるそうだ。
シュペックカルトッフェルン!固そう。

じゃがビー、ジャーマンポテト味。
「ベーコンの旨味と玉ねぎの甘味に、
 黒こしょうをきかせた後引くおいしさです。」

皆様の感想。

・美味しい。
・美味しい。
・美味しい。
・美味しい。

一様にこんな感じである。感想を言うの面倒くさい?
僕が無理に食べさせてる?
だが、ブログで記事にする事を考える様な人間じゃなけりゃ
こんなもんかも知れない。いちいち評論家ぶらないで
何となく美味しいかそうじゃないか、だけが普通だろう。

僕の感想。

美味しい。


これじゃいかん。何かそれらしい事を書かなきゃ。
えー、ベーコンの旨味と玉ねぎの甘味に黒こしょうがきいてて
後引くおいしさに仕上がってます。
…これじゃパッケージの説明文だな。
ともかく、とっても食べ易い味。とても馴染む味。
原材料に粉末しょうゆも使ってるし。それじゃ、
ジャーマンポテトっていうかジャパンポテトじゃないか。
だが、ジャパンポテトだろうが美味しけりゃ良いんだ。
ベーコンパウダーよりもチキンエキスパウダーの方が
ずっと多く使われているのも気にしちゃなるまい。
ベーコン感はほんのりだが、ほんのりで良いのだ。

グルメ
ブログ更新したぜ!