2018/05/18

サワクリ 濃厚クリーミー



コイケヤのポテチ、サワークリームオニオン。
DSC_0261_convert_20180517162259.jpg
パッケージ写真のポテトフライが妙に美味しそう。

「まろやかなサワークリームとさわやかなオニオンの味わい広がる
 湖池屋ならではのサワークリームオニオン味です。
 濃厚でクリーミーな味わいがポテトチップスのおいしさを引き立てます。」

みんなの感想

・今までで一番クドい。一枚で充分。
・プリングルズより好き。美味い。
・プリングルズの方が良い。

プリングルズを基準にして意見が割れてるのが面白い。
僕は好きな方の味。
プリングルズのサワークリームオニオンを食べたのが
いつの事か思い出せないくらい昔だから
正確な比較はできないが、僕は何となくこっちの方が好き。

濃厚さは、本当に濃厚。
コイケヤが濃厚って言ったら、そこに嘘はないですよ、多分。
カルビーの極濃シリーズにもサワークリームオニオンが
あったと思うけど、どっちが濃いかな~、
うろ覚えだけど僅差で極濃かな?
少なくとも良い勝負になるくらい、こちらも濃厚だ。

パッケージだと「サワークリームオニオン」と
オニオンの文字が小さいのだが、むしろオニオンは強く感じられる。
酸味が弱めなのでサワーの方を小さくした方が合ってる気がする。
で、オニオンは大文字で。「サワークリームオニオン
それがきっと実際の味と合致していると思うぞ。
そしてパッケージで強調している「クリーミー」、
印象としてはオニオンがとても強かったが
クリーム感も充分に感じられる。安心だ。

ポテトフライにサワークリームをつけて食べるって、やってみたい。

グルメ
ブログ更新したぜ!
スポンサーサイト
2018/05/17

あみじゃが のりしお味



「海苔の風味アップ」のあみじゃが、のりしお味。
風味アップといわれても、以前を知らないぜ。
DSC_0262_convert_20180517072419.jpg
「あみ状に厚切りカットすることで生まれる、
 サクッとはじける食感と濃厚なフライドポテトの風味をお楽しみください。
 風味豊かな青のりとあおさを使用し、ゴマ油をほんのり効かせた
 絶妙なバランスののりしお味です。」

こういう成型ポテトは、「カット」しているの?
ポテトのペーストかフレークを型に入れて作ってるんじゃなくて?
と、ちょっと不思議に思うんだけれど、どうなんだろ。

みんなの感想

・もっと薄い方が良いな。
・食べ応えがあって美味い。
・トロミが出て、フライドポテトの風味もあって、美味しい。

あみじゃがの食感は好みが別れるらしい。
僕は決して嫌いじゃない。ポテチっぽさは落ちるけどね。
他のポテチよりも一層ジャンク感がある気がする。

ともかく、味。美味しい。
これ、他のポテチの海苔塩味より好きだわー。
そして今まで食べたあみじゃがの中で一番美味しいわ、多分。

上にある、トロミが出るという感想。
一見、不思議な感想なのだが、噛み砕いていると
ホロホロと成型のポテトが崩れて唾液と混じって
トロッとした口当たりになるという事の模様。それなら分かるぞ。
その口の中で徐々に砕いていく最中に
海苔その他、色んな風味が広まって美味いわ~となるんだよな。

海苔その他、と書いたのは、だ。
説明文には、青のりとあおさを使用し、ゴマ油をほんのり効かせた
とあるのだが。もちろん、海苔の味もしっかり感じる、
どれだけ風味アップかは知らないが、とりあえず充分に感じる、
ゴマ油も効いていて表記に偽りはないのだが。

他の海苔塩味のポテチと大きく違うのは、それは
海苔、塩の他にも調味の為に色々入っているところ。
砂糖、醤油、牛脂、昆布、かつお節、等々。
シンプルな海苔塩味とは全く違う。
僕は、こういう所で他より美味しいと感じたんだなー。
逆にシンプルな海苔塩こそ至高!という人には邪道の味かも知れない。

シンプルなペペロンチーノに見せて実は隠し味に
顆粒コンソメを使ってました、みたいな?
別に同じ条件で競う訳でもないし、美味しけりゃ良いんだけどね。
「うましお」味が「うすしお」味とは違うのにも似ている。
そこだけ注意。

また、あみじゃがの形状と、この味付けが何とも言えず
凄くマッチしているの。何でかっていうと、何でだろう、
上手く説明できないよ。何だか良く分からんが、絶妙。

ともかく、あみじゃがの中では頭一つ抜けてる様に感じた。
これはレギュラー商品だよね。安心していつでもリピート出来る。
素晴らしい。遠い未来でいつかまた食べたい。

原材料名:乾燥ポテト(遺伝子組み換えでない)、植物油脂、食塩(アルペンザルツ2%)、デキストリン、粉末油脂(粉末パーム油、粉末ごま油)、あおさ、粉末醤油、砂糖、麦芽糖、青のり、唐辛子、たん白加水分解物、牛脂加工パウダー、昆布パウダー、乳糖、かつお節パウダー、いわし煮干パウダー、宗田節パウダー、加工澱粉、トレハロース、調味料(アミノ酸等)、増粘剤(カードラン)、炭酸Ca、香料、甘味料(スクラロース、カンゾウ、ステビア)、酸味料、酸化防止剤(ビタミンE)、(原材料の一部に小麦、えび、かに、ごま、鶏肉、豚肉を含む)

内容量:60g

グルメ
ブログ更新したぜ!
2018/05/17

ローストビーフ味 サラダ仕立て



「和風ドレッシングの濃厚な味わいという」
ヤマヨシのポテトチップス、
ローストビーフ味サラダ仕立て。
DSC_0257_convert_20180517072335.jpg

「ローストビーフサラダのおいしさをポテトチップスで再現しました。
 和風ドレっシング仕立ての濃厚な味わいにローストビーフの
 旨みが後引くおいしさです。是非一度、ご賞味ください。」

みんなの感想

・オニオンが強くてローストビーフじゃないけど美味い。
・ドレッシング味。
・なんでもない。

なんでもないって何だ。
僕は結構、美味しいと思う。
上の感想と同じく、ローストビーフというより
ドレッシング味だなと思うけど、その味が美味い。
一口食べて思うのはまず、オニオンが強いってこと。
そして和風なのでやっぱりベースに醤油。
その醤油ベースのオニオンドレッシングな味が
お菓子として非常に美味しい。

ビーフ?ああ、そういやローストビーフ味だったな。
確かにローストビーフにはこんな感じのソースをかけるよ。
このポテチの場合、ビーフ感は引き立て役で
完全に主役はドレッシングの味だ。でも、美味い。

ローストビーフ味として間違っているのか、
もっとビーフ感を強めたほうが良いのかというと、
そしたら今度はクドさが出てきそう、というか
他の「お肉を焼いた味です」系と区別しにくくなりそう。
なので、ドレッシング味じゃん!と言われようとも
ビーフ感は現状で丁度良かったのだと思う。
これくらいの方がローストビーフのサッパリ感がある。

甘みもあって濃いめの味付けなので、ポテチ自体が
サッパリしてる訳じゃないけれど。
ややこしいが、ビーフの味はローストビーフのサッパリ感、
全体の味付けはコッテリめである。

これは中々美味しい奴だ、と思うんだけど
周りの反応は、「普通~」みたいな人もいるんだな。
まあ、不味いという人はいなかった。安定した美味しさ。

原材料名:馬鈴薯(遺伝子組み換えでない)、植物油脂、砂糖、香辛料、たん白加水分解物(大豆を含む)、粉末醤油(小麦を含む)、食塩、デキストリン、酵母エキスパウダー、ビーフパウダー(鶏肉・ゼラチンを含む)/調味料(アミノ酸等)、香料(乳由来)、酸味料、甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物)、香辛料抽出物

内容量:62g

グルメ
ブログ更新したぜ!
2018/05/16

ポテトチップス ゆずこしょうと山椒味



多忙→PC不調→体調不良→無気力のコンボで更新が開いてしまった。
もっとも、4つ目は気持ちの問題だろという話だが。

「厚切りカットで広がる味わい」という、九州産ゆずこしょう100%使用の、
ゆずこしょうと山椒味のポテトチップス。
DSC_0264_convert_20180516152108.jpg
「九州産ゆずこしょうに、山椒のピリッとした辛みが広がる、
 味わい深いポテトチップスです。」

みんなの感想

・ゆずと山椒が効いてて、かなり好き。
・「かんずり味」の方が美味しかった。
・酸っぱくて苦い。好かん。

そんなに好みが別れるほど苦みや酸味が強いかなあ。
以外。けっこう食べやすい味だと思うのだが。
山椒の刺激もそんなに強くないし。
強烈な個性はないけれど、地味な優等生ってな感じの味。
落ち着いていて、悪く言えばインパクトは薄め。
だがインパクトのある味ばかりでも良くないだろうし、
これはこれで良いのだ。

原材料名:じゃがいも(遺伝子組み換えでない)、植物油、砂糖、食塩、ゆずこしょうパウダー(九州産ゆずこしょう100%使用)、コーンスターチ、粉末しょうゆ(小麦・大豆を含む)、山椒、たん白加水分解物/調味料(アミノ酸等)、香料、酸味料、甘味料(ステビア)

内容量:50g

おしまい。

グルメ
ブログ更新したぜ!
2018/05/04

ポテリッチ 炙り和牛と塩味



カルビーのポテリッチ、炙り和牛と塩味。
DSC_0258_convert_20180504154038.jpg
「和牛を炙って香ばしく焼き上げた味わいのポテトチップス。
 塩味が和牛の旨味を引き立てた、
 コク深く食べ応えのあるおいしさです。」

和牛なんて長いこと食べてないや。

皆の感想

・厚みも塩加減も良くて美味しい。
・肉と言うかタレの味。
・そんなに和牛って感じしない。
・うまい棒牛タン味を薄くした様な味。

僕の感想。牛さん感じるぜ。ちゃんと。
和牛かどうかは知らん。とにかくビーフだ。
そこはハッキリ感じる。ビーフパウダーは
仙台牛100%使用ですから和牛なんでしょう。
和牛って何だっけ。

塩味なのに、タレの味とか言われちゃってる。
砂糖もガーリックも粉末しょうゆも使ってるから
仕方ないね。でも、それらは引き立て役だと
僕には感じられた。あくまで表立って出てくるのは
牛の味と、塩の味。そして、肉の臭み?えぐみ?
何て言ったら良いのだろう、表現が間違ってたらすみません、
牛肉が嫌いな人の、抵抗を感じる原因であろう、
良く言えば風味でもある、牛肉の独特の味も感じられる。

故に、その辺りで好みが分かれるんじゃないかなと。
僕は好きでも嫌いでも無い。まあ、牛肉感あるよねー、とだけ。
うまい棒牛タン味は知らないが、言われると牛タン連想しちゃう。

原材料名:じゃがいも(遺伝子組み換えでない)、植物油、砂糖、食塩、コーンスターチ、ビーフパウダー(仙台牛100%使用)(小麦・大豆・豚肉を含む)、デキストリン、酵母エキスパウダー、たん白加水分解物、ガーリックパウダー、粉末しょうゆ、こしょう、粉末植物油脂、チキンパウダー、乳等を主要原料とする食品/調味料(アミノ酸等)、香料、酸味料、カラメル色素

内容量:73g

おしまい。

グルメ
ブログ更新したぜ!