2017/09/22

黒いポテリッチ 松崎しげる監修 黒胡椒味



松崎しげる味のポテリッチ。

じゃなかった、松崎しげる監修のポテリッチ黒胡椒味。
ネットの何処かで見つけてきた様なノリをたまにやるのがカルビー。
それ自体が滑ってるとは言わないが、
ボケて」で松崎しげるネタを見るのは食傷気味ではある。

「ポテリッチ といえば 濃厚 といえば 黒」

いや、その論法は飛躍が過ぎる。

「黒いパッケージと黒い味名で、黒さの象徴である
 松崎しげるが監修した黒にこだわったポテリッチ。
 黒胡椒が刺激的な辛さで、濃厚な味わいです。」

黒さの象徴が松崎しげるというのも飛躍が過ぎるのではないか。
ていうか、松崎しげるが監修って、何をするの?
「黒さが足りないな。もっと黒く!」とか言うの?
実際は単に名前と写真を使わせていただきましたってだけだろうけれどね。

味の感想はね。
見た目はインパクトあるけれど、
味自体は胡椒を効かせたオーソドックスな味。
一般的なブラックペッパー味よりも醤油が効いている気がする。
なので、胡椒を多めにかけたラーメンのスープを連想した。

黒さは炭末色素という物を使って出しているらしい。
黒胡椒の黒さではないので、やたらめったら辛い訳じゃない。
松崎しげるの煮汁を使っている訳でも無いのでそこは安心だ。

他の人の感想
・どこかで食べた事のある味。
・美味い。

美味いと言った人は、前回の「チーズチーズチーズ」と、
これと、ポテリッチの「山わさび醤油味」の3つの中ではこれが一番と言った。
どこかで食べた事のある味、といった人は、チーズチーズチーズが一番だって。
君はどうかな?
グルメ
ブログ更新したぜ!
スポンサーサイト
2017/09/20

じゃがりこ トリプルチーズ味



ポテトチップスの方ではチーズチーズチーズとか言って
3種のチーズを使ったポテチがあったが、
「じゃがりこ」もまたトリプルチーズ味を発売。

原材料を見ると、チェダー、ゴルゴンゾーラ、パルメザンの3種の模様。
パッケージはハロウィン仕様で、
「しっとりプル肌でLet's Halloween Party!」とダジャレ。
しっとりプル肌になりたかったらポテトスナックなんて食べるべきじゃないけどな!

チーズの種類の違いか、その他の味付けの問題か、
或いは、じゃがりことチーズとの相性なのか、
ポテトチップスのチーズチーズチーズよりはこっちの方が好きだな。
甘さもこっちの方が控えめだし。事実、砂糖はポテチの時は
チーズより多く使われていたが、こっちはチーズの方が多いぞ。

そうは言っても、普通のチーズ味って印象は大きく変わらないな。
作ってる方も別に奇を衒ってはいないだろうけれども。
普通のチーズ味を普通に作って、普通じゃん!
と文句を言われても困るのかも知れない。

他の人の感想をしばし待たれよ。

続く。
グルメ
ブログ更新したぜ!
2017/09/20

ポテトチップス チーズチーズチーズ



「今だけのおいしさ!」という期間限定のポテトチップス。

「人気の味付けでポテトチップスをお召し上がりください!
 今だけ味わえるおいしさです。」

というシリーズの一つ、チーズチーズチーズ。

「コクのある「チェダー」と、甘みのある「モッツァレラ」と、
 豊かな風味の「カマンベール」を使用して味付けしました。
 3種類のチーズの特徴を活かしたチーズ感満載のポテトチップスです。」

チェダー、モッツァレラ、カマンベール…割と定番である。
他にゴーダなんかも定番。後はパルメザンとか。
そういった中でこの3種を選んだチーズチーズチーズの味や如何に。

香りは、…普通。よくあるチーズ味の奴。そんなに臭くない。
味は、…普通。ええー、他に何を言ったら良いのやら。
「チーズチーズチーズ」という名称と、「チーズ感満載」というフレーズで
濃厚な風味も思わせるが、実際のところはそうでもない。

甘みはそこそこ。僕は、甘過ぎるとまでは言わないが
それでももう少し甘さを控えてくれた方が好み。
人によっては甘過ぎると言うかも知れない。

食べ易いチーズ味だが、逆に言えば個性は弱めである。
あんまり個性が強いと僕も敬遠してしまうが、
これは特に印象に残らないチーズ味だな。
普通に「チーズ味」でいいじゃん、という。
「チーズチーズチーズ」ってネーミングのインパクトで売ろうとしてるだろ?

僕にとっては何の変哲も無いチーズ味。
これはもうちょっと他の人の感想を聞いてみる必要があるな。

ちなみに魚醤パウダーは入っていない。

つづく。
グルメ
ブログ更新したぜ!
2017/09/20

ポテトチップス のり好きのための、濃厚のり塩味



「さらにおいしく」って、その前のがあったって事だよな。
というか、以前に記事にした様な気がする。したよ、多分した。

「さらに風味豊かに、さらにおいしくなりました。
 手にたっぷりつく、のり好きのための、濃厚なのり塩味をお楽しみください。」

そんなに手にたっぷりつくの?それを売りにしちゃうの?
指をぺロペロ舐めるの推奨しちゃうの?じゃあ、そうしちゃうよ。

香りもさる事ながら、味も確かに、濃厚に
海苔!って感じですわ。
前よりさらに風味豊かで美味しいかは確信はないけれど
少なくとも、海苔のインパクトは確実に過去最高と言って良い。

のり塩味の濃い目と言うよりもう、半分は海苔を食ってるんじゃないか
ってくらいの海苔の濃さである。海苔味の芋を食っているのか、
芋風味の海苔を食っているのか、そういう気分になる。

別に、特に海苔好きじゃないけれど、これは好きよ。
過去の「のり塩味」の中でも特に好きかもしれない。
のり塩味が特に好きじゃなくても、これは試してみても良いかも。

他の人の感想

・何か懐かしい味だね。韓国のりみたい。

のり塩味が懐かしいのか、韓国が懐かしいのか、
海の底が懐かしいのか知らんけれど、塩で味が付いた海苔だから
韓国のりを連想したのかもし知れない。ごま油の味はしないよ。
一応、植物油は(ごま油を含む)らしいけれど。

おしまい。
グルメ
ブログ更新したぜ!
2017/09/17

暴君ハバネロ 暴チップス・ウマ辛サラミ味



サラミ味って事で「黒胡椒練りこみのポテトチップスじゃ!」と
ハバネロさんもパッケージで仰っている。
暴君ハバネロって、暴君ネロから来ているんだろうけれど
何でお爺ちゃん口調なんだろう。
「パリッパリじゃ!」とも仰る。
そりゃ、ポテチだからね。パリパリだよね。

「サラミの旨味とハバネロの辛みがクセになる、
黒胡椒を練り込んだポテトチップスです。」

ということで、食べ

(追記の時間差)

ました。

サラミらしい味がしっかりして、なかなか辛くて、
そして…プリッツみたい?
何かワタクシ、これどうもグリコのプリッツを連想してしまいます。
昔あった胡椒の効いたプリッツ。
生じゃなくて乾燥のポテト(恐らくフレーク)とマーガリンを
原料に使っているからかも知れない。プリッツって、
マーガリン使ってなかったかな?

最初にサラミ味を感じた直後に辛さがドドっと来ます。
サラミ風味のポークの旨味と、そこそこ強めの辛さが相まって
美味しいです。普通のハバネロ君とか暴チップスより好き。
辛さの目安として、唐辛子マークが6個あるんだけれど
そもそもの標準が分からないから今一つよく分からない。
6個ってかなり辛そうだよね。でも、僕には大げさに思えた。
そこまでじゃない。4くらいで良いんじゃない?

他の人の感想

・凄く辛い。じんわり、じゃなくて速攻で辛い。
・オー・ザックみたいで美味しい。
・辛い辛い辛い辛い。

そんなに辛いかよ。やっぱ唐辛子マーク6でも良いのか。
オー・ザックみたいってのは、乾燥ポテトを使ってて
形も似ているから食感も似ているという事だろう。
僕にとっては、オー・ザックというよりプリッツだけどね。

おしまい。
グルメ
ブログ更新したぜ!